2017年04月04日

猫ラボ個展「紫陽花の庭」LIVE<追加公演>(2017年2017年4月2日 @ 南青山 ビリケンギャラリー)【ライブ後記】



先週末のこと、南青山ビリケンギャラリーで猫ラボ「猫のいるところ」個展にて2度目のライブ。ビリケンギャラリーは店主三原御夫妻とのお話も含めて楽しいモノコトがひしめく場所で大好きになった。この日もウキウキしながら出かけた。ポチとポチ実、モイとウニはもちろんのこと、チミママやお隣のノアちゃんなどわが“猫町”の風景が再現された今回の展示、会場に着くとちょうどお隣のノアちゃんちのママが我が子を見つめているところだったので猫ラボさんを紹介、ベンガル猫の複雑な模様についての会話に花が咲いていました。

受付開始から席が即時完売してしまった1回目とお客さんが入れ替わっての2回目、今回も小さなギャラリーにぎゅうぎゅうの満員御礼でした。前回のときと1週間違うだけで季節感が確実に変わった気がしたのでセットリストも2曲変えて、GOMES THE HITMANの「午後の窓から」を「何もない人」へ、「月あかりのナイトスイミング」を「ハミングバード」に変更しましたが、1回目も2回目もそれぞれの時間でしか体験しがたい空間だったなーと反芻しています。

DSC06244

DSC06261

(photo by さえこさん)

2回行われたライブどちらも「猫と暮らしている人はどれくらいいらっしゃいますか?」という質問に対して8割くらいの手があがったのにはびっくりしました。猫ラボさんとのトーク、そして門外不出の猫話とか、たくさん話してたくさん歌った夜でした。終演後の皆さんとの猫トークも楽しかった。機材を片付けてしまった後も三原さんと猫ラボさんとあれこれ話は多岐に渡り、気付けば家に帰るのが真夜中に。猫ラボさんの展示は今週いっぱい、4月9日まで。僕の本やカレンダーも店頭で取り扱ってもらっています。百聞は一見にしかず、ぜひお時間ある方は南青山まで羊毛フェルトの猫たちに会いにいってみてください。




Posted by monolog at 11:06│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52183741