2019年02月05日

コーヒーと音楽とお菓子な夕べ(2019年2月3日 @ 三軒茶屋 nicolas)【ライブ後記】

IMG_2933

アアルトコーヒー 庄野さんと知り合ってもう10年近くになるだろうか。一時期は「一番対バンしてるのは庄野さん」っていうくらいにイベントでご一緒することが多かったが、最近でも年に一度は内容の濃い集まりを一緒に企画している。この日は庄野さんが仲良くしている三軒茶屋ニコラでのイベント、高橋徹也さんが中心となって企てられた「コーヒーと音楽とお菓子な夕べ」。ニコラへは庄野さんとご飯を食べにきたことがあったけれど、明るい時間からゆっくり時間を過ごすのは初めてでした。三軒茶屋は昼間歩行者天国で、なんだかとても活気のある街。仕事じゃないときにまた来たいなと思いました。昔『cobblestone』のジャケット撮影で三茶の映画館に潜り込んでゲリラ撮影したことがあったけど、もうなくなってしまったのかな。

立ち見含む満員御礼の会場、まだ窓の外から明るい残り陽が差し込む時間からライブが始まりました。タカテツさんが挨拶して、先攻は僕。今年の元旦に書いた新曲からスタートして、リリースから10年となる『pilgrim』から「clementine」と「三日月のフープ」を。当時は孤独で音楽仲間も今みたいにはいなくて、もちろんタカテツさんとの融和以前だったから、その頃の歌を歌うのは感慨深い。「サテライト」を続けたのは、「宇宙と春」をこの日の個人的テーマにしたから。ギターは生音、アンビエントのマイクだけ立てての演奏は良い緊張感がありました。

IMG_2855

IMG_2935

ギタレレでサニーデイサービス 「コーヒーと恋愛」とGOMES THE HITMAN「coffee」、コーヒーの歌をアアルトコーヒー 庄野さんに捧げた。アアルトコーヒーの誕生日は2月なのだ(去年もトラベラーズファクトリーに集まってお祝いした)。僕がアアルトコーヒーに初めて出会ったのは「失恋展」という料理ユニット「Goma」が主宰したイベントで庄野さんが提供した「失恋コーヒー」だった。そのイベントには盟友HARCOも参加していたのだけど、そのHARCOと共作した「春のセオリー」を季節を先取りしてカバーしました。そしてGOMES THE HITMAN来たるべき新譜のなかから「houston」、そして「セラヴィとレリビー」、最後は20年前のメジャーデビューCDから「tsubomi」を。宇宙と春、気持ちよく歌が歌えました。

タカテツさんの演奏も素晴らしく、途中で庄野さんを呼び込んでのピアノと朗読も素敵な化学反応だったな。がっつり2マンで共演するのは久しぶりでしたが、やはりこの男の奏でる音楽はどうしたってそこはかとなく不穏で、居心地良い場所には安住しない、唯一無二なものだなあと再確認しました。生音でのライブということでお客さんも耳を澄まして集中している感じがして、ニコラという空間、光の具合も相俟って、他のどこにもない場所だなあと思いました。アンコールセッションは二人でステージへ。アアルトコーヒー 13周年をお祝いして、庄野さんが敬愛する佐野元春のカバーを。タカテツさんが強く推したのが「CHRISTMAS TIME IN BLUE」。いやいや、季節柄もうちょっと他にあるでしょうという言葉を少し吐いて飲み込んで、クリスマスブレンドを年中焙煎している庄野さんのマインドとの共鳴ということで、2月の節分の日にこそクリスマスソングを。

IMG_2919

IMG_2918

サプライズは続いて、ニコラ曽根夫妻からはバースデーケーキが。ニコラのスイーツは美味しくて評判がよく、この日も美味しいバターサンドクッキーがお客さんに配られました。僕とタカテツさんからはなんと書き下ろしの共作曲を。ふたりで数日前に集まって3時間かけて練りに練ったその歌は「君と僕とカップとソーサー」と名付けられました。サプライズ楽曲だったのでリハでもあまり練習できなかったのだけど、なんとかうまくいった。僕もタカテツさんも孤高なソングライターなので、こういう共作はお互い初めてだったと思うのですが、なんだかくすぐったくも刺激的な作業でした。また演奏する機会があるでしょうか。イベントは最高潮へ。「My Favourite Girl」「my favorite things」と続けても興奮冷めず、「幸せの風が吹くさ」で大団円。ステージも客席も厨房も、みんなニコニコしていましたね。

僕らミュージシャンはいろんなお店を宿り木にして渡り鳥のように旅を続けるのですが、各地に落ち着く空間があることで救われて、歌を紡ぎ続けられるわけです。僕はニコラで初めて歌を歌わせてもらいましたが、またここに帰ってきたいと思うような心地よさがありました。今回誘ってもらえてとても嬉しかったです。打ち上げも賑やかで楽しかった。すべての椅子を埋め尽くしてくれた、遠くから近くからご来場の皆さん、どうもありがとうございました。

IMG_2914

IMG_2912

IMG_2905


Posted by monolog at 16:11│Comments(0)