2016年05月09日

5月の休み明けには…|山田稔明『pale/みずいろの時代』から新曲を公開



いよいよ5月、新作『pale/みずいろの時代』制作も最終段階になって収録曲目などが決定しました。当初の予定から紆余曲折を経て1990年代前半に書かれた青春期の曲をはじめ今年書いた“新曲”2曲を含んだ全10曲となりそうです。未発表曲集第一弾となった『緑の時代』との一番の違いは殆どの曲が録りおろしの新録音だということで、過去の自分とあれやこれや相談しながら幻のアルバムを作っているような不思議な感覚があります。当時具現化したかったサウンドを徹底的に追求したトラックもあれば、ガラリと姿を変えた歌もあります。『the loved one』に続き今回もエンジニア手塚雅夫さんや鍵盤奏者佐々木真里さんをはじめ、たくさんの仲間からの力強いサポートなしには実現しなかった、充実した内容になっています(『緑の時代』は録音から演奏、マスタリングまですべて一人で行ったのでそのコントラストも明確です)。

まだ寒い春の頃に高野寛さんと話して「今の自分が演奏すれば過去の曲も“新曲”」という言葉を聞いたのは自分にとって大きな導きとなりました。高橋徹也さんの『REST OF THE WORLD』『太平洋』という“幻の作品”たちにも背中を押された。そしてなにより、うら若く青白く、不安で悩める山田稔明が脇目もふらず書き散らした、LIMBO(=天国と地獄の間の辺土)をさまよう歌たちをこの世界に繋ぎとめることができて僕は今とても嬉しいのです。思っていたよりも100倍くらい良い作品になりそうです。自信を持ってこの夏、皆さまにお届けします。この淡青色の作品を完成させたらいよいよ自分にとっての『ホワイト・アルバム』へと着手できそうな気がします。

今年の1月、東京と奈良で開催した「山田稔明 カレンダー展 2011-2016」のために書き下ろした「calendar song」を公開します。カレンダーをプロモーションするためのとびきりポップなCMソングを、と思って書いた“ノベルティ・ソング”です。一曲のなかで春夏秋冬が一回りする曲が僕は大好きで(「ねじを巻く」とか「bon voyage - 終わりなき旅の流浪者」とか)これはその仲間のひとつとなります。「4月になれば彼女は/また新しい恋に落ちて/5月の休み明けには/“こんなはずじゃなかった”と電話をかけてくる」と始まりますので今の季節、現在位置再確認して新しい日々をまた歩き出しましょう。僕が1997年に初めて出したレコードのオープニングトラックへのアンサーソング?いや、まだまだ答えの出ない人生の途中経過のようなものです。曲中の掛け合いのコーラスは九州の大きな地震の翌日福岡ジョイトリップカフェで行なわれたライブに来てくれたお客さんたちの声を束ねたので僕はあの数日間のことを決して忘れることはないでしょう。楽しく聴いてください。オフィシャルサイトでは予約特典付きのプレオーダーを受け付けています。全貌お披露目まで今しばらくお待ち下さい。




山田稔明/みずいろの時代
(GTHC-0008/税別2,500円)2016年7月7日発売


これまで正式にCDとして発表されなかった楽曲のなかからセレクトして
2016年の山田稔明が磨き上げました。自分で歌うために初めて19歳のときに書いた歌や
大学時代にがむしゃらに奏でた歌、憂鬱な季節を切り取った歌などを含むこの作品は、
色で言うと青春の青白さ。まさに儚いペイル・ブルーのようだと感じました。
このレコードが皆さんの記憶にもきっとあるはずの“pale=みずいろ”の時代を
“再発見”するきっかけとなれば嬉しいです。

収録予定曲
「pale blue」「ナイトライフ」「スミス」「気分」「my valentine」「モノクローム」
「セレナーデ」「calendar song」「幸せの風が吹くさ」「Qui La Laの夏物語」 全10曲収録予定
☆ジャケットや収録内容等が変更になる可能性がありますことをご了承ください

pale_sample_C1



<山田稔明 NEW ALBUM『水色の時代』発売記念ライブ>
“夜の科学 vol.49ーpale blue days”

2016年7月2日(土)@ 恵比寿 天窓 switch
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
*詳細は後日発表します


<オフィシャル通販プレオーダー受付開始!>
豪華特典付き、送料無料、一般発売日よりも早く発送するプレオーダー受付を
4月1日より受け付けます→オフィシャル通販STORE






Posted by monolog at 09:04│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52155167
この記事へのコメント
うわぁ〜聴きたかった「calendar song」、楽しい曲ですね!今までギターでの弾き語りをイメージしていたので、とっても豪華な感じです。聴き込み開始します。
Posted by motokoishita at 2016年05月10日 02:40