2024年04月03日

21年前のアルバム『omni』レコーディングドキュメンタリー映像を公開しました

少し前に、埃をかぶったたくさんの古いハードディスクを処分しようと思って中身を確認していました。いくつかはもう立ち上がらないし、データも画素数の小さな写真とか、もう互換性のないファイルとかがあふれるなかに、21年前の映像素材が見つかったのです。みんな長袖を着ているから2003年の2月とかかな、その年の7月にリリースになる『omni』を作っているスタジオでの動画。当時のレコード会社のディレクターが撮影したもので、つなぎ合わせるともう巻き戻すことのできないようなドキュメンタリームービーになりました。

GOMES THE HITMANにとって2度目のメジャーレーベルでのアルバム制作。大きなスタジオを自由に使わせてもらうスタイルでのレコーディングはこれが最後だったと思います。僕は29歳で、今よりもっと痩せていて、帽子を深く被って神経質そうに見えます。堀越は金髪、須藤は長髪、けっちゃんが一番変わってなくて、当時五人目のメンバーだったPLECTRUMアッキーにはムードメーカーの役割を担ってもらっていた。『omni』というアルバムは『mono』と『ripple』に挟まれた、いろんなサウンドを詰め込みすぎたアルバムだという反省があるのだけど、この映像を観ているとみんないきいきしていて、デビューから25年という旅路のなかで通るべき道だったのだなと思います。不思議とこの映像を観たあとで聴く『omni』は音像がぐっとリアルに迫ってくる。ぜひお試しください。

7月のツアーでもこの作品から演奏すると思いますので。



Posted by monolog at 07:52│Comments(0)