2017年04月11日

月曜日のあれこれいろいろ|夜の科学リハーサルDAY1



巣巣での片桐はいりさんを迎えた永井宏展LIVEが、練習から本番、打ち上げまでずっと楽しかったのが余韻としてずっと僕のまわりに漂っていて、うまく言葉にできないまま過ごしている。昨日は朝、お隣のノアちゃんちのお母さんに三毛猫が描かれたイスをいただいた。エッセイ集『猫町ラプソディ』には「お隣のノアちゃん」というエッセイが収録されるから、先に本をお渡ししたのだけど、とても丁寧な感想をいただいて嬉しかった。

巣巣からはしもとみおさんの木彫ポチ実を我が家へ連れて帰った。みおさんに来宅いただいて描いてもらったスケッチも一緒に。ポチの彫像と並べるとサイズ感がちょうどいい。またみおさんとは夏にご一緒する予定だ。ギャラリー芝生からはマメイケダさん個展で購入したハンバーグの絵を持ち帰った。一目惚れした、力強い、お腹の減る絵だ。さあ、どこへ飾ろうか、と右往左往していたら1週間近く姿を見せなかったチミママが塀の上に悠然と現れた。元気でいてくれてとても嬉しい。今年はいつもよりも寒い春だけど、気持ちのいい季節がもうすぐやってくるよ。

今日は冷たい雨の降るなか、お昼過ぎからでスタジオへ。今週末「夜の科学 vol.51」のためのリハーサル。ドラムはイトケンさん、ベースはえびちゃん、キーボードの真里さん。コーラスの綾香は風邪をひいたそうで大事を取ってお休みに。古い曲から新曲までたっぷり真剣に練習。今年初めてのバンド編成、合奏はやっぱり楽しい。初めて演奏する曲もあり、なんだかとても新鮮。『猫町ラプソディ』刊行記念ライブということで、楽曲と本をどう関連付けようかと思っていたのだけど、実際様々な歌を歌ってみると見事に様々な点と点が繋がっていくから不思議。夜まで練習してクタクタ。しかし心地良い疲れ。

Posted by monolog at 21:48│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52184332