2014年12月13日

年末キラキラ恵比寿/言葉の海、波よせて



昨日のこと、夕方までずっと録音編集作業。延々ファイルの書き出し。なんとか年内には納めたい仕事。
中村佑介くんの新しい作品集が届いてパラパラと眺めるがこれはとても豪華な一冊。僕の似顔絵が載っているのも嬉しい。前作に続きコメントを寄稿させてもらっています。イラストレーター木下綾乃さんのDMも到着。来年の綾乃さんの原画展でトークとミニライブをします。絵描きと音楽家は結構似ている、と思う。来年のこともどんどん決まってきて、もう鬼も笑わない。

夕方から出かけて恵比寿へ。Small Circle of Friendsや高橋徹也さん、sugarbeansくんなどが出演する「Holiday2014」、楽しませていただいた。スモサを聴くと2度目の青春の頃を思い出す。「波よせて」のリズム隊だけの無骨なアレンジが素晴らしかった。鹿島さんのベースはとても心地が良い。今日久しぶりにレコード棚からスモサを引っ張りだしてみようと思う。会うたびにさつきさんと九州の話をするのが楽しい。クアトロで2000年代はじめに行われた「Holiday」で出待ちをしてスモサ東さんにポエトリーリーディングしてもらった曲が『mono』のなかの「言葉の海に声を沈めて」だ。

高橋徹也さんはこの日も素晴らしい演奏。声の調子や瞬発力、ダイナミクスなどを鑑みても彼自身のキャリアハイの季節なのではないだろうかと思う。親しいミュージシャンから絶えず刺激を受けることができるというのはとても幸せなこと。sugarくんも相変わらずの胡散臭い風貌でビシビシ攻めていた。僕自身も再起動して12月を折り返したい。まずは来週の鎌倉ディモンシュから。中森さんとは明日作戦会議。



Posted by monolog at 10:46│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52101801