2017年08月20日

夏休みフェスティバル

IMG_1375IMG_1341

先月末にフジロック・フェスティバルに遊びにいった。とにかく雨がやまなくてなかなかタフな2日間だった。僕が行ったのは2日目と3日目、2日目はThe Lemon Twigsが文句なしに素晴らしくて、他のいろんなものが霞むほどだった(天井のあるレッドマーキーのステージだったので天候に左右されなかったというのも大きいかな)。そして何と言っても、この日の大イベントは小沢健二の2ステージで、Corneriusを歩いて眺めて(ちゃんと観たかった…)早めにホワイトステージへ向かったのだけど、雨はどんどんひどくなって雨合羽のなかにも水が染み込んできて苦行のよう。果たしてスチャダラパー3人を含む大所帯で「今夜はブギーバック」から始まったライブは、客席がずっと大合唱のシンガロング、なんだか異様な空間で、いろんな意味で記憶に残ることになった。なんと言葉で言い表したらいいかわからないような気持ちをぼーっと眺めていたのです。去年のライブでやらなかった「愛し愛されて生きるのさ」が聴けたのが嬉しかった。僕は『犬は吠えるがキャラバンは進む』の文学性に匹敵するサムシングニューをいつからかずっと小沢健二に求めて続けているのだけど、この日「さよならなんて云えないよ」の歌詞を聴いて初めて「は!」っとした瞬間があった。それが具体的にどういうことだったかは、これもまたうまく言えないけど。

冷え切った体を引き連れて次に向かったのはピラミッドガーデンというテントサイトそばのステージで、そこでは小沢健二による弾き語りの演奏を聴く。雨はやまない。この森で聴いた歌と語りはホワイトステージよりも現実的で親密で、僕はこっちの演奏のほうが好きだった。ここまで来た甲斐がありました。「天使たちのシーン」をレコード通りのメロディで歌ってくれるかと思って耳を澄ましたけれど、途中で叶わず。「愛し愛されて」同様去年のツアーで歌われなかった「いちょう並木のセレナーデ」が聴けてよかったな。ホテルの部屋にたどり着いたのは3時過ぎで、24時間入れる温泉があってホント救われた。

翌日は朝には日差しもあったけど、会場に着くとやっぱり降ったりやんだり。でも前日の雨に比べたらこれくらいなんてことないと思ってしまうから、経験とは人間を強くする。リアル・エステイトはデビュー以来ずっと愛聴しているバンドだったので、初めて観るステージから乱反射するようなギターのアルベジオに魅了された。そのままホワイトステージでトクマルシューゴと彼のバンド、緩急のコントラストとダイナミクスのある演奏を堪能。明和電機社長も登場してポジティブな笑顔が溢れる素晴らしいステージでした。クールジャパンって本当はこういうことなんじゃないのかな。スロウダイブを観たあと、むぎ(猫)という、なんというか、「猫」の歌と演奏が心に染みたから2017年の裏MVPはむぎ(猫)。最後はビョーク。遠く離れたグリーンステージの彼女は、なぜ肉眼でもはっきりビョークとわかるのだろうか。オーラか何かか。結局2日間で30キロ歩いて、疲労困憊ヘトヘトになって帰路についたわけですが、心はたっぷり刺激で満たされていました。3年目のフジロックにして初めて雨の洗礼を受けたけど、多分来年もワクワクしながら遊びにいくのでしょう。

そして、昨日から今朝のこと。サマーソニックが開催されている幕張メッセへ。サマソニに来るのは2007年以来10年ぶりだと!正確にはサマソニ2日間に挟まれたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERという夜通しのイベント。夜まで自宅作業で録音した後で(豪雨と雷鳴に中断させられながら)夜中に出かけていく感覚は新鮮。サマソニはさすが都市型フェス、フジロックと比べるともう全然気楽だな。行こうと決めたのが一日前だったのだから。日付が変わる前に始まったCIGARETTES AFTER SEX、レコードだけ聴いたときにはアンニュイな女の子がボーカルのバンドだろうと思っていたのに、実際はがたいのいい髭のお兄さんが物憂げに歌っていてびっくりした。それでもたゆたうようなグッドメロディに出会えたのはこのイベントのおかげ。RIDEの数曲を浴びた後、反対側のステージへ。St. Vincentのアニー・クラークは先鋭的でアヴァンな才女という先入観があったのだけど、実際はとても可憐。ギターもキレキレでカッコよく、そしてとにかく歌声が素晴らしかった。夜が明ける前に帰りつけるかと思ったが、家に帰り着いた瞬間に朝日が。

40代も半ば近くになって、最近またどんどん音楽が好きになっているような感覚がある。こういった音楽イベントに出かけていかなかったら出会うことがなかったようなレコードが今年も何枚も。夏休みはもう終わり(本当のこと知りたいだけなのに)。たっぷり充電して次の週末からライブ活動再開です。

Posted by monolog at 22:04│Comments(0)