2019年01月17日

なんということでもない、大掃除の話

IMG_7377

ライブ続きのバタバタが少しひと段落して(まあそれでもホント次から次にいろいろ忙しいんだけど)去年からの懸案だった大掃除をずっとやっている。大掃除というのは、物理的な整理整頓ももちろんだけど、例えば役所とか年金事務所とか、保険のこととか、そういう手続きとかなんとか、そういう“片付け”も含めて、あたかもスタンプラリーをこなすように日々やっている。「2018年よかったレコード」とか「なんということでもない、年末年始の話」みたいなブログ記事、さらには大晦日に高橋徹也さんと録ったインターネットラジオ試験放送分の編集とか、そういうことが全然追いついてなくて、誰にというわけでもないが申し訳ないなとも思う。しかし、大掃除とはこんなにも心を静かになだらかにさせるものか、と驚かされるのだ。過去の自分との対峙である。この大掃除はもう少し続く。だからいろいろ後手後手になっても、それはそれで仕方のないことなのだ。

2010年からこっち、ずっとお世話になってきた家具と雑貨のお店巣巣が今週末19日の売り尽くしSALEを持って等々力での営業を終了する。このお店がなかったら、と想像しても思い浮かばないくらい公私に渡っていくつもの季節を共有した。昨年末クリスマスにファイナルライブをやったばかりだけど、やっぱり最後の日にも音楽が鳴っているほうが巣巣らしいのではないか、とささやかな演奏の機会をもらった。今週末1月19日(土)15時くらいから等々力 巣巣でフリーライブを行います。お時間都合つく方はぜひお越しください。せっかくなのでオリジナルTシャツのデッドストック等を持っていって販売させてもらおうかと思います。

巣巣がなかったら僕にとってこの10年がどんなだったか、神のみぞ知るのです。

Posted by monolog at 23:43│Comments(0)