2017年02月15日

中島愛さん『ワタシノセカイ』リリースによせて



中島愛さんの約3年ぶりの復帰作となるシングル『ワタシノセカイ』が本日リリースになります。僕はカップリング曲「最高の瞬間」の歌詞を担当しました(作曲編曲は古川貴浩さん)。中島愛さん(親しみを込めて以下まめぐちゃん)の歌手活動再開の報と歌詞の依頼を同時に受けて(活動再開ニュース解禁のほんの少し前のこと)「わあ!」と驚き喜び、ものすごい熱量で作業を開始したのが12月。ちょうど僕自身の年末恒例公演「夜の科学」「猫町オーケストラ」2DAYS、週末ごとの地方遠征など重なる時期だったのでステージがはねた後の夜空や旅の車窓の風景などが詞作に少なからず影響したかと思います。レコーディングスケジュールぎりぎりでスタジオにプリントアウトした歌詞を持って駆け込んで、その場でいくつかの箇所をブラッシュアップしたり、レコーディングにも寄らせてもらって、とてもクリエイティブな現場に立ち会うことができて光栄でした。

今回のリリースにあわせた様々な記事ではまめぐちゃん自身の言葉でそれぞれの楽曲の作家陣について名前をあげて丁寧に説明していただいて、そういうことはなかなか稀有な機会なのでとても嬉しいし、作家冥利に尽きます。事前のやりとりでは、以前2012年に歌詞を書いた「金色〜君を好きになってよかった」がライブを締めくくる定番曲だとするならば、今回はステージ序盤をキックスタートするような歌を、ということだけがリクエストだったので、自由に楽しみながら(時折ウーン、ウーンと唸りながら)言葉を綴りました。「金色〜…」が過ぎた日々の青春を総括する歌だとしたら「最高の瞬間」は新しい出発に鳴り響くファンファーレになればいいな、と心から思います。

ぜひこのブログを読んでいるGOMES THE HITMAN、山田稔明ファンの皆さんにも聴いてほしいなと思っています。このCDを受け取った僕自身がこの「最高の瞬間」をカバーして歌ってみたいと思うくらい大好きな曲になったからです。表題曲「ワタシノセカイ」もカップリング「愛はめぐる」も爽快で勢いがあってライブ映えしそうなロックチューンで、これからどんどんステージで育っていくのだろうなあとこれから先のことを想像させてくれる。いつも最高の瞬間はだいたい近未来に待ち構えています。まめぐちゃん、待っていたファンの皆さん、『ワタシノセカイ』リリースおめでとうございます。



中島愛/ワタシノセカイ 2月15日(水)発売

(※TVアニメ「風夏」エンディングテーマ)
・初回限定盤(CD+DVD)VTZL-118/¥1,800+税
(※DVDには「ワタシノセカイ」MVを収録)
・通常盤 VTCL-35249/¥1,300+税

【収録曲】
M -1:「ワタシノセカイ」
作詞:瀬尾公治 作曲:秋浦智裕 編曲:WEST GROUND
M -2:「最高の瞬間」
作詞:山田稔明 作曲・編曲:古川貴浩
M -3:「愛はめぐる」
作詞:坂井竜二 作曲・編曲:末光篤

※ほか、Instrumental ver.を含む全6曲を収録。




Posted by monolog at 11:49│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52179906