2010年09月03日

猫の気持ちを考えると

neko記録的に暑い夏でやっぱり猫は毛むくじゃらだから暑いのだろうな、自分が猫であることを忘れたような格好で白目を向いて船を漕いでいることが多い。(写真は本を枕に寝ているところ声をかけられてハッとした顔のポチ)

おい生きとるね?と声をかけると口だけ「にゃあ」と鳴いて声はしない。でもクーラーの風は嫌いらしいから僕の目につかないところでカタカナの「ヒ」のかたちで寝ている。

毎年思うことは「この毛をバリカンで刈ってあげたい」ということだ。猫がしゃべれたらこの暑さを何と言うだろう。「毛、カットしてもらっても結構よ」と言うだろう、きっと。

夜、小林建樹くんと谷口崇さんとエガワヒロシさんと高円寺で飲む。先月のイベントで再会したり初めて会ったりした繋がりをあらためて結びなおした、という感じの楽しいおしゃべりの会でした。同世代がシンガーソングライター/作家として切磋琢磨する姿はとても刺激的だ。それぞれの持論や手持ちのカードを見せ合った夜でした。

高円寺の筑前屋というお店、久々にたくさんビールを飲んだのだけど(みんなも底なしに飲んでたな)料理も美味しくてとてもリーズナブルでまた行こうと思いました。こんなふうに9月になっても夏は続くのでした。

Posted by monolog at 10:49│Comments(2)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
白目を向いて船を漕いでいるぽちちゃん・・・・。
たまらんです。にんげん・・・・。
Posted by 川本 at 2010年09月03日 13:28
今日は嵐を聴いていました。青空ペダル、いいなぁ。やっぱり嵐はいい、カッコイイ。
Posted by ぐり at 2010年09月07日 00:08