2012年06月11日

日曜日のライオン




僕は2007年に発表された佐野元春の『COYOTE』というアルバムが大好きで今でもずっと聴いているのだけど(特にドライブ中に聴くととてもいい)そのアルバムがきっかけで上昇したモトハル熱にかられて観にいった2008年のコンサートはHOBO KING BANDとの演奏で、(もちろんコンサートはとても良かったのだけど)僕が聴きたいと思っていた『COYOTE』のサウンドではなかった。

昨日、ついに「佐野元春& THE COYOTE BAND 2012年初夏のツアー」を観にいった。お台場のダイバーシティに新しくできたZEPPへ(てっきりZEPP東京の名前がZEPPダイバーシティに変わったものだと思い込みあやうく聖なんとか学園生徒総会の会場に入りそうになったりしつつ)。個人的にはGTHに不可欠な盟友であるPLECTRUMアッキーが2人目のギタリストとして参加してツインリードとなるサウンドが楽しみでならなかった。

果たして照明は暗転。バンドの面々が登場しアッキーが打ち鳴らすギターからステージが始まりました。オープニングのインストゥルメンタルが終了するや佐野元春登場。バックライトを浴びてライオンみたいでめちゃめちゃカッコいい…。ザクザクと刻まれるリズムは『COYOTE』の世界観をさらに大きくし、差し込まれるクラシックな楽曲も「懐かしい」という印象は皆無で2012年に鳴らされるべき音で鳴らされていました。ノスタルジーではなく“今”の音像。

現在レコーディング中だという作品からの新曲を2曲。それがとても良かったことも嬉しかった。「街には音楽がこんなにあふれているのに誰も君のブルースを歌ってくれない」という趣旨の歌詞が自分にとってこの日のパンチラインに。ぼんやりするときに僕がいつも考えてしまう「もう世界には音楽は足りているんではないか/それなのになぜわれわれは新しい歌を書き続けるのか」という問いを解決するヒントがそこにあるような気がしました。

これまで何度も聴いた歌に違う照明が当てられているような気がして、このタイミングで「今までの君は間違いじゃない」とか「夢のひとつひとつを消していくのはつらいけど若すぎてなんだか解らなかったことがリアルに感じてしまうこの頃」という言葉がいちいち胸に刺さってきて、感極まるような瞬間がいくつもあった。

COYOTE BANDの演奏はとてもソリッドでうるさくて、カッコいい。こんな男気とそれぞれの個性あふれるバンドを背負えるのはシルバーのたてがみを揺らすしなやかなライオンのような佐野元春くらいなものではないか。途中オペラグラスで感慨深くアッキーに見とれてしまう時間があったがそこにすっと佐野さんがフレームインしてきてアッキーと向きあってギターをかき鳴らすシーンには本当に痺れた。

終演後に佐野元春さんその人にお会いして初めてお話することができた。新曲が本当によくてと空んじた歌詞のことを伝えると「君はその一節を心にとめて持って帰るんだね」とニコリと。ナイアガラトライアングル同胞である杉真理さんにプロデュースなどでずっとお世話になっていることなどを話すと「彼、僕について変なこと言ってない?」と和やかな談笑ができて、ぶるぶると心が震えた。握手して佐野さんからいただいた言葉「またどこかで合流しましょう」は今年の僕の口癖になることだろう。

Posted by monolog at 10:37│Comments(3)TrackBack(1)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/51958095
この記事へのトラックバック
『虹をつかむ人』 ライブでお披露目され、月日を経て育まれた曲。 初めて聴いたときにアウトロが『月夜を往け』を思い起こさせるなぁ、と思っていたら、これまたライナーノーツに「『サムデイ』『月夜を往け』に続くフィル・スペクター・リスペクト」とあって、再び飛
佐野元春&THE COYOTE BAND[Zooey]虹をつかむ人【暖炉に火をくべて】at 2013年03月19日 00:22
この記事へのコメント
こんにちは!

高桑くんと深沼くんもZepp Tokyoに行きそうになったらしいけど、山田くんは行っちゃったんですね(^^;)

昨日、ル―ちゃんとランチしてまして、ふたりで「山田くんのブログ見た?」「元春と会えたんだね〜うらやましい!」と話してました。
私もライブの日記を書いていますが、山田くんのがとても素敵な内容なので、みんなにも紹介したいです。リンクを貼らせていただきますね。

山田くんの歌の中にも、私の心にとまる歌詞やメロディ、たくさんあります。
山田くんがこの日感じたように、私も山田くんの歌を聴いて、思い悩んでいたことの答えのヒントをもらったこともあります。

まだまだです。
これからもたくさん、音楽を届けてくださいね。
Posted by りーな at 2012年06月14日 06:52
迷いもせずZEPP東京行ってしまいました!
りーなさんのライブ日記楽しみにしてます。
Posted by ymd at 2012年06月14日 10:53
こんにちは。
山田さんと佐野さんの邂逅!
とても嬉しい日記でした。

実は今月末、久しぶりのコヨーテバンドを観て、その後ほどなく一年ぶり(になってしまった)山田氏ソロを観に行く予定なんです!

僕も近年の佐野さんのパフォーマンスがまた大好きで。山田さんの歌詞とも共通してるんですが、メロディーにのった言葉がとてもタフというか、いつだってやさしく強く響いてくるのです。

ザ・コヨーテ・バンドは元々大好きなミュージシャンばかりで、しかもまさかのアッキー(←親しみを込めて)加入なんてことになり、その勇姿を見れるのを心待ちにしてたところ…

嬉しいつながりに、ふたつのライブかま、ますます楽しみになりました!
Posted by fran at 2012年06月16日 07:02