2017年05月27日

ライブのない1ヶ月の始まり



今年は1月からずっとライブや展示、本作りが続いていたので慌ただしく半分が過ぎた。今週のlete2本が終わって次の6月のライブまで1ヶ月ライブがない時間の始まり。やるべきことがいくつかあって、観たい映画やドラマがあって、書かなくてはならない手紙があるから、4週分の予定を今から立てているところ。聴きたいレコードもいっぱい。昨日は久しぶりにゆっくりと友人と語らう日となった。

盟友である溝渕健一郎氏がカスタネッツでの最後のライブをやるために上京していたのでランチ。高橋徹也さんも一緒。タカテツさんは前日のleteでのライブも終盤ふらっと立ち寄ってくれて(「流動体について」を歌っているときだった)一緒に打ち上げでしみじみした話をしたのだけど、次の日のランチも共にするとは。昨日は一転、ゲラゲラと面白話ばかりであっという間の3時間だった。前日のleteのライブではタカテツさんの「真夜中のドライブイン」、セロファン(健一郎作詞作曲)の「ストレンジャー」をカバーしたので、そのライブ録音をふたりにそれぞれヘッドフォンで聞かせたり。

にじ画廊での「長ぐつをはいたねこたち」展を覗き、男友達ふたりと別れた後、札幌から東京へ演奏旅行にやってきた友人シンガー/ウクレレ&ノコギリ奏者のカポウさんを吉祥寺でおもてなし。ひとまず我が猫町へ。近藤さんちのモイとウニに挨拶したあとポチ実にも、という計画がポチ実トラップが失敗。残念ながらカポウさんはポチ実と触れ合うことはできなかったので、お詫びにピワンのカレーをごちそうした。

いっぱいしゃべった一日でした。メールよりもSNSのメッセージよりも、実際に会って話をするのは良い刺激になる。さあ今日は、明日は、どこへ誰に会いにいこう。

Posted by monolog at 23:17│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monolog/52188193