2008年12月30日

冬のティピーと焚き火

teepee0812_12008年のティピーおさめ。今年はソロアルバム制作のバタバタとかライブとスケジュールがかぶってしまったりで、なかなか顔を出せなかったのですが、ちょうど1年前くらいに縫い上がった手作りのティピーは汚れやほつれが良い感じの味付けになって貫禄すらただよう住居になっていました。

少し遅れて行くともうすでにティピーは青空を背景に立ち上がっていて、久しぶりの僕をスタッフの皆さんが手を振って迎えてくれた。おいしい鶏鍋とか純米酒、よもぎ茶、焼き芋に焼きリンゴと豪華な饗宴、忘年会のようでした。隣町から越境してきている僕に優しくしてくれて嬉しい。

内部に焚き火を抱えたティピーからたなびく煙を初めて見た。すごくティピーっぽい風景だ。子供たちが楽しそうに出たり入ったり焚き火の薪を興味深そうにいじくったりしていて、自分が小さい頃にゴミを庭で燃やしたり落ち葉焚きをするときにドキドキした感覚を思い出した。

東京では届け出なしに焚き火やゴミを燃やすことは禁止されているらしいから(それでも最近よく真夜中に散歩してると焚き火みたいな匂いがするのはなぜだろう)奔放な火にふれる良い機会だっただろうな。


たっぷり薫製のようにティピーのなかで燻されて服から煙の匂いが消えない一日でした。



teepee0812_2teepee0812_3teepee0312_4


Posted by monolog at 18:40│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/51486976
この記事へのコメント
2008年もあと少しで終わりますね…
お世話になりました。
2009年もよろしくお願いします!
アルバム、楽しみにしています☆
Posted by yuna at 2008年12月31日 23:43