2017年04月13日

久留米 - 唐津 - 鳥栖基山 トライアングル|「グッデイ」のキャンペーンソングに参加しました



昨日はお昼からスタジオへ。近藤研二さんの取り仕切りで、九州のホームセンター「グッデイ」(九州人ならたいてい知ってる)のキャンペーンソングの録音でした。ドラムと鍵盤をsugarbeansくん(『the loved one』でも活躍してくれました)、ベースはKIRINJI、PLECTRUMで活躍する千ヶ崎くん。僕はアコギとコーラスを担当。そしてメインボーカルは唐津出身ガールズバンドたんこぶちんのMADOKA、とても可愛らしい歌にプチプチ弾けるような歌声が吹き込まれて、聞く者すべてをほだしてしまうような鮮やかな一曲ができあがりました。近藤さんが久留米、僕が鳥栖生まれ基山育ち、MADOKAが唐津、スタジオ内も福岡の方が多くて「どがんくさ、あがんくさ」「どげんかせんといかん」と九州弁が飛び交う楽しい現場でした。グッデイ店内で流れたり、CMになったり、ダウンロードできたりCDが作られる予定もあるそうです。ぜひ九州の皆さん、ご注目ください。鳥栖に加えて実家のある基山にも秋に新しいグッデイができるんだって。

グッデイ主催のイベントが来週末4月22日、23日と福岡市役所西側ふれあいひろばで行われるそうです。「野祭」と書いて「やさい」と読む、自然に触れる楽しい催し、ワークショップなども面白そうなものばかり。この歌のお披露目も兼ねて近藤研二さんとMADOKAが組んで観覧無料のライブも行われるそうです(僕も行きたかったけど東京でイベントがあるのですよね)。なかなか観ることができない新鮮な組み合わせなので福岡の皆さんはぜひ近藤さんとMADOKAに会いにいってみてください。詳細はこちらのHPの紹介されています。良い日になりますように。昨日一日ずっと聴いていた懐っこいメロディがずっと頭のなかで鳴っている、よく晴れた春の朝です。桜はまだまだ美しい。




Posted by monolog at 09:05│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52184445