2017年11月28日

山田稔明 × 岩瀬敬吾 2MAN LIVEーいつも旅の途中(2017年11月21日 @ 下北沢 ラプソディ)【ライブ後記】



先週の今日の話。岩瀬敬吾くんとの2マンからまだ1週間しか経っていないということに驚き震えながら(なんと濃密な1週間か)、下北沢ラプソディでの夜のことを振り返ります。敬吾くんと同じステージに立つのは2011年以来久しぶり。カスタネッツ元さんの裸眼とハックルベリーフィンさくちゃんとのCLUB Queでの弾き語りイベントだったが、先月カスタ元さんに会ったときに「あの日のイベントは本当に楽しかった。またあのメンツでやりたい」と言われて思い出したばかりだった。敬吾くんとは福岡で会ったり、SNS上でやりとりがあったりはしたが、こうやって下北沢でたっぷり1時間ずつ歌うことができて嬉しかった。

敬吾くんのステージ、MCで「山田さんには本当にお世話になった」と心尽くしの賛辞をいただきくすぐったかったが、僕も一人で音楽の旅を始めるときは心細かったから、新しい旅に出ようとする人にはできる限り参考になるようなアドバイスをしたいと思っているし、覚悟さえばればそういうアドバイスの有無に関わらず自分の進むべき道を早かれ遅かれ見つけるのだ。細っこくて物腰柔らかな敬吾くんだが、とても逞しくなっていて唯一無二の歌を歌っていました。

僕のステージはリクエストをいただいた曲を中心に歌いました。冬本番を前に「北風オーケストラ」、下北沢ラプソディで歌う「吉祥寺ラプソディ」、「些細なことのように」も普段あんまり歌わないからリクエストはいい機会になる。「明日は今日と同じ未来」は自分で書いた曲なのに、誰かにさとされているように感じる不思議な曲。平日のライブで「また明日」と歌う「距離を越えてゆく言葉」もいい響きでした。今年の「sweet december」初下しはこの日となりました。ああ、また「sweet december」の季節がやってきた。泣いたり笑ったり、君も僕も忙しいけど、今年もあともう少し。新しい夜明けまで。

良い夜でした。平日の夜遅くにご来場ありがとうございました。

B4B79430-6744-4441-8040-680FF4CAD968


Posted by monolog at 23:06│Comments(0)