2018年05月13日

福田利之展、みたび



今日は朝早くからずっとレコーディング。真面目だ。ものすごく真剣で真面目なモードが戻ってきた。鼻声が治ったのでようやくボーカル録音、気づけば雨が降り始めて夕暮れまで。ふと思い立ち福田利之さんに連絡するとちょうど美術館に在廊されているということで出かけて、3度目の福田利之展。何度観ても面白い。原画とイラスト仕上がりの風合いの違いなど毎回違うところが気になる。あの空間で眺める『新しい青の時代』の原画と中ジャケコラージュはとても感慨深い。『新しい青の時代』のジャケットを福田さんに描いてもらって本当に良かったなあと思う。3人の写真のなかで顔ハメしてるのは学芸員の道家さん。準備段階からずっといろいろお世話になりました。福田利之展は5月20日まで。あと1週間、もう一回くらい行けるタイミングがあるんじゃないかなと思ってる。

ひとつ下のフロアでサイン会をしていたイラストレーターのえちがわのりゆきくん(ほわころくらぶ、うんころもちくん、サトミツ&ザ・トイレッツでもお世話になりました)もやってきて、期せずして楽しいおしゃべりに花が咲きました。福田さんは来場者の方にたくさんサインをされていて気さくな巨匠といった風格でした。結局それから福田さんとえちがわくんとご飯を食べにいって、面白い話をたくさん。雨がざあざあ降っていたけど心はカラッとしたのです。やっぱり人と話をするのはいいものだ。元気になる。

帰宅して録音作業の続きをずっと。真面目。ものすごく真面目な日々だ。




Posted by monolog at 22:49│Comments(0)