2023年10月04日

空にまいあがれ

何度も奇跡を起こして復活してきた長男堂の愛猫、看板猫のカツオが、大往生。長男堂店主るみさんは先代ポチが亡くなった夜に美味しいおにぎりを作って駆けつけてくれて、ポチの亡骸の前で泣いたり笑ったりしてくれた。全然食欲なかったのに長男堂のおにぎりは食べられた。それは9年前のことで、そのときカツオは(妹のワカメも)9歳だった。

時が経って18歳5ヶ月のカツオは手足が長くスベスベで超かわいいまま新しい世界へ。旅立ちの前に会えて良かった。僕は目の術後の検査に行く直前だったのだけれど、ビックリするくらいいっぱい泣いてしまった。そのせいかどうなのか、とても気持ちのいい秋晴れの空を見上げて、なんだか目がよく見えるようになった気さえした。いつもこういう日は真心ブラザーズの「空にまいあがれ」が頭の中で流れる。

ワカメは猫又になるまで生きてね。ポチ実は奇しくもあの時のカツオと同じ9歳。

IMG_5154

656123ED-83A0-4497-BB27-C5497591533B



Posted by monolog at 23:37│Comments(0)