2017年02月03日

猫と伊達直人と福は内



お昼から髪を切りに広尾へ。風邪をひいている人が多く「マスクしたままで!」とみんな顔を半分隠したまま今年最初の挨拶。こないだは前日一緒にいた友人がインフルエンザ感染し、発症の危険に怯えながら数日を粛々と過ごしたけれど、まだこの冬はひどい風邪をひいていないし、このまま春になればいいなと思う。だいたい髪を切った直後に具合が悪くなることが多いので今日も用心してマフラーをぐるぐる巻きで歩く。

帰り道、渋谷ヒカリエへ。今日から「ShinQsネコフェス!!」という企画が始まって、ヒカリエは全体的に猫だらけになっている。以前近藤さんとのトークイベントでお世話になったPECOのPOP-UP STOREでうちのポチ実のポスターを貼っていただいたというので覗きに。本やCDを取り扱っていただいている。近藤研二さんちのモイとウニのポスターと並んで飾られる愛猫を眺めていると偶然近藤さんがやってきて鉢合わせ、やっぱり猫のことになるとどこの家もそわそわ気もそぞろなのだなあ。ポチ実、そしてモイもウニもかわいいシールにしてもらって、シールラリー企画の景品として来場者にプレゼントされるそうです。詳しくはPECOのホームページをご覧ください。

帰宅してポストを覗くと差出人の書いていない荷物があり、封筒の中に猫地蔵尊のお守りと節分のための豆が入っていた。誰が運んできたかだいたい予想がつくけれど、こういう粋な贈り物って嬉しい。ここ猫町には伊達直人がいるのかしら。タイガーマスクはネコ科だしな。鬼は外、福は内、と今年も節分の豆まき。悪いことが遠くへ、良いことが身の回りにたくさん起きますように。


Posted by monolog at 21:31│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52178945