2018年04月01日

GOMES THE HITMAN 13年ぶりのCDリリース決定!

GOMES_P9120872

GOMES THE HITMAN 13年ぶりのCDリリース決定!

『SONG LIMBO』2018年7月25日発売


7年の休止期間を経て、2014年からライブ活動を再開したバンド「GOMES THE HITMAN」が、2018年夏、結成25年の節目に『ripple』(vap/2005年)以来13年ぶりの新録音作品をリリースします。来年のメジャーデビュー20周年を前に現在進行形のバンドが奏でます。タイトルは『SONG LIMBO』ーーLIMBOとは天国と地獄のあいだにある“辺土”を意味します。ここに収められた楽曲群はこれまで正式リリースの日の目を見ないまま“辺土=LIMBO”をさまよった言葉とメロディたち。ついに解き放たれる季節の歌たちをお楽しみください。

すべての楽曲は1990年代から2000年代前半に山田稔明によって書かれた未CD化楽曲。2000年代前半にCDR作品『SONG LIMBO』として発表された現在入手困難なレア楽曲群に、バンド最初期の重要曲「北の国から」「スプリングフェア」などを加え、春夏秋冬、四季を駆け抜けてゆくGTH流の“カレンダー・ソングス”です。2018年2月から4人のメンバーのみで楽器や機材を持ち寄って制作、山田稔明(ボーカル/ギター)、堀越和子(キーボード/コーラス)、高橋結子(ドラム/パーカッション)、須藤俊明(ベース)は録音とミックスも担当する。GOMES THE HITMANがレコーディングを行うのは2005年以来13年ぶり。アルバムジャケットのイラストはロンドン在住のイラストレーターGrace Helmerが担当。

『SONG LIMBO』収録曲のなかから「スプリングフェア」を公開します。1995年に作って、一昨日録音して、今日ミックスした曲です。




オフィシャル通販STOREにて特典CDRつきのプレオーダー受付開始しました


GOMES THE HITMAN『SONG LIMBO』(GTHC-0013)
2018年7月25日(水)発売/価格 3000円(税込)


<収録予定曲>
way back home
晴れた日のアスリート
虹とスニーカー
山で暮せば
世紀末のコロンブス
黄昏・夕暮れ・夜明け
恋の見切り発車
桃色の雲
churchbells ringing
スプリングフェア
北の国から
晴れ男と雨女

*全12曲/曲順未定



<CD発売記念ライブ決定!>

2018年7月8日(日)@ 恵比寿 天窓switch
GOMES THE HITMAN LIVE 2018 “SONG LIMBO SPECIAL”

17:30開場 18:00開演/前売4000円(ドリンク代別途)
出演:GOMES THE HITMAN

2005年『ripple』以来13年ぶりのリリースとなる『SONG LIMBO』、
四季折々の歌を現在進行形のGOMES THE HITMANが奏でます。
もちろんアルバムの先行発売も。どうぞご期待下さい!
*4月9日(月)21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションにて申込受付開始

恵比寿 天窓 switch
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887

gomes-portrait


GOMES THE HITMAN(ゴメス・ザ・ヒットマン)
1993年に東京外国語大学の音楽サークル内で結成され、1999年にメジャーデビュー。 風景描写と刹那的心情を日本語歌詞と多彩なアレンジで普遍的ポップスに昇華するバンド。2005年のアルバム『ripple』に収録された「手と手、影と影」がジャックスカードのCM ソングに起用され、知名度を上げた。長い冬眠時間を経て2014年からライブ活動を再開。2019年12月にニューアルバムを発表することを公言するなか、結成25周年の今夏、13年ぶりの新録音未発表曲集『SONG LIMBO』をリリースする。(band portrait by Grace Helmer)


Posted by monolog at 00:00│Comments(0)