2012年02月09日

女子力と目線




断続的にずっと仕事で歌詞を書いている。正確に言うと書いては直し書いては直しして、まだその途中だ。歌詞を書くときは(僕の場合)ラジオや音楽を聴きながらできないので正直つらい時間である。こういう制作途中の仕事の話はあんまり積極的には書かないのだけど毎日ブログを書こうと思うとそれに触れるしかないくらいそれしかやってないのだな。

女性目線の歌詞。これまで書かせてもらったマクロスFや来月出る中島愛さんのもそうだが(真綾さんの「セツナ」は彼女のなかの少年性/中性的な部分と呼応したか)、女性シンガーが歌う歌詞を書くとき自分のなかの女子力を総動員することになる。「女々しい」という言葉が男のためにあるようにどんなマッチョイズムな漢にも女性的な感性がある、と僕は信じて疑わない。しかしなかなかいつも骨の折れる、言葉の性転換。いい言葉を書き連ねたい。

ほんの数十分の逃避行で街へ出て、レコード屋でBen Kweller(ベン・クウェラー)の新譜を見つけた。心がぱっと晴れるようなロックンロールレコードだった。メロディメーカーとしての世界3大ベンの一人(もうふたりはベン・フォールズとベン・リーね)。数年前にクアトロで観た弾き語りのライブは素晴らしかったがもうすぐ来日する。なんの気兼ねもなくロックキッズよろしく出かけていけるように作業を追い込みたいところである。

今日はこれからK-MIX「ようこそ!夢街名曲堂へ」にゲスト出演させてもらうための収録。ウィンターソング特集、2月後半オンエアです。その行き帰りも歌詞を考える時間になるだろう、女子の気分で。ラジオを聴いたり音楽を聴いたりしながらできないかわりに街歩きをしながらでも試行錯誤できるというところがまた作詞作業のタフなところである。

Posted by monolog at 10:55│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL