2017年11月30日

GOMES THE HITMAN公演の追加チケット販売を行います



今日はGOMES THE HITMAN公演のための長時間リハーサルでした。新曲やお馴染みの曲、充実した年内ラストライブになりそうです。すでに完売していた12月8日(金)恵比寿天窓switchでのGOMES THE HITMAN恒例のライブ「猫町オーケストラ」、キャンセル分と増設スペース分のチケットを販売します。若干枚数での販売、立ち見となりますがこの機会をぜひご利用ください!

通販STOREチケットセクションで購入
  

Posted by monolog at 21:02Comments(0)

芝生通販にデッドストックのポチバッジ入荷

06

2月にcafe+gallery芝生で開催した「ポチバッジ展」はとても盛況、話題になり通販オーダーも含めて今年は完全ハンドメイドのポチバッジが約1000個が飛び立っていきました(バッジ部は本当に身を粉にして作業してくれました)。全国のライブ会場に赴くたびに服のどこかにポチバッジを付けてくれているファンの皆さんの姿を見るのが本当に嬉しいのです。可愛がってくれてありがとうございます。芝生通販にデッドストックのポチバッジを数種、数は少ないですがご購入できます。ぜひご覧ください。

トラベラーズファクトリーと作ったオリジナルノート付きのコラボCD『notebook song』も12月中の通販開始を予定しています。2011年以来大変ご好評をいただいている山田稔明猫イラストによるカレンダーは、、今もまだ作っています。12月8日のライブ会場物販を皮切りに通販の受付を行う予定です。皆さんの暮らしに寄り添うものを作り続けることができることを幸せだなあと思うと同時に、去年より可愛いのを!と鋭意制作中です。もう少しお待ち下さいますように。

10月はあんなに長かったのに11月はあっという間でした。明日から12月。今年もあともう少し。  
Posted by monolog at 11:45Comments(0)

2017年11月29日

“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”(2017年11月26日 @ 福島 三春 in-kyo)【ライブ後記】



高橋徹也さんとの先週末の東北ツアー。仙台のホテルを朝に出発して福島三春へ。実は風邪からの病み上がりだったタカテツさん、ステージではそれを微塵も感じさせなかったところはさすがでした。車内が物静かだったのはお互い喉を温存したからかもしれません。それでも車内BGMに導かれ「今かかってるの誰?」とか「なんでここでYESの『危機』なの?」とか気の置けない会話が続き、あっという間にin-kyoに到着。

店主長谷川ちえさんに会うのは1年ぶりか。蔵前の頃は季節の折々でお会いしていたが時間が経つのはあっという間。三春は去年もバタバタと慌ただしく駆け抜けた感じだったのだけど、今回は三春索麺(そうめん)の美味しいお店を紹介してもらって舌鼓。こじんまりした素敵な町です。ちえさんがいなかったら来なかった場所だと思うと不思議な縁を感じます。お店に戻るといっぱいのお客さん。アアルトコーヒー庄野さんが焙煎してくれた「コーヒーと音楽」の香りが漂います。

P1090821

P1090831

前日のNAKAO CAFEと打って変わって、窓からの明るい日差しのなか始まったライブ。タカテツさんはセットリストの大部分を変えてきたから、僕もそれを見ながら演奏曲目を変更していく。これがソロ弾き語りの醍醐味か。朗読のシーンが時間の流れが止まるようで興味深かった。演奏が進むに連れて窓の外の色味が変わっていき、黄昏時の柔らかい光の頃にステージを交代。大きな窓が印象的なin-kyo、僕は「愛すべき日々」でスタート。凍る窓の向こうに鮮やかな光。

日曜日のドライブのあとで歌う「glenville」もいい。新曲「baby driver」はGOMES THE HITMANの新作に収録する予定だが、もしかしたらタカテツさんの『Style』の軽快さに呼応したものだったかもしれない。in-kyoのお手洗いに入ったらその空間の凛とした美しさに感動したからサトミツ&ザ・トイレッツの「答えはトイレのなか」を歌った。台所まわりもとてもきれいで、帰ったら掃除しようと思う。「hanalee」はちえさんがとても好きな曲だといつか言ってくれた曲。長谷川さんとの結婚パーティーでも歌ったが、ここで歌わないわけにはいかない。

P1100025

P1100032

いよいよ日がとっぷりと暮れてきて、再びタカテツさんを呼び込んでセッションの時間。リクエストを受けたという迷曲「猫とホテル」をふたりで。回を重ねるたびに迷曲から名曲へと昇華していくような感覚がある。みんなのニコニコ顔をステージから見るのが楽しい。洋楽のカバー対決というのも予定していたのだけど、前日の演奏が楽しかったのでまたザ・ピロウズとb-flowerを。お気に入りのものがたくさんある場所で歌う「Girl」と「things」、「幸せの風が吹くさ」は大きな手拍子の音に煽られて熱くなりました。アンコールにはフィッシュマンズ「エブリデイエブリナイト」、ご来場の皆さんの毎日毎晩が幸せなものになりますように。

きゅっとこじんまりした親密な空間はちえさんが丁寧に大切に作り上げたもの、そこに相応しい音楽をふたりで奏でられたなら光栄です。近くから遠くから来てくれた皆さんありがとうございました。皆さんもあの空間を作った一人ひとりだったと思います。終演後急いで片付けて、郡山市まで移動してソノラバーガーというお店に連れていってもらった。とても素敵なお店でライブもやられているそうで、また新しい縁を感じました。日付が変わるころ東京へ到着。あっという間の2日間でしたが、とても充実したものになりました。尊敬する友人であり音楽家、高橋徹也に大きな感謝を。また新しい旅の目的地を見つけましょうね。

P1100096

P1100128


  
Posted by monolog at 11:19Comments(0)

“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”(2017年11月25日 @ 宮城県 富谷市 NAKAO CAFE)【ライブ後記】

先週末の高橋徹也さんとの東北ツアーを振り返ります。午前中に吉祥寺で落ち合って、東北道を北へと向かう旅です。前週の新潟でひやひやする思いをしたので、タイヤチェーンを積んで心構えもばっちり。これまでのタカテツさんとの旅はすべて西だったので地図の上の方に向かうのが新鮮。雪をかぶった連峰や紅葉、田んぼの風景を眺めながらいいドライブ。今月頭の大阪はたくさんの楽しい出来事が記憶に残りましたが、演奏面に関してもこれまで種を植えたところに芽が出て果実が実ったような、そういう収穫感もありました。

まず最初のヴェニューは宮城県富谷市のNAKAO CAFE。僕は3度目の演奏、タカテツさんを連れてくることができてよかった。ここはとにかく素敵なものが溢れる場所、雑貨屋さんでありコーヒー豆やスイーツも売ってるし、ライブ会場となるカフェも広くて心地いい。お店に到着してすぐライブの準備。今回も音響機器はすべて持ち込み、自分たちでセッティング。ステージまわりには今回もカメヤマキャンドルさんが揺れる灯の演出をしてくれました。なんと素晴らしい風景、うっとりしてしまいます。

P1090624

P1090633

遠くから近くからたくさんのお客さんが集まってくれました。広いカフェなのでいつも最初は「こんなに人が来るのかしら」とドキドキするのですが、ステージに立つと嬉しくてわくわくしてくるのがここ、NAKAO CAFEです。今回は「二人出ずっぱりスタイル」をやめてタカテツ、山田、セッションと続く3部制に。最初にふたりで挨拶して、いよいよ開演。タカテツさんの演奏が始まりました。エレキギター(新しいギター)弾き語り、ニューアルバム『Style』のタイトルトラックから軽快に始まった大阪のライブとは対照的にデビュー作の楽曲が1曲目。ゆっくりしっとり立ち上がっていく響きが印象的でした。お客さんも真剣に聴き入っていましたね。最後は「Style」で手拍子で盛り上がって第一部終了。長いようにもあっという間にも感じる不思議な時間でした。

僕のステージ、タカテツさんが新しく買ったジャズマスターを弾くというので僕も先月買った1964年製のMartin F-55で、「星に輪ゴムを」からスタート。冬の冷たい窓、そのなかは実はあたたかい。ステージもじっとりと汗をかくくらいの熱気があった。「ただの旅人」という新曲も演奏するたびにキーが変わったり節回しが変わったり、毎回面白い。サトミツ&ザ・トイレッツの曲も受けがよくて嬉しいです。「sweet december」を東北で歌ったのは初めてのことかもしれません。歌いながらしみじみする歌。

P1090763

P1090723

再びタカテツさんを呼び込むかたちで第三部の始まり。お互いの好きな日本語ロックのカバーをということで、大阪に続いてこの日もタカテツさんがザ・ピロウズの「ストレンジ・カメレオン」、僕がb-flowerの「つまらない大人になってしまった」を披露。実はリハで一番練習してたのはこのパート。大阪よりも積極的にお互いの演奏に呼応しあう。“Favorite”繋がりで「My Favourite Girl」と「my favorite things」、そして「幸せの風が吹くさ」で盛り上がって終了、のつもりがアンコールの声が止まず、急遽もう一曲。ライブが長くなりすぎるから、とセットから削られていたフィッシュマンズのカバー「エブリデイエブリナイト」で大団円。ふたりともなんだかいつもより力強く良い声で響き合っていたように思いました。

P1090632

P1090791

P1090796

終演後は物販に長蛇の列。サインに時間がかかって申し訳なかったけど、1年に1度の東北旅で沢山の人とお会いできて幸せでした。お店でBGMとして流れていた「光の葡萄」の歌詞のフレーズだけを頼りにここへ辿り着いたという方もいらっしゃって、NAKAOというお店の持つ求心力をひしひしと感じる夜でした。スタッフの皆さんも穏やかで優しい。Date fmでデビュー当時からお世話になっていたディレクター氏も駆けつけてくれて、遅い時間にも関わらず美味しいご飯屋さんに連れていってくれました。ずっと準備に駆け回ってくれていたNAKAOの堀江さんが体調を崩されてお会いできなかったことだけが残念だったので、また1年後とは言わず新しい春が来る頃にでもまた歌いにいきたいです。たくさんのご来場ありがとうございました。僕もタカテツさんも楽しく幸せな夜を過ごしました。

P1090810

P1090812
  
Posted by monolog at 09:29Comments(0)

2017年11月28日

にゃなか1周年記念 第2回「今夜は猫に感謝祭」(2017年11月22日 @ 渋谷 東京カルチャーカルチャー)【ライブ後記】

IMG_7740

先週水曜日、渋谷の東京カルチャーカルチャーで川上麻衣子さん主宰「にゃなか」の1周年記念イベントにお誘いいただいて参加してきました。今年春に続き2回目。前回のときに峯村リエさんと初めてお会いしてその後のイベントに繋がったり、猫が結ぶ縁はまだまだ広がっていくのです。川上麻衣子さんと放送作家の東野ひろあきさんが軽妙に司会進行、ラサール石井さんの愛猫話、缶詰博士の黒川勇人さんの「ちゅーる」についての考察など興味深いものがたくさんありました。猫のことばかりの2時間半。

シンガーソングライター香蓮さんの「にゃなか」テーマソングも可愛らしく、続いて僕に任された15分。「きみは三毛の子」でポチ実の可愛さ自慢をして、「小さな巣をつくるように暮らすこと」で毎日の暮らしを見つめ、「猫町オーケストラ」で猫の気持ちになりました。皆さん耳を澄まして聴いてくださって嬉しかったです。加藤由子先生の猫の看取りの話も前回に引き続き考えさせられるところがありました。『猫とさいごの日まで幸せに暮らす本』というのを加藤先生から購入。いつも手の届くところに置いておこうと思います。

一番歓声があがったのは、Petcube Playという動物のための見守りカメラを設置した麻衣子さんの部屋、愛猫タックンが遠隔操作のレーザーポインターで遊ぶ姿がばっちりリアルタイムで映し出された瞬間。家を留守にしがちの僕には興味津々のマシンでした。終演後、CDや本、Tシャツなど、たくさんの方にお求めいただいて嬉しかったです。ちゅーるとか猫缶をいっぱいいただいてホクホクしながら愛猫の待つ家まで帰りました。またの機会があればぜひ参加したいです。






  
Posted by monolog at 23:25Comments(0)

山田稔明 × 岩瀬敬吾 2MAN LIVEーいつも旅の途中(2017年11月21日 @ 下北沢 ラプソディ)【ライブ後記】



先週の今日の話。岩瀬敬吾くんとの2マンからまだ1週間しか経っていないということに驚き震えながら(なんと濃密な1週間か)、下北沢ラプソディでの夜のことを振り返ります。敬吾くんと同じステージに立つのは2011年以来久しぶり。カスタネッツ元さんの裸眼とハックルベリーフィンさくちゃんとのCLUB Queでの弾き語りイベントだったが、先月カスタ元さんに会ったときに「あの日のイベントは本当に楽しかった。またあのメンツでやりたい」と言われて思い出したばかりだった。敬吾くんとは福岡で会ったり、SNS上でやりとりがあったりはしたが、こうやって下北沢でたっぷり1時間ずつ歌うことができて嬉しかった。

敬吾くんのステージ、MCで「山田さんには本当にお世話になった」と心尽くしの賛辞をいただきくすぐったかったが、僕も一人で音楽の旅を始めるときは心細かったから、新しい旅に出ようとする人にはできる限り参考になるようなアドバイスをしたいと思っているし、覚悟さえばればそういうアドバイスの有無に関わらず自分の進むべき道を早かれ遅かれ見つけるのだ。細っこくて物腰柔らかな敬吾くんだが、とても逞しくなっていて唯一無二の歌を歌っていました。

僕のステージはリクエストをいただいた曲を中心に歌いました。冬本番を前に「北風オーケストラ」、下北沢ラプソディで歌う「吉祥寺ラプソディ」、「些細なことのように」も普段あんまり歌わないからリクエストはいい機会になる。「明日は今日と同じ未来」は自分で書いた曲なのに、誰かにさとされているように感じる不思議な曲。平日のライブで「また明日」と歌う「距離を越えてゆく言葉」もいい響きでした。今年の「sweet december」初下しはこの日となりました。ああ、また「sweet december」の季節がやってきた。泣いたり笑ったり、君も僕も忙しいけど、今年もあともう少し。新しい夜明けまで。

良い夜でした。平日の夜遅くにご来場ありがとうございました。

B4B79430-6744-4441-8040-680FF4CAD968
  
Posted by monolog at 23:06Comments(0)

2017年11月27日

今週末は今年最後の関西旅です

濃厚な東北旅が終わり、今週はGOMES THE HITMANリハーサルや年末のいろいろが始まります。遅れに遅れている恒例のカレンダー制作も並行して続いています(12月8日以降のライブ会場と通販での販売を目指しています!)。いよいよ名実ともに師走に突入、今週末は今年最後の関西への音楽旅。まず12月2日(土)は加古川チャッツワース、2008年以来掛け値なしの応援をしてくれる関西のHOMEでのクリスマスの宴です。開場前の立食パーティーは定員締切、ライブも残り数席とのことなのでお申込みお急ぎください。そして翌日3日(日)のお昼、急遽決まったスタンダードブックストア心斎橋でのポエトリーリーディング+ライブ、試行錯誤のvol.0的な実験ですが、たくさん申込みもいただいているようで嬉しいかぎりです。今年最後の関西でのステージ、僕自身がとても楽しみにしています。リクエストがあればコメント欄にどうぞ(参考にします)。今週末、チャッツワースとスタンダードブックストア心斎橋でお会いしましょう。

01A3B55E-AE1D-4A0C-B7C7-06A4FC4FA67D


2017年12月2日(土)@ 加古川 チャッツワース
“夜の科学 in 加古川ーsweet december 2017”

出演:山田稔明
17:30開場 18:00開演/前売4000円(別途ドリンク代)

チャッツワースにてメール予約受付中*残り4席とのことです
メールお申し込みは 、chatsworth_tearoom@me.com まで
「イベント名」、「お名前」、「人数」、「連絡先電話番号」と
「ライブのみ」または「ライブ前パーティー参加希望」の明記をお願い致します。

紅茶と英国菓子のチャッツワース
〒675-0065加古川市加古川町篠原町4-7
TEL 079-420-1707






2017年12月3日(日)@ 大阪 スタンダードブックストア心斎橋 カフェ
ポエトリーリーディング & LIVE

出演:山田稔明、中川和彦
11:30開場 12:00開演(14時終了予定)/料金1500円(1ドリンク付き)


【予約方法】
1.お電話(06−6484−2239)
2.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
3.メール
以下のフォームをコピーして記入いただくか、
メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を
入力して、info@standardbookstore.comへお送り下さい。
担当者が確認後折り返し、ご予約通知メールをお送りいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【予約】イベント 2017/12/3 山田稔明 ポエトリーリーディング & LIVE
【お名前】
【電話番号】
【人数】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

スタンダードブックストア心斎橋(http://www.standardbookstore.com/
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビルBF
TEL 06-6484-2239


  
Posted by monolog at 17:57Comments(4)

“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”(2017年11月26日 @ 福島 三春 in-kyo)【SETLIST】



2017年11月26日(日)@ 福島 三春 in-kyo
“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”


<高橋徹也>
1.サマーパレードの思い出
2.シグナル
3.The Orchestra
4.サマーピープル
5.いつも同じところで (朗読)
6.夜明けのフリーウェイ
7.犬と老人
8.スタイル

<山田稔明>
9.愛すべき日々(GTH『omni』)
10.glenville(『home sweet home』)
11.notebook song(コラボCD『notebook song』)
12.baby driver(新曲)
13.答えはトイレのなか(サトミツ&ザ・トイレッツ)
14.小さな巣をつくるように暮らすこと(『DOCUMENT』)
15.きみは三毛の子(『DOCUMENT』)
16.hanalee(『home sweet home』)

<セッション>
17.猫とホテル(高橋徹也)
18.つまらない大人になってしまった(b-flower カバー)
19.ストレンジカメレオン(ザ・ピロウズ カバー)
20.my favorite things(『the loved one』)
21.My Favourite Girl(高橋徹也)
22.幸せの風が吹くさ(『pale/みずいろの時代』)

EN
23.エブリデイエブリナイト(フィッシュマンズ カバー)


  
Posted by monolog at 09:58Comments(0)

2017年11月26日

“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”(2017年11月25日 @ 宮城県 富谷市 NAKAO CAFE)【SETLIST】



2017年11月25日(土)@ 宮城県 富谷市 NAKAO CAFE
“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”


<高橋徹也>
1.ドライブ
2.人の住む場所
3.サマーピープル
4.夜明けのフリーウェイ
5.帰り道の途中
6.夕暮れ星
7.スタイル


<山田稔明>
8.星に輪ゴムを(GTH『ripple』)
9.太陽と満月(『the loved one』)
10.notebook song(コラボCD『notebook song』)
11.ただの旅人(新曲)
12.KUSOしてみて(サトミツ&ザ・トイレッツ)
13.小さな巣をつくるように暮らすこと(『DOCUMENT』)
14.きみは三毛の子(『DOCUMENT』)
15.sweet december(未発表曲)

<セッション>
16.ストレンジカメレオン(ザ・ピロウズ カバー)
17.つまらない大人になってしまった(b-flower カバー)
18.My Favourite Girl(高橋徹也)
19.my favorite things(『the loved one』)
20.幸せの風が吹くさ(『pale/みずいろの時代)

EN
21.エブリデイエブリナイト(フィッシュマンズ カバー)


  
Posted by monolog at 10:11Comments(0)

2017年11月25日

幻冬舎plus「石黒由紀子 × 山田稔明 チミコウ日和」最新回が更新されました

先週から始まった幻冬舎plusでの「チミコウ日和」、楽しく読んで書かせてもらっています。

P1080307

石黒由紀子さんとの交換書簡的エッセイ連載「チミコウ日和」、由紀子さんの最新回<コウハイ、ポチ実に会いに行く2>が更新されましたのでぜひお読みください。我が家に遊びにきたコウハイくんを迎えたのはポチ実だけではありませんでした…。ポチ実のまん丸の目、コウハイくんの興味津々な顔、チミママのわれ関せずという貫禄。ポチ実のお母さんであり地域猫のチミママはここ最近は安定の一日二回立ち寄り、うちでたっぷりご飯を食べていきます。外はどんどん寒くなっていきますが、蚊がいなくなって耳の炎症も治り、夏よりずっと元気そうに見えます。

今日から東北旅、僕が家を空けると必然的にチミママもご飯抜きになるはずなんだけど、猫番さんが立ち寄ってるときにうまい具合にチミママは我が家の庭に現れるそうで、ちゃんとお腹いっぱい食べて帰るから不思議です。どこか見張り塔みたいなところがあるのかな。幻冬舎plusの連載からポチ実のことを知ったという方はぜひ『猫騒動』ブログもお楽しみいただければ幸いです。『猫町ラプソディ』『猫と五つ目の季節』も引き続きよろしくお願いします。

P1080356


  
Posted by monolog at 08:43Comments(0)

2017年11月24日

いよいよ高橋徹也さんとの東北旅です|25日宮城NAKAO CAFE、26日福島 in-kyo

今月はじめの大阪に続き、いよいよ明日から友人であり尊敬するシンガーソングライター高橋徹也さんとの東北二人旅です。25日は宮城富谷のNAKAO CAFE。昨年から近藤研二さんとの共演ライブを機にお世話になっているお店、雑貨とコーヒーとカフェの複合店で全部見てまわるのに何時間かかるでしょうか。とてもゆったりした空間なので少しお早目のご来店をお薦めします。店内では僕とタカテツさんの音楽がずっと鳴っているそうです。翌26日は福島県三春町のin-kyo。エッセイスト長谷川ちえさんのお店、僕は蔵前にあったころから何度も演奏させてもらっていますが、今回2度目の演奏会をタカテツさんと。ここはとても小さな親密な空間なので前日のNAKAOとのコントラストも含めて面白いと思います。アアルトコーヒー庄野さんがオリジナルブレンドを焙煎してくれたコーヒー豆の販売もあります(庄野さん曰く、ちえさんが淹れるアアルトコーヒーが日本一美味しい)。珈琲と音楽と人とがここでまた新しい出会いをするのでしょう。

どちらの会場ももう少しだけ席があります。またとない機会です。ぜひお越しください。

IMG_3822


2017年11月25日(土)@ 宮城県 富谷市 NAKAO CAFE
“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”

開場18:30 開演19:00/前売3000円 当日3500(ドリンク別途)
出演:山田稔明、高橋徹也

昨年春のソロ、秋の近藤研二とのデュオに続き、山田稔明三度目の
NAKAO KAFEでのライブ決定。今回は盟友であり不世出のシンガー
ソングライター高橋徹也を連れだって、名古屋以来の「音楽と音楽」
と題した深遠な世界観の交錯を。秋を彩るたくさんの歌を奏でます。

【ご予約・お問い合わせ先】
NAKAO 富谷店 022-351-7752/mail: nakao.cafe@gmail.com
*メールでのご予約の方はお名前・お電話番号・希望枚数をご明記ください。
*サンドウィッチご希望の方はチケットと同時にご予約ください。

NAKAO CAFE
宮城県富谷市成田8-2-9 2階
022-351-7754




2017年11月26日(日)@ 福島 三春 in-kyo
“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”

14:30開場 15:00開演/前売3000円 当日3500(ドリンク別途)
出演:山田稔明、高橋徹也

蔵前の頃からずっとお世話になっている、エッセイスト長谷川ちえさんの
お店 in-kyo。福島三春に移転してから二度目のライブが決定しました。
今回は盟友であり不世出のシンガーソングライター高橋徹也を連れだって
「音楽と音楽」と題して深遠な世界観の交錯。秋を彩るたくさんの歌を。

ライブの入場予約は山田稔明/GOMES THE HITMANオフィシャルサイトにて受付
予約フォームがうまく機能しない場合は「info@gomesthehitman.com」までメールにて
「お名前/人数/お電話番号」を明記の上お申し込みください。

三春 in-kyo
福島県田村郡三春町中町9
TEL 0247-61-6650  
Posted by monolog at 10:59Comments(0)

サトミツ&ザ・トイレッツ インストアライブ&サイン会(017年11月24日@ ヴィレッジヴァンガード渋谷店)【SETLIST/ライブ後記】

昨日のこと。午前中から出かけてサトミツ&ザ・トイレッツのインストアライブ。祝日の渋谷は賑やか。自分が思っていた場所と違う場所にヴィレッジヴァンガードがあって、猫の目のように変わる渋谷の街の風景に目眩がする。メンバー全員でのリリース関連のストアイベントはこれで最後ということで、いつもより1曲多く演奏。みんな歌えて、しっかり演奏できて、MCも打ち合わせもせず噛み合うというこの感じは「バンド感」としか言いようがない。11月はサトミツ&ザ・トイレッツのみんなと色んな場所で演奏してほんと楽しかった。僕は自分のツアーで関東を離れるのでいよいよバンドから離脱、イベントには参加できませんが、週末には千葉県柏と横浜で演奏があります。それが年内最後の観覧無料のフリーライブになりますのでお近くの方はぜひ。

演奏終了後のサイン会でご来場のファンの方にタワー渋谷で伊藤銀次さんのインストアイベントがあることを教えてもらったのでもっくんと一緒に観にいった。45周年のキャリア、僕らは足元にも及ばないなあと感嘆。長門店長に引っ張り出されて少しおしゃべりさせてもらったが、銀次さんも杉さん同様本当に若く楽しく、そして優しい。もっくんの手からサトミツ&ザ・トイレッツのCDを銀次さんへ渡せたのが嬉しかった。大滝詠一さんのユーモアやオモシロを受け継ぐのはダジャレ好きな銀次さんや杉さんと村田和人さんのアロハ・ブラザースで、僕はサトミツ&ザ・トイレッツでその末端の系譜を踏めたらと密かに思っているのだ。




2017年11月24日(木祝)@ ヴィレッジヴァンガード渋谷店
サトミツ&ザ・トイレッツ インストアライブ&サイン会


1.日本のトイレからこんにちは
2.ぷりぷり行進曲
3.PULP!
4.僕の小さな悩み事
5.今夜はCLEAN IT!



年内最後のサトミツ&ザ・トイレッツのライブが決定しています。
今年のいろいろを洗い流すような夜に。

2017年12月29日(金)@ まほろ座 MACHIDA
佐藤満春 凱旋&レコ発記念 平成29年度 サトミツ&ザ・トイレッツ大忘年会

17:30開場 18:30開演/前売3,100円 当日3,500円(別途2オーダー以上)
出演:サトミツ&ザ・トイレッツ
[ 戸井廉太郎(佐藤満春 / どきどきキャンプ) / 猫すなお先生(山田稔明 / GOMES THE HITMAN)
サニタリー俊吾(伊藤俊吾 / キンモクセイ) / トイ・レノン(佐々木良 / キンモクセイ)
イトイレット・KEN(伊藤健太 / ex.ゲントウキ) / うんち森もり(森信行 / ex.くるり)]

【チケット販売】
・プレイガイド:Livepocket(11/10 12:00〜12/29 0:00)
 https://t.livepocket.jp/e/171229
※初回お申込みにはLivepocket新規会員登録が必要となります。

【電話予約】
・まほろ座(11/10 16:00〜12/28 19:30)
 042-732-3139(まほろ座16:00〜19:30)
※ご予約確定後のキャンセルはご遠慮ください。

【お問合せ】
・ticket@mahoroza.jp
・042-732-3139(まほろ座16:00〜19:30)

まほろ座 MACHIDA(http://www.mahoroza.jp
東京都町田市森野1-15-13パリオビルB1F
TEL 042-732-3021  
Posted by monolog at 10:06Comments(0)

2017年11月23日

本日は渋谷 ヴィレッジヴァンガードにてサトミツ&ザ・トイレッツ観覧無料のインストアイベントです

先週末はリクシル社内、そして全国トイレシンポジウムというある意味クローズドな、マニアックな空間でのライブが続いたサトミツ&ザ・トイレッツですが、祝日の本日は渋谷ヴィレッジヴァンガードでインストアライブを。とても立派なステージがあるそうで、結構しっかり演奏できるのではないでしょうか。もちろんCDの購入もできますし、終演後のサイン会などもあると思います。僕はこのイベントでインストアシリーズから離脱するので(トイレッツは25、26日も千葉と横浜でフリーライブがあります)、年内気軽に全員参加のステージを見られる最後の機会かと思われます。お昼から雨もあがるそうなのでぜひご来場ください。結構、いいのですよ、サトミツ&ザ・トイレッツは。みんなが思っているよりもずっと。よろしくお願いします。

P1090377


2017年11月23日(木・祝)@ ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 店内イベントスペース
サトミツ&ザ・トイレッツ ニューアルバム『ホワイト・アルバム』発売記念ミニライブ&サイン会

14:00開演/観覧無料 出演:サトミツ&ザ・トイレッツ(フルメンバー)

ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
TEL: 03-6416-5649  
Posted by monolog at 09:40Comments(0)

にゃなか1周年記念 第2回「今夜は猫に感謝祭」(2017年11月22日 @ 渋谷 東京カルチャーカルチャー)【SETLIST】




2017年11月22日(水)@ 渋谷 東京カルチャーカルチャー
にゃなか1周年記念 第2回「今夜は猫に感謝祭」


1.きみは三毛の子(『DOCUMENT』)
2.小さな巣をつくるように暮らすこと(『DOCUMENT』)
3.猫町オーケストラ(『the loved one』)

  
Posted by monolog at 09:20Comments(0)

2017年11月22日

今日は渋谷で猫を愛する集まり|にゃなか1周年記念 第2回「今夜は猫に感謝祭」

17359181_1156898347770479_8652426856702474255_o

川上麻衣子さんが主催するサイト「にゃなか」の感謝祭、前回に引き続き2回目の今回も参加させていただくことになりました。とにかくいろんな方面から猫を愛する人たちがこぞって集まる街が「にゃなか」なのです。僕は音楽家として猫の歌を歌わせていただきますが、参加する皆さんがネコネコ言うのをニコニコしながら眺めることも楽しみにしています。特別ゲストの加藤由子さんの著作『ネコを長生きさせる50の秘訣』はいつも手の届くところにある本です。

僕が初めて川上麻衣子さんに会ったのは2015年の初夏でした。ある日のライブ終了後の物販ブースでサインをしていたら「あなた、相当ネコにやられちゃってますね」という声が聞こえハッと顔をあげるとそこには見覚えのある女優の姿が。「あたしもよ!」と笑顔を見せた彼女、そのやりとりで一気に打ち解けたのでした。麻衣子さんはとても気さくで気取らない素敵な人、今日のイベントもとても楽しみです。一回目の様子はここに。ご興味ある方はぜひ。


2017年11月22日(水)@ 渋谷 東京カルチャーカルチャー
にゃなか1周年記念 第2回「今夜は猫に感謝祭」

18:30開場 19:30開演/前売3500円(要1オーダー)

出演:川上麻衣子(女優・にゃなか市長)、東野ひろあき(放送作家・にゃなか企画部)
山田稔明(ミュージシャン)、黒川勇人(缶詰博士)、香蓮(シンガーソングライター)
ラサール石井(タレント・俳優)、特別ゲスト 加藤由子(動物ライター・エッセイスト)

今年3月に行われた愛猫家大集合のイベントの第二弾、今回も山田稔明が参加、
ミニライブを。猫愛溢れる、ちょっとどうかしたイベントをよろしくお願いします。

チケット予約はこちらから

東京カルチャーカルチャー(http://tcc.nifty.com/
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-23-16
cocoti SHIBUYA(渋谷 ココチ)4階  
Posted by monolog at 11:25Comments(0)

山田稔明 × 岩瀬敬吾 2MAN LIVEーいつも旅の途中(2017年11月21日 @ 下北沢 ラプソディ)【SETLIST】

A20ADA32-5E59-4736-A662-49282C28489B

2017年11月21日(火)@ 下北沢 ラプソディ
山田稔明 × 岩瀬敬吾 2MAN LIVEーいつも旅の途中


1.blue moon skyline(『pilgrim』)
2.北風オーケストラ(GTH『cobblestone』)
3.吉祥寺ラプソディ(新曲)
4.notebook song(コラボCD『notebook song』)
5.KUSOしてみて(サトミツ&ザ・トイレッツ)
6.些細なことのように(『the loved one』)
7.きみは三毛の子(『DOCUMENT』)
8.明日は今日と同じ未来(GTH『ripple』)
9.距離を越えてゆく言葉(『home sweet home』)
10.sweet december(未発表曲)  
Posted by monolog at 10:19Comments(0)

2017年11月21日

2017年いっぱいのスケジュールが出揃いました

2017_09_09_61


12月頭スタンダードブックストア心斎橋でのポエトリーリーディングのイベント、大晦日、吉祥寺スターパインズカフェでの恒例年忘れ、など年内すべてのライブが出揃ったような気がするので改めてスケジュールを整理。いろんな会場で何度でもお会いしましょう。

本日はこれから下北沢ラプソディにて岩瀬敬吾くんとの共演ライブです。当日券ありますのでぜひお仕事帰りに。


<WINTER 2017>

11月21日(火)@ 下北沢 ラプソディ(with 岩瀬敬吾)
11月22日(水)@ 渋谷 東京カルチャーカルチャー(にゃなか1周年記念イベント)
11月23日(木祝)@ 渋谷 ヴィレッジヴァンガード渋谷(サトミツ&ザ・トイレッツ)
11月25日(土)@ 宮城 NAKAO CAFE(with 高橋徹也)
11月26日(日)@ 福島 in-kyo(with 高橋徹也)

12月2日(土)@ 加古川チャッツワース(ソロ弾き語り)
12月3日(日)@ スタンダードブックストア心斎橋(ポエトリーリーディング)
12月8日(金)@ 恵比寿 天窓switch(GOMES THE HITMAN)SOLD OUT
12月10日(日)@ 恵比寿 天窓switch(ソロバンド編成)SOLD OUT
12月12日(火)@ 下北沢 lete(ソロ弾き語り)SOLD OUT
12月21日(木)@ 鎌倉カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ(with 中森泰弘)
12月24日(日)@ 等々力 巣巣(with 草とten shoes)
12月29日(金)@ 町田 まほろ座 MACHIDA(サトミツ&ザ・トイレッツ)
12月31日(日)@ 吉祥寺 スターパインズカフェ(昼公演)

ライブ情報詳細はこちらから  
Posted by monolog at 14:50Comments(0)

ツバメコーヒー5周年アニバーサリー “飛び立つコトノハ”(2017年11月19日 @ 新潟 燕市 ツバメコーヒー)【ライブ後記】



こないだの週末の話。年に一度の新潟燕市への旅、毎年秋の紅葉を愛でながらの眼福を味わう行事だったのだけど、今年は例年よりも2週間ほど遅く設定されたため、トンネルを抜けると景色はもう冬でした。なかなかスリリングな運転でしたが、なんとか無事にツバメコーヒーに到着。雪の多い国の人たちの暮らしは本当に大変なのだなあと改めて思いました。アアルトコーヒー庄野さん、大塚いちおさんも到着、ツバメコーヒーのタナカさんがいつものように出迎えてくれました。足元の悪いなかたくさんの方にご来場いただき嬉しかったです。

「光と水の新しい関係」とか「アップダイク追記」といった秋の歌を並べたセットリストだったのを急遽変更してGOMES THE HITMAN「北風オーケストラ」、雪から雨に変わった窓の外を眺めながら「雨の夜と月の光」と臨機応変にできるのがソロ弾き語りのいいところ。僕の燕市の印象はとにかく夜が暗い街。「home sweet home」はそんな目をつぶっても変わらないような、しかし目が慣れてくると星が瞬くような燕の空を思いながら歌いました。

P1090590

P1090610

ここ数年は僕の演奏にあわせた大塚いちおさんのライブペインティングをやっていたのだけど、今年は「僕たちはこんな歌を聴いて育った」的なトークと、いちおさんからのリクエストに応えるパートを企画しました。いちおさんと僕は少し年が離れていますが、お互いがエコーズ(辻仁成を中心にした80年代に活躍したロックバンド)好きというカミングアウトから始まった音楽談義は好きなものの共通項が多くて響き合うのです。まず最初のいちおさんからのリクエストはストリート・スライダーズでした。僕が初めて組んだバンドはスライダーズのコピーバンドだったので得意分野(もっとも当時僕は歌を歌っていなくてギタリストでしたが)、彼らのデビューアルバムから名曲「のら犬にさえなれない」を歌いました。みんなポカーンとしながら聴いてるかなあと思ったけど、アンケートを読んだら「蘭丸のギターが聞こえてきました!」とか静かな反響があった。

いつもツバメコーヒーではエコーズのカバーを織り交ぜるのですが、今年はちょっと変化球、辻仁成のソロアルバム(なんとムーンライダーズ鈴木慶一さんのプロデュース)から「僕たちの結婚」という隠れ名曲をディグ。「山田さんの歌みたいだった」という声を多数いただいた。そして、僕がまったく聴いたことがない、いちおさん青春ミュージック、甲斐バンドの曲を演奏することに。「LOVE MINUS ZERO」という曲がとてもツバメコーヒーの夜の雰囲気に似合いそうだったのでセレクト、主語の「おれ」を「僕」に変換して本気でアレンジして歌いましたが、いちおさんにもとても喜んでもらえて嬉しかったです。

P1090618

好きなものを好きでいること、好きでい続けることって本当に楽しいなあと改めて思う夜になりました。ツバメコーヒーでのイベントは今年で6年目でしたが、ずっとこの機会が続きますように。ツバメコーヒー5周年おめでとうございます。小さな町を照らす光であれ!

また来年!

  
Posted by monolog at 11:24Comments(0)

2017年11月20日

大阪 スタンダードブックストア心斎橋でポエトリーリーディングのイベントを

今月初めの大阪港2DAYSイベントの帰り道にスタンダードブックストア心斎橋(僕の大好きなお店です)に寄ったらお店代表の中川和彦さんにばったりお会いできた。ひょんなことからとても仲良くしてくれる中川さん、そして弟の中川店長と3人で、いつもビート作家や詩人の話で盛り上がったり詩の冊子をいただいたりするのが常なのだけど、いよいよポエトリーリーディングのイベントを決行しようということになった。僕自身、大学時代から表現としての“ポエトリー”に憧れ続けてきたのに、自分が書いている“歌詞”、あるいは“作詞”という行為と“ポエトリー”との乖離を感じていた。それがここ数年(なぜだか明確な理由はわからないけど)その“歌詞”と“ポエトリー”との距離がぐっと近づいてきたような気がしていたので、今回の中川さんの「やろうや!」という勢いのよさに僕も「乗った!」と相成ったのでした。

加古川チャッツワースからの旅の帰り道なのでギターも持っていますので詩と音楽のコラボレーションにもなるでしょう。映画『パターソン』に背中を押してもらった感じもある。買ったままで読む時間もなくて見えるところに飾ってあったウィリアム・カーロス・ウィリアムズや谷川俊太郎の詩集を1ページずつめくりながら、新しい知覚の扉が開くのを期待している自分がいます。ぜひお越しください(詳細はこちらをご覧ください)。なにか面白いことが起きそうです。

c8f9aa48DDB607EB-D2BA-41AF-B376-AD5198A8AE9F


2017年12月3日(日)@ 大阪 スタンダードブックストア心斎橋 カフェ
ポエトリーリーディング & LIVE

出演:山田稔明、中川和彦
11:30開場 12:00開演(14時終了予定)/料金1500円(1ドリンク付き)


【予約方法】
1.お電話(06−6484−2239)
2.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
3.メール
以下のフォームをコピーして記入いただくか、
メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を
入力して、info@standardbookstore.comへお送り下さい。
担当者が確認後折り返し、ご予約通知メールをお送りいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【予約】イベント 2017/12/3 山田稔明 ポエトリーリーディング & LIVE
【お名前】
【電話番号】
【人数】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

スタンダードブックストア心斎橋(http://www.standardbookstore.com/
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビルBF
TEL 06-6484-2239
  
Posted by monolog at 16:34Comments(0)

ツバメコーヒー5周年アニバーサリー “飛び立つコトノハ”(2017年11月19日 @ 新潟 燕市 ツバメコーヒー)【SETLIST】




2017年11月19日(日)@ 新潟 燕市 ツバメコーヒー
ツバメコーヒー5周年アニバーサリー
山田稔明ライブ “飛び立つコトノハ”


1.blue moon skyline(『pilgrim』)
2.太陽と満月(『the loved one』)
3.北風オーケストラ(GTH『cobblestone』)
4.home sweet home(『home sweet home』)
5.雨の夜と月の光(GTH『weekend』)

<TALK with 大塚いちお>
6.のら犬にさえなれない(ストリート・スライダーズ カバー)
7.僕たちの結婚(辻仁成 カバー)
8.LOVE MINUS ZERO(甲斐バンド カバー)

9.答えはトイレのなか(サトミツ&ザ・トイレッツ)
10.ただの旅人(新曲)
11.baby driver(新曲)
12.notebook song(コラボCD『notebook song』)
13.小さな巣をつくるように暮らすこと(『DOCUMENT』)
14.きみは三毛の子(『DOCUMENT』)
15.small good things(『the loved one』)
16.my favorite things(『the loved one』)

EN
17.あさってくらいの未来(『新しい青の時代)  
Posted by monolog at 09:07Comments(0)

2017年11月19日

本日は新潟燕市ツバメコーヒー|6年目のツバメ

f92ae757

今日は1年ぶりの新潟(個人的にはフジロックフェスティバルぶり)燕市のツバメコーヒーでのアニバーサリーイベントです。ツバメコーヒー、というと僕はこの鮮やかな青のカーディガンのことを思い出す(HARCOとの2014年の旅の時の写真)。そういう、色と結びつく思い出が確かに、ある。いつもは秋の紅葉を楽しみながら走るドライブ旅になるはずの新潟旅だけど、今年はちょっとだけ時期が遅くなって雪が降ったらどうしようと心配している。11月に季節が目まぐるしく変わっていくのだなと再認識しています。

数年続いた大塚いちおさんのライブペインティングを一度お休みして今までやったことのない試みを試すのが今年のテーマとなりました。昨晩セットリストを組み立てましたが、かなりレアな、もう他の場所では絶対歌わない歌も含む僕自身がワクワクする内容になった。いちおさんにもアアルトコーヒー庄野さんにも、もちろん皆さんにも楽しんでもらえると思います。

CDや書籍はもちろん、大好評のポチ実Tシャツの販売も行いますので物販もお楽しみに。

P1020475



2017年11月19日(日)@ 新潟 燕市 ツバメコーヒー
ツバメコーヒー5周年アニバーサリー
『コーヒーと随筆』刊行記念トーク
「これからのコーヒー屋はどうなっていくのか」

庄野雄治(アアルトコーヒー)×タナカヨシユキ(ツバメコーヒー)
14:30-16:00/料金1,000円(コーヒー付)
申込:件名を「これからのコーヒー屋」としていただき、
tsubamecoffee@gmail.comまでお名前、連絡先を添えてお申し込みください。


2017年11月19日(日)@ 新潟 燕市 ツバメコーヒー
ツバメコーヒー5周年アニバーサリー
山田稔明ライブ “飛び立つコトノハ”

17:00開場 17:30開演/前売3,000円 当日3,500円(コーヒー付)
出演:山田稔明/トークゲスト:大塚いちお

オフィシャルRESERVEフォームより予約を受付中
フォームがうまく機能しない方は「tsubamecoffee@gmail.com」まで
件名を「飛び立つコトノハ」として、お名前、人数、連絡先を添えてお申し込みください。

ツバメコーヒー(http://tsubamecoffee.com/
〒959-0264 新潟県燕市吉田2760-1
Tel: 0256-77-8781 Fax: 0256-93-8473


  
Posted by monolog at 08:49Comments(0)

2017年11月18日

EVERYBODY'S GOT A WORK TO DO



先週はラジオプロモーションとかレコ発とかインストアとか、やたら派手に駆け回ったサトミツ&ザ・トイレッツでしたが、今週はなんともマニアックなシチュエーションでの演奏が続きました。まず株式会社リクシル社内で行われた、発展途上国のトイレ環境について考えるコンベンションで演奏させてもらった。霞が関ビルディングの最上階にある会議室という僕らバンドマンにとっては非日常的な風景と空間。そして今日は朝から横浜まで出かけて第33回全国トイレシンポジウムという大会の舞台で演奏の機会を得ました。

行く先々でトイレ業界の関係者に「わあ、佐藤さん!」と笑顔で声をかけられるサトミツさん。本当にこの人はトイレを愛し、トイレに愛される人だなあと感心するばかり。リクシルでもトイレシンポジウムでも「生演奏の音楽はやっぱり最高ですね」といっぱい声をかけられて、先週リリースになった『ホワイト・アルバム』もたくさんの方が手にしてくださった。世界トイレ機関というNPOの代表ジャック・シム氏に遭遇するという奇跡があり、とにかくこの、世界レベルでのトイレの要人がものすごくバンドのことを気に入ってくれたのが嬉しかった。「君たちはこのバンド一本でやってるのか」と問われて「や、パートタイムジョブです」と答えたら「次に会うときはこのバンドでビッグスターになっているよ」とニコリ。「それはちょっと…」と正直思いましたが、今日は今日でとても楽しかったな。このバンドに参加させてもらって、得難い経験をたくさんしています。両日とも「日本のトイレからこんにちは」「PULP!」「あしたトイレに行こう」を演奏しました。

リクシルでは皆さんが前述したように発展途上国のトイレ問題を真剣に考え、今日のトイレシンポジウムでは全国から集まった関係者が自然災害や震災時のトイレ問題を話し合う。人にはそれぞれに大切な仕事がある。僕らが音楽を奏でることで、誰かがニコっと笑ってくれたら嬉しいし、それが我々の仕事だなと思った1週間でした。サトミツ&ザ・トイレッツ、次回は来週23日(祝)に渋谷ヴィレッジヴァンガードで観覧無料のインストアイベントです。


サトミツ&ザ・トイレッツ『ホワイト・アルバム』についてはこちらから  
Posted by monolog at 22:44Comments(0)

来週末は高橋徹也と東北旅|今年も大晦日はスターパインズカフェで

昨日のこと、高橋徹也さんが来宅。先日の大阪イベントの労をねぎらいつつ、来週の宮城と福島のライブの打ち合わせを。大阪ではふたり出ずっぱりのステージの完成形を見たような感があったので、来週の2つのステージではまた違った構成をトライしてみることになった。自分たちが飽きないっていうのが一番大切。セッションはもちろん、当日にお互いが初披露するような隠し技もあるかもしれない。また車での二人旅になる。車内は音楽、レコード、楽器の話に始まり、思い出話や言わなくていい他愛のない人の悪口とか運転が退屈になればなるほど面白くなるのだ。北へと向かう旅。とても楽しみ。

P1090177

来週の宮城と福島のあと、年の瀬も押し迫った大晦日に今年もスターパインズカフェで今年も締めくくりのライブをすることになりました。もう何年目?3年目かな。なぜかずっと同じメンバーで(タカテツさんを含む。この日にしか皆さんには会わないという不思議)。僕とタカテツさんが出会い直したのは2013年のスターパインズカフェ。お世話になりっぱなしのこの会場で1年を総括したいと思います。本日からチケット受付開始とのこと。年の始まりと終わりはスターパインズカフェ、吉祥寺に住む者としてこんなに光栄なことはありません。


2017年12月31日(日)@ 吉祥寺 スターパインズカフェ
太陽と月のメロディー

11:00開場 11:30開演/前売3000円 当日3500円(ともに1ドリンク別途 来店順入場・全自由)
出演:TSUNTA、高橋徹也、小林未郁、山田稔明、ARI、ぽていと

チケット:SPC店頭販売 / SPC HP予約
予約URL:http://ur0.work/GYui

吉祥寺 STAR PINE’S CAFE(http://mandala.gr.jp/SPC
info:0422-23-2251
〒180-0004 東京都武蔵野市本町1-20-16 B1




来週末に迫った東北2公演、残席わずかになっています。ご予約お急ぎください!


2017年11月25日(土)@ 宮城県 富谷市 NAKAO CAFE
“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”

開場18:30 開演19:00/前売3000円 当日3500(ドリンク別途)
出演:山田稔明、高橋徹也

昨年春のソロ、秋の近藤研二とのデュオに続き、山田稔明三度目の
NAKAO KAFEでのライブ決定。今回は盟友であり不世出のシンガー
ソングライター高橋徹也を連れだって、名古屋以来の「音楽と音楽」
と題した深遠な世界観の交錯を。秋を彩るたくさんの歌を奏でます。

【ご予約・お問い合わせ先】9月23日10時から受付開始
NAKAO 富谷店 022-351-7752/mail: nakao.cafe@gmail.com
*メールでのご予約の方はお名前・お電話番号・希望枚数をご明記ください。
*サンドウィッチご希望の方はチケットと同時にご予約ください。

NAKAO CAFE
宮城県富谷市成田8-2-9 2階
022-351-7754




2017年11月26日(日)@ 福島 三春 in-kyo
“山田稔明 × 高橋徹也・音楽と音楽”

14:30開場 15:00開演/前売3000円 当日3500(ドリンク別途)
出演:山田稔明、高橋徹也

蔵前の頃からずっとお世話になっている、エッセイスト長谷川ちえさんの
お店 in-kyo。福島三春に移転してから二度目のライブが決定しました。
今回は盟友であり不世出のシンガーソングライター高橋徹也を連れだって
「音楽と音楽」と題して深遠な世界観の交錯。秋を彩るたくさんの歌を。

ライブの入場予約は山田稔明/GOMES THE HITMANオフィシャルサイトにて受付

三春 in-kyo
福島県田村郡三春町中町9
TEL 0247-61-6650  
Posted by monolog at 08:05Comments(1)

2017年11月17日

12月恒例 ヒックスヴィル中森さんとの鎌倉ディモンシュ XMASライブが決定しました!

これをやらないと年が越せないというイベントがあるのです。鎌倉の名店カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュでのヒックスヴィル中森泰弘さんとのクリスマスライブもそのひとつです。絡まり合ったスケジュールの糸をほどいて、今年は12月21日(木)に開催します。この日しか演奏しないクリスマスソングやカバー曲、コーヒー香るクリスマスのディモンシュへお越しください。なんと2012年以来6年目のディモンシュ・クリスマス。初めての方もいつも応援してくれる人も楽しい聖夜をともに過ごしましょう。鈴や鳴り物を持っていざ鎌倉へ。

DSC08717



“Coffee & Christmas vol.6ー今年もクリスマスソング”
2017年12月21日(木)@ 鎌倉 カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ

18:30開場/19:00開演/料金3,500円(ドリンク代別途)
出演:ライブ/山田稔明 with 中森泰弘(HICKSVILLE)

毎年恒例となった鎌倉ディモンシュでのクリスマスライブを今年も。
ゴメス・ザ・ヒットマン山田稔明とヒックスヴィル中森泰弘との
一晩限りのコラボレーションにご期待ください!

*山田稔明オフィシャルサイトRESERVEフォームにて予約受付


カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ(http://cvdois.exblog.jp/
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2丁目1-5
TEL 0467-23-9952


  
Posted by monolog at 12:17Comments(0)

2017年11月16日

5年目の『Christmas Songs -standards and transfers』



2012年に福田利之さんのイラストをまとって発売した『Chirstmas Songs - standards and transfers』が今年で5周年を迎えます。僕の活動の幅を広げ、いろんな意味でも僕を救ってくれた、自分にとってとても大切な作品です。愛猫ポチの声がたくさんつまった思い出のレコード(記録)です。今年もどうぞよろしくお願いします。オフィシャルサイト通販STOREでご購入できますし、僕の測り知らないところで毎年たくさんのご家庭に飛び立っていく不思議なCDでもあります。寒い季節にあたたかい音楽を。


『Christmas Songs -standards and transfers/山田稔明』
(全12曲入り/2,100円税込/2012年発売/GTHC-0003)


1.sombody's coming(introduction)
2.joy to the world(もろびとこぞりて)
3.jingle bells(ジングルベル)
4.oh my darling, clementine(雪山賛歌)
5.wish you a merry christmas
6.greensleeves
7.when the saints go marching in(聖者の行進)
8.the first noel(牧人ひつじを)
9.symphony no.9(ode to joy)
10.amazing grace
11.silent night(きよしこの夜)
12.o christmas tree(もみの木)

arranged, performed and produced by Toshiaki Yamada

◎全曲のアレンジ、演奏、歌、多重コーラス、録音とミックス、さらには
マスタリングまでの全工程すべて山田稔明が担当、まさにハンドメイドなあたたかいレコードです。
◎誰もが知っているクリスマススタンダードをフォーキーに織りなす季節感たっぷりの1枚です
◎アートワークは『新しい青の時代』と同じく人気イラストレーター福田利之による描きおろし。
◎紙ジャケ仕様、ブックレット封入、帯がつきます。


『Christmas Songs』を通販STOREで購入  
Posted by monolog at 10:30Comments(0)

ポチ実 Tシャツ、MONOLOG最新号がオフィシャル通販STOREに入荷

pochimi_T

monolog18_00


ご要望の多かった商品2つがオフィシャル通販STOREにて購入いただけるようになりました。ついに愛猫ポチ実の写真を配した衝撃の新作、ポチ実Tシャツには「世界で一番可愛い猫はポチ実、それとも…?」と描いてあります。大阪イベントから販売しましたがとても好評ですでに数少なくなっています。サイズはSとM(ライブ会場物販コーナーにのみLもあります)、少しゆったりしたシルエットで、身長177センチの僕がMを着ていますので参考にしてください。なお、今月の新潟、宮城、福島でのライブ会場へはポチ実Tシャツ持っていきます。

もうひとつ、7月にリリースになった『MONOLOG vol.18』は僕が2011年から作り続けているハンドメイドの冊子。書き下ろしの文章が目一杯詰まっています。最新18号はライブアルバム『DOCUMENT』特集号です。ブックレットのついていないCDだったので、初出楽曲の歌詞などもこの『MONOLOG vol.18』に載せました。全曲解説や制作日記、エッセイ集『猫町ラプソディ』から漏れたアウトテイクエッセイ、さらには門外不出のMCを集めたCDRまでついています。一度完売しましたが、少し増刷しましたので通販でもお求めいただけるようにしました。

季節はもうクリスマスムード、この機会に2012年にリリースになった山田稔明初のクリスマスアルバム『Christmasn Songs』と一緒にご購入されることをお薦めします。なんとこのアルバム、今年で5周年となります。僕の活動を広げてくれた記念すべき作品、このなかには愛猫ポチの声がたくさん封じ込められているので聴くたびに心がじわっとします。風の冷たい、寒い季節にこそあたたかい音楽を。GOMES THE HITMAN.COM STOREは今日からクリスマスモード、いろいろおまけつけて商品をお送りしますので。

GOMES THE HITMAN.COM 通販STOREでご購入
*ポチ実Tシャツ通販販売分が完売してしまいました。再入荷をお待ち下さい

  
Posted by monolog at 10:21Comments(2)

今月東京で唯一の山田稔明ライブが来週火曜日に|山田稔明+岩瀬敬吾

今月東京ではサトミツ&ザ・トイレッツばかりで、気がつけば関東11月唯一のソロライブが来週21日に。共演は岩瀬敬吾くん、元19(ジューク)という肩書はもういらないかな。僕と同じように(僕以上に)ずっと全国を旅して歌を紡いでいるシンガーソングライター、イベントタイトルの「いつも旅の途中」は僕がつけさせてもらいました。久しぶり会うのでどんなふうにたくましくなっているか楽しみ。平日の夜ですが、僕の演奏は20時半頃からなので仕事帰りに間に合いそうな方はぜひに。聴きたい曲があればコメント欄にコメントを。どうぞよろしくお願いします。

image ymd_2015


2017年11月21日(火)@ 下北沢 ラプソディ
山田稔明 × 岩瀬敬吾 2MAN LIVEーいつも旅の途中

19:00開場 19:30開演
MUSIC CHARGE:前売2,500円/当日3,000円+別途1,000円分 drink券(スナック付き)

オフィシャルRESERVEフォームより予約を受付中


下北沢ラプソディ(http://rhapsody.tokyo/
〒155-0031世田谷区北沢2-1-7
ハウジング北沢ビル5階
TEL & FAX 03-5656-3511  
Posted by monolog at 09:25Comments(5)

2017年11月15日

トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!in OSAKA 大阪(2017年11月5日 @ 大阪 中谷運輸築港ビル)【ライブ後記】



海岸通文化祭 みなとミーツの2日目は前日からガラッと雰囲気が変わります。僕が猫すなお先生として参加するサトミツ&ザ・トイレッツの東京以外で初お披露目となるライブのため、前夜遅くまで打ち上げをしていたにも関わらず朝早くから楽器搬入。サトミツさん、もっくん、良くんは東京から朝一番の新幹線で会場を目指します。みんなが揃ったのがお昼、そこからサウンドチェックですがほぼリハーサルなし。バンドの演奏をこの日のドリンクを担当してくださったチャッツワース岸本さんや五十嵐くんに聴いてもらいスピーカーの位置などを調整、バンドサウンドが音響的にとても難しい会場でしたが奇跡的なバランスで歌が響いたと思います。

ワークショップの部屋ではアアルトコーヒー庄野さんのコーヒー教室、タカテツさんやイトシュンも参加して大盛況でした。この日から販売となったえちがわのりゆきさんイラストによるTシャツやバッジも大人気。メジャーデビューのCD発売直前、大阪での初ライブは満員御礼、会場の熱気もヒートアップしていきます。「はいはい、どうもー。みなさんこんにちはー!」という芸人然としたサトミツさんの掛け声でライブはスタートしました。

P1090323

P1090315

P1090250

11月10日に発売になるメジャーデビューアルバム『ホワイト・アルバム』を曲順通り頭から演奏するという構成。アニマックスうたのじかんタイアップ曲「僕の小さな悩み事」のみ解禁前ということでスキップしましたが、このアルバムを作るときに曲順に関してみんなでああでもないこうでもないと侃々諤々やったのが功を奏して、とてもいい流れのステージとなりました。大阪限定「トイレの神様」を一節歌うシーンも含めて、とにかく笑いの絶えない楽しい時間。イトシュンの「トイレと革靴」、僕の「答えはトイレのなか」でちょっとウルッとしてジワッとくるのも良いバランス。トイレッツ流ヒップホップ「今夜はCLEAN IT!」では会場全体がコール・アンド・レスポンスでひとつになりました。

お笑い芸人のサトミツさんが音頭を取ってトイレについての歌を歌うという時点でユーザー側からしたら相当バイアスがかかるのは重々承知していますが、百聞は一見にしかずというか、『ホワイト・アルバム』というCDは本当に良い作品なのでぜひ手にとって聴いてもらいたい。で、きっとCDよりさらにライブのほうがもっと楽しい。この日は特にサトミツさんの話芸がテンポよく、お客さんもみんな笑顔でした。その後のレコ発、インストアといい調子なのもこの日の成功があったからだと思います。終演後、イベントもすべて終了し、みんなで片付け。長い長い一日でした。ご協力いただいた皆さんに心から感謝。実行委員長のギャラリーグルッグ和田さんも本当にお疲れさまでした。このビルがある限り、また来年やりましょうね。

P1090357

P1090374

P1090377


サトミツ&ザ・トイレッツ『ホワイト・アルバム』はこちらから  
Posted by monolog at 22:00Comments(0)

“コーヒーと音楽と猫”(2017年11月4日 @ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)【ライブ後記】



とにかく慌ただしい毎日で、大阪での奇跡みたいな2日間から10日ほど経ってしまいました。それでもいろんなことを明確に憶えていて、きっとずっと忘れないのだろうなと思います。前日の設営から旅の行程などについてはfishing with john 五十嵐くんのブログに面白く書かれていて、共演の高橋徹也さんも彼のブログに早々に詳しく記してくれています。おおくぼくんのブログも面白かったな。とにかく準備段階から不確定要素が多くて、どうなることかとざわざわしながら迎えた「海岸通文化祭 みなとミーツ」でしたが、たくさんのご来場者に助けられてとても楽しい2日間となりました。くたくたになったのにまた来年もあったらいいな、と思っている自分がいます。2日間に渡ったステージの模様をひとつずつ振り返ってみたいと思います。

会場は、レトロビルといえば、響きはいいのだけど、普段は使われていない古いビルの一室。蛍光灯しかない部屋でした。窓の外には電車が走るのが見えます。東京から音響機材を持ち込み前日のうちにセッティング、そしてLEDライトや家中の照明器具
を持ち寄って殺風景な空間に柔らかい明かりを当てることに苦心した。おおくぼあおいもなかくんはステージ背後にクラフト紙を貼ってライブペインティングの準備を。日が暮れて到着した僕らが会場の準備をすべて終わらせたのはもう23時を回ったころでした。そして翌日、まだよく晴れて太陽の光が明るい時間にライブが始まったのでした。満員御礼の会場、音楽を鳴らすのに完璧な空間がそこにありました。

P1090019

P1090045

僕とタカテツさん、ふたりとも出ずっぱりという去年から4度目となる共演。今回は背後でおおくぼくんが絵を描いています。僕が先攻、秋の季節ということで「光と水の新しい関係」「アップダイク追記」で幕開け。タカテツさんはリリースしたばかりの新作から「Style」「八月の疾走」とテンポよく続きます。おおくぼくんは楽曲の歌詞にインスパイアされた絵を自由に描いては消していきます。せっかくだから普段やらないことをやろう、ということになってお互いの好きな邦楽カバーのコーナーを作ったのですが、お互いの演奏を聴くのはこの日が初めて。僕はb-flowerの「つまらない大人になってしまった」、タカテツさんはザ・ピロウズ「ストレンジ・カメレオン」を歌った(僕は八野さんに、タカテツさんは山中さんにカバーすることを報告していました)。そしてふたりとも影響を受けたフィッシュマンズ「エブリデイ エブリナイト」のセッション、これがとても良かった。歌いながら感動したのです。

ちょうどこの頃になると日が陰り、暖色のライトが壁を染め始めました。窓の外にはうまい具合にオレンジの明かりに照らされた街路樹。おおくぼくんがラップスティールギターを担当し、タカテツさんの迷曲「猫とホテル」を3人でセッション。これも最高でしたね。音源化するなら僕も入りたいです。このイベントにコーヒーを提供してださったアアルトコーヒー庄野さんが編纂した本のなかから朗読を。僕は「大阪の可能性」という織田作之助の随筆を一節。そしてタカテツさんが島崎藤村の「太陽の言葉」を読み、僕とおおくぼくんが音を添えました。これも奇跡的なタイミングで素晴らしいセッションだったと思います。「わあ、ぶっつけでこんなにうまくいった!」とびっくりしました。

P1090108

P1090136

後半は駆け足で進んでいきました。僕はバリ島へ行って書いた新曲を。タカテツさんは「Style」から切ない歌を。特に「夕暮れ星」という曲が僕は大好きで聴き入ってしまいました。「小さな巣をつくるように暮らすこと」では最後のラララをお客さんにもタカテツさんにも歌ってもらった。「真夜中のドライブイン」では僕がハーモニカを。ふたりの共演での「幸せの風が吹くさ」も堂に入ってきました。大好きな人、お店、もの、音楽ばかりをかき集めたこのイベントには「Favorite」という言葉がキーワードのような気がしました。まずタカテツさんの「My Favourite Girl」、そして僕の「my favorite things」をふたりで演奏してイベントは大団円を迎えました。皆さんの手拍子が効いて、この2曲がハイライトでした。

慌ただしく駆け抜けた2時間半でしたが、お互いへのリスペクトがなければこんな構成のライブはできないなあと改めて思ったのです。おおくぼくんのウィットに富んだ絵やギターもよかった。終演後、背景の絵を眺めながら3人で「ふー」と深い息を吐いたのでした。この日の打ち上げはとにかく楽しかったな。酒豪の庄野さんを前に珍しく熱燗を呑むタカテツさんや、やけに声の大きな五十嵐くん、前の晩に猫30匹とともに保護猫シェルターで過ごした話で盛り上がるおおくぼくん。地下階でのライブのために札幌から来ていたカポウさん、前乗りしたイトシュンも含めて、様々な点と点が線に繋がっていく感じ。こういう感じが僕は大好きなのです。海岸通文化祭 みなとミーツ初日、無事終了。

P1090174

P1090172
  
Posted by monolog at 20:35Comments(0)

2017年11月14日

石黒由紀子さんとの往復エッセイ『チミコウ日和』連載が始まりました

P1080397

エッセイストの石黒由紀子さんがうちに遊びにきたのは9月の終わりのことでした。『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』『猫は、うれしかったことしか覚えていない』などご著書には触れていた由紀子さんでしたが、初対面の猫話であっという間に意気投合。今回の幻冬舎plusでの往復書簡的な連載が始まることになりました。猫とは人間の心の垣根をいとも簡単に飛び越えさせる“メディア(=媒介)”なのだなあと改めて思います。まず第一回は由紀子さんから。次回(11/18)は僕の文章、というふうに続いていきます。その日の写真をいくつか紹介します。本文は幻冬舎plusでお楽しみください。

チミコウ日和「コウハイ、ポチ実に会いに行く その1(石黒 由紀子/山田 稔明)」

P1080287

P1080225

P1080395
  
Posted by monolog at 11:41Comments(0)

2017年11月13日

今週末は新潟へ

12月恒例のGOMES THE HITMAN、ソロのバンド編成、ソロ弾き語りと完売御礼となる公演が続きます。11月の山田稔明は残り5つ。今週末は1年ぶりの新潟、燕市のツバメコーヒーでの毎年恒例となってきたアニバーサリーイベントです。いつもこの時期の新潟までのドライブは紅葉が目に鮮やかで大好きなのです。ぜひたくさんのご来場を。初めての方でも全然大丈夫。大阪に続きアアルトコーヒー庄野さん、そして『the loved one』のジャケットを手がけてくださった大塚いちおさんとのトライアングルです。

tsubame_5th


2017年11月19日(日)@ 新潟 燕市 ツバメコーヒー
ツバメコーヒー5周年アニバーサリー
山田稔明ライブ “飛び立つコトノハ”

17:00開場 17:30開演/前売3,000円 当日3,500円(コーヒー付)
出演:山田稔明/トークゲスト:大塚いちお

オフィシャルRESERVEフォームより予約を受付中
フォームがうまく機能しない方は「tsubamecoffee@gmail.com」まで
件名を「飛び立つコトノハ」として、お名前、人数、連絡先を添えてお申し込みください。

ツバメコーヒー(http://tsubamecoffee.com/
〒959-0264 新潟県燕市吉田2760-1
Tel: 0256-77-8781 Fax: 0256-93-8473


  
Posted by monolog at 11:07Comments(0)

サトミツ&ザ・トイレッツのレコ発ウィーク終了|まだまだ関連イベントは続きます



11月5日の大阪から始まって、6日の名古屋浜松でのラジオプロモーション、8日の生放送3本出演にオールナイトリハーサル、そしてFMヨコハマでの生演奏、月見ル君想フでのレコ発に週末タワーレコードでのインストアとものすごい慌ただしさで過ぎていきました。一言でいうと「楽しかった!」で片付けられるかもしれません。昨日のタワーレコード池袋も本当にたくさんの人が集まって足を止めてくれて嬉しかったです。みんな満身創痍くたくたですが、ずっと笑っていた1週間でした。

2017年11月12日(日)@ タワーレコード 池袋店
サトミツ&ザ・トイレッツ
ニューアルバム『ホワイト・アルバム』発売記念 ミニライブ&サイン会


公開リハーサル:答えはトイレのなか(サトミツVOバージョン)
1.日本のトイレからこんにちは
2.ぷりぷり行進曲
3.KUSOしてみて
4.今夜もCLEAN IT!


次回皆さんに観ていただけるサトミツ&ザ・トイレッツは11月23日(祝)渋谷ヴィレッジヴァンガードでのインストアイベントですが、今週われわれバンドは一般人参加不可という某トイレメーカーの社内イベント、さらには日本トイレ協会が主催する全国トイレシンポジウムという催しで演奏するという、いよいよその道をひたすすむ活動を重ねることになっていますので、また面白い話ができるかと思います。サトミツ&ザ・トイレッツのCDは現在Amazonなどで品切れで入手しにくい状態になっていますが、もうしばらくしたら解決すると思いますのでお待ち下さい。


2017年11月23日(木祝)@ ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 店内イベントスペース
14:00スタート/観覧無料

出演:サトミツ&ザ・トイレッツ(フルメンバーでの演奏を予定)
問い合わせ先ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
03-6416-5649  
Posted by monolog at 10:01Comments(0)

2017年11月12日

本日21時より本年最後のソロ弾き語り「夜の科学 in 下北沢lete」申込受付開始

年末恒例GOMES THE HITMAN「猫町オーケストラ」、山田稔明バンド編成の「夜の科学」は両日とも完売御礼となりました。たくさんのお申込みをありがとうございます。そして今年最後のソロ弾き語りワンマン「夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽23」の受付を行います。GTHでの「猫町オーケストラ」一日おいてバンド編成「夜の科学」、そしてさらに一日おいて「弾き語り 夜の科学」これは言うなれば、山田稔明バースデイ飛び石3DAYSですね。歌いたい歌がたくさんあるのです。下北沢leteという親密な空間、初めてづくしのことばかりだった2017年を総括したいと思います。

P1070204

2017年12月12日(火)@ 下北沢 lete
“夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽 23

19:00開場 20:00開演 料金3500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明

2017年最後の下北沢lete公演で今年を総括します。
山田稔明的2017アワードの発表会です。
*本日11月12日(日)21時より受付開始
*THANK YOU!SOLD OUT!

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275

2017_12_12
  
Posted by monolog at 10:14Comments(0)

本日はタワーレコード池袋で17時からインストアライブです



今週はずっとサトミツ&ザ・トイレッツのプロモーションとレコ発、そしてリリース関連イベントが続きます。昨日はタワーレコード町田でのインストアライブでした。メンバー中半分が町田出身あるいは在住ということでとても盛況。偶然通りかかった人の足も止めさせる面白さ、このバンドはこういう環境にとても強いのだなあと妙に感心しましした。セットリストは以下のように。

2017年11月11日(土)@ タワーレコード 町田店
サトミツ&ザ・トイレッツ
ニューアルバム『ホワイト・アルバム』発売記念 ミニライブ&サイン会


公開リハーサル:僕の小さな悩み事(サトミツVOバージョン)
1.日本のトイレからこんにちは
2.ぷりぷり行進曲
3.PULP!
4.今夜もCLEAN IT!



そして明けて本日も気持ちのいい秋晴れ、タワーレコード池袋店にお邪魔して17時から観覧無料のインストアライブがあります。現在サトミツ&ザ・トイレッツのCDはAmazonでは注文殺到で品切れ状態になってしまっているのでぜひタワーレコードで手に入れていただけたら。大人も子どもも老いも若きも楽しめる音楽だと思います。

タワーレコード池袋は自分の音楽キャリアのなかで重要な場所です。お店のあるP'パルコは1994年、僕が大学3年のときにオープンしました。スチャダラパーと小沢健二の「今夜はブギーバック」はP'パルコのオープン記念のCMソングでした。僕は当時池袋に住んでいたので、この商業施設ができるときのワクワクをよく憶えています。よく買い物もしました。1997年に初めてGOMES THE HITMANがリリースした『GOMES THE HITMAN in arpeggio』はタワーレコード池袋では驚異的なセールスを記録し(大学が近かったので友人や後輩たちがいっぱいCDを買ってくれた)インディーズチャート第1位を獲得。人生で初めてのインストアライブもタワー池袋でした(フロアを飛び出してお店のエントランスでやりました)。その後もGTHメジャー時代はもちろん、インディペンデントな活動やソロになってからもいろいろお世話になっているお店で、またこうしてフレッシュな新人(!)としてインストアをやらせてもらうことを気恥ずかしくも、嬉しく思います。ありがとうございます。

もうあれから20年も経ったのですよ。



2017年11月12日(日)@ タワーレコード池袋店 6Fイベントスペース
ニューアルバム『ホワイト・アルバム』発売記念ミニライブ&サイン会

出演 :サトミツ&ザ・トイレッツ
17:00スタート(終演後CD購入者対象にサイン会あり)  
Posted by monolog at 09:57Comments(0)

2017年11月11日

トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!(2017年11月10日 @ 南青山 月見ル君想フ)【SETLIST】



2017年11月10日(金)@ 南青山 月見ル君想フ
サトミツ&ザ・トイレッツ メジャーデビュー記念
トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!


1.日本のトイレからこんにちは
2.ぷりぷり行進曲
3.僕の小さな悩み事
4.KUSOしてみて
5.PULP!
6.THEO
7.ノー・トイレット・ノー・ライフ
8.トイレと革靴
9.答えはトイレのなか
10.あしたトイレに行こう
11.今夜はCLEAN IT!

EN
12.日本のトイレからこんにちは



  
Posted by monolog at 08:49Comments(0)

2017年11月10日

サトミツ&ザ・トイレッツ メジャーデビューに寄せて|本日月見ル君想フにてレコ発ライブ!

集合写真1--5_new

今年女優 峯村リエさんと猫についてのトークイベントをやったときのこと(昨年の緒川たまきさんに続き二度目)。それを観にきてくださった片桐はいりさんは元来猫に関心のない方だったのだけど、終演後に「好きなものについて人が一生懸命語っているのって、なんでこんなに面白いんだろうねえ」と関心したような不思議そうな顔でおっしゃって実際とても楽しんでいただけた。サトミツさんがトイレについて訥々と語るのをそばで聞いているとき、僕は同じような感覚を持つ。好きなものを好きだとはっきりと意思表示する姿はとても美しい。

サトミツ&ザ・トイレッツという、トイレについての歌しか歌わないバカみたいなバンドは2年前の今日、11月10日に初めてライブをやった。そのときは3曲しかレパートリーがなかったのに2時間半のライブを敢行した。去年の11月10日にはインディーズ盤シングルをお披露目した。そして今年の今日、ソニーからメジャーデビューアルバム『ホワイト・アルバム』が発売されるという奇跡みたいな三年目を迎えている。11曲入りのアルバム、全部がトイレについての歌。変なレコード作ったなあと最初は思ったけど、これは愛について歌うこと、失恋について歌うこと、大好きな猫やレコード、半径数メートルの日常について歌うこととそんなに変わりのないことだと今日現在では感じているから不思議。

サトミツさんやメンバーには「飽きたらやめますから」「いやになったらやめます」「自分の活動に支障が出るようなら…」と散々脱退の意向をちらつかせてきた僕だけど、最近は「ねえ来年はどうする?」とこのバンドについて少し先の未来の話をしている。それもこれもメンバー6人の奇跡的なバランスと完成した良質な音源、みんなの真面目で優しい最高な性格に寄るところだと思います。大阪のライブも楽しかったけど東京のステージはもっと予想以上のものになるでしょう。とにかく、一回観てもらわないことにはこの得体の知れないバンドの正体は説明できません。ぜひ大人も子どもも男性も女性もサトミツ&ザ・トイレッツのライブとCDを体験してもらいたい。奇跡のヘキサゴン(六角形)、と僕はキャッチコピーをつけて、誇らしく旗を掲げたいと思います。




2017年11月10日(金)@ 南青山 月見ル君想フ
サトミツ&ザ・トイレッツ メジャーデビュー記念
トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!

18:30開場 19:00開演/前売3500円 当日4000円(1ドリンク代別途)
出演:サトミツ&ザ・トイレッツ
*当日券あります!

月見ル君想フ(http://www.moonromantic.com/
〒107-0062 東京都港区南青山4-9-1シンプル青山ビルB1F
TEL :03-5474-8115  
Posted by monolog at 10:14Comments(2)

2017年11月09日

8年目の巣巣でのクリスマスライブ、今年も開催決定しました

なんと今年で8年目となる巣巣でのクリスマスライブが今年も決定しました。この2010年以来、8年ずっと(2011年以降はまさに12月24日に)特別な聖夜を僕はずっと等々力のお店で過ごしていることになります。今年も昨年に続き草とten shoesとの共演、旧知のダンラナチュールがお菓子を提供してくれます。いつもだいたい師走は忙しすぎて後半息切れしてくるのですが、この巣巣での気の置けないライブがあるから救われます。ぜひ今年も巣巣のクリスマスへお越しください。暖かくしてお待ちしています。

01A3B55E-AE1D-4A0C-B7C7-06A4FC4FA67D DOKFXfHUMAA7Zga


2017年12月24日(日)@ 等々力 巣巣
“巣巣のクリスマスー小さな巣をつくるように”

17:30開場 18:00開演/4000円(ダンラナチュールのお菓子とお茶つき)
出演:山田稔明、草とten shoes

毎年恒例、巣巣でのクリスマスライブ開催決定しました。
いつもの場所でいつもの歌を。8年目のホーリーナイトです。


巣巣にてメールでご予約受付中です
メールアドレス:susu@susu.co.jp
タイトル:12/24ライブ
本文: お名前、人数(1メールお二人でお願いいたします)、携帯番号
*翌営業日中には返信をさせていただきます。
*携帯アドレス(ezwebやdocomoの方は)巣巣からの返信が届く設定かどうか
ご確認をお願いいたします。
*4日前からのキャンセルはキャンセル料(4000円)がかかります。
ご予約お待ちしております。

等々力 巣巣
世田谷区等々力8-11-3
03-5760-7020  
Posted by monolog at 12:34Comments(0)

今年最後の下北沢leteソロ弾き語りライブ決定|夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽23

年末恒例2公演へたくさんのお申込みありがとうございます。12月10日「山田稔明バンド編成/夜の科学 vol.53」はソールドアウトとさせていただきました。12月8日「GOMES THE HITMAN/猫町オーケストラ vol.18」もほぼ満席、あと数席を残すのみとなりました。かつてGOMES THE HITMAN活動再開前の年末2デイズは僕の弾き語りとバンド編成の2日間でした。年齢を重ねるこの時期なのでソロ弾き語りもじっくり楽しみたいと思います。今年最後のlete公演も決定しました。

ライブ盤『DOCUMENT』制作の始まりの場所となったlete、今年は男性限定、提供楽曲とカバー限定、GTH楽曲限定とスペシャルなライブ、さらには声が出ずに振替などいろいろありましたが2017年を総括する親密でシークレットな夜にしたいと思います。お楽しみに。今週末11月12日(日)21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションにて受付を開始します。

P1070204

2017年12月12日(火)@ 下北沢 lete
“夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽 23

19:00開場 20:00開演 料金3500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明

2017年最後の下北沢lete公演で今年を総括します。
山田稔明的2017アワードの発表会です。
*11月12日(日)21時より受付開始

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275

会場:下北沢 lete(会場HP
住所:〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275

2017_12_12
  
Posted by monolog at 12:07Comments(0)

2017年11月08日

もう師も走る11月



朝から出かけて撮影にとある立会う。開店前のレコードショップであれこれ物色するのは楽しい。マイケルジャクソンになった気分?リベストギャラリー創で開催されていた『キチムシ』最終日に滑り込み。春の『キチレコ』以来とても優しく接してもらえて嬉しい。一度帰宅して仮眠、夕方から乃木坂のソニーへ。ニコニコ動画『ロック兄弟』に出演、とても楽しい生放送だった。すぐさま移動してFM FUJI生放送のため代々木のスタジオへ。しびれるスケジュールだけど面白がってやれるのがサトミツ&ザ・トイレッツの強みか。

そしてもうすぐ日付が変わり、朝方までのリハーサルが始まるのであった…。




  
Posted by monolog at 23:53Comments(0)

2017年11月07日

今週はサトミツ&ザ・トイレッツ スペシャルウィークです【メジャーデビューアルバム発売】

ホワイト・アルバムJK_RGB


トイレ大好き芸人として知られる、お笑いコンビどきどきキャンプ佐藤満春さんに
招集され、旧知の音楽仲間たちと“バンド”を組んでトイレについての歌を数々作って
きたサトミツ&ザ・トイレッツがなんと奇跡のメジャーデビュー。11月10日に11曲
入りのアルバムが発売されることになりました。大人の真剣な遊びをお楽しみに。


サトミツ&ザ・トイレッツ『ホワイト・アルバム』

BVCL-841 2593円+税 2017年11月10日発売


Sony Music内オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/satomitsuandthetoilets/
音楽ナタリーにインタビューが掲載されました
http://natalie.mu/music/pp/stmtandtt



<<<今週末!レコ初ライブ、インストアも続々決定>>>

2017年11月10日(金)@ 南青山 月見ル君想フ
サトミツ&ザ・トイレッツ メジャーデビュー記念
トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!

18:30開場 19:00開演/前売3500円 当日4000円(1ドリンク代別途)
出演:サトミツ&ザ・トイレッツ
+チケット購入サイトPeatixにて発売中
http://peatix.com/event/302048/

月見ル君想フ(http://www.moonromantic.com/
〒107-0062 東京都港区南青山4-9-1シンプル青山ビルB1F
TEL :03-5474-8115
::::::::::::::


<ラジオ・メディア出演>
11月8日(水)bayfm「The BAY☆LINE」16:00-
11月8日(水)ニコニコ生放送「ロック兄弟 #184」20:00-20:30*
11月8日(水)FM FUJI「J POP N’ ROCKs」21:00-22:56*
11月9日(木)Fm yokohama「ゆーかりないと」22:00-23:20*
*に山田稔明参加します

<インストアライブ&サイン会 決定>
11月11日(土)14:00 @ タワーレコード町田店
11月12日(日)17:00 @ タワーレコード池袋
11月23日(木祝)14:00 @ ヴィレッジヴァンガード渋谷店
11月25日(土)15:00 @ セブンパーク アリオ柏店 スマイル・パーク
11月26日(日)14:00 @ 横浜ワールド・ポーターズ 2F 汽車道側正面ゲート横特設ステージ
*11月25、26日のイベントには山田稔明は参加しません

集合写真1--5_new
  
Posted by monolog at 13:09Comments(0)

【今晩21時から受付開始】年末恒例『GOMES THE HITMAN/猫町オーケストラ』『山田稔明/夜の科学』今年も開催!

年末の話です。今年も恒例の年末感謝祭2デイズの開催が決定しました。今年は2日間連続ではなくて、間に一日おいて金曜日と日曜日の飛び石2デイズ。慌ただしいスケジュールを象徴するような例年にないパターンですが、どうかお付き合いいただけたら嬉しいです。今晩21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションにて受付を開始します。GOMES THE HITMAN4人の夜と、近藤研二さん含む、お馴染みの手練れ音楽仲間たちとの夜。2017年、まだまだなか終わりません。

2017_12_08 2017_12_10


2017年12月8日(金)@ 恵比寿 天窓 switch
“猫町オーケストラ vol.18 - countdown to 2019”

19:00開場 19:30開演/前売4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:GOMES THE HITMAN
[ 山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明 ]

12月恒例、GOMES THE HITMANの年末感謝祭です。
カウントダウンする先は来年ではなく再来年…?
進化し続ける最新型のバンドに乞うご期待。

*11月7日(火)21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションに入場申込受付開始



12月10日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
“夜の科学 vol.53 - sweet december 2017”

18:00開場 18:30開演/前売4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
[itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、佐々木真里、近藤研二、立花綾香 ]

暮れの元気なご挨拶「夜の科学」、お馴染みのメンバー勢揃い
たっぷり豪華な内容でバンド編成でおもてなし!年末恒例の感謝祭です。

*11月7日(火)21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションに入場申込受付開始

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887


20151206_042

P1020757

  
Posted by monolog at 11:27Comments(0)

大阪 to 名古屋 to 浜松 to 東京



大阪2日間の大イベントから無事帰京しました。金曜日朝からずっと手探りで手作りで準備設営し、高橋徹也さんとのスペシャルな共演、サトミツ&ザ・トイレッツの笑顔満載のステージと駆け抜けました。ご来場いただいた皆さん、参加してくれた作家さん、お店、スタッフ、グルッグ和田さんはじめ実行委員の皆さんに感謝したいです。すごく大変だったけど、それ以上にずっと楽しくて面白くて充実した数日間でした。

昨日は東京に戻る帰路でサトミツ&ザ・トイレッツのキャンペーン。大阪を発つ前に「おれのわがまま聞いて!」と立ち寄った大好きな本屋スタンダードブックストア心斎橋ではタイミングよく中川社長に会えて、トイレッツの話をしたらとても面白がってくれて、遠くない未来に繋がる縁ができてよかった。以前から誘われいているポエトリーリーディングのイベントもあわせてまた大阪へ行くのを楽しみにしています。そこから名古屋へ、ドラムもっくん仕切りでのラジオ収録、ひつまぶしも美味しくいただいた。日が暮れて静岡は浜松へ。今度はキンモクセイ良くんブッキングのK-MIX生放送出演、これが異様なハイテンションで本当に楽しかった。

東京に帰ってきたのは日付が変わった真夜中過ぎ。長い長い旅でした。今週はラジオにライブにインストアに、とサトミツ&ザ・トイレッツのリリースに付随する特別強化週間です。






  
Posted by monolog at 10:11Comments(0)

2017年11月06日

トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!in OSAKA 大阪(2017年11月5日 @ 大阪 中谷運輸築港ビル)【SETLIST】



2017年11月5日(日)@ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)
“トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!in OSAKA”


1.日本のトイレからこんにちは
2.ぷりぷり行進曲
3.KUSOしてみて
4.PULP!
5.THEO

6.ノー・トイレット・ノー・ライフ
7.トイレと革靴
8.答えはトイレのなか
9.あしたトイレに行こう
10.今夜はCLEAN IT

11.日本のトイレからこんにちは  
Posted by monolog at 07:47Comments(0)

2017年11月05日

“コーヒーと音楽と猫”(2017年11月4日 @ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)【SETLIST】



2017年11月4日(土)@ @ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
山田稔明 × 高橋徹也 “コーヒーと音楽と猫”


1.光と水の新しい関係(山田)
2.アップダイク追記(山田)
3.スタイル(高橋)
4.八月の疾走(高橋)
5.notebook song(山田)
6.きみは三毛の子(山田)
7.新しい名前(高橋)
8.Feeling Sad(高橋)
9.つまらない大人になってしまった(山田/b-flower カバー)
10.ストレンジ カメレオン(高橋/ピロウズ カバー)
11.エブリデイエブリナイト(セッション/フィッシュマンズ カバー)

12.猫とホテル(セッション)
13.コーヒーと随筆 朗読「太陽の言葉/島崎藤村」(セッション)

14.ただの旅人(山田)
15.baby driver(山田)
16.花火(高橋)
17.夕暮れ星(高橋)
18.小さな巣をつくるように暮らすこと(山田)
19.真夜中のドライブイン(セッション)
20.幸せの風が吹くさ(セッション)

21.My Favourite Gir(セッション)
22.my favorite things(セッション)


おおくぼひでたか(ラップスティールギター on M 12, 13)  
Posted by monolog at 07:36Comments(1)

2017年11月04日

大阪、学園祭のような



金曜日から大阪に来ています。大阪港レトロビルでの2DAYSイベント、まず初日が終わりましたが思っていたよりもずっとちゃんとしたものになってホッとしています。5日(日)はサトミツ&ザ・トイレッツの関西初のお披露目です。マルシェスペースの物販も盛況です。引き続きよろしくお願いします。ライブは前売完売していますが、当日券の販売を予定しています。ぜひお越しください。


2017年11月5日(日)@ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)
“トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!in OSAKA”

13時半開場/14時開演/前売4000円(チャッツワースの紅茶付き)
LIVE:サトミツ&ザ・トイレッツ
[ 佐藤満春、山田稔明、伊藤俊吾、佐々木良、伊藤健太、森信行 ]

奇跡のメジャーデビューが決定した世界初の“プリッとポップ”バンド
サトミツ&ザ・トイレッツが関東以外では初のステージ。CD発売前に
その全貌を関西の皆さまへお披露目します!
*THANK YOU!SOLD OUT!


海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)HP
https://minatomeets.com/

中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-25
大阪市営地下鉄中央線「大阪港」駅1番出口より西に直進
(中央線沿いをコスモスクエア駅方面へ)3分
/大阪市バス「天保山」バス停すぐ  
Posted by monolog at 23:59Comments(0)

2017年11月03日

海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)ライブへご来場の皆様へお願い

IMG_3822

集合写真1--5_new


いよいよ明日から2日間、大阪港 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)での一大イベントです。夏に相談を受け、取り壊しをまぬがれた昭和初期から建つレトロビルを使ってお祭りをやってほしいというリクエストに必死で友人知人に声をかけて僕が中心人物となってバタバタと進めてきた計画、慣れないことばかりで今は楽しみよりも不安のほうが大きいのが実情なのだけど(もうすでにクタクタ!)、自分の本業である音楽は間違いないものだと確信しています。4日(土)高橋徹也さんとの共演は去年からの“ふたりともずっと出ずっぱり”スタイル、リスペクトし合う者同士でしか成し得ないステージをおおくぼあおいもなかによるライブペインティングを添えて。

5日(日)は空気が一変するのでしょうか。僕が「猫すなお先生」として参加するサトミツ&ザ・トイレッツ、東京以外で初めてのライブはメジャーデビュー直前の仕上がったコンディションでの演奏を。とにかくこのバンドはずーっとカラカラ笑っていられるのがいい。なかなかこんな連帯はないはずです。みんなもニコニコ顔で帰っていく日になればいいなと思います。メジャーデビューアルバムはまだありませんが、去年作った先行シングル、あまりにも可愛いえちがわのりゆきさんイラストのTシャツやバッジなどグッズのお披露目になります。ご期待下さい。



2日間とも予想を遥かに越える来場者数となったため、開場時間の10分前からスタッフの指示のもとに一旦1階にて入場の列を作っていただきます。4日(土)は先着順、5日(日)は整理番号順と異なる方法になること、わかりにくくて申し訳ありませんが、なにとぞご容赦ください。入場料金4000円をできればお釣りのないようにご用意いただけたら助かります。会場には椅子がありますので座ってご覧いただけます。チケットは完売していますが、当日券等に関しては当日の状況を見て逐一SNSなどでお知らせします。

アーティストグッズ物販に関してはマルシェスペースにてイベントスタート時間の10時からお買い求めいただけますが、18時にマルシェスペースはクローズとなりますのでライブ終了後は(特に4日は)非常に混み合う状況が予想されます。お時間に余裕を持ってご来場いただき、ライブ開場前の早い時間にお買い物をお楽しみいただくことをお薦めします。いろいろ予想し得ないトラブルや混乱があるんじゃないかなあと今からザワザワしているのですが、とにかく今回中谷運輸築港ビル2階でのイベントの責任は僕にありますので、至らない点などは逐一修正したり謝罪したりして、なんとかイベントを無事終了させたいと思っています。通りすがりで参加されるお客さんもいらっしゃるでしょうし、いつも僕らミュージシャンを応援してくれているファンの方たちも駆けつけてくださるでしょう。どうか穏やかに、カリカリせず、朗らかに、ご来場の皆様一人一人がこの手探りの大人の文化祭の成功の立役者になっていただけたら、と思います。

ご協力をお願いします。力を貸してください。よろしくお願いします。



2017年11月4日(土)5日(日)@ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)

11月4日(土)10:00 - 20:30/11月5日(日)10:00 -18:00
マルシェスペースへの入場は無料

<MINA to meets マーケット>
2F マルシェスペースに出展予定のショップ/作家:
hoopline(ポチバッジ)、巣巣(雑貨)cafe+gallery芝生(雑貨)、moln(雑貨)、
十布(テキスタイル)、ミルブックス(書籍)、Loule(雑貨・本)、aalto coffee(珈琲)
チャッツワース(紅茶:5日のみ)、14g(パン)、トラベラーズ・ファクトリー(雑貨)
テコナベーグルワークス(ベーグル・4日のみ)、河童堂(活版印刷・雑貨:5日のみ)
春日部張り子(五十嵐祐輔・招き猫)、各アーティスト物販 etc.


<LIVE>
2017年11月4日(土)@ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)
“コーヒーと音楽と猫”

15:30開場 16:00開演/前売4000円(aalto coffeのコーヒー付き)
LIVE:山田稔明、高橋徹也/PAINTING:おおくぼあおいもなか
COFFEE:庄野雄治(aalto coffee)
*THANK YOU!SOLD OUT!


2017年11月5日(日)@ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)
“トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!in OSAKA”

13時半開場/14時開演/前売4000円(チャッツワースの紅茶付き)
LIVE:サトミツ&ザ・トイレッツ
[ 佐藤満春、山田稔明、伊藤俊吾、佐々木良、伊藤健太、森信行 ]

奇跡のメジャーデビューが決定した世界初の“プリッとポップ”バンド
サトミツ&ザ・トイレッツが関東以外では初のステージ。CD発売前に
その全貌を関西の皆さまへお披露目します!
*THANK YOU!SOLD OUT!


海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)HP
https://minatomeets.com/

中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-25
大阪市営地下鉄中央線「大阪港」駅1番出口より西に直進
(中央線沿いをコスモスクエア駅方面へ)3分
/大阪市バス「天保山」バス停すぐ  
Posted by monolog at 07:29Comments(0)

2017年11月02日

年末恒例!GOMES THE HITMAN “猫町オーケストラ” & 山田稔明“夜の科学”開催決定

今年も12月は年末恒例の「猫町オーケストラ」と「夜の科学」です。今年はいつもの2DAYSとは違う特別な年として記憶されるかもしれません。金曜日、そして一日飛んで日曜日、順番も逆で最初にGOMES THE HITMAN、そして山田稔明ソロバンド編成となり、僕の中ではとても新鮮な感覚で準備が進んでいます。ずっと山田稔明/GOMES THE HITMANを応援してくださっている方はもちろん、年末恒例凝視を未体験の方もこぞってご参加ください。こわくないから大丈夫。

20151206_042

IMG_0658

P1020757


2017年12月8日(金)@ 恵比寿 天窓 switch
“猫町オーケストラ vol.18 - countdown to 2019”

19:00開場 19:30開演/前売4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:GOMES THE HITMAN
[ 山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明 ]

12月恒例、GOMES THE HITMANの年末感謝祭です。
カウントダウンする先は来年ではなく再来年…?
進化し続ける最新型のバンドに乞うご期待。

*11月7日(火)21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションに入場申込受付開始



12月10日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
“夜の科学 vol.53 - sweet december 2017”

18:00開場 18:30開演/前売4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
[itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、佐々木真里、近藤研二、立花綾香 ]

暮れの元気なご挨拶「夜の科学」、お馴染みのメンバー勢揃い
たっぷり豪華な内容でバンド編成でおもてなし!年末恒例の感謝祭です。

*11月7日(火)21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションに入場申込受付開始

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887  
Posted by monolog at 22:43Comments(0)

いよいよ今週末!大阪港で海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)開催です【マルシェの紹介】

11_S_2

夏からずっと計画を進めてきた大阪港中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)での「海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)」がいよいよ週末に迫ってきました。2階会場部分の催しを僕が仕切らせてもらうという大役、バタバタと今日も忙しく連絡事項のやりとりをして、実際どういうふうになるのか不安もありますが、とにかく楽しいモノコトで溢れる2日間にしたいと思っています。これまで説明不足だったかもしれないので、この2日間のことをちょっと紹介したいと思います。

イベント自体は朝の10時から始まりますのでぜひ早起きしてご来場ください。マルシェスペースは18時でクローズということになっているので、4日はライブ終了後の物販の時間がとても少なくなっています。山田稔明高橋徹也(4日)、そしてサトミツ&ザ・トイレッツ(5日)もグッズ物販は10時のイベントスタート時からマルシェスペースで行いますので、少し早めに会場に来ていただいてお買い物を楽しんでいただくのがいいかなと思います。山田稔明物販には新作Tシャツ「チミT」、各種CDや書籍、ワッペンと盛りだくさん。そして大人気のポチバッジも大阪港限定バージョンを発売しますが、急遽近藤研二さんのモイウニバッジとモイウニバッジもあわせて「hoopline」から「quilico」に拡大してブースを用意しました。猫好きは必見です。高橋徹也は新作トートバッグに新作CDなど。メジャーデビュー直前のサトミツ&ザ・トイレッツはTシャツ、バッジ等初お披露目のものがたくさんあります。ぜひ財布の紐を緩めていっぱいショッピングを。もちろんそれぞれサインも書かせていただきますので。

マルシェに参加する出展者/出展ショップの紹介を簡単に。まず、五十嵐祐輔くんの春日部張り子は様々な張り子グッズ販売とともに絵付けワークショップやオーダーメイド絵付けの受付を行います。事前申し込みなくても絵付教室を受けることができますので直接会場で春日部張り子コーナーを探してください。おおくぼあおいもなかことおおくぼひでたかくんはワークショップスペースでワークショップを(詳細はこちら)。彼のカレンダー等の販売、ワークショップ時間外の猫絵などはマルシェスペースで行う予定です。おおくぼくんはライブにもライブペインティングで参加予定。ライブでは4日に徳島 アアルトコーヒー庄野雄治さんがコーヒーを、5日は加古川 チャッツワースが紅茶をサーブしてくれます。2点ともマルシェスペースでも飲み物やグッズの販売をお願いしています(庄野さんは14gのスコーンなども持ってきてくれるそうです)。

マルシェスペースを賑やかせてくれる人とお店、まずは東京等々力の巣巣はラトビア雑貨やインドネシアバリのものもあるそうです。東京経堂のcafe+gallery芝生は「チェコドイツ蚤の市」をテーマに様々なグッズを取り揃えてくれました。鎌倉の雑貨屋molnはハンドメイド雑貨とヨーロッパアンティークを。僕の猫の本でお世話になっているミルブックスは丁寧に作られた書籍をセレクトしてくれました。アアルトコーヒー庄野さんの本も揃っています。中目黒トラベラーズファクトリーと共同制作したノート付きCDシングル「notebook song」もご購入いただけます。僕が何年も培ってきた繋がり、感慨深いラインナップ。

『新しい青の時代』『Christmas Songs』のジャケットを描いていただいた福田利之さんがテキスタイルデザインを担当する十布(テンプ)からは猫の絵が可愛いトートバッグや布製品を厳選して用意していただきました。イベント等で交流の深いエッセイスト甲斐みのりさんが主宰するLouleは甲斐さんらしい可愛らしい猫イラストのグッズや書籍を。5日のみになりますが、大阪の友人が主宰する河童堂は活版印刷のカードやグッズで浪速の風を吹かせてくれます。お腹が空いたら前述の14g、そして人気のベーグルショップテコナベーグルワークスのベーグルもぜひご賞味を(4日のみ)。とにかく美味しくて食べごたえのあるベーグルなのです。

ワークショップスペースでは4日にはおおくぼあおいもなかの「猫だらけ」ワークショップ(詳細、申込方法はこちら)、5日はアアルトコーヒー庄野さんによる「かんたん、おいしいコーヒーのいれ方教室」です。庄野さんの教室には僕、タカテツさん、イトシュンの出席がすでにアナウンスされています(詳細はこちら)。ぜひこの機会をお見逃しなく。

とにかくバタバタと盛りだくさんの2日間になると思います。階下では映画や写真、コーヒーをテーマにした催しが同時展開しています。詳細等は海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)HPをご覧ください。当日券情報や速報、ブレイキングニュースはSNSでお知らせします。





2017年11月4日(土)5日(日)@ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)

11月4日(土)10:00 - 20:30/11月5日(日)10:00 -18:00
マルシェスペースへの入場は無料

<MINA to meets マーケット>
2F マルシェスペースに出展予定のショップ/作家:
hoopline(ポチバッジ)、巣巣(雑貨)cafe+gallery芝生(雑貨)、moln(雑貨)、
十布(テキスタイル)、ミルブックス(書籍)、Loule(雑貨・本)、aalto coffee(珈琲)
チャッツワース(紅茶:5日のみ)、14g(パン)、トラベラーズ・ファクトリー(雑貨)
テコナベーグルワークス(ベーグル・4日のみ)、河童堂(活版印刷・雑貨:5日のみ)
春日部張り子(五十嵐祐輔・招き猫)、各アーティスト物販 etc.


<LIVE>
2017年11月4日(土)@ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)
“コーヒーと音楽と猫”
15:30開場 16:00開演/前売4000円(aalto coffeのコーヒー付き)
LIVE:山田稔明、高橋徹也/PAINTING:おおくぼあおいもなか
COFFEE:庄野雄治(aalto coffee)
*THANK YOU!SOLD OUT!


2017年11月5日(日)@ 大阪 中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)
“トイレッツがやって来る ジャー!ジャー!ジャー!in OSAKA”
13時半開場/14時開演/前売4000円(チャッツワースの紅茶付き)
LIVE:サトミツ&ザ・トイレッツ
[ 佐藤満春、山田稔明、伊藤俊吾、佐々木良、伊藤健太、森信行 ]

奇跡のメジャーデビューが決定した世界初の“プリッとポップ”バンド
サトミツ&ザ・トイレッツが関東以外では初のステージ。CD発売前に
その全貌を関西の皆さまへお披露目します!
*THANK YOU!SOLD OUT!


海岸通文化祭 MINA to meets(みなとミーツ)HP
https://minatomeets.com/

中谷運輸築港ビル(旧商船三井築港ビル)
〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-25
大阪市営地下鉄中央線「大阪港」駅1番出口より西に直進
(中央線沿いをコスモスクエア駅方面へ)3分
/大阪市バス「天保山」バス停すぐ
  
Posted by monolog at 16:46Comments(0)

加古川チャッツワース12月公演の受付が始まりました!

01A3B55E-AE1D-4A0C-B7C7-06A4FC4FA67D


本日より恒例の兵庫県加古川市チャッツワースでのクリスマスライブの入場申込受付が開始になりました。もうすでに半分の席が埋まったとのこと。毎回ミラクルな好演を導く“聖地”のような場所で、師走の慌ただしさのなか楽しい時間をお過ごしください。神戸空港はスカイマークが飛んでいるのでエア代も比較的安く、遠方からの音楽の旅にもお薦めの場所です。残り少なくなった2017年、まだまだいっぱい忘れられない思い出を作りたいと思います。


2017年12月2日(土)@ 加古川 チャッツワース
“夜の科学 in 加古川ーsweet december 2017”

出演:山田稔明

1階カフェ:16時より立食式XMASパーティーを開催! (17:30終了)
フリードリンク制フード・スイーツ付き 料金2000円(20名限定)
2階会場:17:30開場 18:00開演/前売4000円(別途ドリンク代)

本日11月2日(木)よりチャッツワースにてメール予約受付開始!
メールお申し込みは 、chatsworth_tearoom@me.com まで
「イベント名」、「お名前」、「人数」、「連絡先電話番号」と
「ライブのみ」または「ライブ前パーティー参加希望」の明記をお願い致します。

紅茶と英国菓子のチャッツワース
〒675-0065加古川市加古川町篠原町4-7
TEL 079-420-1707  
Posted by monolog at 16:37Comments(0)

2017年11月01日

遅れてきた青年 @ 新宿JAM|“秋色テンダネス”(2017年10月29日 @ 下北沢 風知空知)【ライブ後記】

BEA2B172-24B3-44EA-94CB-90DC0622D871 8F2270A3-67C1-403B-B0B6-055E4BB44C97 F2102463-37AB-4415-8E80-F05496E7F5A7

先週末日曜日のこと。夕方から下北沢でライブがある日だったのだけど、大学時代の先輩が新宿JAMでライブをするというので出かけた。台風が近づいて不穏な天気。雨もどんどん強くなっていったけど今年いっぱいでなくなる新宿JAMでのステージは見逃すわけにはいかなかった。そのバンドは「遅れてきた青年」という名前、僕はかつてギターで参加していた。ボーカルの東さんは僕が東京に来て初めて出会った詩人である。憧れたし影響を受けた。今でも会うと緊張する。僕のライブハウスデビューはもしかしたら遅れてきた青年で新宿ロフトに出たときだったんじゃないかな、と思う。

本当に久しぶりに観た遅れてきた青年はメンバー構成こそ違えども、なんにも変わっていなかった。気の利いたMCもないし、愛想もない。東さんのリッケンバッカーはヒリヒリと震え言葉は相変わらず研ぎ澄まされていた。大学時代の先輩後輩って何年たっても揺るがない関係性だ。旧友、音楽仲間にも会えて嬉しかった(この日のドラムはうちの須藤さんだった)。大いに刺激を受けて外へ出ると土砂降りの雨が新宿を水浸しにしていました。

僕も負けてられない。下北沢へ着くとますます雨がひどくなっているが、溝渕健一郎、新井仁と盟友揃い踏みの楽しいステージ。すべてのセッションがぶっつけ本番で知らない曲でも果敢に挑戦。緊張感よりも音楽で会話する楽しみのほうが大きい。僕は買ったばかりの新しい古いギターを初めて弾くことにした。

479F7AE7-804E-44DC-A901-B368E4647124

15E7AF46-AE8C-4614-A4B0-19E029D25F78

雨がひどくなってきたけれど開演。僕はトップバッター、「手と手、影と影」「星に輪ゴムを」とGTH楽曲でスタートさせたのはPLECTRUMに続き15年来の盟友健一郎との共演だったから。ジャクソン・ブラウンのライブをきっかけに買ったギターなので、ジャクソンの「青春の日々」を日本語詞で歌ってみました。健一郎さんをドラムに迎えてセロファンの「ストレンジャー」をカバー。「雨の夜と月の光」もほぼぶっつけ本番でしたが、やっぱりこのあたりの曲を彼の身体が憶えていました。

健一郎さんも新井さんもそれぞれ個性的なステージ。MCも含めてとてもリラックスしていて、外の雨風と対照的。台風のピークを迎えた世田谷、しかし風知空知では穏やかな時間が流れていました。最後のセッション、まずは僕と新井さんで去年やったサニーデイ・サービス「あじさい」に健一郎ドラムが加わって。そして健一郎「スーパーマーケット」、僕は初めて聴いた曲だったけど今度は僕がドラムにまわりました(僕はドラムが大好きなのです)。そして最後は新井さんのレパートリー「今夜はブギーバック あの大きな心」。3人での演奏がとても楽しかった。なんと演奏すべて終了した時点で雨風が止むという出来すぎた展開に。荒天のなかたくさんのお客さん、友人知人が何人も来てくれて嬉しかったです(ハックルベリーフィン ハジくんは無茶振りでステージにあげられてた)。こういう夜があるんだから台風襲来も悪いことばかりじゃないな。ありがとうございました。




  
Posted by monolog at 23:09Comments(0)