2012年02月18日

続・3月の北国へ




ファンの方から前売りチケットをいただいた映画「しあわせのパン」を観てきた。原田知世さんと大泉洋氏による北海道洞爺湖にあるパン屋をモデルにしたお話。一番夜遅い時間の上映、仕事帰りのスーツの中年男性が多かったのが印象的。知世さんが青春だった?心をほだされたいと欲してのことでしょうか。

昨年dans la natureのなっちゃんと本の出版ツアーを計画していて、北海道での演奏場所として候補にあがったのが洞爺湖にあるラムヤートという宿泊もできるパン屋だった。諸々の理由でそこでのイベントは見送りになったのだけど、そのときから「しあわせのパン」映画化の話を聞いていたからとても興味があったのだ。銀幕の中の風景を見ながら今年は洞爺湖に行けたらいいなと思った。

バイクを押す2人に余貴美子が頭上から声をかけるときの建物がそのラムヤートだそうだ。なっちゃんを介して知り合ったシエスタラボの名前やレストランのや絡みで知るミュージシャンの方の名前がエンドロールに散見されて、とても北海道的な映画なのだなと改めて思いました。

見終わって高校時代から原田知世ファンクラブに入っている九州の友人(ルパンのED曲のときに「知世さんに変な言葉歌わせたらタダじゃおかない」と僕にすごんだ彼だ)に「しあわせのパン観た?どがんやった?」とメール。すぐ返事が来て「劇団ひまわりの舞台みたいでほんわかしたばい。もう一度見にいこうと思っています」と。

去年書いた「やまびこの詩」の歌詞ではないが、(劇中の老夫婦のように)死ぬまでの数日をあんな場所で過ごせたら幸せだろう。美味しそうなパンとコーヒーとかぼちゃのポタージュ。ご飯を食べてから行ってよかった。静かなシーンでは誰かのおなかが鳴る音が聞こてきそうだった。外に出ると東京は雪。3月、札幌に汚れのないきれいな白い雪が残っていますように。

Posted by monolog at 10:58│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL