2012年07月16日

笑顔の未来、笑顔の行方



昨日のこと。朝から赤坂のスタジオへ。ここ数カ月、作業的には6月を通して取り掛かっていた映画音楽の仕事の仕上げ。スケジュールの都合等いろいろな要因でこの日まで一秒も一瞬も撮れた映像を観ていなかったので視聴者気分でゲラゲラ笑いながら夕方まで。走者一掃のホームランの陰にたくさんの犠牲バントがあるのだ。過酷な現場の制作スタッフ陣の苦労を聞いていたので、バカバカしいシーンなども愛しい気分で観ている自分に気づく。いつも自分のことばかり自分の好きなことだけ自分の好きなペースでやっているから、依頼された仕事にいい返答を返せたときは達成感というか、誇らしい気分になる。いい音楽を添えられた。詳細は追って。

夕方から、これもまたその場に音を添えるために等々力 巣巣へ。馬場わかなさんの写真展「笑顔の未来」のオープニング。これは春に吉祥寺base cafeで開催されたものがいろんな縁で巣巣にて巡回。その被写体にもなった福島あんざい果樹園/札幌たべるとくらしの研究所の安斎伸也さんとエッセイストの中川ちえさんを招いたトークイベント。「もし可能であれば何曲か歌を」と依頼されたものだがその繋がりの場で僕が歌を歌わない理由がない。とても穏やかでゆるやかな、しかし静かな力強さを感じる様々な話が聞けました。僕はCDになっていない曲を3曲と、ちえさん伸也さんと少しトークして、最後にこないだ亡くなってしまったあんざい果樹園の優秀な番犬りんごちゃんに捧げる「hanalee」を歌いました。

巣巣では「笑顔の未来」と題していろいろイベント盛りだくさん、ぜひ足を運んでみてください。詳細はこちら




Posted by monolog at 09:39│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/51965359