2004年10月31日

猫は今日も伸びて

041031-210623.jpg041031-210718.jpg041031-210819.jpg  

Posted by monolog at 21:06Comments(3)TrackBack(0)

2004年10月29日

3Bを思う

ああ、金八先生がすごい面白いです。今シーズンだんとつです。夕方の再放送も見てしまいました。九州出身の僕は東京で中学高校と過ごすしんどさなんて想像もできません。

GTH JUKEBOXに特典CDRでしか聴けなかった曲を2曲追加しました。ニューシングルのリリースまでもうちょっとです。  
Posted by monolog at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

健康スタンダード

JB28日のことですが、朝からデモ作り、夕方から打ち合わせ、打ち合わせ後によくテレビでも紹介されるお店でコラーゲンラーメンを食べたので肌がすべすべになった気がします。

夏の終わりくらいからうちは白米をやめてしまって玄米100%のご飯を食べているのですが非常に調子がいいような気もします。今朝なんかは玄米ご飯の上におからをぶっかけた「おから丼」という健康過多な感じの食事でした。

春に病気になって以来休止していた実録!健康スタンダードという連載をそろそろ再開しましょう、という連絡をいただいたのでシングルのリリース後くらいからまたリスタートすると思います。煙草もやめたしな。  
Posted by monolog at 10:57Comments(2)TrackBack(0)

2004年10月28日

R.E.M. / Out of Time(1991)

outoftimeR.E.M. / Out of Time(March 1991 / Warner)

1.Radio Song
2.Losing My Religion
3.Low
4.Near Wild Heaven
5.Shiny Happy People
6.Belong
7.Half A World Away
8.Texarkana
9.Country Feedback
10.Me In Honey  続きを読む
Posted by monolog at 19:53Comments(0)TrackBack(0)

もう冬が来た

041028-102700.jpg27日のこと。朝うつらうつらとしてるときに地震で起き上がる。それからはずっとテレビをつけっぱなしで各種作業。

外に買い物へ出たらめちゃめちゃ寒くて、大学生の頃を、学園祭の頃を思い出しました。晩秋の記憶はベニアを燃やす匂いとか模擬店のガスの匂いとかと結びついている。

今年は春から散々だったのでこの冬を温かく楽しく暮らせたらなあと思った一日でした。  
Posted by monolog at 10:27Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月27日

GTH JUKEBOX

041027-124507.jpg26日のこと。飲み過ぎて頭が痛く何もできない一日。ずっと雨、今日が平日で社会が動いている、とは思えないような、ぽつんと置いていかれたような日でした。夜は「たったひとつのたからもの」を最後まで見てしまい溜め息。

ずっとやりたかったことをひとつスタート。ライブ音源や初期段階のデモ、未発表曲などを全国の人に聴いてもらえるように「GTH JUKEBOX」というストリーミングコンテンツをGTHオフィシャルサイトで始めてみました。社会の上層部の人に怒られない程度に内容を充実させていこうと思います。

オフィシャルサイトのSET LISTSのページから音符マークをクリックしてアクセスしてみてください。まずはおとといのライブを録って出し。以上です、編集長。  
Posted by monolog at 12:45Comments(6)TrackBack(1)

2004年10月26日

at mona records

0410252004年10月25日(月)@下北沢moa records

1.夢の終わりまで(新曲)
2.星に輪ゴムを(新曲)
3.情熱スタンダード(『mono』)
4.明日は今日と同じ未来(「明日は今日と同じ未来」11月25日発売)
5.サテライト(新曲)
6.手と手、影と影(新曲)

※M-3&4 with 藤田顕(PLECTRUM)

急な告知にも関わらず来てくれた皆さんに感謝。この日の演奏を
録音したので何曲か近いうちにオフィシャルサイトで聴けるようにします。
久しぶりに楽しく朝まで。飲み過ぎて頭痛が。  
Posted by monolog at 16:42Comments(1)TrackBack(0)

2004年10月25日

R.E.M. / Green(1988)

R.E.M. / Green(Nov 1988 / Warner)

1.Pop Song 89
2.Get Up
3.You Are The Everything
4.Stand
5.World Leader Pretend
6.The Wrong Child
7.Orange Crush
8.Turn You Inside-Out
9.Hairshirt
10.I Remember California
11.

大手メジャーレーベルから初めてのリリース。
  続きを読む
Posted by monolog at 01:53Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月24日

週末だらだら猫

041024-202724.jpg血液型特集のテレビを見ると自分が非難されているような気がするとです。B型の山田です。

今日はテレビのニュースを眺めつつ懸案の新曲の2番以降の歌詞を書いて過ごす。途中ミスタードーナツの差し入れ。ああ、僕はフレンチクルーラーなら永遠に食べ続けられると思いました。

読書の秋、宮本浩次著『東京の空』読了。友人にいろいろ教えてもらった宮台真司関連書籍は「絶望から出発しようThat’s Japan」を読み始めましたよ。

明日25日のmona recordsでのライブは19:30スタート。前売り予約も当日券もあるので来れる人はぜひ遊びにきてください。DJなんかもあるそうです。新曲も試せればと思ってます。

そしてどうか、台風が来ませんように。  
Posted by monolog at 20:28Comments(1)TrackBack(0)

秋のテレビ日記(イライラ編)

3年B組金八先生を相変わらずイライラしながら真剣に見る。3Bの子たちは非常識で声がでかく落ち着きがなさすぎる。卒業する頃にはこの子たちを見て感動して泣くのか。泣けるのか。結局この季節、見逃せないテレビは金八とリチャードホールだけということに。

今日(23日)はNRS吉田さん宅にて作業、夕方からは地震のためニュースを見ながら。NHK新潟のスタジオから「あっ、今また大きな揺れが...」の30秒後に世田谷でも大きな揺れが。テレ東でも地震関連差し込みあり。帰宅後、チャンネルを回していると各局地震関連番組のさなかに「僕らの音楽」という番組、弦楽器の無駄遣い。台風と地震、野菜も高すぎるし、どうかしてますね。


地震の被害を被られた方に心からお見舞い申し上げます。  
Posted by monolog at 00:31Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月23日

R.E.M. / Eponymous(1988)

epoR.E.M. / Eponymous(October 1988/ IRS)

1.Radio Free Europe
(oroginal hib-tone single)
2.Gardening At Night
(different vocal mix)
3.Talk About The Passion
4.So. Central Rain
5.(Don't Go Back To) Rockville
6.Can't Get There From Here
7.Driver 8
8,Romance
9.Fall On Me
10.The One I Love
11.Finest Worksong
(mutual drum horn mix)
12.It's The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine)

インディーレーベルIRSから最後の作品です。  続きを読む
Posted by monolog at 02:53Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月22日

猫にあらず

041022-203757.jpg041022-203706.jpg猫がホットカーペットのせいですごい醜態を見せつける今日この頃ですが、今日は頂き物のCDをたくさん聴きました。

ウェールズのジャココヤックは「拾った楽器を触ってたら音が出て止まらなくなってしまってしょうがないから曲を作ってみた」みたいな不思議なポップ感があって楽しめました。これを日本流通させようというマカロニレコードの熱意がすごい。

The Thrills『Let's Bottle Bohemia』は前作デビューアルバムよりもカリフォルニア感がちょっと減りましたが、いい曲揃いで愛聴盤になりそうです。ピーター・バック(R.E.M.)とヴァン・ダイク・パークス(!)が参加。

前作に続きエレファント・カシマシ『風』がめちゃめちゃ格好いいのです。音がガイジンみたいですよ。歌も言葉もすごい迫力です。平成理想主義。これ聴きながらドライブしたら気持ちいいだろうな。こういうCDを聴くと適当な歌詞をサラサラっと書いたような歌を歌えなくなりますね。  
Posted by monolog at 20:37Comments(2)TrackBack(0)

2004年10月21日

10月25日(月)@下北沢mona records

041021-214022.jpgPLECTRUM presents "LIVE at mona records"
10月25日(月)
open 18:30/start 19:30
adv.¥2,000/door.¥2,300
info;下北沢 mona records/TEL03-5787-3326

急な話ですみませんが、プレクトラムのアコースティックワンマン的なイベントにオープニングゲストとしてソロ弾き語りで出演することになりました。19時半からの演奏を予定しています。monaはすごく好きな会場なので楽しくなりそうです。せっかくなので久しぶりにアッキーと何曲か。  
Posted by monolog at 19:05Comments(2)TrackBack(0)

R.E.M. / Document(1987)

documentR.E.M. / Document(September 1987 / IRS)

1.Finest Worksong
2.Welcome To The Occupation
3.Exhuming McCarthy
4.Disturbance At The Heron House
5.Strange
6.It's The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine)
7.The One I Love
8.Fireplace
9.Lightnin' Hopkins
10.King Of Birds
11.Oddfellows Local 151


Warner Music Japanの方から「Around the Sun」Tシャツをいただきました。
いつもいつも本当にありがとうございます。すごい嬉しいです。
  続きを読む
Posted by monolog at 14:01Comments(3)TrackBack(0)

レコード・コレクターズースマイル特集号

smilebb僕の住んでる東京郊外ではそんなに台風のダメージはないようです。現在書店に並んでるレコード・コレクターズ「スマイル」特集号とあわせて『SMiLE』に接すると面白くてためになります。僕が数年前に手に入れた'67年『SMiLE』ブートレッグとも聴き比べ。当然声質が全然違うけど’04年ブライアン版『SMilE』のほうが豊満で幸福感溢れる感じがします。

レココレで自分が好きなアーティストが特集されてたら買ったほうがいいですよ。古本屋とかで探すもよし。読むところが多く電車の旅にも最適、コンプリート熱が高まって無駄な浪費が増えますが。

*追記*
Brian Wilson来日情報が。思えば「もう二度と来ないかもしらん」と思いながら必死でブライアンの姿を目に焼き付けた国際フォーラムが1999年。それから2002年の「Pet Sounds」来日を経て2005年は「Smile」ツアー。現役感ばりばり。

Smile Japan Tour 2005(仮)
2005年1月30日(日)東京 中野サンプラザ
2005年1月31日(月)東京 国際フォーラム A
2005年2月2日 (水)名古屋 愛知厚生年金会館
2005年2月3日(木)大阪 大阪厚生年金会館 大ホール  
Posted by monolog at 10:33Comments(2)TrackBack(0)

台風23号の夜

smileテレビで刻一刻と近づく台風を気にしながらも、昼からNRS516吉田さん宅で打ち合わせ。帰りの環七あたりで雨が滝のように降ってきてこわかったです。

Brian Wilson『SMiLE』を聴きました。すごかったです。アメリカーナへの憧憬とひとつの物語の完結。ブートのBeach Boys『SMiLE』との聴き比べも面白い。

夜、NEWS23で米大統領選の盛り上がりに呼応する「Vote For Change」などのミュージシャンによる活動の特集。B.スプリングスティーンほどのビッグアーティストが非常に明確な反ブッシュ活動をしているのに日本国内での報道はきわめて少ないが、今日のNEWS23の特集は反ブッシュ/親ブッシュ両方をきちんと紹介するわかりやすいものでした。R.E.M.のステージでスプリングスティーンが「Man on the Moon」を歌ってる映像(歌詞字幕つき)やフィナーレでの全出演者によるパティ・スミス楽曲「People Have the Power」の演奏などグッとくる映像が思ってたより長い時間流れました。2週間後には大統領選挙の結果も出ますね。

来週あたま突然ですが弾き語りすることになりそうです。詳細決まったらお知らせしますから。最近ライブが楽しくてねー。  
Posted by monolog at 01:05Comments(0)TrackBack(1)

2004年10月19日

R.E.M. / Dead Letter Office(1987)

dloR.E.M. / Dead Letter Office(April 1987 / IRS)

1.Crazy
2.There She Goes Again
3.Burning Down
4.Voice Of Harold
5.Burning Hell
6.White Tornade
7.Toys In The Attic
8.Windout
9.Ages Of You
10.Pale Blue Eyes
11.Rotery Ten
12.Bandwagon
13.Femme Fatale
14.Walter's Theme
15.King Of The Road

16.Wolves, Lower
17.Gardening At Night
18.Carnival Of Sorts (Box Cars)
19.1,000,000
20.Stumble

  続きを読む
Posted by monolog at 23:56Comments(2)TrackBack(0)

マイ湯飲み

僕の湯飲みはお茶を入れると絵が浮かび上がるのです。最初は「座酢羅威怒翔(ザ・スライドショー)」と書いてあるのですがお茶を汲むと「とんまつり」の湯飲みに。日用品なのに宝物です。

041019-222618.jpg041019-222658.jpg041019-222927.jpg  
Posted by monolog at 22:26Comments(0)TrackBack(0)

また台風

041019-124117.jpg041019-124204.jpg041019-124306.jpg  
Posted by monolog at 12:41Comments(0)TrackBack(0)

R.E.M. / Lifes Rich Pageant(1986)

pagentR.E.M. / Lifes Rich Pageant(July 1986 / IRS)

1.Begin The Begin
2.These Days
3.Fall On Me
4.Cuyahoga
5.Hyena
6.Underneath The Bunker
7.The Flowers Of Guatemala
8.I Believe
9.What If We Give It Away?
10.Just A Touch
11.Swan Swan H
12.Superman


最近「R.E.M.」というタイトルでメールを送ることが
多く、結果メールボックスが「Re:Re:R.E.M.」とか
「Re:Re:Re:Re:R.E.M.」とかでいっぱいです。

  続きを読む
Posted by monolog at 12:31Comments(0)TrackBack(1)

ほどけていく手と手

18日のこと。朝からR.E.M.来日公演のチケット詳細発表に対応すべく各所に連絡。その自分の必死さに九州から興奮しながら大阪までU2を見にいった高校時代を思い出す。

午後以降ずっとアルバムに向けたデモ作り。「夢の終わりまで」「雨に負け風に負け」「ドライブ」、あらたに「衛星(仮)」に着手。ずっと自分の曲を聴いています。声も病気前の段階まで戻ってきた気がする。

煙草を止めて今日で180日、節約したお金はおよそ72,509円、と禁煙支援ソフトが言う。デザインが変わってからのマイルドセブンスーパーライトを僕は吸ってない。いとも簡単に苦労もせずに煙草を吸わなくなったのも病気のおかげだと思います。これまで止めたいと思う機会はそんなになかったが、煙草を吸う家の猫は吸わない家の猫に比べて肺がん率が2倍らしいので猫のためにもなった、となるとよかったなーと思います。  
Posted by monolog at 00:38Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月18日

ホットカーペットの猫

041018-132539.jpg041018-132622.jpg041018-132739.jpg  
Posted by monolog at 11:26Comments(3)TrackBack(0)

創作の秋

pochiライブの翌日はだいたいダラダラ過ごすことになっているが、天気も良いので早く起きて洗濯、そしてついに居間にホットカーペットを敷く。さっそく猫がぺたーっと寝そべって体を火照らせています。あたたかくて幸せそうです。

昨日飲み過ぎることもなく良い声が出るのでアルバムに向けたデモ作り。「手と手、影と影」「星に輪ゴムを」のデモver.1がそれぞれ完成。盛り上がってきて「夢の終わりまで」「ドライブ」のデモにも手を入れる。

次のアルバムのタイトルは既に決まってるので、後はいつそれが完成するのか、いつ発売になるのか、ということだけですね。全体像が見えてきましたよ、僕には。どんなタイトルになるかみんなで予想してみてください。  
Posted by monolog at 01:06Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月17日

ご近所ライブ

041017-154102.jpg2004年10月19日@吉祥寺Planet K

1.言葉はうそつき(『cobblestone』)
2.手と手、影と影(新曲)
3.星に輪ゴムを(新曲)
4.明日は今日と同じ未来(「明日は今日と同じ未来」)
5.忘れな草(『mono』)
6.雨の夜と月の光(『weekend』)



ライブの日なのにやたらゆったりと時間が流れたのはライブハウスまでの距離が近いからだ。夕方遅くになって歩いて会場入り。初めてPlanet Kというハコに入りましたが、いつも通ってる路地にライブハウスがあるなんて気付かなかった。

今日は古い曲と新しい曲でセットを作ってみました。新曲を歌うのがどんどん気持ち良くなってきました。The Starletsの人たちはコミュニケーションを取ることに積極的ないい人たちでした。ギターポップジャンボリーの頃の知った顔や岡村詩野ライター講座にゲストで行ったときに知り合ったコなど懐かしい再会も。前回に引き続き韓国から来たファンの方にも「マッシソヨ」「カムサムニダ」と憶えたての言葉を贈れました。

長丁場のイベントで、自分の出番が終わってからちょっと疲れてしまってたときにThe Starletsの演奏が始まって風景がパッと変わった感じがよかった。音がめちゃめちゃ小さくて繊細で、しかし温かみのある演奏。あれくらい小さな音で演奏する技量と度胸があれば、と心を引き締めた夜だった。

終了後は遊びにきてたアッキーたちと吉祥寺の中華街で遅くまで美味しい中華を食べてゲラゲラ笑い合いました。  
Posted by monolog at 11:23Comments(4)TrackBack(0)

R.E.M. / Fables of the Reconstruction(1985)

fablesR.E.M. / Fables of the Reconstruction(June,1985 / IRS)

1.Feeling Gravity's Pull
2.Maps And Legends
3.Driver 8
4.Life And How To Live It
5.Old Man Kensey
6.Can't Get There From Here
7.Green Grow The Rushes
8.Kohoutek
9.Auctioneer (Another Engine)
10.Good Advices
11.Wendell Gee


  続きを読む
Posted by monolog at 11:20Comments(0)TrackBack(0)

R.E.M. / RECKONING(1984)

recomingR.E.M. / RECKONING(April 1984 / IRS)

1.Harborcoat
2.Seven Chinese Brothers
3.So. Central Rain
4.Pretty Persuasion
5.Time After Time (Annelise)
6.Second Guessing
7.Letter Never Sent
8.Camera
9.(Don't Go Back To) Rockville
10.Little America


  続きを読む
Posted by monolog at 11:06Comments(2)TrackBack(0)

R.E.M. / MURMUR(1983)

murmurR.E.M. / MURMUR(April 1983 / IRS)

1.Radio Free Europe
2.Pilgrimage
3.Laughing
4.Talk About The Passion
5.Moral Kiosk
6.Perfect Circle
7.Catapult
8.Sitting Still
9.9-9
10.Shaking Through
11.We Walk
12.West Of The Fields

来たるべき3月の来日公演に向けてR.E.M.を全部聴きなおしていこう
と思います。自分用のメモとしての覚え書き。  続きを読む
Posted by monolog at 10:10Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月16日

3年B組金八先生シーズン7

pochiブランニュー金八先生が始まりました。むかつく生徒がいっぱいいます(これはどのシリーズを見ても最初に感じることです)。ダンスチームみたいな子らはビースティーボーイズをBGMにダンスを踊ってましたね。なんかいらいらするクラスです。僕は中学高校の英語の教職免許を持ってるんですけど、こんな桜中学では教師になるのは非常に嫌だと思いましたよ。

僕は学生時代の教育実習で1ヶ月だけ教師の立場になったことがありますがそのときはおとなしい生徒ばっかりだったな。僕のことを先生と呼ばず「山田くん」と言ってたな。「wouldn't it be〜=〜じゃないか」という構文を教えるためだけにBeach Boysの「Wouldn't it be Nice(素敵じゃないか)」をラジカセで流して1時間分しゃべったな。昔お世話になった先生と膝を突き合わせて煙草を吸ってなんか緊張したな。21世紀に教師という仕事がどれだけ大変なのか想像もつきません。

そういうわけで、金八先生がつまらなかったわけでは全然なくて、いろんなことを考えて溜め息をつきながら見入った2時間でした。今後もいろいろ考えていきます(幸作くらいの立場から)。  
Posted by monolog at 00:19Comments(1)TrackBack(0)

2004年10月15日

いい一日だった

041015-204132.jpg朝早くから選択をしたりテレビを見たりしながら「手と手、影と影」デモ制作で有意義な時間。歌詞を入れ替えたり「てにをは」を書きかえたりすることでテーマがコロコロと変わるのが楽しい。久しぶりに自分が書いた新しい曲が聴いても聴いても飽き足らないほど愛おしい、という季節。アルバムを作る前はいつもこうなる。

明日のライブも楽しみです。  
Posted by monolog at 20:41Comments(0)TrackBack(0)

晴れた!

041015-123454.jpg東京がこれだけ晴れるのはいつぶりか。天気がいいと気持ちが晴れます。早起きして新曲デモ作り。久しぶりに自分の声を録音しました。

明日は吉祥寺でのライブです。出番は19時、家から近くて嬉しい。非常にリラックスした感じの夜にしようと思ってます。早めに吉祥寺に来てメンチカツ(うまい)の行列に並ぶのもいいかもしれません。あるいはタワー、カーニバル、ヴィレッジヴァンガード、ディスクユニオン、PBC、BOOKSルーエ、ユザワヤ、ドナテロウズという僕がいつも巡回するコースも秋の日にはぴったりです。

あと、12月16日(木)に何かやろうと思ってますので、スケジュールの確認/調整を。  
Posted by monolog at 12:35Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月14日

ゴロゴロ

041014-221655.jpg秋の長雨の隙間。早朝からNRS516&スタッフと撮影、夕方まで歩く歩く。お疲れさまでした。

渋谷タワーでライターの沢田太陽氏にばったり遭遇。R.E.M.『Around the Sun』限定盤がここではセール値引きもあって30,35円、とりあえず購入。14枚のポスター(みたいな歌詞カード)が入ったありえない装丁/内容でした。こういうのは迷わず買わなければならないことになっている。2枚目。  
Posted by monolog at 22:17Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月13日

マスタリング終了

041013-212500.jpg昨日乃木坂のソニーでシングル「明日は今日と同じ未来」のマスタリングが無事終わりました。タイトル曲「明日は今日と同じ未来」とカップリング曲「GOLDEN8」、どちらも「なんかしらんが感動するとです」という感じ。そろそろ皆さんの地元ラジオ局なんかにリクエストし始めてください。

今日は5ヶ月半ぶりくらいにリハーサルスタジオで練習しました。まさに肺に穴があいた7スタでしたがトラウマに押しつぶされることなく気持ちよく歌を歌いました。洗濯物が乾かないのでエアコンの衣類乾燥モードにしたら猫が温風直撃のところで寝始めたよ。  
Posted by monolog at 21:25Comments(4)TrackBack(0)

雨に煙るこの部屋では

041013-095635.jpg041013-095754.jpg041013-100018.jpgポチちゃん接写!  
Posted by monolog at 09:57Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月12日

Vote for Change final

vfc12日のこと。ブルース・スプリングスティーン、R.E.M.らが鋭意参加して全米をツアーしていた反ブッシュコンサート“VOTE FOR CHANGE”の最終日。朝からライブウェブキャストを見るためコンピューターのモニターにかぶりつきでした。

R.E.M.は新譜から「Leaving New York」含む5曲。パール・ジャムのエディ・ベイダーとの「Begin the Begin」もよかったが、スプリングスティーンをゲストに迎えての「Man on the Moon」、ボスが2番を歌い、マイケル・スタイプがその横で満面の笑みでくねくねと踊るのを見て朝から号泣。マイケル曰く「僕はやることやった。あとはあなたたち次第です」と。

ジェイムス・テイラーはディキシー・チックスとのセット。イラク開戦さなかにブッシュ批判で親ブッシュ派なんかからバッシングを受けたディキシー・チックスにはひときわ大きな声援。JTは相変わらず優しく憂いのある声で歌っていました。

なによりもブルース・スプリングスティーンのステージが圧巻でした。12弦ギターによる国家に続いて「Born in the USA」、続く熱いヒットパレード。このライブはウェブキャストの他にも全米のテレビで生中継されていて、 ボスはテレビで見ているオーディエンスに向かっても投票を呼びかけ、曰く「もはやアメリカがいつも正しいというのは子供を寝かしつけるためのおとぎ話だ。高い関心を持って選挙の日に行動で示そう」と。「ボリュームを最大にして窓を開けなさい」と語りかける。僕もボリュームをあげてしまいました。

最後は出演者全員で「People have the Power」、マイケル・スタイプはKERRYと胸に書かれたTシャツ。しかし、このコンサートを見た誰もが思ったと思うんですが、もうスプリングスティーンを大統領にしたほうがいいんじゃないか、と本気で思うくらい胸を打つパフォーマンスでした。アメリカの良心に感動。  
Posted by monolog at 13:32Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月11日

日々の雑感

041011-104424.jpg普通にうちの猫を写真に撮ってもただ可愛いだけなので、最近はあくびの瞬間とかの変な顔や無理のある姿勢をしてるところだけを撮ることにしているとです。

ポチちゃんはどうも寒いらしくフローリングの床を避けて居場所を決めているようで、さすがにiBookの上で香箱を組むのはやめて欲しいので、かなり早めにホットカーペットを出そうかと思っています。ミュージシャンの友だちが小さな猫を飼い始め可愛らしい写真が送られてきました。きっと猫のおかげでたくさん曲ができるよ。猫を飼い始めるにはいい季節ですね。

先日の取材で、マンガに関心のない僕に、といただいた魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」をしんみりグッときたりしながら読み終えました。僕の予想では、猫の雑誌に載ってた切ないマンガを読むにつけ、「やまだないと」もいけるんじゃないかと思ってますが、どうでしょうか。  
Posted by monolog at 10:44Comments(7)TrackBack(0)

2004年10月10日

雨風、金木犀

041010-174617.jpg昨日のこと。さすがにニュースは台風のことばかりで、予定の入り時間より少し早めに下北沢へ。膝から下がびしょびしょになる。Queには久々に会う友人たちばかりで緊張感のかけらもなく談笑(おもに猫の話)。地下に入ってしまうと台風のことを忘れてしまった。

開場後、二位店長が「ひどい天気だねー」と楽屋に顔を出す。電車も止まってるらしいが、それでもたくさんのお客さん。4月1日以来のQueなので感慨もひとしおでしたが、楽しく気持ちよく、どうにかこの日に間に合わせた新曲を歌いました。創作ラッシュ期。

ライブ後、遠く韓国から来たファンの方とお話。持参されたGOMESのほぼすべてのCDにサイン。どこで手に入れるのか尋ねると、知り合いに頼んだり買ってきてもらったりいろんなルートがあるらしい。韓国の柚子茶(SLICED CITRON TEA/ビン入り、重たい!)をいただきました。さっそく帰宅後お湯に溶かして飲んでみましたが、めちゃめちゃ美味しくノドにやさしい感じ。韓国語で「ありがとう」とも言えない自分が情けなかったですが、すごく嬉しかったですよ。ありがとう。

台風が去った真夜中に、うちの近所の金木犀の木の下には蛍光オレンジに近い色をした粒々が散らばっていてちょっと艶やかな風景だった。  
Posted by monolog at 17:46Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月09日

台風ライブ

pochi2004年10月9日@下北沢CLUB Que

1.表通り(『mono』)
2.星に輪ゴムを(新曲)
3.手と手、影と影(新曲)
4.GOLDEN8(「明日は今日と同じ未来」11/25 on sale)
5.明日は今日と同じ未来(「明日は今日と同じ未来」11/25 on sale)
6.そばにあるすべて(『omni』)


すごい台風にもかかわらず来てくれた皆さんに感謝します。
でも一番ひどい状況のときに僕は地下にいたので台風未体験。
来週のライブは吉祥寺Planet K、堀越との2人編成にしようかと思ってます。  
Posted by monolog at 23:44Comments(5)TrackBack(0)

2004年10月08日

雨と風

041009-115104.jpg楽しみにしてる日に限って台風が来るとです。

久々にポチを見たNRS吉積さんが「ポチはもう太りきった(容量がいっぱいになった)」というようなことを言うので、しばらく体重を量らず、いつも通りのだらだらした暮らしをさせています。

寒くなって最近は朝起きたら顔の横で猫が僕の顔を覗き込んでノドを鳴らしています。9日のライブにはPLECTRUMのみきや君やルーシーのチガちゃんなど猫飼いが多いので猫の話になるのでしょう。  
Posted by monolog at 23:51Comments(3)TrackBack(0)

2004年10月07日

晴れた隙に

041008-102041.jpgかなり久しぶりにメンバーと会いました。昼前からアートワーク用の写真撮影。秋なのに蚊に刺されまくる。ここ最近の秋雨の合間の気持ちよく晴れた日でした。

夜から眠い目をこすりながらデザイナーNRS516吉田さん宅でひたすら絵の具を塗り重ねる作業。いつも思うが学園祭の準備を断続的にずーっとやってるような感じだ。

帰路、交通量も減った真夜中の環七をR.E.M.『Around the Sun』をBGMに走ってみる。メロディが特に素晴らしい。派手さがない分単調なドライブにしっとりと溶け込み感動的。

週末はまた大きな台風ですか。んー、ちょっとやめてほしいです。そんなに来ないで欲しいです。ライブなのに。  
Posted by monolog at 23:21Comments(3)TrackBack(0)

2004年10月06日

やっと晴れた

041006-143859.jpg041006-143817.jpg止まないと思ってた雨が朝起きたらあがっていました。昨晩はNRS516吉積さんが来宅打ち合わせ、発売日が決まってしまっているニューシングルのアートワークに追われています(楽しいですけど)。

真夜中、「お伽草子」を見る。僕の歌にあわせて登場キャラクターが口パクするというオープニングに不思議な気分。実在の地名や風景が出てくるのでフィクションが苦手でもイメージしやすいような気がします。いい感じの猫も登場してました。

今日は昼から終日創作活動、R.E.M.新譜を聴きながら。シンガロングしたくなるような作品なので歌詞を吟味するためにも日本盤のほうがいいかもしれませんよ。  
Posted by monolog at 14:38Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月05日

お伽草子ー東京編

zoshi本日深夜から始まる「お伽草子ー東京編」第一回目は1時59分から放送のようですよ。火曜日はもともと安斎みうらのTR2を聴くのに宵っ張りになる日ですが、あわせて「24」なんかも見なくちゃいけないので忙しいですね。

僕はマンガとかアニメーションに非常に疎いので詳しい話はできませんが、プロダクションI.G.という会社の作品のクオリティの高さは各方面で絶賛されていて、友人たちからいくつかそういう内容のメールをもらったりもしてて、僕自身今日からの放送をすごく楽しみにしています。ご覧に慣れる方はぜひチェックしてみてください。

雨は相変わらず止まず肌寒いくらいです。  
Posted by monolog at 13:07Comments(0)TrackBack(1)

2004年10月04日

明け方の猫

041004-161800.jpg041004-161717.jpgまる2日も雨が続くとやまない雨もあるかもしれないと思ってしまいます。今週はアートワーク用の撮影があるのですが雨にはやっぱりうんざりです。

夜が寒くなってきたので猫が布団に入ってくるようになりました。幸せな季節の始まりです。ポチが2001年秋に伊東の斎門富士男家からうちにきてもうすぐ3年経とうとしています。

保坂和志HP内にある斎門宅取材記事(確か僕が中継ぎしました)は2001年4月頃のものだから写真のなか日溜まりで寝そべって胸のあたりをなめている三毛はポチであろうと思われる(飼い主の直感)。

この記事内で語られる「ポチ」というのは初代ポチのことで、うちにいるポチは仕草や模様が初代に似てるからということでその名を引き継いだのである。いまポチが斎門夫妻に会ったらどんな態度をとるのか見たいような見たくないような不思議な気分。  
Posted by monolog at 16:17Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月03日

村上春樹 / アフターダーク

afterdark途中何度か中断しながらもアフターダーク読了、雨が止まない一日。

通俗的な固有名詞に対する違和感や「セブンイレブン」で有線が流れているか?とか色々浮かんでくる思いをねじ伏せ、物語終盤の記憶/言葉/視線/夜と朝のせめぎ合いの描写を惹き込まれるように読む。

深夜から夜明けまでの物語という点で、僕はかつてストイックにこつこつと作った『mono』というアルバムを思い返したりしましたが、やっぱりそこには孤独でありながらも他者の息づかいが妙に気になってしょうがないような、複雑な雰囲気があって、物語なり音楽なりを創造するのに(モチーフにするのに)魅力的な時間帯だなーと感じました。最近になって、もう一度『mono』みたいな暗くて静かなCDを作ってみたい気になってたタイミングだったのでいい刺激でした。

何年も前に広尾で村上春樹を見かけて興奮したことを思い出します。僕はアンナミラーズでハンバーガーを食べていて村上春樹は窓の外を歩いていた。最初羽田元首相かと思ったが、あれは村上春樹だったと思いたい。あと、村上春樹と保坂和志も似てますが、似てるのは顔だけですね。  
Posted by monolog at 09:43Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月02日

R.E.M. / Around the Sun

ats_spcR.E.M.のニューアルバム『Around the Sun』が出ます。安心感と安定感。多少エレクトロニカ的な音もありますが、3人になってからのR.E.M.サウンドを踏襲して、歌心溢れるアルバムです。R.E.M.が好きで良かったな、と思います。95年以来の来日公演は東京が来年3月16日、17日名古屋で18日大阪(ハードスケジュール!)。

オフィシャルサイト等でのフル試聴もできますが、Wilcoのときもそうだったように、もはやリリース前のフルストリーミングというのが珍しくなくなってきて、しかし興味のない音楽はフルストリーミングされてても聴かないし、好きな音楽はフルストリーミングされててもCDを買う。そういうふうに世の中はできている。僕はいつものようにこのR.E.M.の新作を限定特殊パッケージ、US盤、国内盤と3つ買うことになる。

今R.E.M.はブルース・スプリングスティーン他とケリーを大統領に後押しするための全米ツアーの真っ最中ですが、テレビ討論ではおおむねケリー勝利の判定、支持率も上がってきて俄然面白くなってきました。ザッツエンターテイメント。  
Posted by monolog at 09:54Comments(0)TrackBack(2)

2004年10月01日

続・芸術週間

041002-111800.jpg041002-111856.jpgCNNで米大統領選テレビ討論をリアルタイムで見たあと、コーエン兄弟のオー・ブラザー!を見てアメリカに思いを寄せる。

新作リリースを直前にR.E.M.の来日情報が。前回へそを曲げて(当時のMONSTERというアルバムが好きじゃなかった)行かなかった若気の至りを挽回したい。僕はR.E.M.と出会って音楽が好きになったのだ。

僕が初めてリキテックスでキャンバスに描いた習作を持って、またまた夜からデザイン班NRS516とのミーティングへ。初めてNRS516のふたりに会ったとき僕はたったの23歳くらいだったけど矢のように月日は流れる。

吉祥寺にできたFoodexpressは24時間営業で明るく目に鮮やかなものが多い。真夜中の楽しみがまたひとつ増えた感じ。  
Posted by monolog at 23:18Comments(0)TrackBack(0)