2014年10月25日

秋の猫騒動 サード・シーズン(6)



ポチ実がうちの猫になって45日目(まだたったの45日なのか…)、ますます可愛く、そして少しずつ大きくなっていく。「ポチ実」という名前を呼ぶときに僕はだいたい「ポチ実ちゃーん」と、日本エレキテル連合の細貝さんが朱美ちゃんの名前を呼ぶときのイントネーションで呼ぶことが多いのだが(「いいじゃないのー」「ダメよ…」というのもあわせて)最近は「ポ」を省略して「チミ」と呼んでいることに気付く。名前というのは面白いものだ。時間とともに多様性を持つ。レコードを角をガリガリ噛んでいるのを見つけては「何をしてるんだチミは!」「なんだチミは!」となるのである。

昨日は病院から処方されていた耳ダニ駆虫のクスリを。耳が痒そうにするのがほとんどなくなった。ポチ実の耳はとても大きく、綿棒で掃除するととても気持ちよさそうに後ろ足を掻く(ポチと一緒だ)。外にもまったく出さない完全室内飼いなので爪もとてもきれいで身体の若さを感じる。ここ数週間のポチ実を観察していて思ったことがあって、まだポチ実は“寝る”ということがあまり理解できてないのではないか。夕方から猛烈に遊びまわって、やがて夜になるとうつらうつらするのだけど、「ハッ!」と目が開いて「なに?いまのふしぎなかんじ!」という神妙な顔になるのだ。遊びたいのに眠くなって気を失ってREM睡眠から覚めてまたニャーニャー鳴いて遊びをねだる、という繰り返し。その白目をむいた姿も猛烈に可愛いのだけど。

この週末の新潟への旅でポチ実は初めての留守番を経験する(猫シッターさんに頼めないほど来客に怯えるポチ実。それでも予定を一泊少なくして最短時間の留守にしたのだよ)。お利口にしてくれるか部屋をシッチャカメッチャカにするか。ドキドキする…。ポチ実は置いていくけどポチは連れていきます。ぜひ写真に声をかけてあげてください。今日でポチが天国へ旅立ってから128日。初夏は真夏を越えて秋のクライマックスを迎えています。新潟の知り合いが「まだ紅葉が残っているからお楽しみに!」とメールをくれた。ポチとポチ実の三毛の模様のような、燃える赤、深い黄色、柔らかい茶色を目に焼き付けたいと思います。

関東の皆さんはぜひ鎌倉の「ひなたのねこ」展へ。




ひなたのねこ展 @ 鎌倉 moln

■会場:moln  
鎌倉市御成町13-32 2F 
0467-38-6336 11:00-18:00  月火 休
http://cloud-moln.petit.cc/

■会期:2014年10月22日(水)〜 11月9日(日)

■参加予定(50音順)
アアルトコーヒー、秋山奈穂、雨と太陽、五十嵐祐輔、イシカワアユミ、
石坂しづか、イナキヨシコ、eccomin、落合恵、甲斐みのり、キクタヒロコ、
桑原奈津子、こじまさとみ、sorasido、CHAJIN、tegamiya、中村祐介、
NICO、nuri candle、ヒサマツエツコ、はしもとみお、服部あさ美、
日置由香、hiki、福田利之、保立葉菜、松尾ミユキ、mm、やまぐちめぐみ、
山田タクヒロ、山田稔明、lull





Posted by monolog at 09:19│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52096136