2018年12月10日

2019年最初のGOMES THE HITMANは新企画 SOLO SOLO SESSION

昨日はGOMES THE HITMAN2018年最後のライブでした。メジャーデビューから20年のアニバーサリーイヤーの最初のステージはメンバー同士のソロ共演という、これまでなかった新企画。第一回目は山田稔明が盟友 安宅浩司と上野洋を、そしてキーボード堀越和子が野口耕一郎(ex. サイクルズ/サツキモノ)と山口幸彦(ハックルベリーフィン )を従えてガチの対バンとなります。それを肴に新年のお酒を飲むメンバーの姿もお楽しみいただけるでしょう。席が残りすくなくなっています。お早めのご予約を。2019年もGOMES THE HITMANをよろしくお願いします。

gomesthm_2015_02


2019年1月5日(土)@ 下北沢 風知空知
GOMES THE HITMAN presents
SOLO SOLO SESSION
ーそろそろ始める未来の話


16時開場 17時開演/前売3800円(ドリンク代別途)
LIVE:山田稔明(with 安宅浩司、上野洋)、
堀越和子(with 野口耕一郎、山口幸彦 from ハックルベリーフィン )、
GOMES THE HITMAN(acoustic)/DJ:須藤俊明

2019年にメジャーデビューから20周年を迎えるGOMES THE HITMAN。
アニバーサリーイヤーにふさわしい新企画ライブは、それぞれが独立して
様々な活動を展開するバンドらしく、メンバー同士の“対バン”セッション。
第一回目は山田稔明 VS 堀越和子。新年会も兼ねた楽しい夜になります。

予約:風知空知メール予約のみ(先着受信順整理番号付き)
●メール予約:風知空知 yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
*ご希望公演名、お名前、枚数、ご連絡先電話番号をご明記の上、お申し込みください。

風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp/
東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F
TEL. 03-5433-2191  

Posted by monolog at 08:51Comments(0)

猫町オーケストラ vol.19 - countdown to 2019(2018年12月9日 @ 恵比寿 天窓 switch)【SETLIST】

IMG_1010

2018年12月9日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
猫町オーケストラ vol.19 - countdown to 2019


1.遅れてきた青春(swap session - 『in arpeggio』)

2.別れの歌(『00-ism/mono』)
3.夜明けまで(『00-ism/mono』)
4.happy ending of the day(『00-ism/omni』)

5.自転車で追い越した季節(『cobblestone』)
6.言葉はうそつき(『cobblestone』)
7.北風オーケストラ(『cobblestone』)
8.シネマ(『cobblestone』)
9.レモンひときれ(『in arpeggio』)
10.coffee(『down the river to the sea』)

11.世紀末のコロンブス(『SONG LIMBO』)
12.東京の空の下から(『SONG LIMBO REMIXES』)
13.北の国から(『SONG LIMBO』)
14.churchbell’s ringing(『SONG LIMBO』)
15.sweet december(未発表曲)

16.baby driver(新曲)
17.memoria(未発表曲)
18.手と手、影と影(『00-ism/ripple』)

EN
19.ストロボ(『neon, strobe and flashlight』)
20.饒舌スタッカート(『饒舌スタッカート』)
21.雨の夜と月の光(『weekend』)
22.会えないかな(『down the river to the sea』)  
Posted by monolog at 08:24Comments(0)

2018年12月09日

夜の科学 vol.55 - brand new blue christmas(2018年12月8日 @ 恵比寿 天窓 switch)【SETLIST】

IMG_0828

2018年12月8日(土)@ 恵比寿 天窓 switch
“夜の科学 vol.55 - brand new blue christmas”


12月8日(土)@ 恵比寿 天窓switch

1.どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと(『新しい青の時代』)
2.太陽と満月(『the loved one』)
3.光と水の新しい関係(『新しい青の時代』)
4.home sweet home(『home sweet home』)
5.glenville(『home sweet home』)

6.それでいいんじゃないかと(安宅浩司)
7.予感(『新しい青の時代』)
8.月あかりのナイトスイミング(『新しい青の時代』)
9.日向の猫(『新しい青の時代』)

10.冬の日の幻(草とten shoes)
11.小さな巣をつくるように暮らすこと(『DOCUMENT』)
12.光の葡萄(『新しい青の時代』)
13.my favorite things(『the loved one』)

14.誕生日〜gleensleeves(近藤研二)
15.小さなハートブレイク(新曲)
16.セラヴィとレリビー(新曲)
17.calendar song(『pale/みずいろの時代』)

EN
18.hanalee(『home sweet home』)
19.sweet december(未発表曲)
20.ハミングバード(『新しい青の時代』)  
Posted by monolog at 09:25Comments(0)

2018年12月07日

マーライオン、曽我部恵一さんとのライブはご予約受付中です

年明けは楽しみなイベントが続きます。曽我部さんの全編ラップのHIPHOP新作を昨晩聴いて卒倒しそうになったところです。ぜひご予約を。

3506DF03-B3E7-417C-A4B8-6D943488AB93


2019年1月14日(月祝)@ 下北沢 440
キラキラでニヤニヤvol.2
ばらアイス 12インチレコード発売記念イベント

18:30開場 19:00開演/前売2800円 当日3300円(1ドリンク600円別)
出演:マーライオン、曽我部恵一、山田稔明

【チケット】
440店頭

【メール予約】
( niyaniyarecord@gmail.com )
件名に「 1月 14日 予約希望」
本文に「お名前(ふりがな)、電話番号、複数の場合、お連れ様のお名前」を添えて、
メールにてお申し込みください。

【オフィシャルサイトRESERVEも受付開始しました】
こちらからご予約ください

※440での電話およびメール予約は受け付けておりません。
ーーーーーーーーー
入場順:440店頭(整理番号)WEB予約(当日先着)


下北沢440(http://440.tokyo/
〒155-0032 世田谷区代沢5-29-15 SYビル1F
03-3422-9440


  
Posted by monolog at 11:05Comments(0)

高橋徹也氏との2マンライブ @ 三茶 nicolasは本日16時より予約受付開始

IMG_6970

IMG_5628


2019年2月3日(日)@ 三軒茶屋 nicolas
『コーヒーと音楽とお菓子な夕べ』

16:30開場 17:00開演/料金 4000円(コーヒーとお菓子付)
出演:高橋徹也/山田稔明
お菓子:nicolas/コーヒー:aalto coffee

☆ご予約・お問い合わせ:nicolas
12月7日(金)16:00〜 メール予約開始
info@nicolasnicolas.com
件名:2/3 コーヒーと音楽とお菓子な夕べ
本文:氏名/連絡先/希望人数
こちらを明記してお申込みください


nicolas(http://www.nicolasnicolas.com/
〒154-0004
世田谷区太子堂4丁目28−10 鈴木ビル
  
Posted by monolog at 10:57Comments(0)

夜の科学 in 大阪ーsweet december 2018(2018年12月2日 @ 大阪 event space 雲州堂)【ライブ後記】

加古川の朝、よく晴れた。チャッツワースで軽く昼食を、と思っていたらかなりたっぷりと美味しいイングリッシュブレックファーストと紅茶をいただいていたらあっという間に時間が過ぎて、慌てて大阪へ向かう。また来ます。お世辞抜きに第二の故郷のようになってきた街。大阪までひと眠りしてしまったのは疲れが積もっていたからかな。立ち寄りたいお店なども我慢して宿で休んで体力温存、そして久しぶりの雲州堂へ。大きな猫が出迎えてくれました。

IMG_5748

前日の加古川でのライブで演奏した楽曲ほとんどがソロでリリースしたものだったので、この日はGOMES THE HITMAN楽曲を中心にセレクトしたセットリスト。東京恵比寿での2DAYSの前哨戦を関西でやっているような感覚がありました。「別れの歌」で始まったのは加古川での演奏に手応えがあったから。「夜に静かな独り言」から「自転車で追い越した季節」、「北風オーケストラ」「レモンひときれ」へと続く流れは下北沢leteでの弾き語りがすごくしっくりきたので大阪でもやってみました。ウクレレで生音の「coffee」「会えないかな」も同様。声がよく響いて気持ちよかった。

IMG_5778

IMG_5777

「午後の窓から」と小沢健二カバー「フクロウの声が聞こえる」はリクエストに応えて。今年になってGOMES THE HITMANで演奏している新曲群への反応が良好だったのも嬉しかった。後半は取捨選択して歌おうと思っていた曲たちを、リストのなかから結局全部歌うことになりました。2日間連続のステージで心配だった喉の調子がとてもよかった。やっぱりすっと気持ちよく歌えることってとても幸せ。

アンコールでは「饒舌スタッカート」を最近発見された初期デモのバージョンの歌詞で歌った。11月と12月しか歌わない「sweet december」はもう10年以上歌い続けている曲。この曲を正式に録音するタイミングっていつだろうか、と加古川のMCで言った僕に対して、アンケートで誰かが「毎年録音し続けるというのはどうでしょう」と書いてて膝を打った。とても面白い試みじゃないか、と興奮する。雲州堂へたくさんのご来場ありがとうございます。2日間とも来てくださった方も多かったかもしれません。年内にもう一度大阪港のグルッグに歌いに戻ります。また何度でも会いましょう。

IMG_5779
  
Posted by monolog at 01:17Comments(0)

2018年12月06日

夜の科学 in 加古川ーsweet december 2018(2018年12月1日 @ 加古川 チャッツワース)【ライブ後記】

先週末の関西旅を振り返ります。兵庫県加古川市にある紅茶屋さんチャッツワースで初めてライブを行ったのは2008年の2月でした。安宅浩司くんとの2マンライブ、どこにあるのかもしらない街でのライブは満員ぎゅうぎゅうのソールドアウト公演でした。それから10年経って今年の春に10周年記念のライブをやりましたが、11年目の始まりにもう一回安宅くんと2人で演奏できることはこの上ない幸せでした。

僕は東京から午後に加古川入り、安宅くんは関西蚤の市で栗コーダーカルテットのサポートを終えてチャッツワースに駆け込みました。曲目だけ事前に決めていましたが、ほぼぶっつけ本番となったこの日のライブは、しかし、10年以上の付き合いの同い年音楽家ふたりの音楽の会話のようでもありました。まずは安宅くんのソロからスタート。とても味わい深い歌たち。

IMG_5719

IMG_5720

二人でのセッションは「太陽と満月」からスタート。「home sweet home」は10年前も演奏した曲。普段僕のバンドではペダルスティールギターとマンドリンを弾く安宅くんはこの日はテレキャスターで。「歓びの歌」は10年前、初めてのチャッツワース公演で披露した曲、店主岸本さんからリクエストをいただいたので心を込めて歌いました。そのときの音源はここで聞くことができます。

僕がひとりのコーナーではEテレ0655の「AはBでCになる」を一節。そしてこれも岸本さんからのリクエストだった「別れの歌」。『00-ism』収録のボーナストラック「娘よ」もリクエストに応えたもの。再び安宅くんとのセッションで、3日前に初めて聴かせた新曲「小さなハートブレイク」。コーラスまで添えてくれて嬉しい。「セラヴィとレリビー」の「C'est la vie」と「Let it be」は安宅くんの曲「それでいいんじゃないかと」に通じるね、という話をした流れで最後のリフレインには「それでいいんじゃないかと」を織り込みました。

アンコールでは「hanalee」を、ふたりでウクレレだけで生音で演奏しました。これも10年前の初チャッツワースのアンコールで歌った歌でとても感慨深い。僕も安宅くんもあれから10年分の年をとった。あっという間なんて言葉では片付けられないくらいふたりともいろんなことがあったはずで、二人こうして元気にニコニコ満員のお客さんの前で音楽を鳴らすことができてとても幸せだなあと感動しました。打ち上げも美味しく楽しかった。遠くから近くからご来場ありがとうございました。また来年。

IMG_5721

IMG_5722
  
Posted by monolog at 21:56Comments(0)

2018年12月05日

LL教室の試験に出ないJ-POPシリーズ|トークイベントに参加します

年明け、面白いトークイベントにお誘いいただきました。友人の森野誠一くん(risette、マキタ学級、そして有能な構成作家でもあります)が参加する「LL教室」、1990年代を考察するトークイベントの「1993年」の回に参加することになりました。1993年とは今から25年前。僕がGOMES THE HITMANを結成した年。ついこないだのような気もするけど、大昔のような気もする1993年。どんなふうになるか楽しみでわくわくします。同世代、昔を知らない若い人たちもぜひに。

スクリーンショット 2018-12-05 21.38.09


2019年1月13日(日)@ 荻窪 Velvet Sun
LL教室の試験に出ないJ-POPシリーズ〜1993年編〜

17:30 開場 18:00 開演/料金:1620円(+1Drink別)
出演:LL教室(森野誠一、ハシノイチロウ、矢野利裕)
ゲスト:山田稔明(GOMES THE HITMAN)


1990年代の音楽を1年ごとに区切り、独自の観点から深く追求する
「LL教室の試験に出ない90年代J-POPシリーズ」が今回取り上げる
のは、ビーイング系がチャートを席巻した1993年。
ユニコーンの解散が象徴するように、80年代からのバンドブームが
いよいよ終焉し、入れ替わるようにJ-POPという言葉が世間に定着
してきたこの年。Jリーグの開幕とドーハの悲劇、通信カラオケの
登場、ポケベルなど、平成のカルチャーにとって重要なトピックが
あらわれてきた一方で、The虎舞竜「ロード」の有線放送からの大
ヒットなど、まだまだ昭和の残り香も世間に漂っていた時期でした。
今回のゲストにはGOMES THE HITMANの山田稔明さんをお迎えし
ます。GOMES THE HITMANが結成された1993年のライブシーン
の話を中心に音楽のことを幅広く伺いつつ、猫に関する著作もある
山田さんと猫にまつわる企画も!?


予約お申し込みはこちらから


荻窪 ベルベットサン(http://www.velvetsun.jp/
〒167-0051
東京都杉並区荻窪3-47-21 サンライズ ビル1F  
Posted by monolog at 21:46Comments(0)

2018年12月04日

12月22日 大阪グルッグでのラストライブは完売御礼

急遽決定した12月22日(土)大阪港 天保山グルッグでライブにたくさんのお申し込みいただき完売とさせていただきました。満員御礼にてこの場所で最後のライブを締めくくることができて嬉しく思います。いくつかの個人的理由でこの2年は関西でのライブが毎回とても大切なものになっていましたが、今年最後となる関西でのステージ、気持ちよく歌い納めしたいと思います。リクエストがある方はコメント欄にぜひ。セットリストの参考にさせていただきます。2018年最後までよろしくお願いします。

DSC08742

P1010474

2018年12月22日(土)@ 大阪 天保山 グルッグ
THANK YOU glogg!山田稔明 FINAL LIVE “夕陽と海の新しい関係”

18:00開場 18:30開演/予約 3500円 当日4000円

2013年の1周年記念イベント以来お世話になってきた大阪港は天保山にある
ギャラリーグルッグがその店舗での営業を年内と年始のイベントを最後に
終了することになりました。窓の向こうを電車が駆け抜けていく他にない
シチュエーションが印象的な空間、感謝の気持ちを込めて急遽ライブが決定
しました。クリスマス直前の街で美しい夕陽を。間違いなくこれが2018年
関西で最後の弾き語りワンマンです。
*THANK YOU!SOLD OUT!

glogg(グルッグ) http://glogg2012.blog.fc2.com/
大阪メトロ 中央線「大阪港駅」下車 4番出口より徒歩約3分
〒552-0021 大阪市港区築港2-8-29 播磨ビル2F
TEL 06-6572-6911 /OPEN 11:30-19:30 (火曜休み)  
Posted by monolog at 21:38Comments(8)

本日21時よりGOMES THE HITMAN 風知空知イベント予約受付開始|今週末 恵比寿2DAYS 追加席を発売中

本日このあと21時から風知空知にて新年1月5日に急遽開催が決定した「SOLO SOLO SESSION」の予約受付が始まります。今回受付窓口は会場の風知空知のみとなりますのでご注意ください。年末のハイライトとも言える今週末恵比寿天窓switchでの2DAYS「夜の科学 vol.55」と「猫町オーケストラ vol.19」に関して、若干数の追加席販売を開始しました。立ち見になると思いますが、この機会をぜひともお見逃しなく。こちらからお申し込みください。12月になって慌ただしくなってきましたが、元気に健康で年末年始を駆け抜けたいと思います。みなさまもご自愛ください。

gomesthm_2015_02


2019年1月5日(土)@ 下北沢 風知空知
GOMES THE HITMAN presents
SOLO SOLO SESSION
ーそろそろ始める未来の話


16時開場 17時開演/前売3800円(ドリンク代別途)
LIVE:山田稔明(with 安宅浩司)、堀越和子(with 野口耕一郎)、GOMES THE HITMAN(acoustic)
DJ:須藤俊明

2019年にメジャーデビューから20周年を迎えるGOMES THE HITMAN。
アニバーサリーイヤーにふさわしい新企画ライブは、それぞれが独立して
様々な活動を展開するバンドらしく、メンバー同士の“対バン”セッション。
第一回目は山田稔明 VS 堀越和子。新年会も兼ねた楽しい夜になります。

予約:12月4日(火)21時〜 予約受付開始
風知空知メール予約のみ(先着受信順整理番号付き)
●メール予約:風知空知 yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
*ご希望公演名、お名前、枚数、ご連絡先電話番号をご明記の上、お申し込みください。

風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp/
東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F
TEL. 03-5433-2191




2018年12月8日(土)@ 恵比寿 天窓 switch
“夜の科学 vol.55 - brand new blue christmas”

18:30開場 19:00開演/前売4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
[itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、佐々木真里、近藤研二 、立花綾香]

暮れの元気なご挨拶「夜の科学」、たっぷり豪華な内容、
バンド編成でおもてなし!年末恒例の感謝祭です。


2018年12月9日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
“猫町オーケストラ vol.19 - countdown to 2019”

18:00開場 18: 30開演/前売4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:GOMES THE HITMAN
[ 山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明 ]

12月恒例、GOMES THE HITMANの年末感謝祭です。
カウントダウンする先はメジャーデビュー20周年となる2019年…。
リリースラッシュとバンドワゴンツアーを締めくくります。

両公演とも若干数の追加席をご用意しました。こちらからお申し込みください。

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887
  
Posted by monolog at 20:26Comments(0)

2018年12月03日

高橋徹也との2マンライブ決定

来年2月に小さな空間で高橋徹也さんとの共演が決定しました。aalto coffeeのコーヒー、nicolasのお菓子と音楽を。以前庄野さんとタカテツさんと打ち上げで立ち寄ったことのあるnicolasですが、歌を歌えること、嬉しく思います。お誘いありがとうございます。生音でのライブになると思うのでこの贅沢空間での機会をお見逃しなく。高橋徹也は親友で会う機会も多く、もっともシンパシーを共有する音楽家ですが、純然たる2マンというのは久しぶりになります。セッションなどもあるのでしょうか。今からとても楽しみです。今週末から予約受付開始となります。たくさんのお申し込みをお待ちしております。

IMG_6970

IMG_5628


2019年2月3日(日)@ 三軒茶屋 nicolas
『コーヒーと音楽とお菓子な夕べ』

16:30開場 17:00開演/料金 4000円(コーヒーとお菓子付)
出演:高橋徹也/山田稔明
お菓子:nicolas/コーヒー:aalto coffee

☆ご予約・お問い合わせ:nicolas
12月7日(金)16:00〜 メール予約開始
info@nicolasnicolas.com
件名:2/3 コーヒーと音楽とお菓子な夕べ
本文:氏名/連絡先/希望人数
こちらを明記してお申込みください


nicolas(http://www.nicolasnicolas.com/
〒154-0004
世田谷区太子堂4丁目28−10 鈴木ビル
  
Posted by monolog at 10:13Comments(0)

GOMES THE HITMANアニバーサリーイヤーの新企画ライブ|第一回が急遽決定しました

GOMES THE HITMANというのは4人のミュージシャンの集合体であり、僕自身のソロ活動と同様にそれぞれのメンバーがバンド以外にも様々な活動をしています。今年の活発なリリースとライブ活動で例年より長く時間を共にするなかで「メンバー同士の対バンライブがあったら面白いよね」という話が出たことがありました。メジャーデビュー20年となる2019年は僕がソロ名義での作品をリリースしてから10年の年でもあります。それぞれの活動とバンドでのこれからにフォーカスするイベントを始めるのに相応しい気がしました。年に3回の開催を目指して毎回山田稔明と各メンバーの対バン企画、第一回が新年早々に急遽開催決定しました。

gomesthm_2015_02


2019年1月5日(土)@ 下北沢 風知空知
GOMES THE HITMAN presents
SOLO SOLO SESSION
ーそろそろ始める未来の話


16時開場 17時開演/前売3800円(ドリンク代別途)
LIVE:山田稔明(with 安宅浩司)、堀越和子(with 野口耕一郎)、GOMES THE HITMAN(acoustic)
DJ:須藤俊明

2019年にメジャーデビューから20周年を迎えるGOMES THE HITMAN。
アニバーサリーイヤーにふさわしい新企画ライブは、それぞれが独立して
様々な活動を展開するバンドらしく、メンバー同士の“対バン”セッション。
第一回目は山田稔明 VS 堀越和子。新年会も兼ねた楽しい夜になります。


予約:12月4日(火)21時〜 予約受付開始
風知空知メール予約のみ(先着受信順整理番号付き)
●メール予約:風知空知 yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
*ご希望公演名、お名前、枚数、ご連絡先電話番号をご明記の上、お申し込みください。


風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp/
東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F
TEL. 03-5433-2191  
Posted by monolog at 09:00Comments(0)

夜の科学 in 大阪ーsweet december 2018(2018年12月2日 @ 大阪 event space 雲州堂)【SETLIST】

088B4F8F-B49A-4607-B94E-1E50FCD267BD


2018年12月2日(日)@ 大阪 event space 雲州堂
“夜の科学 in 大阪ーsweet december 2018”


1.別れの歌
2.夜明けまで
3.愛すべき日々

4.夜に静かな独り言
5.自転車で追い越した季節
6.北風オーケストラ
7.レモンひときれ

8.coffee
9.会えないかな
10.AはBでCになる(Eテレ0655おはようソング)

11.午後の窓から
12.フクロウの声が聞こえる(小沢健二 カバー)
13.北の国から

14.魔法があれば
15.毎日のポートフォリオ
16.baby driver

17.手と手、影と影
18.そばにあるすべて
19.小さなハートブレイク
20.セラヴィとレリビー

EN
21.饒舌スタッカート
22.sweet december  
Posted by monolog at 08:57Comments(2)

2018年12月02日

本日は大阪 雲州堂弾き語りワンマンです

いよいよ本日、昨晩の加古川チャッツワースとはまったく内容の異なる雲州堂弾き語りワンマンです。たくさんのお申込みをいただいています。あと5人くらいいけるので当日券でのご入場が可能だと思われます。2019年カレンダーも発売開始となりました。ぜひご来場ください。1年の感謝を込めていっぱい歌います。

93496A0F-7069-425B-918A-7A5764A91D22

2018年12月2日(日)@ 大阪 event space 雲州堂
“夜の科学 in 大阪ーsweet december 2018”

18:00開場 18:30開演/前売 3500円 当日4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

2018年最初で最後の大阪弾き語り公演が決定。
GOMES THE HITMANからソロ最新曲まで
リリースラッシュの本年を総括する夜にご期待下さい。

チケット予約はオフィシャルサイトRESERVEフォームにて受付

event space雲州堂
〒530-0046大阪市北区菅原町7−11
TEL/FAX 06-6361-3903  
Posted by monolog at 10:30Comments(0)

2018年12月01日

夜の科学 in 加古川ーsweet december 2018(2018年12月1日 @ 加古川 チャッツワース)【 SETLIST】

A5706055-0C6E-47CB-9F4A-87D408992DF8

2018年12月1日(土)@ 兵庫 加古川 チャッツワース
“夜の科学 in 加古川ーsweet december 2018”


1.それでいいんじゃないかと(安宅浩司ソロ)
2.笑ってみたら(安宅浩司ソロ)
3.それから(安宅浩司ソロ)
4.今だから(安宅浩司ソロ)

5.太陽と満月
6.光と水の新しい関係
7.home sweet home
8.glenville

9.歓びの歌
10.星降る街
11.月あかりのナイトスイミング
12.光の葡萄

13.AはBでCになる(山田稔明ソロ)
14.別れの歌(山田稔明ソロ)
15.娘よ(山田稔明ソロ)
16.churchbell’s ringing(山田稔明ソロ)

17.小さなハートブレイク
18.セラヴィとレリビー
19My favorite things
20.calendar song

EN
21.hanalee
22.sweet december
23.ハミングバード  
Posted by monolog at 23:50Comments(0)