2008年12月18日

冷たい雨とグッド・ヴァイブレーション

dwarf冷たい雨が降るとても寒い日、髪を切りに広尾へ。映像編集とかちょっとした録音とかステージ構成だとかそういうことに終始する孤独な作業期間だったのでおしゃべりが楽しい。隣の席がミュージシャンで芥川賞作家の川上未映子さんで、挨拶をして少しお話をさせていただきましたが、とても穏やかで華があって素敵な人でした。良い“気”をもらった。

行き帰りの電車で西原理恵子著「この世でいちばん大事な「カネ」の話」を読みふける。折りにふれ手に取るよりみちパン!セシリーズの新刊だが、既刊のカタログ同様この本も大人が読んでも子供が読んでも何かしらの塊を胸に残す本だと思いました。くよくよしたり迷走したり「オレはこれからだ!」という人(全員だな)は読むといいです。

寒い日だったが広尾の灯りのデコレーションはとても可愛らしかったです。明けて快晴。今日も一日準備作業、BGMはずっとソニック・ユースとPAVEMENT。

Posted by monolog at 11:19│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/51480599
この記事へのコメント
星が出て、晴れた夜空になりました。

風邪も治ってしまうような、やさしさに溢れてしまうような、そんな時間になりますように。
Posted by ぐり at 2008年12月20日 18:11