2012年02月21日

新宿は夜の8時




庭の木に嘴の黄色いヒヨドリが来るようになった。こいつらがガッツがあってキーキーとかしましい。メジロやシジュウカラが近寄れないくらいのヴァイヴスを出して困る。鳥社会もいろいろ大変だなあと窓の外を眺めながら思う一日の始まり。さきほどいよいよ鳩も初登場した。

昨日のこと。旧知のプロデューサー(というか友だちか)と久しぶりにゆっくりお酒を。「どん底」というお店に連れていってもらった。お店の名前はロシアのゴーリキーの戯曲からに由来する。1951年創業というからその年季の入り方はすごい。お酒もご飯も美味しくあっという間の数時間でした。また行きたい。

夜の遅い時間の待ち合わせだったのだけど、こういうときに待ち合わせ場所を中古レコード屋にするのはいい。新宿の雑居ビルのフロア、みんな無口にパタパタと宝物を探す大人たちがたくさんいて、形のある音楽は絶対なくならないな!というような気分になる。僕も少年のような気分になってザ・レインコーツのセカンドを掘り当ててレジへと向かったのでした。

Posted by monolog at 09:23│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL