2015年09月23日

吉祥寺の「図書館と山田稔明」(2015年9月22日 @ MANDA-LA2)



昨日のこと、ずっとわくわくと楽しみにしていた図書館のレコ発ライブ。『the loved one』を作っている頃にちょうど図書館も『水源郷』を作っていて、近藤研二さんの家にたくさんもらったお米のお裾分けを持っていったときも全員揃って作業中だった(まだモイがいない頃、そのとき初めて宮崎さんに挨拶したんだな)。前日の鎌倉は小旅行という感じだったのがこの日は地元吉祥寺ということで日常生活と音楽が同調する。MANDA-LA2で演奏するのは初めてで楽屋とかステージ周りとか見るものいろいろが新鮮。

図書館はリハーサルから素晴らしい。数日前の合同練習のときは田中さんの歌なしでのセッションだったので、パズルピース全部がかちっと合わさって、澄んだ声で紡がれる歌に聴き入ってしまう。僕らを共演相手に選んでいただいて嬉しいが相応しい歌が歌えるか緊張もする。セッションリハーサルで全員登壇してぎゅうぎゅうのステージの真ん中に立って、きっと今日はいい夜になるなあ、という予感。開場してたくさんのお客さん、ライブの少ない図書館への期待を感じながら、開演。

DSC09902

2015年9月22日 @ 吉祥寺 MANDA-LA2
“図書館と山田稔明”


1.harvest moon(home sweet home)
2.どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと(新しい青の時代)
3.太陽と満月(the loved one)
4.my favorite things(the loved one)w/イトケン
5.予感(新しい青の時代)w/イトケン
6.些細なことのように(the loved one)w/宮崎貴士
7.ブックエンドのテーマ(新曲)
8.small good things(the loved one)
9.ハミングバード(新しい青の時代)

山田稔明 with 安宅浩司、上野洋


僕と安宅くんと上野くんの初めてのトリオ編成。9月を歌う歌2曲のオープニング。「太陽と満月」ではリズムループ、そして「my favorite things」からイトケンさんに手伝ってもらって「予感」は安宅くんクラリネット、上野くんのフルートの2管アレンジ。図書館の宮崎さんにピアノを弾いてもらった「些細なことのように」もとても良かった。突如宮崎さんが語りだした「GIVE&TAKEとLOSE(LOST)」の話も演奏に加味していたと思う。「ブックエンドのテーマ」を初めて合奏、きっともっと良くなる。「ハミングバード」は上野くんのティンホイッスルでアイリッシュな響きが加わって新鮮。終わるのが惜しくなるようなステージでした。

図書館の演奏は芳醇で有機的で「音楽っていいな」としみじみしてしまう。そして最後の2曲のセッションがとにかく素晴らしかった。まず近藤研二さんに編曲してもらった「ポチの子守唄」を図書館と一体化して9人で。この曲を春に録音したとき、イントロでサラサラと鈴や木の実のパーカッションのなかに猫の首輪の鈴を忍ばせたことを思い出した。近藤さんが「あ、」とつぶやき首輪を持ってきて「イトケン、このマルチンの首輪の鈴も鳴らして」と言ったとき僕は泣きそうになったのだ。フルート2本によるハーモニーも加わってこの日の「ポチの子守唄」はより普遍的なラブソングになった気がしました。最後は図書館の「浅草フラッシュ」を全員で。図書館の音楽は、こういう楽しい歌のなかにもフッと切なさや追憶の情のようなものが立ち上がってくるところが魅力だ、と思う。楽しい一日でした。ご来場ありがとうございました。

DSC09910

DSC09911

DSC09913

打ち上げも楽しかった。ハックルたけ兄、高橋徹也さん、久しぶりに会ったゲントウキ田中くんやクノシンジくんなどたくさんの音楽家がいたのは図書館がミュージシャンズ・ミュージシャンである証か。ディレクターの竹内さんにも会えたし、音楽、そしてその仲間って本当に素晴らしいな、と当たり前のことを改めて実感。CDを買ってくださった方もたくさんいて、縁や繋がりがさらに広がっていく感じがして嬉しかったです。長い連休も今日で終わり?そしていよいよ今週末は札幌2デイズ、まだまだ音楽の旅は続くのです。



2015年9月26日(土)@ 札幌 たべるとくらしの研究所
ライブ&トークセッション 広瀬裕子 × 山田稔明
“ネイティブ・インディアンと小沢健二、その言葉”

18:30開場19:00開演/料金 2500円
出演 広瀬裕子、山田稔明

広瀬裕子さんの原画展にあわせてトーク&ライブイベントが決定しました。
広瀬さんと山田稔明、ふたりが影響を受けた、ネイティブ・インディアンと
小沢健二氏の言葉についてお話します。ライブでは、広瀬裕子さんが「光」
をテーマにリクエストした山田稔明楽曲に加え、小沢健二氏のカバーもたく
さん演奏する予定です。鎌倉で好評だったイベントの第二弾です。

★ご予約はメール、電話、たべるとくらしの研究所の店頭にて受付します。
メール millebooks@outlook.jp(ミルブックス)
タイトルに「9/26 予約」、本文に「名前・人数・電話番号」を記載の上送信ください。
数日内に予約確認メールを返送します。
電話 011-522-8235(水ー土、11:00ー17:00)
*オフィシャルサイトRESERVEもご利用ください

たべるとくらしの研究所
〒064-0809 札幌市中央区南9条西11丁目3-12
電話 011-522-8235




2015年9月27日(日)@ 札幌 レストランのや
“夜の科学 in 札幌 - for the loved one”

17:00開場/17:30開演/前売3000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明

2009年以来お世話になっているレストランのやで昨年春以来1年5ヶ月ぶり
9回目のライブが決定しました。軟石造りの空間に響く音はこの会場独特な
もの。『the loved one』はもちろんソロ楽曲GOMES THE HITMANも含めて
たっぷり歌います。快適な9月に新しい季節の歌を乞うご期待!
*本日よりオフィシャルサイトRESERVEとのや店頭にて予約を受け付けます。

札幌 レストランのや
〒060-0032 札幌市中央区北二条東11-23-14
TEL 011-210-5105

Posted by monolog at 11:05│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52133790