2013年06月01日

『新しい青の時代』情報再掲

ymd_blue_jacket_s 山田稔明/新しい青の時代(GTHC-0004)
 2013.7.7 ON SALE/¥3,000(tax in)

 1.どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと
 2.一角獣と新しいホライズン
 3.光と水の新しい関係
 4.予感
 5.平凡な毎日の暮らし
 6.月あかりのナイトスイミング
 7.やまびこの詩
 8.光の葡萄
 9.日向の猫
 10.ハミングバード
 11.あさってくらいの未来(blue remix / bonus track)


 all songs written and
 produced by Toshiaki Yamada

 manufactured by GOMES THE HITMAN.COM




何度も言いますが、山田稔明3年ぶり3枚目のソロアルバムが完成しました。タイトルは『新しい青の時代』といいます。ここ数年の楽曲10曲に昨年配信リリースしたシングルを加えた全11曲。本格的ソロ活動以降『pilgrim』『home sweet home』とライブ会場/サイト通販限定でCDを販売してきましたが、今回のCDは全国リリースとなり皆さんも街のレコードショップや各ウェブストアでもご購入できるようになります。山田稔明『新しい青の時代』全国発売日は7月7日の七夕の日です。6月2日のライブ会場から先行発売開始、オフィシャルサイト通販STOREではプレオーダーを受け付けています。

GTH STORE_bunner

“夜の科学”でのバンドメンバーとしてもお馴染みのイトケンさん、安宅浩司くん、五十嵐祐輔くん、海老沼崇史くんをはじめ、イノトモちゃん(cho)、HICKSVILLE中森泰弘さん(EG)、tico moon吉野友加さん(アイリッシュ・ハープ)、札幌セッションでお世話になったキッコリーズの鈴木裕さん(ヴァイオリン)、上野洋くん(フルート)、さらには石川具幸さん(ベース)、杉野寿之さん(ドラム)、佐々木真里さん(キーボード、アレンジ)と皆さんが手練の技を惜しみなく注いでくれた。前2作で共同プロデューサー、エンジニアとして力強いサポートをいただいたYamachi氏、手塚雅夫氏(freewheel)と引き続き堅固な制作チームを結成、ついにこの、様々なグラデーションの“青”が舞う風通しのいいレコードが完成しました。

昨年リリースした『Christmas Songs - standards and transfers』に引き続きイラストレーター福田利之さんにアートワークを依頼しました。「ジャケットには山田稔明とポチの絵を」というシンプルなリクエストに福田さんは僕の内面を透視したような、深遠で多面的な物語性を付け加えてくださった。オリジナル・アルバムのアートワークの一切をおまかせするというのはこれまでに経験のないことだったので、とても楽しみで、それと同時に不安でもあり、しかし描き上がった絵を受け取る瞬間の刹那の胸の高鳴りは想像以上で、心から感動したのです。僕の新しい季節の名刺代わりの絵になります。

どうぞ皆さま新しいレコードをよろしくお願いします。

Posted by monolog at 13:38│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL