2010年05月05日

山田稔明『home sweet home』

hsh_C1“旅路”の果てにGOMES THE HITMAN山田稔明が
辿りついた“家路” 、2ndソロアルバム完成!


山田稔明『home sweet home』
(GTHC-0002/\3,150 tax in)
2010.5.19 ON SALE


1.harvest moon
2.歓びの歌
3.home sweet home
4.クレールとノアール
5.milk moon canyon
6.glenville
7.hanalee
8.星降る街
9.sweet home comfort
10.距離を越えてゆく言葉

all songs written by Toshiaki Yamada
produced by Toshiaki Yamada
co-produced by Masao Tezuka & Yamachi

manufactured by GOMES THE HITMAN.COM


本CDはライブ会場とオフィシャルサイト通販にて販売します
オフィシャルサイト通販ページ→STORE
ライブスケジュールはこちら→LIVEページ


いち早くCD『home sweet home』を手にした皆さん、
ぜひ感想をひとことふたこと残していってください。フィードバックを!




“家路”をテーマに綴る10話の短編小説
【各曲解説 by 山田稔明】


1. harvest moon・・・虫の声に誘われてオープングを飾るのは豊穣な月を愛でる歌。
全国各地を旅した先で採集した200余名のコーラスも優しく混じり合います。


2. 歓びの歌・・・「大丈夫」というつぶやきは誰かを安心させるだけでなく自分自身を
鼓舞したりなだめたりする。怒りや悲しみではなく穏やかで優しい気持ちを歌う意思表明の歌です。


3. home sweet home・・・暗闇に目が慣れて次第に浮かび上がる山の稜線とほのかに揺れる
窓の灯に向かって家路を辿る主人公が見た風景。このアルバムの発端になった“はじまりの歌”。


4. クレールとノアール・・・旅の途中で見た夢の話。つじつまの合わないストーリーと
交錯する時間軸に翻弄されつつも、夢から覚めないでいたいと願う旅人の歌です。


5. milk moon canyon・・・「I Love You」の気持ちと同様に英語でしか表し得ない風景描写が
あるということに気付き珍しく英語で歌詞を書きました。僕の心にある辺境を辿る歌。


6. glenville・・・街から街へと続いてゆく僕らの暮らし。「glenville」は僕が名付けた架空の町の名前。
調べてみると世界中にたくさん存在する、とても普遍的な町でした。


7. hanalee・・・PP&Mが“魔法の竜が住む島”と歌ったハナリーという架空の地名を冠した歌。
僕らは純粋無垢だった頃の自分に会いたくて何度も立ち止まって振り返るのです。


8. 星降る街・・・東京郊外の空も冬になって時間をかけて空を仰ぐとたくさんの星が見えます。
遠く離れた誰かの空もきっと同じ。21世紀になっても歌う星に願いをかける歌。


9. sweet home comfort・・・「Southern Comfort(=米国南部の人々のもてなしや思いやり)」という
言葉に対して自分にとっての居心地の良さを思って書いた曲です。「ただいま」と「おかえり」
「また明日」の愛すべき繰り返し。


10. 距離を越えてゆく言葉・・・沈んでゆく夕陽と伸びてゆく影、熱を冷ます夜の闇とやがて来る
朝の光を思う一日の終わりの歌。まるで人生は果てのない言葉探しの旅のようです。


hsh_logo
Posted by monolog at 09:26│Comments(13)TrackBack(1)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/51713699
この記事へのトラックバック
『home sweet home』の感想を、1曲ずつ。
“家路”をテーマに綴る10話の短編小説【ハリネズミの夜】at 2010年05月05日 11:30
この記事へのコメント
曲のほとんどが、ライブでのアコースティックな形で耳に残っているので、アレンジが加わると別の曲を聞いているような感覚に陥りました。だからこそ、また、ライブで聞くのが楽しみになりました♪
Posted by ひだり at 2010年05月05日 09:42
至高の名盤です。友達に勧める用に2枚買って正解でした。
作業を終え、伸び伸びとしたymdさんの表情も印象的でした。さらに楽しく素敵になるライブ、また行って一緒に歌いたいです。
Posted by ネリ・マクミン at 2010年05月05日 10:35
わあああああああ!!!!
素晴らしいジャケットアートワーク!中身も楽しみな通販組です!
Posted by めめ at 2010年05月05日 11:10
前作に比べるとライブでの演奏に似た雰囲気が多いでしょうか

いつもながら全部いい曲なんですけど(笑)「クレールとノアール「milk moon canyon」などあまり聴いたことない曲も素晴らしくて大満足です
Posted by ymn at 2010年05月05日 12:05
高校時代に通いつめたライブで何度も聞いた曲たちのアルバム。
10年後には「青春の一枚」と言っているアルバムだと思います。
Posted by なおと at 2010年05月05日 12:38
pilgrimと共に本当に素敵なCDでとっても嬉しいです。
これ以上ないくらい、日々の生活に溶け込んでくれる音楽に
ありがとうと、よろしくお願いしますという気持ちです(笑

聴きこんでから、またライブで聴くのも楽しみにしてます♪
Posted by ユウカ at 2010年05月05日 22:45
CDを手にして以来、毎日聴いてます。

歌詞カードがあるから、sweet home comfortの早いところの歌詞だってわかるのが嬉しい!

今日は、こんな〜暑い夜は〜♪と替え歌まじりで歌ってみました。
Posted by yumituin at 2010年05月05日 23:51
ほっこり温かな気持ちにさせてくれる曲たちばかりです。
山田さんが大切に育んできた曲たちを、これからもずっとずっと大切にしていきます!!
ゆっくり長〜いお付き合いをよろしくおねがいします☆
Posted by ふみ at 2010年05月06日 00:09
山田さんの音楽は言葉もメロディーも美しいところが大好きです。
暗闇に光る星も、柔らかい日差しも、竜さえも(!)
まぶたに情景が浮かんできます。
温かくて優しい歌声は
日々の暮らしでちょっと前向きになれる魔法のようです。
これからも付いていきます!
Posted by kaeru at 2010年05月06日 01:58
『home sweet home』は今までのCDとは全然違う特別感があります。
長い年月、ライブで聴いてきた曲は、その時々の自分の出来事なんかと合わさって思い出されたり、一緒に時間を過ごして来た音楽がようやくかたちとなってこの世に生み出されたんだと思うと、かけがえのないもののように思えます。
それでも、新しく産まれて来た曲たちは、自分の生活に不可欠な強力な安定剤のようになってくれそうで、きっと手放せない「わたしの人生の1枚」になることでしょう!
すみません、大袈裟で。
Posted by シャーロックヘムロック at 2010年05月06日 13:29
松山千春の「大空と大地の中で」のエピソードを思い出しましたが、
昨秋、父親が大病に侵され、入院を直前に急変し、
一時は「手術は無理です」「年内持つかどうか」とまで言われ、
我が家の窓から漏れる灯りが薄暗くなっていました。

けれど、症例が少ない病気で手探り状態ながら
色んな科の先生たちで懸命に治療をし、
最終的には7時間にも及ぶ手術で肺と筋肉と骨の一部を切除し、
最近は自宅療養の日々を送ってましたが今日から仕事復帰しました。

そんな「普段の我が家」に戻った光景を見たら頭の中で
「home sweet home」が流れました。

治療方針が決まったこと、手術の成功、退院etc・・・
この半年は家族の大切さをつくづく感じる日々でしたけど
「家路」は「家路」で別物として楽しんでいましたけど
今日、ふとしたことからリンクしてからは
これまでの作品以上に大切な1枚になりそうです!

一歩間違えれば「辛くて聴けない1枚」だったかもしれません。
しかし、比較出来るものではないけど製作の辛さと父を想う辛さ。
それが共に「歓び」になり、我が家の窓から漏れる灯りがパッと華やぎました☆

素敵な作品を本当にありがとうございます…
Posted by ドラ at 2010年05月06日 23:17
どうもっす!(ρ゜∩゜)/まだあんまり聴けてないので簡単に印象を……。

前作よりも遥かに『開かれた印象』を持ちましたッ!。それが意外でした。

ライブで聴いていた時よりも軽快で柔らかな完成型に仕上がった楽曲が多いのも意外でした。

そう!ボクにとっては全体的に『意外』なアルバムです。前作と比べて(予想していたのと違い)どこか軽やかで、ライブの時より陽気な仕上がりになっている印象。つまり『開かれた印象』を強く持ちます(゜u゜)

そして『開かれた』っていうのが『前作と対になる作品としての重要なポイント』だったように感じますなッ!(ρ゜∩゜)/。

とりあえず今はそんな感想ですな〜ぁ!σ(^&^;)。。。
Posted by ドラム猫 at 2010年05月07日 21:21
いやー、本当に素敵アルバムです。
朝と夜に電車の中で聴いて、どんよりとした気持ちをリセットしています。
素晴らしい音楽をありがとうございます!

ライブも楽しみにしていますー。
Posted by けう at 2010年05月10日 17:56