2017年03月22日

山田稔明 初エッセイ集『猫町ラプソディ』通販プレオーダー受付を開始します

4月23日に発売になる初エッセイ集『猫町ラプソディ』、オフィシャル通販STOREでのプレオーダー受付を開始しました。サイン入り、特典ポストカード付き、送料無料で4月16日以降の発送で一般発売より少し早めにお届けします。お披露目の順番としては4月16日恵比寿天窓switchでの発売記念ライブ、通販プレオーダー(代金先払いでお願いします)、全国の書店、ウェブショップという感じになります。Amazonでの予約受付も始まっているようです(こちら)。どこで手にしてもらっても嬉しいですが、ここを読んでくれている皆さんにはライブ会場かオフィシャル通販で買ってもらいたなあと思います。手から手へと渡すような感覚があるので。パッと鮮やかな春らしい本になると思います。新しい季節にぜひ。4月16日下北沢風知空知公演も残り数席となりました。こちらもあわせてよろしくお願いします。

オフィシャル通販STOREで『猫町ラプソディ』をプレオーダー

猫町ラプソディ_cover_04_2


猫町ラプソディ/山田稔明

2017年4月23日発売予定
mille books  定価(本体1,300円+税)
ISBN978-4-902744-86-6 C0095
四六版・上製本・176頁

著者がこれまでの人生を共に歩んできた愛猫たちとの大爆笑話から、涙なしでは読めない感動の物語まで、20編すべて書き下ろしの新作エッセイ。あわせて『猫と五つ目の季節』のその後のエピソードや、小説の中の重要場面のいくつかを事実に沿ってより詳細に、そして心の機微もより丁寧に描いています。著者自身による挿絵(表紙絵も著者)も豊富に掲載した、見た目にも楽しい猫エッセイ本です。

猫がいると一日に何回も笑って、他愛ない会話を交わし、日々楽しくて、毎日が面白い。だから僕は猫のいる暮らしを選択する。ときにクールに見えるけれど、猫は純粋で無邪気で、正直に生きる美しい生き物だ。その真っすぐな瞳を覗き込むときに、僕らは全身全霊を捧げたありったけの愛で、その可愛らしさに最後まで対抗しなければならないという宿命を負うのだ。(「はじめに」より)



Posted by monolog at 11:11│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52182696