2015年04月21日

今日はコブルストーン記念日|春のスケッチ




今日もまた子供たちが 好き勝手な色を塗りつける
遠くのものが大きくて 難しいものは切り捨てて



今から15年前の今日、4月21日にGOMES THE HITMANのセカンド・アルバム『cobblestone』がリリースされたから今日はコブルストーン記念日。プロデューサーに杉真理さん、斎藤誠さんを迎えて1999年から2000年初頭にかけて制作されたレコード。斎藤誠さんはこの後日本のサザンオールスターズの一翼を担うようになり、杉さんは皆さんご存知のように大瀧詠一DNAの正統継承者。そのふたりとバンドで作ったアルバムが時の流れに風化していくわけがないのだな。26歳の山田稔明が綴った歌詞も誇らしい。ここに収められたのは理想も現実も飲み込んだ、「僕」や「君」、「彼」や「彼女」の暮らしを丁寧にスケッチした風景描写だったように思う。

この『cobblestone』を核として、1999年「new atlas ep」、そして「maybe someday ep」という3枚のアルバムで《まちづくり》という標題をかかげて1年を費やしたコンセプトワーク。この15周年を記念してこの三部作をすべて演奏するGOMES THE HITMANのライブが今週末25日に迫ってきました。前売りチケットは完売、現在当日窓口精算のチケット取り置きをオフィシャルサイトRESERVEフォームにて受付中です。整理番号をお持ちのお客様についで最後の入場となり、立ち見になることが予想されますが、きっとこんなことはこの日限りだろうな、というのが正直な気持ちなのでぜひこの機会をお見逃しなく、春の吉祥寺にお越しください。

ライブ当日、会場物販コーナーでは作家/ライター清水浩司氏が「15年後のコブルストーン」を加筆して山田稔明があとがきを書いた小説「コブルストーン」(初回限定盤に封入された小説の復刻版)が発売されます。皆さんが慣れ親しんでいる文庫本サイズで「コブルストーン」をポケットに!メンバーそれぞれのソロCD作品、GTH15th Tシャツも販売します。僕は今年最初のジンMONOLOGを間に合わせようと思っていて、そのなかには個人的「まちづくり三部作」回顧録をしたためています。とにかく、過去と現在と未来を行き来するような夜にしたいと思いますのでご来場いただく皆さんも楽しみにしていてください。さて、何時間かかるのでしょうか。わくわくします。


2015年4月25日(土)@ 吉祥寺 スターパインズカフェ
GOMES THE HITMAN .COM presents
“reconstruction of cobblestoneー僕たちの都市再生計画”


出演:GOMES THE HITMAN
member:山田稔明[Vo,Gt]、堀越和子[Key]、高橋結子[Per]、須藤俊明[Ba]
guest:橋本哲[Gt]
開場 16:00 / 開演 17:00 / 前売り 4500円(別途1ドリンク)

GOMES THE HITMAN が「new atlas ep」(1999年)『cobblestone』(2000年)
「maybe someday ep」(2000年)と果敢に挑戦した“まちづくり三部作”を15周年
のアニバーサリーに完全再現します。時の流れの中で変わった風景と変わらない
風景のコントラスト。青春の季節ふたたび。2015年の都市再生計画です。

当日精算のチケット取り置きを若干枚数受付中です!

吉祥寺 スターパインズカフェ(http://www.mandala.gr.jp/spc.html
〒180-0004武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
TEL:0422-23-2251







Posted by monolog at 10:45│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52116219