2007年11月02日

大人になれない大人たち

リリMJ1リリMJ3リリMJ2明治大学の学園祭に、とある講演を聞きにいってきた。情報では当日券が出るようなことが書いてあったのでお昼頃学園祭実行本部みたいなところに電話すると広報の不手際ですでに満席でチケット販売は一切ないとのこと。「この!極めて学園祭然とした不手際よ!」と憤りと焦り、関係各所に探りを入れてもなしのつぶて。夢中になってインターネットを徘徊しようやく余っているチケットを譲ってくれる方に巡り会って無事席を確保。こんなに熱心にチケット探しに奔走したことなんて僕の人生になかったかもしれない。

なぜそんなに躍起になったかというと明大祭のその講演は「リリーフランキー × みうらじゅん “大人になれない大人たち”」という題目だったからだ。僕のなかでの両巨頭ひとりっ子文化人、リリーさんとみうらさんのフリートークを見逃すわけにはいかないのだ。例えるならばみうらじゅんはR.E.M.でリリー・フランキーはWilco(R.E.M.の全員と僕は握手をしてサインをもらったがWilcoとはまだそういう機会がない、という点でもこの例えは僕のなかで筋が通っている)、そんな2バンドが同じステージに上がる!というくらいのことなのですよ、個人的には。

生のMJを見るのは2年ぶり、リリーさんは6月以来2回目。「出演のお二方の到着が遅れておりまして..」という想定内のハプニングで会場は笑いにつつまれ20分ほど押して2人登場。MJは毛皮のジャケットにディランみたいな水玉のシャツ、リリーさんはコートを脱ぐと可愛らしいアーガイルのニットで足元はウエスタンブーツ、ふたりとも眩しいくらいカッコよかった。1時間半のうち1時間半がエロ/下ネタ話でしたが満員の教室はずーっと笑いに溢れていて僕もたくさん笑ってたまっていた邪気が抜けたような気持ちになりました。リリーさんもこないだより全然元気で、MJ先輩とだと調子が出るのかしらんと優しい気持ちになった。

会場となったのは、こんな広い空間でどんなことを教えているのかよというくらい大きな、2階席含めて900人くらい収容する教室でした。これほど頻繁に京王井の頭線を利用するのに明治大学が明大前駅にある、という事実に今日まで気付かないでいた。閉門迫る帰り道、学園祭特有のなんだか熱っぽい感じの雰囲気がうらやましくもあり懐かしくもありました。

ああ、素敵な大人になりたいな、と思った秋の金曜日でした。

Posted by monolog at 23:58│Comments(3)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
素敵な日でしたね。
Posted by ぐり at 2007年11月03日 00:39
MJと記号化する辺りに愛が見えます。
Posted by たま at 2007年11月03日 14:18
よかったですねーーー!無事入場できて!!
うちらも、もしymdさんとそれぞれ大好きな人との対談だったら
見逃すわけには行きませんよ。
「ディランみたいな水玉のシャツ」というのを読んで、水玉のシャツを着ている
なだぎ武が浮かんでしまいました^^;
Posted by moco at 2007年11月03日 15:19