2006年07月25日

さあ君に手紙を出そう

postcard_give東京はもう何日太陽に照らされていないだろうか。うちの猫がしっとりしていて朝になるとそれが僕の胸の上に乗って不快だ。だから暑くもないのにエアコンのドライをつけてしまうのだ。

午後から吉祥寺にて夏に向けての打ち合わせ。ずっと入りたかった、ロヂャースの向かいにあるくぐつ草に初めて行った。すごい雰囲気、地上の喧噪から遠く離れた感じがする居心地で、コーヒー1杯にそれなりの対価を払う価値のあるお店でした。パンプディングも美味で、なんの打ち合わせのしたのかを忘れた。とにかく、夏と残暑にむけて僕の弾き語りを支える“夜の科学オーケストラ”的な楽団を組もうと考え始めました。新しいトライアルに二の足を踏んではいけないのです。

僕は結構膨大な量のネコのポストカードのコレクションを持ってるんですが、今回のポストカード企画のおかげでネコのカードがさらに増えました(ネコ以外のカードももちろん嬉しいですからね)。それらにはさらに皆さんからの手書きの言葉と名前なんかが書いてあって、この思い出は一生ものだなあ、と今日ふと思ったのです。

手紙はいい。ちょっと今年は手紙に励んでみようかと思います。

Posted by monolog at 00:38│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
手書き文字は個性が出るし面白いですよね。
私は筆跡診断士なので、面白い文字や特徴的な文字を見ると、ついつい観察してしまいます。
Posted by mat at 2006年07月26日 00:09