2018年11月07日

偶然の連続 in 大阪

93496A0F-7069-425B-918A-7A5764A91D22

下北沢CLUB Queでのライブが終わったあと結構打ち上げで飲んで帰宅して気づいたら翌朝になっていた。手帳を見たらリハーサルがいくつかキャンセルになってて三日休みが続くことがわかって、ちょっと所用もあったので思い立って大阪へ行ったのです。あっという間に火曜日の朝になって、Twitterを見てたらけっちゃんがドラムを叩いている町田康さんのバンド「汝、我が民に非ズ」のライブが梅田であることがわかった。いくつかの打ち合わせを経て街へ出て、ライブハウスに向かう前にスタンダードブックストア心斎橋へ立ち寄ったら中川ボスも店長もいらっしゃって久しぶりに長い立ち話。「このあと町田康さんのバンドのライブを観にいくんです」と言うと「ええ!おれこないだ町田康の小説をリーディングイベントで朗読したばかりやがな!」ということになって、僕は『告白』という分厚い小説を持ってレジに並んでいたのです。

梅田クアトロへは初めて来た。果たしてステージに現れた「汝、我が民に非ズ」はほぼすべての曲が変拍子で、しかしそこに町田さんの言葉が乗ると途端にグルーヴしていき、ジェームス・チャンスみたいなニューウェーブ感だったり、ドアーズみたいな混沌とした風景が巡ったり、とにかく面白くて2時間強のステージがあっという間だった。けっちゃんもよく頑張っていて感心した。終演後初めて町田さんに挨拶することができた。『猫にかまけて』をはじめとするエッセイはもちろん、最近も『リフォームの爆発』を読みふけった僕にとって、猫飼い界のイギーポップたる町田さんとお会いできたのは本当に光栄なことでした。優しくてかっこよかった…。来週は渋谷公演とのこと。

札幌のキッコリーズKAPOさんが関西ツアー最終日ですぐ近くにいるとわかったのはライブが始まる少し前で、急遽合流して美味しいお酒とつまみを楽しんだ。ここが札幌でも東京でもないのが面白いし、いつもよりちょっと深い話を交わしたような気がする。そして気づいたら水曜日の朝になっていて、お昼にひとつ用事を済ませて、心斎橋まで出て買い物をいくつか。レコード屋さんでかかっている音楽がとてもよかったので「これは誰ですか?」と問うて教えてもらって購入するときに「GOMES THE HITMANの山田さんですよね」と言われて、そうだおれはGOMES THE HITMANの山田なのだ、とハッとする。いつまでもここにいるわけにはいかぬ、と帰路を急ぎ、東京へ戻ってきました。

大阪は自分にとって何番目かに詳しい街になってきた。12月2日にまた歌いにいきます。雲州堂はとても響きのいい大好きな会場。今年最後の関西ライブ、たくさんのみなさんにご来場いただけたら嬉しいです。前日加古川はソールドアウトとなりました。大阪公演の席の確保もお早めに。




2018年12月2日(日)@ 大阪 event space 雲州堂
“夜の科学 in 大阪ーsweet december 2018”

18:00開場 18:30開演/前売 3500円 当日4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

2018年最初で最後の大阪弾き語り公演が決定。
GOMES THE HITMANからソロ最新曲まで
リリースラッシュの本年を総括する夜にご期待下さい。

チケット予約はオフィシャルサイトRESERVEフォームにて受付

event space雲州堂
〒530-0046大阪市北区菅原町7−11
TEL/FAX 06-6361-3903

Posted by monolog at 23:26│Comments(0)