2017年12月14日

夜の科学 vol.53ーsweet december 2017(2017年12月10日 @ 恵比寿天窓switch)【ライブ後記】

GOMES THE HITMAN“猫町オーケストラ”から一日あいて、12月10日は山田稔明、7人バンド編成の“夜の科学”でした。このソロイベント“夜の科学”は最初の回が2002年、今年で15年目53回目の宴。『DOCUMENT』という代名詞的なライブアルバムを作った年なので、ステージ狭しと並んだ7人で演奏することに感慨もひとしおでした。この日共演叶わなかったフルート奏者の上野くん、ベースのえびちゃんのことも思いながら。リハーサルでは連日ライブが続く僕を気遣って「歌わなくていいから」とみんな優しい。でもこのバンドで音を出しているとわくわくして歌いたくなるのです。

満員御礼の会場、ちゃんとオープニングには「Christmas is Coming」が流れて12月の雰囲気。「太陽と満月」でスカッと始まります。ソロでは近藤さん、真里さん、安宅くん、僕、五十嵐くん、イトケンさんと楽器回し。最後は綾香の声を含む3声で高らかに。「my favorite things」は弾き語りライブでは後半に演奏することの多い曲ですが、バンド編成だと序盤のキックスターターになります。「glenville」の浮遊感も「平凡な毎日の暮らし」の高揚感もバンドならでは。「ナイトスイミング」では天にも昇るような気持ちでした。近藤さんはエレキギターを弾くのが久しぶりだったそうで、なんだかロック度増して揺れまくってたなあ。

P1100439

P1100414

P1100450

P1100463

P1100510

9月に旅行したバリ島で書いた新曲「ただの旅人」をバンドで合わせられたのも嬉しかった。もっともっと良い曲になる予感。「吉祥寺ラプソディ」も「notebook song」も「きみは三毛の子」も同様に大きな曲になっていく。「小さな巣をつくるように暮らすこと」は去年の12月に書いた曲だけど、もうずっとそこに存在していた曲のようにも感じる。これから作る新しい作品に対して期待がむくむくと大きくなっていくようなステージでした。2018年カレンダーが完成したことにより久しぶりに解禁された「calendar song」は手拍子とコール・アンド・レスポンスが楽しかった。

そして個人的なハイライトは「blue moon skyline」のバンド編成での演奏でした。この曲は弾き語りでは頻繁に演奏される曲ですが、なぜかバンドで歌うことは稀。宅録で作られた初ソロ作『pilgrim』の楽曲群は自分にとっていつの頃からか孤独の象徴となっていて、特に「blue moon skyline」は孤独な旅のテーマソングのようなものだったのです。7人で演奏する「blue moon skyline」は幌をつけたキャラバン隊が身を寄せ合って進んでいくような力強さがあり、とても感動しました。キャラバン隊が刻んだ轍から立ちのぼる土埃、そこから浮かび上がってくる「hanalee」で本編終了。

アンコールでは恒例の景品大会。みんな程よく力の抜けた断捨離グッズを提供してくれました。近藤さんと「第2の人生」、エレキギターでの演奏、イトケンさんと綾香にも加わってもらって初めての感じのアンサンブルでした。山田稔明賞は今年一番よかったレコード『The National/Sleep Well Beast』、そしてついに登場したymdパン、僕が前日に焼いたパンをプレゼント。会場が湧きました。特等はギター、新曲弾き語りとともに。終わるのがさみしいくらい楽しかったステージ、「sweet december」では僕の視界には雪が降りました(想像力)。最後は「ハミングバード」、この曲は三拍子のワルツなのでハンドクラップができない曲なんだけど、客席みんなの身体が右に左に揺れているのを見るのが僕はとても好き。その揺れ幅でみんなの楽しさが伝わってくるのです。

P1100555

P1100605

終演後もたくさんの握手とサイン、プレゼントもいっぱいありがとうございました。いつもいただくものよりもたくさんの感謝を捧げたくて、なんとか絞り出す“夜の科学”ですが、皆さんが楽しんでくれていたら嬉しいです。メンバー、スタッフ、手伝ってくれる友だちみんな、恵比寿天窓 switchスタッフ、そして全国から駆けつけてくださったお客さん全員に心より感謝を。

また来年も素晴らしい音楽家仲間に手伝ってもらって良い歌を紡ぎたいと思います。

Posted by monolog at 13:54│Comments(0)