2016年07月15日

雨の日、ラジオ&レコーズ



そぼ降る雨の中を朝から出かけて半蔵門のTOKYO FMへ。JFN9局ネットの「Simple Style -ヒルノオト」へ出演。生演奏があったので番組スタート前にリハーサル。ゲストの枠が空いていますがご都合は?と各所から連絡があって今回のリリースに関してとてもたくさんのラジオに出させていただいて嬉しい。ちょっと前までは「10分か15分だから大したことも言えずあっという間に終わっちゃうんだろうな」とぼんやり出かけていたように思うのだけど、今年は番組のパーソナリティの方々やスタッフの皆さんがすごく丁寧にレコード、さらには去年出した本について掘り下げてくれて毎回これまで以上に楽しくおしゃべりをさせていただいている。今日もリアド慈英蘭さんは『猫と五つ目の季節』が読んでくれて、アルバムのなかで個人的に好きな曲をセレクトしてくれた。内容の濃いトークができました。

半蔵門からの帰り道、渋谷で電車を降りてタワーレコード渋谷の5階に今日オープンしたパイドパイパーハウスに挨拶。長門芳郎店長がニコニコと迎えてくれました。お父さんみたいだ、長門さん。昨年の横浜赤レンガ倉庫からの流れで今年は夏から半年(来年の1月まで)こんな素敵なセレクトのお店が東京に復活するという意義深さ。『pale/みずいろの時代』も並べていただいていました。8月のタワーレコード渋谷でのインストアは長門さんと一緒に。どんなふうに展開するのか今から楽しみです。ぜひ皆さんも渋谷へお立ち寄りの際はパイドパイパーハウス in タワレコ5階へ。古くて新しくて良質な音楽がそこで鳴っているはずです。

明日もラジオ生放送が2本、楽しくなれ。

Posted by monolog at 17:01│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
パーソナリティーは素敵な方が多いですが、例に洩れずリアド慈英蘭さんもかわいい方ですね。山田さん、余程楽しかったのか、酔っているように見えます(^^)。楽しかったおしゃべりも、「幸せの風が吹くさ」も聴きたかったです(T_T)。
あーーー、インスタのお顔を拝見してやっと気づいたのですが、長門芳郎さんって「ようこそ夢街名曲堂へ!」のパーソナリティーの方ですね。まさかタワーレコード渋谷店の店長さんだとは…。ラジオ局?の方だと思っていました(^^;)。山田さんのことをかわいい猫の絵を描くイラストレーターさんだと思っていたことに匹敵する大ボケ。トークショーの告知があった時に気づいてないのですもの。長門さんごめんなさい。
パイドパイパーハウス、意味がよくわかっていないのですが、古くて新しくて良質な音楽が鳴っている!?…行ってみたいです。
さぁ、明日から3連休。まずは山田さんのラジオを聴きます!。
Posted by motokoishita at 2016年07月15日 21:28