2016年06月02日

山田稔明『pale/みずいろの時代』先行販売レコ発ライブ詳細決定!|チケット受付は6月5日(日)21時から

2016_7_2

山田稔明『pale/みずいろの時代』完成を記念して、CD発売日に先駆けてレコ発ライブを開催します。昨年末以来、半年ぶりのバンド編成でのステージ。ドラムにitokenさん(相対性理論/トクマルシューゴ)、ギターはシンガーソングライター安宅浩司くん、今回ベースはマルチインストゥルメンタリスト五十嵐祐輔くん(fishing with john)が担当します。『pale/みずいろの時代』の多くの楽曲で共同アレンジをお願いした鍵盤奏者佐々木真里さん、そして「ポチの子守唄」、そしてEテレ0655おはようソングでもお世話になった近藤研二さんにも心強いサポートをいただきます。

こうやって毎年CDが出せることを本当に幸せなことだと思います。新しい出会いがあったり数年ぶりの再会があったり、長くやっていると音楽と人とは繋がり続けることができるのだな、とここ最近思うようになりました。1993年に「スミス」を書いた僕はそれから23年後にこんなふうに充実した日々が待っているなんて想像もできなかっただろうな。万感の思いを込めてこの日は(いつだってそうだけど)大切に歌を歌おうと思います。一番早くCD『pale/みずいろの時代』を手にすることができるライブです。たくさんの皆さんのご来場をお待ちしています。7月7日の発売日には大阪雲州堂、週末7月9日には加古川チャッツワースでのレコ発ライブが決定、チケット残り少なくなっていますのでお急ぎください!




<山田稔明『pale/みずいろの時代』レコ発ライブ>

2016年7月2日(土)@ 恵比寿 天窓 switch
“夜の科学 vol.49ーpale blue days”

18:30開場 19:00開演/前売4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
(with itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、佐々木真里、近藤研二)

昨年12月以来半年ぶりとなるバンド編成でのステージは
新作『pale/みずいろの時代』を携えてのレコ発ライブ、
時間と距離を越えてよみがえる青白き青春の歌に
ご期待ください!

*6月5日(日)21時からオフィシャル通販STOREチケットセクションにて受付開始!

恵比寿 天窓 switch
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887




7月7日(木)@ 大阪 雲州堂
“星鳴き空の演奏会 vol.4”

18:30開場 19:00開演/予約3000円 当日3500円(1ドリンク付き)
出演:カーテンズ、山田稔明

七夕の夜に素敵なイベントへお誘いいただきました。
雲州堂でのライブはなんと3年ぶり。またあの空間で
素晴らしい夜を。新作発売日は大阪にて歌います!

*雲州堂にて入場予約を受付中です。「info@iori-unshudo.com」宛てに
件名を『7/7七夕予約』として、お名前/人数/電話番号
をご記入ください。雲州堂からの返信を持ってご予約完了となります

大阪 雲州堂
〒530-0046 大阪市北区菅原町7-2
03-6361-3964



7月9日(土)@ 加古川 チャッツワース
“夜の科学 in 加古川ーpale blue days”

出演:山田稔明
1階カフェ:15時半より“pale blue tea time”を開催! (17:00オーダーストップ)
2階会場:17:30開場 18:00開演/前売3500円(別途ドリンク代)

昨年12月以来半年ぶりとなる加古川公演が決定!
新作『pale/みずいろの時代』を携えてのレコ発、
時間と距離を越えてよみがえる青白き青春の歌に
ご期待ください!

チャッツワースにて予約を受け付け中です。
メール「chatsworth_tearoom@me.com」へ「イベント件名」「お名前」
「人数」「連絡先電話番号」を。返信メールにて受付完了。
電話受付(079-420-1707)はランチタイムを除いた15時-20時、火曜定休で承ります。

紅茶と英国菓子のチャッツワース
〒675-0065加古川市加古川町篠原町4-7
TEL 079-420-1707
Posted by monolog at 15:16│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52157296
この記事へのコメント
うわぁーーー、7月2日、7日、9日、憧れのレコ発ライブ!。 それぞれ個性があって面白そうですねー。
先日ある方から、天窓 switch 等でのライブを観たら、山田さんがとても凄いミュージシャンだということがよくわかると教えていただきました。
(本当に凄いのを観たら、近寄りがたくて思いつきコメントなんて書けなくなるかもしれません。あれ?そのほうがいいのかな?)
自分なりに「山田さん夏まつり」をするつもりです。でもライブには行きたいけれど行けないもどかしさをいかに解消するかが、秋までの大きな課題です(T_T)。
とは言え、家族(猫)も元気で、こういう事で悩めるのってとても幸せです!(*^_^*)。
Posted by motokoishita at 2016年06月03日 03:45