2010年01月23日

夜の科学 at SALON by marbletron

ピクチャ 2マーブル科学初日終了!
本日の公演、USTREAM&Twitter中継もやるかもしれません。

2010年1月いっぱいでクローズとなるライブスペース、高円寺SALON by marbletronー
'00年代の様々な思い出の舞台となったSALONに感謝をこめた“夜の科学”。

GOMES THE HITMAN.COM presents
“夜の科学 vol.27〜Farewell to the marble arch”
2010年1月23日(土)@高円寺SALON by marbletron
THANK YOU SOLD OUT!
出演;山田稔明(GOMES THE HITMAN)

ライブの模様を可能な範囲で中継する予定です。以下のサイトから
http://www.ustream.tv/channel/toshiakiyamada
ライブの模様をTwitterで実況
http://twitter.com/GTHcom

会場にお越しの皆様、遠方の皆様もお楽しみに。

SALON by marbletron(http://www.marbleweb.net/salon/
〒166-0003  東京都 杉並区 高円寺南2-14-2
TEL: 03-5377-1300(オフィス)

すべての情報についてはGOMES THE HITMANオフィシャルサイトにてご確認ください。

Posted by monolog at 13:05│Comments(6)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
昨日のライブ中継、自宅で拝見しました☆
少しでもライブが見れて嬉しかったです!
金八「パシャ!保存」はその回の最後の締めにも金八先生が
やっていて次週へ続く…的な感じだった覚えがあります(笑)
Posted by さちこ at 2010年01月23日 14:29
私にとっては90年代後半の思い出の街、高円寺。
SALONでのライブには一度しか足を運んだことがなく、今日も行けず残念ですが遠方から思いを馳せています。
素敵な夜になりますように☆
Posted by ふみ at 2010年01月23日 17:24
22日に参加しました。山田さん、二日間お疲れさまでした!
「memoria」「歓びの歌」「長距離ランナー」の歌詞がぐっと胸に響きました。
「夢の終わりまで」ではオーケストラを聴いてるみたいな壮大なイメージに包まれました。
私にとって特別な曲「hanalee」も聴けて感動しました。

ただ一つ後悔があるのは、一人で行ったのでどうも勇気が出ず、
もっていった鈴をかばんから出せずに、鈴虫のように曲に参加できなかったことが心残りです…
2010年はもう少し勇気をだせたらいいのになと思いました。

今日は自宅でツイッターの実況と映像に釘付けでした。
うちからはほとんど障害なく観られました。会場と同じ空間を少しでも共有できて嬉しかったです。
実況してくださったお二方と山田さんに感謝です!ありがとうございました!!
暖かくなる春までもう少し待っています!
Posted by kaeru at 2010年01月24日 03:28
22日に参加しました。
初めての山田さんのライブでしたが、
これまでにない距離感でのライブに
暖かい気持ちになった気がします。
個人的にはここで書いたリクエストを
演奏してもらい感激しました。
特別な時間をありがとうございました。
Posted by noname at 2010年01月24日 22:05
22日行きました!
私にとって最初で最後のmarbletronでのライブでしたが、
心に残る素敵な想い出になりました。

遅ればせながら「pilgrim」も購入し、サインも頂けてうれしかったです。
ありがとうございました♪
エンドレスリピートで聴きまくってます!
次のアルバムが楽しみですー。
Posted by micicco at 2010年01月24日 22:22
さよならよりもありがとうを
久しぶりの高円寺の夜道では適度に道に迷い、見覚えのある道に辿り着く。目印は遠くの方で見えているオレンジ色のやさしい光。重いドアを開け会場に入る。もうここには来ることもないんだろうな、と思いながら精算を済ませジンジャーエールの辛口を持ち席に着く。
左のポチを眺めながら思う、止めることも巻き戻すことも出来ない今日を瞼の裏に焼き付けておこう、沢山の笑顔が今日と言うこの空間に溢れればいい、と思っていると演奏が始まり会場は沢山の笑顔に包まれた空間になっていた。今度はそちらに釘付けに。誰かは小さくなったり、椅子の上にいたり、胸に手を当て首を傾げたり、先生と並んでいたりしていた。その時間全てにあったかな笑顔が確かに溢れていた。
さよならよりもありがとうを。
鈴をあんなに一生懸命に鳴らしたのは始めてでした。
あったかな時間。
ありがとうございました。
誰かにしか、創れないもう1枚がある、と思った日でもありました。
春が6月でもいいですよ。
待っているんで。
納得ゆく物を。

Posted by ぐり at 2010年01月25日 03:05