2016年12月08日

街の灯をそっと吹き消してまたひとつ年をとって思うのは



今日は誕生日でした。毎年自分の誕生日に一番近い週末に2日間ライブをするということを年末恒例の習慣にしているので、とにかくいつもこの時期は慌ただしくてくたびれていて、誕生日自体を忘れてしまうという事態になるのですが、今日も皆さんからたくさんのお祝いのコメントをいただいてひとつ歳を取ったことを自覚することができました。たくさんのプレゼントもありがとうございます。

ほっと一息をついて自分をねぎらうことができるのは年が明けてになるかもしれませんが、新しい1年も充実したものになるように祈るのです。

Posted by monolog at 23:59│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52174232
この記事へのコメント
山田さんが歳を重ねていくのを見ていつも思うのは「山田さんみたいに歳を重ねたいなぁ」ということです。
ライブで「ひとつのことをずっと続けるのが好き」とおっしゃっていましたが、なるほど、それがあっての今なのですね、と思いました。
ひとつひとつの出会い、点のような出来事がいつの日か、いつの間にか線となって、波紋のように拡がっている。
それは山田さんがひとつひとつのことに真摯に向き合って、そしてずっと続けられておられるからなのだなぁ、と思いました。
私も今ある幸せを、仕事を、環境を大切にしていきたいと思います!
Posted by ぱる at 2016年12月13日 16:15