2014年06月27日

昨日とおととい



昨日と一昨日のこと。朝、猫がベッドにどさっと乗ってきてしつこく僕を起こすことをしないのがさびしく悲しい。水曜日、広尾まで出かけて2ヶ月ぶりに髪を切る。ポチのことを伝えるのはなかなかこたえる。それだけ自分が猫の話ばっかりしていたのかもな。1週間経った今でも不意にぶわっと涙が湧いてくるので前髪を長くして目元を隠す作戦で。先日の武蔵小山アゲインでのライブでも僕はサインの隣にポチの絵を描いたが(名前と日付と猫の絵を描いた「ハミングバード」)、ポチがいなくなって最初に描いたのは高野寛さんに渡すために準備したCDRの盤面だった。夜の海を走って月を見た猫。とても可愛く描けたので写真に残していたのだけど高野さんもインスタグラムにあげてくれて嬉しかった。

昨日はミルブックス藤原さんが来てくれて銀座の高知名産ショップでポチが好きだったカツオのいろいろを「こないだは間違ってマグロを買ってきてごめんなさい」という手紙をつけて持ってきてくれた。そのミルブックスから来月発売になる木下綾乃さんの絵本「ねこをもらったよ」に推薦文のようなものを書かせてもらった。この本を読んで感動して思わず寝ていたポチのおなかに顔を埋めに走った(嫌がられた)のはつい最近のことだ。そして終日旅のしたくとリハーサル。『weekend』の楽曲はリズミカルで早口で息継ぐヒマもないので歌うのに体力がいる。文字通り若さが織り成したアルバムだったのだなあと改めて思う。

京都と加古川で皆さんにお会いできることを楽しみにしています。サインと猫の絵も描きますので。

Posted by monolog at 08:02│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
髪型の秘密はバラしちゃだめぢゃん(笑)

ポチちゃんは、いつの間にかファンにとっても特別な猫になっていて。

私は、もちろん、ポチちゃんには直接会ったことないのに、山田くんがポチちゃんの話をしたり書いたりしていたり、写真を見たりすると、なぜか実際に抱っこしたことがあるような感覚になるんですよね・・・山田くんが撮った写真のおかげかな。胸にじんわりと沁みてくるんです、山田くんがポチちゃんを想う気持ちが。

私も経験がありますが、辛い経験は人に話すのにエネルギーが必要。
でも、話すことは、自分の中でその事実を受容する助けになると思います。

山田くんは、ポチちゃんの事を話す場や相手がたくさん。
それだけ、山田くんもポチちゃんも愛されているということですね。

今までも、猫の話をたくさんたくさん聴いたり読んだりしてきたけど、これからも、たくさんたくさん、話したり書いたりしてくださいね。

私を含め、みんなきっと、分かち合いたいと思っていますよ。
Posted by りーな at 2014年06月27日 09:34