2019年04月01日

平成最後のエイプリルフール|少し先の未来の情報いろいろ

IMG_4823 3IMG_4858

ということで、平成最後の四月馬鹿。2006年以来(!)このブログでなんだかんだとウソみたいなことを言っては面白がって、この数年はサプライズとかリリースの告知タイミングみたいになってたエイプリルフールですが、今年は思い切り力を抜いて、バカみたいなことを言いました。こないだ公園をウォーキングしてる途中で僕を追い抜いていったコーギーのお尻が可愛くて、ポチ実にそっくりだなと思ったのです。きっと丸みには愛が詰まっているのでしょう。不謹慎だと思われた方もいたかもしれませんが、僕は楽しかったです。とにかく今年は予定しているイベントやリリース、制作中の作品等たくさんあるので、これからも皆さんの期待に応えたり予想を裏切ったりして退屈させないアニバーサリーイヤーにします。

まずはこのあと21時より月見ル君想フでの「山田稔明 10周年記念ライブ」の受付が始まります。もちろんこのアニバーサリーライブも『pilgrim』と『home sweet home』をセットにした2枚組のリイシューも本当のことですので、ぜひ皆さんの応援でお祭りを盛り上げていただきたいです。イトケンさんと安宅くんと上野くん。もう10数年一緒にやってるソロ初期メンバーで、大きな月が浮かぶステージで歌います。2007年2008年と続けて山田稔明バンド編成ワンマンをやったのですが、それ以来のソロでの月見ルです。オフィシャルサイト通販STOREチケットセクションよりお申し込みください。


2019年5月26日(日)@ 南青山 月見ル君想フ
山田稔明 ソロデビュー10周年記念公演
“夜の科学 vol.56ーunder the milk moon”


18:00開場 18:30開演/前売4000円 当日4500円(ともにドリンク代別途)
出演:山田稔明 with イトケン、安宅浩司、上野洋

山田稔明ソロ名義でのデビュー作『pilgrim』リリースから10年を記念して
ソロ黎明期の質実剛健な “kickingbirds” 編成でその道のりと新しい旅立ちを祝う夜。
長く入手困難だった『pilgrim/home sweet home』リイシュー盤もこの日リリース。
ネイティブアメリカンは5月の満月を「milk moon」と呼びます。煌々と光る月の下に集まりましょう。

オフィシャル通販STOREチケットセクションで本日4月1日21時より前売り販売受付開始
*フォームがうまく動作しないときは「info@gomesthehitman.com」宛てに
件名「日付・会場」、本文にお名前と人数とご連絡先を明記の上メールにて
お申し込みください。のちほどこちらからお返事させていただきます。

月見ル君想フ(http://www.moonromantic.com/
〒107-0062 東京都港区南青山4-9-1シンプル青山ビルB1F
TEL :03-5474-8115

pilgrim_wall_web

GOMES THE HITMANは6月でデビューフルアルバム『weekend』発表から20周年を迎えます。昨年はVAPから2000年代の3作品をまとめた『00-ism [mono / omni / ripple] 』をリリースすることができましたが、今年も初期作品のアーカイブ集が出せないものかと打ち合わせを重ねています。『00-ism』には「including some miscellaneous debris=雑多な残留物を含む」というひねくれた副題をつけましたが、初期作品アーカイブ集のタイトルも一昨日最高なやつを思いついたところです。どうかこのプロジェクトがうまいこと実現しますように。2005年の『ripple』以来となるオリジナルアルバムのレコーディングも進んでいます。早ければ秋、何をどうしたってぎりぎり12月には皆さんの手元に届くと思います。楽しみにしていてください。

そして山田稔明3rdアルバム『新しい青の時代』と愛猫に捧げたアルバム『the loved one』の2作品のサブスクリプション配信およびダウンロード配信に向けての作業を進めているところです。この2タイトルがもっとたくさんの人に聴かれるようになったら嬉しいです。今でもセットリストに乗る曲ばかりが入ったアルバムなので。『新しい青の時代』に関しては去年アナログ盤でリリースした、歌詞や曲目が当初意図していた通りの内容のものになる予定です。こちらも続報と詳細を追ってお知らせします。

平成残り1ヶ月、そして来たるべき令和もよろしくお願いします。

新しい青の時代analog_jacketthe loved one_jacket


Posted by monolog at 20:30│Comments(0)