2009年04月13日

桜の季節も過ぎて

pochi090412_2pochi090412_1バタバタと忙しい日々でした。イトケンさんと打ち合わせたり夏に向けてTシャツを作ろうと下調べをしたり「家路アルバム」のあれやこれやとか。猫だけがさんさんと射し込む春の日射しのなかで溶けるように眠るのです。

4月の「夜の科学」もたくさんのお申し込み、SOLD OUTになりました。ありがとう。先月の関西名古屋ツアーを経ての再発見とか“Early Days of 山田稔明”的なアーカイブ公開も含めた新しい季節の「夜の科学」にしたいと思います。

『pilgrim』は一般レコード店には流通せずライブ会場とネット通販での販売という形態をとっていますが、購入してくれた知人が「CDを買うなんていつぶりだろう」みたいなことを言うのでびっくりした。僕自身は相変わらずたくさんのCDを手にして新しいつながりにいつもわくわくしています。

Mergeレーベル20周年記念盤『Score! 20 Years of Merge Records』はカラフルで楽しいコンピでした。「明日に架ける橋」から40年目にして日の目をみたサイモン&ガーファンクルの『LIVE 1969』はため息が出るほど美しいライブ実況盤。

学生の頃から好きだったINDIGO GIRLSという女性デュオ(R.E.M.と同郷でデビュー作にはマイケル・スタイプがコーラス参加)、これまで100円とか300円とかで思い出したように中古盤を買って聴き続けてきたのですが、自身のレーベルからインディペンデントリリースされた新作『Poseidon and the Bitter Bug』を購入。揺るぎない歌と乾いた楽器の音が素晴らしかったです。

Posted by monolog at 02:52│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL