2023年10月03日

8 DAYS A WEEK|療養日記

インスグラムに綴っている療養日記を転載します。「ドクター・マイ・アイズ」はジャクソン・ブラウンが実際に目を悪くしたときに作った歌らしい。メタファーみたいな歌詞だけど具体的だったわけだ。

10月3日。網膜剥離の手術から1週間と3日が経ちました。本来の予定では術後1週間は入院、それから1週間自宅療養ということだったけど、早い段階で退院して家に戻ったので、気持ち的には「もうそろそろ見えてもいいんじゃないのか?」とせっかちになってしまって、焦る。手術をした左目は今、上半分が見えていて下半分は水面下みたいな感じでゆらゆら揺れている。これは体験した人としか共有できない感覚かもしれない。この1週間、満月を見るために少し外に出たのと、夜明け前の早朝に一番近いポストに郵便投函チャレンジで往復しただけ(ドキドキした)。いつのまにか季節が変わっていた。

10月4日。退院から1週間、昨日は病院に出向いて経過を診る日でした。左目は上3分の2の視界を取り戻している。視力を測ったり写真を撮ったり眼圧を測ったり、いろんな検査。僕は網膜剥離の手術と同時に白内障対策の水晶体再建術というのもやったので裸眼の視力がこれまでよりも良くなった。見えなくて当たり前だった目が矯正しなくても見えるというのは不思議というか何というか、新鮮。ようやく主治医の先生の診断、すべて順調、眼の中のガスがあと4割ほど残っていて、それが抜けるともっと見えるようになるらしい。術跡の場所を鑑みて、下向き生活ではなく頭の左側を下にする生活を命じられた。「もう1週間安静にしてまた来週様子を見ましょう」と言われて僕は「安静ということは、つまり安静ってことですね?」と訳のわからない言葉を返したが先生も「そうです、安静です」と即答。

とりあえずまたあと1週間。時間が長く感じる。1週間が8日くらいに。

7B03C3A4-8630-4C77-9695-62FDB5AA7D0D


Posted by monolog at 23:23│Comments(1)
この記事へのコメント
安静=安静、ですね!
一気に涼しくなりましたね〜
Posted by ますだ at 2023年10月06日 10:36