2020年07月14日

Go To どこへ

布マスクを1世帯に2枚配布というのも冗談のような、歴史に残る愚策だと思ったけど、「Go To トラベル」キャンペーンの強行に関しては常識とか良識といった概念が崩れ落ちていく風景が浮かぶ。「えええ!?」と思う自分のほうが間違っているのかな、と不安になる。4月5月と家にこもって、6月にようやく自宅以外の会場からライブ配信ができるようになって、7月後半はいよいよ東京を離れて遠くの街まで、と淡い期待を抱いていた。そうなってほしいと願いながら各所と連絡を取り合って、何ができるか、どうやると安全か、と話し合って準備をしていたけれど、国内(特に都内)の状況を考慮して7月の頭にはすでに「まだ全然ダメですね」という判断をしたところだったから、予定を前倒ししてまで政府が旅を促すなんてびっくりする。悪い夢みたいだ。

来週は4連休。僕は出かけずに2ヶ月ぶりに自宅からのライブ配信だけど、後戻りじゃなくて新しいステップを踏みたい。

AB04311D-2AB4-4094-8E60-8CD7B789E0FA


2020年7月25日(土)@ 自宅
山田稔明「夜の科学 at home vol.8」


■出演
山田稔明(GOMES THE HITMAN)
■配信内容
GOMES THE HITMAN山田稔明によるソロ弾き語り配信ライブ。
2ヶ月ぶりに自宅からたっぷりお届けします。全国のみなさんおつきあいください。

■放送予定
2020年7月25日(土)@ 仕事部屋
21:00開場 21:30開演(約90分の演奏を予定)
料金 2000円(税込:2週間録画アーカイブをご覧いただけます)

キャスマーケットでチケットを購入  

Posted by monolog at 23:02Comments(2)

2020年07月03日

コロナ禍と都知事選

東京は日曜日に選挙だ。僕は午前中に行くつもり。新型コロナウィルスとか東京オリンピックとか、大きな問題がたくさんあるのにそこに差す希望の光のようなものは見つからない。数週間前ポストに投函された選挙公報をため息をつきながら何日も眺めた。テレビでの報道は少なく、街頭演説にも一度も出くわすこともなく、Twitterとラジオが思考の材料になっている。これまで僕が票を入れた人が都知事になったことは一度も、ない。今回もどうせ、と思ってしまうけれど、ジョン・レノンが「Imagine」のなかで歌うように「夢追い人だと君は言うかもしれないけど、僕みたいな人は一人じゃないはずだ」と強がるナイーブさをなくさないまま年老いていきたいなとずっと思っている。

いつも聴いているラジオ番組「荻上チキ Session-22」の特集「東京都知事選挙〜全候補者・公開質問状から見えてくるもの」が一番自分にとっての判断材料になった。とか言いながらまだどっちにするか迷ってるんだけど。シニカルにはなりたくない。

IMG_6374
  
Posted by monolog at 22:26Comments(0)

2020年07月02日

7ヶ月ぶりのバンド編成「山田稔明 with 夜の科学オーケストラ」リハーサル

リハーサルスタジオはかなり空いていて、GOMES THE HITMANの練習が終わる頃にスタッフさんから「山田さん、明日も同じ部屋だからもう片付けないでこのままにしといていいですよ」と気を使ってもらったが、「メンバーが全然違うんですよー」というパターン。前日に続いてのリハーサルは昨年末以来なんと7ヶ月ぶりとなるバンド編成のソロ、「山田稔明 with 夜の科学オーケストラ」今週末のライブ配信のため。2デイズライブのための2デイズリハ、体のあちこちが痛かったりして久々に疲労の感覚を味わう。

安宅浩司くん、イトケンさん、五十嵐祐輔くん、佐々木真里さん、近藤研二さん。心強い布陣だが、この半年の間にこのうち3人が入院を経験するという…、なんというか、星回りが悪い感じを払拭するようなステージになればいいなと思うし、そのへんのいろいろもライブ中にどこまで話ができるだろうか、と考え中。去年の春は僕が体調を崩して、それをみんなが見守ってくれたのだけど、なにはなくともみんなが元気でいてほしい、と思う。久しぶりの合奏はとても気持ちのいいもので、やっぱバンドはいいなあああと思った。間に合わないと思っていたイトケンさんのドラム、両足骨折したことなんて忘れてしまうくらいナチュラルに僕らの背中を押してくれて静かに感動しました。

メンバーみんなの手元とか、そういうところまでご覧いただけるようなライブ配信になればいいなと思います。ぜひ土曜日の夜は「夜の科学」みなさんそれぞれの光の葡萄でシグナルをつかまえてください。七月四日は先代猫ポチの誕生日。降っても晴れても恵比寿天窓switchは満天の星が降り注ぐでしょう。

IMG_6343

2020年7月4日(土)@ 恵比寿天窓switch
夜の科学 vol.59ー光の葡萄でつかまえて<ライブ配信>

出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
[ 山田稔明、itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、佐々木真里、近藤研二 ]
19:00配信開始 19:30開演/料金3,000円(約90分の演奏を予定)

昨年12月以来となるバンド編成夜の科学にして初の無観客配信ライブが決定。
それぞれメンバーいろいろあった7ヶ月を振り返りつつ喜びの合奏再開です。

ツイキャス公式ストアで視聴チケットを購入


*今回のライブ配信では出演者、スタッフの感染症対策をしっかりと行ったうえで開催します。
*Wi-Fi環境でのご視聴を推奨しますが、ご視聴にあたってはご利用のインターネット回線の状況に大きく影響を受けます。事前にできるかぎりWi-Fi環境の良い場所をご確認のうえ、ご視聴をお願い致します。
*お客様のご視聴いただく環境によって、視聴がスムーズでない可能性もございます。アーカイブ配信がございますので、あらかじめご了承ください。
*チケットを購入するにはアカウント登録が必要です。チケットをご購入の方のみ配信ライブがご覧いただけます。

*2週間アーカイブ視聴が可能です。期間を過ぎますとチケットをお持ちであってもライブ映像はご覧いただけませんのでご注意下さい。
*ライブ配信中に途中から視聴した場合の巻き戻しはできません。ライブ配信終了後のアーカイブ視聴期間中は、巻き戻し可能となりますので、最初からご覧になりたい場合はアーカイブ視聴期間にあらためてお試しください。
*当公演は無観客での開催となります。ご来場いただいても入場や観覧はできませんのでご了承ください。

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887

ツイキャス_0704  
Posted by monolog at 23:49Comments(0)

2020年07月01日

4ヶ月半ぶりのGOMES THE HITMANリハーサル

7月に入って最初の日。2020年の下半期の始まりとともに4ヶ月半ぶりのバンドでのリハーサルでスタジオへ。いつものスタジオも4ヶ月半ぶり。比較的空いているスタジオだけれど僕ら以外にだれもいなかった。ずっとひとりで歌っていたから合奏したら感動するかと思っていたけれど、7年間休んで2014年にリユニオンしたときに比べたら全然だった。それでもいつもより少し大きめなサウンドでセッションから始まって楽曲に移っていく感じとか、鈍った感覚と体力でBPMの早い歌に振り落とされないように汗をかいて演奏するのは、やっぱり超たのしかった。

週末のライブ、セットリストを決めずにスタジオ入りして直感重視で90分の内容を決定。新しい季節の始まりにはなかなかいい感じの並びではないだろうか。GOMES THE HITMANはここ15年くらいミュージックビデオ的なものを作っていないし、ライブ映像などもほとんど残していないので、4カメラ切り替えのライブ配信というのはなかなか新鮮で貴重なのではないか、と思う。いつもソールドアウトしてしまう会場でのステージを、それこそ北海道から沖縄まで、もっと言えば世界中でもご覧いただけるというのがいい。バンドでは初めてのトライなのでバタバタしたりうまくいかなかったりするところもあるかもしれないけれど、前向きに楽しみたいと思います。ぜひ視聴チケットを買って、ドリンクとか食べ物もご用意してたくさんのみなさんに楽しんでいただけたら嬉しいです。

IMG_6319


2020年7月5日(日)@ 恵比寿天窓switch
GOMES THE HITMAN

from a distance / very close<ライブ配信>
出演:GOMES THE HITMAN
[ 山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明 ]
19:00配信開始 19:30開演/料金3,000円(約90分の演奏を予定)

2月渋谷WWWでの奇跡のレコ発公演以来となるステージは
バンド史上初めてのライブ配信となります。最新アルバム『memori』は
もちろん20余年のキャリアからオールタイムベスト的な選曲でお送りします!

*今回のライブ配信では出演者、スタッフの感染症対策をしっかりと行ったうえで開催します。
*Wi-Fi環境でのご視聴を推奨しますが、ご視聴にあたってはご利用のインターネット回線の状況に大きく影響を受けます。事前にできるかぎりWi-Fi環境の良い場所をご確認のうえ、ご視聴をお願い致します。
*お客様のご視聴いただく環境によって、視聴がスムーズでない可能性もございます。アーカイブ配信がございますので、あらかじめご了承ください。
*チケットを購入するにはアカウント登録が必要です。チケットをご購入の方のみ配信ライブがご覧いただけます。

*2週間アーカイブ視聴が可能です。期間を過ぎますとチケットをお持ちであってもライブ映像はご覧いただけませんのでご注意下さい。
*ライブ配信中に途中から視聴した場合の巻き戻しはできません。ライブ配信終了後のアーカイブ視聴期間中は、巻き戻し可能となりますので、最初からご覧になりたい場合はアーカイブ視聴期間にあらためてお試しください。
*当公演は無観客での開催となります。ご来場いただいても入場や観覧はできませんのでご了承ください。

ツイキャス公式ストアで視聴チケットを購入(6月25日正午より販売開始)

ツイキャス_0705  
Posted by monolog at 23:25Comments(0)

2020年06月30日

2020年が半分終わった

2020年が半分終わった。6月の最後の夜に思うのは、1月から5月までがやたら長くて、この1ヶ月は本当にあっという間だったなということ。6月は下北沢にばっかり出かけた。自分の配信のためにleteに2回、leteが独自で始める配信の手助けに2回。そして友人の高橋徹也氏が初めてのワンマン配信で超ナーバスになっているのを冷やかしに、1回。下北沢leteの配信は店主町野さんの目を見張るような頑張りもあって軌道に乗った感があり、とても嬉しい。サトミツ&ザ・トイレッツでの荷物受け渡しミーティングという名の飲み会もあったから、それこそ週に何度も。曽我部さんの新しいカレー屋さんでテイクアウトもしたし、犬派だと思っていた曽我部さんから猫の相談を受けたりもした。フラッシュディスクランチにもユニオンにも古着屋さんにも行った。いつも通りの下北沢かというとそんなことはなくて、僕が行った日はCLUB Queも440もラプソディも、どこも閉まったままだった。

1999年にGOMES THE HITMANがデビューしたとき下北沢で3ヶ月マンスリーイベントがあってくたくたになった(対バンはクラムボン、ロッキーチャック、イノトモ、benzo)。ある時期からなんとなく自分のホームはここじゃないんじゃないかと思って距離を置いたこともあったけれど、これまでの人生で体験したこともないような季節を経て、また下北沢からやり直しているような感覚があって面白い。とか言って、今週末は二日間恵比寿からライブ配信なのだけど。15年以上お世話になっている天窓switchで、昨年末以来。スタッフみんな元気かな。

明日から7月。2020年後半はどんなふうだろうか。これから先、どんなことが起こるのだろうか。あさってくらいの未来のこともわからないなんて初体験。記憶に残る1年になるのだろうな。

IMG_5196


2020年7月4日(土)@ 恵比寿天窓switch
夜の科学 vol.59ー光の葡萄でつかまえて<ライブ配信>

出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
[ 山田稔明、itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、佐々木真里、近藤研二 ]
19:00配信開始 19:30開演/料金3,000円(約90分の演奏を予定)

昨年12月以来となるバンド編成夜の科学にして初の無観客配信ライブが決定。
それぞれメンバーいろいろあった7ヶ月を振り返りつつ喜びの合奏再開です。

ツイキャス公式ストアで視聴チケットを購入



2020年7月5日(日)@ 恵比寿天窓switch
GOMES THE HITMAN

from a distance / very close<ライブ配信>
出演:GOMES THE HITMAN
[ 山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明 ]
19:00配信開始 19:30開演/料金3,000円(約90分の演奏を予定)

2月渋谷WWWでの奇跡のレコ発公演以来となるステージは
バンド史上初めてのライブ配信となります。最新アルバム『memori』は
もちろん20余年のキャリアからオールタイムベスト的な選曲でお送りします!

ツイキャス公式ストアで視聴チケットを購入



*今回のライブ配信では出演者、スタッフの感染症対策をしっかりと行ったうえで開催します。
*Wi-Fi環境でのご視聴を推奨しますが、ご視聴にあたってはご利用のインターネット回線の状況に大きく影響を受けます。事前にできるかぎりWi-Fi環境の良い場所をご確認のうえ、ご視聴をお願い致します。
*お客様のご視聴いただく環境によって、視聴がスムーズでない可能性もございます。アーカイブ配信がございますので、あらかじめご了承ください。
*チケットを購入するにはアカウント登録が必要です。チケットをご購入の方のみ配信ライブがご覧いただけます。

*2週間アーカイブ視聴が可能です。期間を過ぎますとチケットをお持ちであってもライブ映像はご覧いただけませんのでご注意下さい。
*ライブ配信中に途中から視聴した場合の巻き戻しはできません。ライブ配信終了後のアーカイブ視聴期間中は、巻き戻し可能となりますので、最初からご覧になりたい場合はアーカイブ視聴期間にあらためてお試しください。
*当公演は無観客での開催となります。ご来場いただいても入場や観覧はできませんのでご了承ください。

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887  
Posted by monolog at 22:02Comments(0)

2020年06月26日

最高の瞬間はだいたい近未来

昨日のこと、朝から仕事部屋をきれいに掃除。昼からずっと新曲のデモ録音。新しいDAW(音楽制作ソフト)でできることや操作法を研究、四苦八苦しながらも、録音しているのは初めてトライする新曲だから気持ちは新鮮で、先走る。だからわからなくてもとにかくやってみる、というふうに相乗効果があってとても有意義。何かを憶えたいときにはそこに「自分を駆り立てる」要素を混ぜるといいのだなと再確認。いつできあがるかはわからないけれど新しいレコード制作が始まった。わくわくする。

夜になって中島愛さんの配信ライブ「中島 愛 Online Live #0 〜流れ星を探して〜」を観た。どこかのライブ会場からの無観客ライブ、バンマスの西脇辰弥さんゲスト出演のほか、ステージには基本的にまめぐちゃんが独り、歌い踊り、話しかける。冒頭2曲目に僕が作詞を担当した「最高の瞬間」が歌われたのだけど、彼女の復活シングルのために書いた歌詞がこの数ヶ月のコロナ禍と相まって、また新しい意味を孕んで響いて驚いた。自分が書いた言葉に不意に出会うときはだいたいいつも音楽が力強く背中を押してくれる。最高の瞬間はだいたい近未来、そこがスタートライン。

7E34A7AE-C80A-4732-A68C-B5294C832BD8
  
Posted by monolog at 10:32Comments(0)

2020年06月23日

数ヶ月ぶりの何か

友人ミュージシャンと荷物の受け渡しをしなくてはならなくて、そういう案件が3人と3つくらい重なったため、「もう仕方がないから下北沢で夕方集まろう」「場所は、居酒屋にしよう」というこになった。外でお酒を飲むのは3月末のGOMES THE HITMANの集まり以来だったけれど、店内には僕ら以外に客も少なく、これまでとは何かが変わった感じがあったけれど、時間が進むにつれてみんな饒舌になっていくし、1軒で終わらずもう1杯だけ、という感じにもなる。

数ヶ月ぶりに乗った井の頭線、下北沢の駅なんてもう全然どこがどこだかわからないけれど、真夜中過ぎに吉祥寺に帰ってきた。僕がずっと出かけずに家にいることに慣れたうちの猫が「おま、どこ行ってたニャー」と鳴く。弛緩するのは良くないが、やっぱり人に会うのは楽しいなと改めて思った。

D2E3E5A2-AE53-467B-8C6B-329C344CEB9D
  
Posted by monolog at 23:03Comments(1)

2020年06月19日

ポチの七回忌

6月19日は先代の愛猫ポチの命日、2014年から6年で七回忌。あっという間にも長い長い時間にも思える不思議な感覚。いつもよりもいろんな思い出を引っ張り出して日に当てて風を通す(一日雨降りだったけど)。ポチは僕にとって運命の猫で、2000年に出会わなかったら今みたいな人生にはなってなかった。あれからちょうど20年で、生きていたら21歳。会いたいなあと思うけど、もはやいつも「いる」とも思える。記憶の毛布をたぐり寄せてゴロゴロするような、少し肌寒くて、とても温かな一日だった。

IMG_5668

IMG_5666

  
Posted by monolog at 23:09Comments(1)

2020年06月18日

左手で絵を描くような

Pro Toolsという音楽制作ソフトを2003年頃から使って音楽を作ってきたから、もうかれこれ17年とかになる。もう目をつぶっても無意識でも作業できるくらいなのだけど、この春の自宅滞在時間の長さもあり、Logic ProというAppleのDTMソフトも触ってみようと思い立ったのだ。その環境を作るまでにハードディスクを買ったり、変換ケーブルを買ったりとあれこれ手間取り、今日は一日じゅう操作に手間取りながら録音していた。マニュアルはあえて読まず直感的に。なにかつまずくことがあるとキンモクセイのイトシュンにLINEで尋ねると写真付きですごく丁寧に説明してくれるから、なんとか夜までに最初の実験作ができあがった。

左手で絵を描くような感じ。かゆいところに手が届かない感じがあって、でも新鮮で、そこに手を伸ばしてみたくて、新しいことを始めるのって面白いなあと思った。今までやってきたことも確かにそばにあって、これからもあり続ける。明日はまた違うやり方で実験してみようと思う。今週末は吉祥寺スターパインズカフェでのライブ配信イベント。これもまた初めてのトライ。

IMG_5590

2020年6月21日(日)@ 吉祥寺スターパインズカフェ(ライブ配信)
SPC Streaming session


出演:青木慶則 / 高橋徹也 / 山田稔明
配信開始:15:30
演奏開始:16:00(18時頃終演予定)
視聴チケット:¥2300

TiGETにてチケット発売中!
チケット購入&ライブ視聴はこちら


※購入ページにて6月24日(水)までアーカイブ視聴可能
※当日開演時刻(16時)以降にチケットをお求めの方は当日券をお買い求めください。
※動画視聴には高速で安定したインターネット回線が必要です。
※ライブ配信のみのため、当日は会場には入れませんのでご注意ください

お問い合わせ
吉祥寺 スターパインズカフェ(https://mandala.gr.jp/SPC/
TEL:0422-23-2251  
Posted by monolog at 23:49Comments(0)

2020年06月17日

半年ぶりの安宅くん

ギタリスト/シンガーソングライターの安宅浩司くんが吉祥寺に来る用事があるというので久しぶりに会おうよということになり、夜に来宅。実に昨年12月の恵比寿での夜の科学以来、半年ぶり。びっくりする。半年前の恵比寿もいろいろあって大変で、忘れられない夜だった。またみんなでステージ上で笑い話にしたい。安宅くんとは定期的に連絡を取っているので(だいたい健康の話)そんなにブランクを感じないけれど、やっぱりサーっとあっという間に半年とか時間が過ぎてるとびっくりする。安宅くんは2月に『THE ACES』という素晴らしいCDをリリースした。前作から10年ぶり、コロナ禍もあって新作を携えての十分なライブ活動ができてないと思うけれど時間をかけて安宅くんの歌が広がっていったらいいなと思う。

そろそろ一緒に演奏したくなってきたよね。

32404F5D-2FCA-493F-ACA6-BCC68D9DCF59
  
Posted by monolog at 23:24Comments(1)

2020年06月15日

4ヶ月ぶりの映画館

コロナ禍以降、初めて映画館で映画を観た。今年前半を振り返るとお正月にダニー・ボイルの『イエスタデイ』を観てから1月だけでも『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』、『パラサイト 半地下の家族』、2月には帰省した佐賀であまりにも暇で仕方なかったので『犬鳴村』という映画を観たり、結構映画館づいていたのだけど、実に今日、4ヶ月ぶりの劇場だった。マスク着用が義務、入り口では検温。密を避けるために前後左右に席が続かないように規制テープが貼ってあった。観たのはジム・ジャームッシュ監督作品『デッド・ドント・ダイ』、昨晩はウィル・スミスの『アイ・アム・レジェンド』をAmazon Primeで観たところだったので、ディザスター2デイズ。しかしながら『パターソン』という情緒あふれまくる映画の次の作品がこのとぼけたツッコミどころ満載のゾンビ映画なのが可笑しい。久しぶりに大きなスクリーンで観る映画、とても楽しかった。

観客は4,5人?もっといたかな。でも平日の昼間の映画館はコロナ以前だってだいたいそんなものだったし、ライブハウスがぎゅうぎゅうの超満員になることなんてほとんどないように、映画館だってたいていの場合空席がある。変わったことと変わらないこと、その両方があるな。帰り道、この街の人々がみんなゾンビだったら、と妄想しながらひと気のない細い道を選んで家まで。さあ、僕らは生き残れるかな。

168707BD-97B5-456E-95F8-387E3253DCF6
  
Posted by monolog at 23:35Comments(0)

2020年06月13日

雨の土曜日

ずっとライブ配信していた仕事部屋で今日は終日レコーディング。毎週ラジオの収録はやっているけれど楽器の重なり、リズム、声の響きに集中して向き合う久しぶりの感覚だった。録音したのは時間を越えて、ずっと昔から慣れ親しんだ数曲だったので迷うことはなかったけれど、新しい発見があったりもする。recording=記録する。もうレコード1枚分の新しい歌たちも出揃った感があるから、新しい作業を始めるのにいい季節かもしれない、とずっとやまない雨を窓の向こうに眺めながら思った。

階下に降りるとチミママが軒先で雨宿りしていた。紫陽花の紫とホウセンカの赤、葉や芝の緑が雨に濡れてとてもきれいだった。

IMG_5359
  
Posted by monolog at 23:11Comments(0)

2020年06月12日

6月はよく出かける

4月5月の自主的ロックダウンから一転、6月になって出かけることが多い。でもまだ電車に乗っていないので街の様子はいまいちわからない。下北沢には何度も行ったのでだいたいぐるっと、いつも行くお店なんかを覗いたけれど、CLUB Queも440も、ライブハウスやバーはまだどこも閉まっててさびしかったし、ちょっと何か食べようかと思ってもどの飲食店もびっくりするくらいお客さんが入ってないから逆に入りづらくて、結局家でご飯を食べることになる。出かける頻度は増えたけど、やっぱり自分のまわりはまだ、そんなに何も変わらない。ひとつ変わったのは偶然、あるいは必然的にたくさんの人に会うようになったこと。人に会うのはいい。いろんなことを思い出す。

木曜日の夜はバタバタとして、23時からいつものインスタライブの予定だったのが、家に帰り着いたのが23時15分で、それから急いで準備をして23時半から配信をやった(「baby driver」を歌いました)。少し落ち着きがなかったのは慌てていたから。今週末は日曜日18時半からレギュラーラジオ番組「PRIMECATS RADIO」。来週末はスターパインズカフェからのライブ配信です。お楽しみに。いよいよ梅雨入りし、雨の洞窟。このトンネルを抜けたらどんな季節が待っているでしょうか。

FEAE9857-47C7-437F-8C40-80BE7DFA8A9C
  
Posted by monolog at 23:20Comments(0)

2020年06月07日

何がどう変わったか

6月になって1週間が過ぎて、何がどう変わったかというと、意外といろんなことがそんなに変わっていない。ついこないだの5月と似たような日々を送っている。これは音楽家という職業柄ゆえだろうか。一回だけ外でラーメンを食べたけれど、それ以外に外食をしていないし、だいたいずっと家にいる。パンを焼き、iPhoneでヨガをして、猫を遊ばせる。時間がたっぷりあるから芝に水を撒いたり、逆にドクダミの荒地は見て見ぬ振りをしたりする。変わったことといえば、週に何回かレコード屋に立ち寄ることくらいか。あとどれくらいしたらパッと目の前が開けるような感覚を味わえるのかな、と空を睨む。

こないだ下北沢に行ったとき、そして下北沢から吉祥寺まで帰る道のりは「ああ、忘れていた、この感じ」と思った。火曜日に下北沢へ行ってライブをしたら、打ち上げ!みたいな気持ちになるだろうか。いろいろ様子を見ているところ。下北沢leteでのライブ配信、お時間ある方はぜひお付き合いください。

IMG_4950

2020年6月9日(火)@ 下北沢 lete
夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽40


ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)
20:45開演 21:00開演 料金2000円(税込)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

いよいよ自宅を飛び出して下北沢の街へ。
恒例の下北沢leteでの音楽会は初めての
オンライン配信です。

*会場へお越しいただいてもライブをご覧になることは
できません。ご了承ください。

ツイキャス公式ショップでチケットを購入

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275  
Posted by monolog at 23:51Comments(0)

2020年06月05日

5ヶ月ぶりの下北沢

4月はじめに予定されていた下北沢lete昼夜二部制の公演は当然延期となり、6月5日と9日の二日間を振替公演にしていたわけですが、事態を甘く見ていたというか、希望的観測を夢見過ぎたというところか、いつも通りのライブはまだまだ難しい。下北沢leteは6月から様々な対策をとって営業を再開、5ヶ月ぶりにお店に辿り着くと、ステージと客席を仕切るビニールの幕を店主町野さんが畳んでいるところだった。来週6月9日をライブ配信公演にすることにして、その配信の実験を、あれこれ試行錯誤しながら。町野さんも買ったばかりの配信の機材を慣れない手つきで。こうやっていくつになっても人間は新しいことを身につけていくのだ。

leteという会場は縦長の画面で見るほうが「leteっぽい」と思ったので、これまでの横長の画面ではない、新鮮な画角で試験配信をした。6月5日はGOMES THE HITMANの『weekend』がリリースされた日なのでダイジェストで全曲歌うことを決めていたから、結構たっぷり40分くらいの演奏になった。アーカイブ録画がここでご覧になれますので週末のお楽しみにどうぞ(14分くらいから始まります)。そして、ぜひ来週6月9日のとても久しぶりの自宅から以外のステージにお付き合いいただけたら嬉しいです。

下北沢を久しぶりにあっちからこっちまで歩いた。昔とは全然変わったけれど、変わらないなあと思う部分も確かに、ある。それが何かはうまく言えないけれど。



2020年6月9日(火)@ 下北沢 lete
夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽40


ライブ配信(ツイキャス プレミア配信)
20:45開演 21:00開演 料金2000円(税込)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

いよいよ自宅を飛び出して下北沢の街へ。
恒例の下北沢leteでの音楽会は初めての
オンライン配信です。

*会場へお越しいただいてもライブをご覧になることは
できません。ご了承ください。

ツイキャス公式ショップでチケットを購入

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275  
Posted by monolog at 23:43Comments(0)

2020年06月04日

紫陽花は揺れるまま

紫陽花が咲き始めた。今年は花がたくさんついた。いつもと何が違うんだろうか。庭師さんの剪定の仕方かな。もうどうにも髪の毛が鬱陶しくなって、ついにヘアカットへ。最後に電車に乗ったのが3月23日、『饒舌スタッカート/雨の夜と月の光』アナログカッティングのときだったから、もう2ヶ月半が経つ。以降吉祥寺以外の街へはほとんど出かけていってないからドキドキする。どうしても電車に乗るのが気が進まなくて車で出かけた。街ゆく人たち、ほぼすべてがマスクをつけている風景。数ヶ月ぶりの外出で、思いも寄らないような、多分ずっと忘れないような出来事に遭遇。6月4日はひとつの記念日に。もう10年以上お世話になっているサロン、髪を切ってもらうときもマスクをつけたまま。表情が見えないから声色や声量でアクセントをつけた。

夜、木曜日のインスタライブ。火曜日を休んだから久しぶり。なんだかふわふわと浮き足立って、新しい季節、という感じ。金曜日はいよいよ下北沢へ。

B4909571-08FD-4634-9A34-B17510C176D9
  
Posted by monolog at 23:51Comments(2)

2020年06月02日

GREEN, BLACK & RED

庭に芝生を敷いた。土を掘り起こしたり、雑草を根絶やしにして除草シートを置いたり、なんやかんや二年越しでの芝生。目の前に緑のシーンがあると気持ちいい。寝て起きたら芝の庭になっていて驚いたポチ実も足の裏に心地いいのかご機嫌だ。庭の脇のほうのドクダミやカタバミの海は荒れ狂っているが見えるところはきれいになった。雨の季節に根を伸ばして盛夏にもっと青々となったらいいな。

ここ数日ずっとアメリカのニュース映像、YouTubeのライブストリームがつけっぱなし。ドローンのカメラが街を監視するような映像を淡々と流すチャンネル、それをぼんやりと眺めている。ふとテレビのニュースを見ると東京アラートなる聞きなれない言葉が連呼され、赤い光が不気味に浮かび上がるのを見た。2020年とはなんという年か。

IMG_4789
  
Posted by monolog at 23:25Comments(0)

2020年06月01日

2月、そして3月4月5月|6月になった

6月になった。今年の手帳を眺めながら、こんなにスケジュールに予定を書き込まなかったことなんてこれまでなかったなと改めて思う。昨年末にGOMES THE HITMAN『memori』が出て1月はプロモーションのラジオ出演で駆け回ったけれど、2月になって「新型コロナウィルス」という話題が浮かび上がった。2月2日は二子玉川の蔦屋家電でのインストアイベントだったが、その前日にレコード会社スタッフから「新型コロナの問題っていうのがあって…」と、状況次第では今後のイベント中止の可能性がゼロではないという話を聞いた。翌週2月8日は福岡での弾き語りライブだったが、まさにその日福岡のコンサート会場で感染者が出たことで状況が一気に変容する。

2月16日のちよだ猫まつりも開催があやぶまれたイベントだった。この日あたりからサインをしたり握手をしたりするのが怖くなってきた。2月25日の渋谷WWWでのGOMES THE HITMANレコ発、渋谷へ向かう車中で前述の福岡のコンサート会場での感染事例のニュースを聞き、ライブ翌日に政府がいイベントの自粛を要請、その後コンサートやライブは開催されなくなった。その翌週「饒舌スタッカート/雨の夜と月の光」両A面シングルの打ち合わせで行ったソニーのオフィスはテレワークのせいで閑散としていた。

インスタライブを始めたのは3月5日で、そこから11日連続で自宅から歌った。歌ったり喋ったりしないと不安だったのかもしれない。名古屋と大阪のレコ発は延期となりリハーサルの代わりにメンバーで集まってお酒を飲んだ。「饒舌スタッカート/雨の夜と月の光」のアナログカッティングの作業は3月23日、翌24日に東京オリンピック・パラリンピックの開催延期が発表された。もうこの頃になると緊急事態宣言がいつでてもおかしくないということになっていたけれど、GOMES THE HITMANでスタジオに入って録音作業をしたのが3月末。二日間続けてスタジオに入る予定が予期せぬ大雪が降って大慌てでリスケジュールした。このスタジオセッションはまだ止まったまま。新しい月曜日が来るたびに「いよいよ緊急事態宣言、ロックダウン」と噂が立つ。

エイプリルフールに総理大臣が布マスクを2枚、全家庭に配布すると会見した(緊急事態宣言の終わりとともにうちに届いた)。自発的ロックダウン始まる。iPhoneの導きでヨガをして、パンを焼き、梅を漬け、ひたすら掃除をする日々。4月2日にライブ配信用の機材を注文して翌3日に届いたので、すぐにいろいろ実験。このときの集中力はすごかったと思う。その週末4日と5日、2日連続で自宅仕事部屋からツイキャスで「夜の科学 at home」を開催した。レギュラーラジオ番組「PRIMECATS RADIO」が始まったのもその週末。この頃から火曜日と木曜日がインスタライブというルーティンに。週末はライブ配信とラジオというペースができあがった。4月20日にイトケンさんが両足骨折という大事故、その場にいあわすことになり、コロナとはまた別の大変ないろいろ。本当なら沖縄にいたはずなのに、という気持ちがハイテク猫町フェス開催に繋がった。GOMES THE HITMAN「饒舌スタッカート/雨の夜と月の光」シンングルの発売が正式決定
したのもこの頃。

5月になり世にも奇妙なゴールデンウィーク。その間にポチ実が急性胃腸炎になって病院通いと自宅での投薬と点滴を4日間。単調なはずだったおうち時間は波乱万丈。ポチを看病した記憶がフラッシュバック。チミちゃん元気になって本当によかったよ。所用で出かけた久しぶりの街、楽器屋が営業していたので引き寄せられるように入店、そこで小さな古いギターを衝動買い。このギターのおかげで心が弾んだ。5月いっぱいの緊急事態宣言が1週間前倒しで解除されたのが24日。だんだん色が戻ってきたり、ゆるんできたり、新しい形になっていく世界。

そして、6月になった。朝からアメリカのニュースのライブストリームをずっと眺めて呆然としながらも手だけは機敏に動かして事務仕事をした。吉祥寺の街も今日からほぼすべての商業施設が営業を再開、2ヶ月ぶりに行ったレコードショップで店員さんと挨拶したり話したりするだけで嬉しい。ライブやエンターテイメントはまだ戻って来ないし、これからどういう形式でやっていくことになるのかまだまだ先が見えないけれど、社会はじりじりと音を立てながら、半ば強引にでもいろんなことを動かしていこうとしている。この何ヶ月か、そしてこれからの何ヶ月かのことをずっと忘れないようにしたい。

856DD887-EB5D-4AA8-96CE-15341C02C44B
  
Posted by monolog at 22:20Comments(0)

2020年05月28日

またやってくる週末

連日ライブ配信を繰り出している仕事部屋には朝一番のいい光が入るから、ポチ実が気持ちよさそうに寝ている姿によく出くわす。おうちライブと猫のいる暮らし。まだまだ出かける理由も用事もなく、時間がたっぷりあるからコンピューターに関してのいろいろをアップデートしたりアップグレードしたりしているうちに日が暮れる。今まで見て見ぬ振りをしていたものと対峙することになって、この2ヶ月で自宅環境の何もかもが少しずつ、そして確実に快適になっていくのが皮肉だ。今はこれからのレコーディングについて考えている。3月はしんどい1ヶ月だったけれど、大げさに、そして極めて前向きな物言いをするならば4月と5月は荒波が来るのを迎え撃って始めたばかりの波乗りに興じたような感覚すらある。週末のライブ配信はオールリクエストによるセットリストを予定しているけれど、リクエストが
80曲にも及んでいる。ここから10数曲選ぶのは至難の業。だけどこれも楽しんでいるところ。

冬から春、もう何度も自宅で過ごす土日を経験しているが、今日からどんな週末になるだろうか。

C94A73EE-65AC-42B7-9CFF-BA97D6ECCB04

2020年5月30日(土)@ 仕事部屋
山田稔明「夜の科学 at home vol.7」


■出演
山田稔明(GOMES THE HITMAN)
■配信内容
GOMES THE HITMAN山田稔明によるソロ弾き語り配信ライブです。
自宅仕事部屋からお届けします。リクエストを添えてお申し込みください!
■放送予定
2020年5月30日(土)@ 仕事部屋
21:00開場 21:30開演(約90分の演奏を予定)

キャスマーケットでチケットを購入
  
Posted by monolog at 23:52Comments(0)

2020年05月26日

火曜日のおしゃべり with 青木慶則(ex-HARCO)

火曜日と木曜日はインスタライブすることにしたのは緊急事態宣言が発令された週だったから実に8週目。非日常のなかの日常になった配信、6月になったらどうしようか思案中。加古川チャッツワースとお菓子屋ダンラナチュールとの交流がきっかけで作られた「カフェの厨房から」、そしてステーショナリーショップTRAVELER'S FACTORYのために作った「notebook song」を歌った。みんなに早く会いたい。サプライズゲストに青木慶則くんを迎えておしゃべり。彼がHARCO名義で最後に行なった吉祥寺スターパインズカフェ公演の模様を現在YouTubeに公開していて、それに伴い苦境に立っているスターパインズカフェへのサポートを募っています。僕もソロとバンドの両方でお世話になっているスターパインズカフェ、大切な場所なのでなんとか支えていきたいと思います。「支度」という曲を歌ってくれた。20年来の盟友との楽しい時間でした。僕のインスタグラムのIGTVでアーカイブを見ることができます。HARCOのラストライブはここで今月いっぱい視聴可。スターパインズカフェへのサポートについても彼のHPに詳しく書いてあります。

僕はまた木曜日にインスタライブと、土曜日にこの春を締めくくるツイキャス プレミア配信での自宅仕事部屋から弾き語り。リクエストを募っていますが、準備もあるので木曜日くらいまでにはぜひとも!

IMG_4422

IMG_4434

IMG_4433


2020年5月30日(土)@ 仕事部屋
山田稔明「夜の科学 at home vol.7」


■出演
山田稔明(GOMES THE HITMAN)
■配信内容
GOMES THE HITMAN山田稔明によるソロ弾き語り配信ライブです。
自宅仕事部屋からお届けします。リクエストを添えてお申し込みください!
■放送予定
2020年5月30日(土)@ 仕事部屋
21:00開場 21:30開演(約90分の演奏を予定)

キャスマーケットでチケットを購入
  
Posted by monolog at 23:58Comments(0)

2020年05月25日

緊急事態宣言デイズの終わり、そして始まり

新しい月曜日。すっかり忘れていた原稿依頼の催促。ごめんなさい。締め切りを数日過ぎていたのでお昼から集中して書き上げた。最近集中力がすごい(当社比)。2ヶ月ずっと家に篭っているわけだけど、完全に体内時間割ができあがった。猫と一緒にいる時間も相当に増えた。ある意味、猫の暮らし方と近くなった。行動して、ご飯を食べて、昼寝して、行動して、居心地のいい場所を探して、夜が来たら眠るのだ。この感覚はもうしばらくは変わらないような気がしてきた。

午後になって月末を待たずに緊急事態宣言解除が発表される。夕方総理大臣の会見。日本ならではのやり方で、日本モデルの力を示した、と。我々はそれぞれがいろんなことを我慢したけれど、なにか特別なやり方や心強い提言が政治で示されただろうか。この解除に歓喜するような楽観的な考えを思慮深い僕らは抱くことができるだろうか。何かが終わってもまた違う何かが始まる。新しい生活様式というなら、もっといろんな部分が改新されないと意味がない。コロナ以降の季節が来る。

IMG_7884
  
Posted by monolog at 23:07Comments(0)

2020年05月23日

なんということでもない土曜日

昨日の夜、LINEのやりとりから高校時代の同級生2人と僕含めて3人でリモート飲み会をすることになって、なにを話すことがあるのかよと思ってたけどやっぱり止めどなく話が続いて3時間弱。昔話よりもここ最近のこととか少し未来の話が多かったのが意外だった。急なことだったのでうちにはそんなにお酒がなくて、ビールとノンアルコールビール、しかたなく料理のために買った白ワインをちびちび飲んで、気づかないうちに結構お酒が進んだようで、朝珍しく起きられなかった。業種が違ってもコロナは日々の仕事や暮らしに等しく影響を与えているのだな、と改めて感じた夜だった。

今日は久しぶりに日差しがあって、日曜日はもっと晴れるらしいからわくわくする。米粉のパンを失敗したのが悔しくてもう一回やり直してみた。水の温度や混ぜ方も再考してみてもやっぱりうまく膨らまないけれど、背の低いパンだけど味も良いしもちもちしているから、もうおれの米粉パンはこの見た目だということにして美味しくいただく。木彫家のはしもとみおさんから三重地産の野菜やみおさん手作りの味噌とか醤油が送られてきて、その新鮮さにテンションがあがった。さあ東京からは何を返そうか。

Youtubeでの配信の実験を夕方からやってみて、いろんなことがわかった。明日21時からYoutube Liveで配信してみようと思います。GOMES THE HITMANのYoutubeチャンネルで、どなたでも見られますのでぜひ。ラジオ「PRIMECATS RADIO 増刊号」みたいな時間にしてみようかと考えてます。明日、日曜日、18時半からはK-mixでラジオ、21時からはYoutubeでお会いしましょう。


1A94EC7B-1222-4650-ABD8-D7CA9FCFE758
  
Posted by monolog at 23:34Comments(0)

2020年05月22日

重たいステップ

また新しい月末。2月の終わりからガラッと変容した暮らし。その変容がまた停滞して、退屈しない方法を自分で発明しないといけない。今日は新しい試みとしてiPhoneとApple Watchで簡単なヨガを始めた。まちなかまで出る用事があったのでそれを言い訳に2ヶ月ぶりにレコード屋さんに行ってみたけど、やっぱりパタパタとLPを物色するのは楽しくて多分マスクの下で僕はニヤニヤしていたと思う。軽快なステップで帰宅して、ニュースで見た東京都の「休業要請緩和のステップ」というガイドラインを見てため息を深く吐く。2週間ごとの見直し検証でステップを進めていくわけだが、ライブハウスの営業に関してはずっと「 × 」、夏になっても先行きが見えない。

ライブができるようになるのはいつだろうか。しばらく会ってないみんなは元気にしてるかな。トンネルの先を目を凝らして眺めている。

D3BE6D92-7448-4F5D-8BEB-0A25EFE5D803
  
Posted by monolog at 23:42Comments(0)

2020年05月20日

段ボールの魔術師

最後にバンド4人で集まってスタジオ作業したのが3月30日だった。それからもう8週間が経とうとしている。4月から週1のラジオ番組が始まったので、自宅でテレワーク収録して納品、そしてオンエアという新しいルーティーンが加わったため1週間が経つのが早い。あっという間に水曜日がやってきて(その日が納品日なのだ)ぼやぼやしてるとすぐ週末だ。今日はお昼に今週放送分のラジオをデータでK-mixに送って、それからひたすら掃除をした。ものすごい量の段ボールをカッターでさばいて、紐でしばってまとめる。巣ごもりの間にどれほどの宅配便が届いたことか。

月末を待たずに緊急事態宣言が解除される街、そうでない街、いろいろだけれど、個人的には月末までとにかく慎重でありたいと思う。吉祥寺はもうディスクユニオンもタワーレコードも時間短縮ではあるけれど営業をしているらしい。でも、なんとなく出かけられない。そのかわりに大阪や京都のレコード屋さんからまた荷物が届く、ということになり、また僕は段ボールをかっさばき、キュッと紐でしばりあげる。乱立する段ボールと猫が遊ぶ風景。そういう日々がまだまだ続く。

IMG_4139
  
Posted by monolog at 23:14Comments(1)

2020年05月19日

10年目の梅シロップ

うちの庭には梅の木があって、毎年梅が実を結び始めるころに「ああ、今年も」と思うのだけど、バタバタと忙しくしているうちにいつも鳥に食べられたり落ちたりしてしまう。今年はコロナ禍により余りある時間が流れていて、この家で暮らし始めて10年にしてついに梅の実を収穫することができた。鳥に狙われる前に、とまだ青梅の段階で集めた実を梅シロップにするべく氷砂糖と一緒に瓶に詰めたのが2週間前。いよいよ「おれの梅シロップ」が完成した。お湯で割っても、炭酸水と氷でも、美味しい。なんだか特別な味がして胸のすく思いだ。ずっとこれがやりたかったのだ、毎年。

誰かがうちに遊びにきたら「まあまあ」と梅サイダーをさっと差し出すのに。早くみんなに会いたい。

472EE061-3102-4C01-8923-F7E4A0DA5785
  
Posted by monolog at 23:55Comments(1)

2020年05月13日

新しい古いギター

何日か前のこと。久しぶりに吉祥寺の繁華街まで散歩してみようと出かけた。もう何週間も家からスーパー、公園、郵便局くらいしか行ってなかったから、懐かしい感じすらした。ダイヤ街やサンロードは人通りもいつもとそんなに変わらない。お店はまだ閉まっているところが多い。SEIYUに入っている無印良品が営業していたのでうろうろしてみたけど、結局なにも買わなかった。帰り道で、中古楽器屋が開いていたので「おっ!」と思って立ち寄った。入り口のところには「感染症対策のためマスク着用、店内滞在は15分程度でお願いします」と貼り紙がしてあった。あとで知ったことだけど、その日がお店の営業再開の最初の日だったそうだ。

で、15分も経たないうちに僕は小ぶりなギターを買ってホクホクとお店をあとにしていた。完全なる衝動買いだ。大人気ない。やっぱり物欲とか鬱憤みたいなものが溜まっていたのかもな。僕を衝動に駆らせたのはHarmony社製のパーラーギター、1960年代中頃に作られたアメリカ製のやつだった。いわゆるチープ・ヴィンテージ、1960年代に雑誌の通信販売などで安価に売られた入門用のギター。完全に僕の好みのやつだった。とてもかわいくて、眺めているだけで幸せになる。同じような時代のもので、うちにはHarmony Alden Stratotoneというホロウボディのエレキギター、KAYのスチューデントモデルのパーラーギターがあるけれど、そのチープ・ヴィンテージのラインナップに堂々と仲間入りしたこのギターは「Stella」という名前。ラテン語で「星」の意である。なんと気分が高揚する出会いだろう。

それ以来ずっとこのギターを抱いている。ハロー、ダークネスのなかに光る一粒の星、マイ・ニュー&オールド・フレンド。今週末のライブ配信でもこのギターを弾こうと思います。ほんのちょっとの些細な出来事で心がむくむく元気になる。好きなモノ、好きなコトって本当にすごい。

2BF847AA-A970-4ECD-AD4E-3733190FBA70

IMG_7467 2

756A62DC-AFCA-4AB9-A7EE-588484ED1C4F


2020年5月16日(土)@ 自宅部屋
夜の科学 at home vol.6

21:00開場 21:30開演/料金1500円(税込)
*チケット購入の方はライブ終了後アーカイブ録画もご覧いただけます

■配信内容
4月から始まった試み、毎回ひとつずつ新しいサムシングで
階段を昇っていく「夜の科学 at home」さらなる高みを目指します。
GOMES THE HITMAN山田稔明によるソロ弾き語り配信ライブです。
自宅仕事部屋からお届けします。

■放送予定
ツイキャス プレミア配信での放送です
2020年5月16日(土)21:00開場 21:30開演(約90分の演奏を予定)
https://twitcasting.tv/toshiakiyamada

■出演
山田稔明(GOMES THE HITMAN)

ツイキャス プレミア配信のチケット購入はこちらから
  
Posted by monolog at 23:06Comments(0)

2020年05月11日

ブルーマンデイも悪くない

1週間前は猫の具合が悪くて、病院に行ったりご飯を食べさせたり薬を飲ませたり皮下点滴をしたり大変だったけど、ポチ実は完全復調してまためんどくさい猫になって、面白くて楽しい毎日が戻ってきた。気温はどんどん上がって今日は30度に届かんとするほど。緊急事態宣言とか新型コロナウィルス感染症とか、夢か幻だったのかと思うけれど、それはちゃんと現実の出来事だ。パンを焼くためのドライイーストを探して久しぶりに吉祥寺の街なかまで歩いてみたが、たいがいのお店は閉まっているのに人はいつも通りだった。僕の好きなラーメン屋が普通に営業していたので後ろ髪を引かれたが、今ラーメンは自分にとって不要不急な食べ物である。帰宅してペペロンチーノを作って食べた。

原稿依頼とか楽しそうな新しい案件などメールがいくつも舞い込む月曜日。僕が一番好きな色は青なので、ブルーマンデイでも僕は全然構わない。へっちゃら。

IMG_7448
  
Posted by monolog at 20:54Comments(1)

2020年05月08日

なんということでもない日記

猫が元気になって気が抜けたのか一日ずっとボーっと過ごした。なんとなくラジオが流れていて、気が向いたら音楽を聴いたり本を読んだり、思い立って寝室を掃除してみたり、今年初めて漬けてみた梅シロップの瓶をかき回してみたり。そういうなんということでもない日が三月以降あんまりないことに気がつく。あり余るほどの時間があるはずなのに。散歩がてらスーパーに買い物にいったら、やっぱり小麦粉とかドライイーストとか、パンを焼くのに必要なものがすべて売り切れていて、定例になっていたパンを焼くことができないのが残念。かわりにナンを焼く材料を買ってきた。

夜になってWOWOWで録画してある映画を観ようと思っていても、気づいたら寝てしまっている。たっぷり寝て疲れが取れた気がします。土曜日は15時からインスタライブをやってみようと思います。夜の科学、ではなく「昼の科学」。リクエストがある方はコメント欄にどうぞ。演奏曲目の参考にさせていただきます。土曜お昼に会いましょう。

IMG_7352
  
Posted by monolog at 23:44Comments(2)

2020年05月07日

世界にひとつだけの

木曜日のインスタライブはポチ実快気祝いということで未発表の「明け方のミー」、「きみは三毛の子」を歌いました。インスタのフィルターいろんなのがあって面白い。自分でも引くくらい不気味で怖いやつもあって、いつか攻めたヤツもやってみたい。山田稔明詩集にあわせて便利な「オリジナル・ブックマーク・シート」というのを作りまして、とても好評なのですが、これ一枚一枚手描きでサインと曲名(それにまつわるイラスト)を書き込んだ台紙含めて送っています。結果として“世界に一枚”の絵となるのですが、それを写真に収めておけばよかったなあと後悔しています。もしよければ商品到着の際、SNSに「#山田稔明」とハッシュタグをつけてイラストの写真を投稿していただけたら嬉しいです。僕も見れるし、他の人のサインも見れるし。

今週末土曜日は夜ではなく、15時からインスタライブをやってみようと思います。お昼に初めての試み。ぜひお付き合いください。ブックマークはこちらからご注文ください。

IMG_3438

IMG_3445 2

IMG_3476
  
Posted by monolog at 23:56Comments(1)

2020年05月05日

猫町わらしべ長者

とにかく家と、家から一番近いスーパーくらいしか出かける用事がないから運動不足解消のために毎日1時間歩いている。もう近所に通ったことのない道はなくなってきたところだ。買い物帰りに遠回りして道を選んで歩いていたら、花壇を世話しているおばあちゃんがいたので、その花を眺めながら歩いたところ、「この花は育ちすぎて間引いてるの」と話しかけられた。「きれいですね」と返すと「お兄ちゃん、花持っていきなさい。これはカキツバタ、これはアイリス、これは…」とあれよあれよという間に向こうの見えないくらいの花束を抱えていた。「よくうちの花を盗むばあさんがいてね。たくさんあるからいいんだけどさ。でも癪じゃない?そのばあさんが今日松葉杖で歩いてたのよ。罰が当たったのかしらねえ」とニコニコしてて、僕もつられて笑った。またこの道を通って花を眺めてみようと思った。

さすがに花の数が多すぎるので、お隣のお母さんにお裾分けしようと思って呼び鈴を鳴らした。いつも卵とか春菊とかお米とかさやえんどうとか、いろんなものをくれるお隣さん。「わあ、きれい!」ととても喜んでくれて、「あなた、ちょっと待ってて。今日タケノコご飯炊いたの持っていきなさい」とジップロックにいっぱい詰めてくれた。少しくさくさしていた夕方だったけど、なんなのこの町の穏やかさは。優しさは。よくないこともあるけれど、素敵なことも確かに、ある。

E976E440-ECA9-4E56-9A05-20B00B6C524B
  
Posted by monolog at 23:49Comments(0)

2020年04月30日

草を刈る午後

ずっと家で過ごしているでやっぱり今までやり過ごしていたいろいろな部分を丁寧に正して快適にしていきたい、と思う。うちの庭は今一番いい季節、蚊もまだいないし、いろんな芽吹きがあって楽しい。問題は雑草で、ハナニラ、どくだみ、その他手強いやつがいっぱい。毎年気づくと手が付けられないくらいになって、庭師さんに頼み込むことになるのだけど、今年は蚊が発生する前に雑草を刈ることにした。時間がたくさんあるからこそできることだ。もう草を抜く、根絶やしにするということは諦めているから、電動草刈機の出動である。春の快適な日だったけれど、あっという間に汗だくになる。素人の僕がやっても土の表面をなぞるだけだからムラがあり中途半端。でも数時間かけて、なんとなく使用前と使用後くらいの変化はついた。どくだみの匂いが夏の記憶をくすぐる。

お隣さんが「チミちゃんとかわいい花がとても似合ってたのに草刈っちゃんったんですね」と残念がるけれど、これで少しでも蚊が少なくなったらいいなと思う。それに、大丈夫、またすぐどくだみが茂ってきて今月の終わりくらいには白い花がどうしたって咲くのだ。いつだってそういうふうにできている。今年は珍しく梅の実がよくなっている。これを今摘んで漬けたりしたら、また新しい扉が開くのだろうか。今年はとても奇妙な年だ。

IMG_7153
  
Posted by monolog at 23:53Comments(0)

2020年04月29日

心のディスタンス

朝イチでラジオ番組を完パケて納品して、久しぶりの休みらしい休みだった。ずーっと忙しくしている。忙しいふりをしているのかもしれない。お昼から本を読んだり、Youtubeで動画を見たり(最近好きなアーティストの蔵出し映像がすごい)、買ったままで積んであった「大人の科学マガジン」トイ・レコードプレーヤーを組み立てるのに2時間くらいかかったりして、気づいたら夕方。呼び鈴がなり出るとお隣さんが「あなたみたいな仕事は今ほんとに大変でしょう?」と庭で採れた春菊とさやえんどうをおすそ分けしてくれた。こないだは卵とお米もくれたお母さん、この町は本当にいい町だな。僕からは紅茶やお菓子をお返しに。いい休日だった。

知らないうちに気が張ったりイライラしたり、誰かの何気ない言葉が胸にひっかかったり、反対に誰かを嫌な気持ちにさせるようなことを口にしていたり、非日常のなかで心の距離のような、それこそ感情の “目盛り” のようなものに目を凝らすこと。想像力が必要な季節だと日々感じる。「思い思いの言葉を紡ぐことで/誰かしら誰か傷つけてゆくのなら/僕は黙っているよ」と「手と手、影と影」のなかで歌った15年前の自分もそんな気分だったんじゃないかと思い返す。一日のなかで夕飯に何を食べるかがここ最近のもっぱらの楽しみで、インスタグラムに春菊とさやえんどうの写真を載せたらコメントで返ってきた「新鮮な春菊は生でサラダに」という提案に白羽の矢が立ち、苦味が効いた最高のやつになった。美味しいご飯を食べるのってやっぱり根源的な幸せであり喜びだ。明日は何を食べようか。

IMG_3013

2F15F3C7-A198-495D-B38E-D3649E43E912
  
Posted by monolog at 23:54Comments(0)

2020年04月28日

仕事部屋は実験室

しばらく前から火曜と木曜はインスタライブをやることが定例になった。リビングからやったり仕事部屋からやったり。この火曜日回は1日ずっとラジオ収録をやっていた流れから仕事部屋から配信。いろいろ転がっていた機材を繋いでみたら、今までできないと思っていた高音質でのインスタライブ配信ができることがわかったので少し実験。超がつくほど文系の自分の作業が技術的に毎日少しずつ進化していくことに驚くし、全然退屈しないいでやれるのがいい。シンガーソングライター愛弟子の立花綾香がゲスト。数日前に「相談があるのですが」と連絡くれた流れで今回の出演になった。朗読してもらおうと思っていたんだけど「歌ってもいいですか?」というので彼女に提供した「歩いても歩いても」という未発表曲を歌ってもらった。そのガッツが嬉しい。さすがだな、と思う。

木曜日にまたインスタライブをやって、週末5月2日には90分のツイキャス、プレミア配信をやります。有料ですがぜひお付き合いください。新グッズのお知らせも。

IMG_2993

IMG_2996

2020年5月2日(土)@ 仕事部屋
夜の科学 at home vol.5


■配信内容
GOMES THE HITMAN山田稔明による
ソロ弾き語り配信ライブです。
自宅仕事部屋からお届けします。

■放送予定
2020年5月2日(土)@ 仕事部屋
21:00開場 21:30開演(90分の演奏時間を予定)

■出演
山田稔明(GOMES THE HITMAN)

*チケットの購入はこちらから
https://twitcasting.tv/toshiakiyamada/shopcart/3937  
Posted by monolog at 23:55Comments(2)

2020年04月27日

なんということでもないブルーマンデイの話

週末は楽しかった。土曜日に近藤研二さん、むぎ(猫)ちゃん、Wイトケンのチーム猫町フェスでやったライブ配信「ハイテク!猫町フェス」は2日間でのべ3500人もの人が観てくれた。沖縄で開催予定だった猫町フェスはキャパ100人でソールドアウトしていたけれど、その何倍もの人が触れてくれたことが嬉しい。また東京でも沖縄でも関西でも、日本各地でもみんなで集まれたらいいなと思う。日曜日も気分が良くて、庭いじりをしたり生まれて初めてカルボナーラを作ったり、夕方には自分のラジオをリアルタイムで聴いたりした。

本来ならゴールデンウィークの谷間でざわざわするはずの月曜日は曇りのち雨のブルーマンディ。これといって悪いことがあったわけではないけれど、なんとなく憂鬱だ。それでもパンを焼き、猫を遊ばせ、郵便局と銀行で月末のいろいろを済ませ、先方を待たせていた原稿を書きあげた(いいのが書けた)。ラジオへのメッセージがたくさん届いたので収録の準備をした。こんな日々のなかでもto do リストが混み合って忙しいことは救い。気づけば夜になっていた。弦が切れていたギターに新しい弦を張って新しい実験を。そうこうしていたら楽しくなっている自分に気づく。明日、火曜日は何色?

231A12D5-E98D-44EB-A9BF-5FEA50672A6AF590C8A5-9D29-42CD-9637-161E4EC74071
  
Posted by monolog at 23:37Comments(0)

2020年04月23日

ご近所猫騒動

朝、ゴミを出しに外に出たところ、お向かいの猫マコちゃんがひょいっと身軽に道を駆けていくのが見えた。普段からリードに繋がれて外でごろごろと日向ぼっこしているマコちゃんなので「マコちゃん、おはよ」と声をかけてゴミ捨て場まで歩いたのだけど、あれ?今リードつけてたっけ?と思って振り返るとマコちゃんちのお母さんがキョロキョロしながら歩いてきた。「あれ?今マコちゃん向こうに歩いていきましたよ」「えええ!?」ということになってマコちゃん捜索が始まる。2軒隣りの方が「さっきマコちゃん、こっちに」と指をさす。お隣のおうちに連絡して出てきてもらってザワザワしてきた。

いた!マコちゃんはお隣の庭にいて「やべえ!」みたいな顔をしている。車の下に隠れてしまってバツが悪いのか出てこないからお隣のお父さんが長い箒で追い込み、僕が手を伸ばして首ねっこを押さえた。マコちゃんはスレンダーだから驚くほど軽かったな。チミとは大違いだ。「よかったあああ」とみんなが安堵し、マコちゃんのお母さんは何度もお辞儀をして申し訳なさそうだった。無事で本当によかった。ご近所みんな良い人ばかり。写真はそんなことが起きてるなんて全然知らずに寝て起きてきたチミちゃん。

IMG_6879
  
Posted by monolog at 23:16Comments(1)

2020年04月21日

非日常のなかの非日常

なんという日か。非日常のなかで非日常的な出来事が起きた。山田ソロバンドや猫町フェスの仲間であるイトケンさん、お昼過ぎからいろんな作業についてリモートミーティングをしていた最中に「仕事部屋のドアが開かなくなって外に出られない」という事案が発生。最初は面白おかしくやりとりしていたんだけど、何を試しても本格的に開かなくて、僕がドライバーなど工具を持ってイトケンさん宅へ向かった。2階の窓へ工具を投げて渡してドアノブをばらしたりしても一向に開かないし、家の鍵が全部閉まっているので救出することができない。今度は近藤研二さんがやってきて、風呂場の柵を外せばそこの窓から家の中に入れる!と汗をかきながら脚立を使って小さな窓から侵入、2階へ。しかし反対側からもドアは全然開かない。なすすべがないのである。すでにその時点でイトケンさんは3時間部屋に閉じ込められていた。

そこから起こったことはイトケンさん自身がHPに書いたとおりである。僕と近藤さんで付き添って救急病院へイトケンさんを運び(いくつかの病院は新型コロナのことで受け入れ中止だった)イトケンさんは即入院。意気消沈して僕と近藤さんは猫町へと帰ってきた。なんだこれ、こんなことってある?とかなんとかいいながら。一番無念なのはイトケンさんだろうが、われわれはもうすでにファミリーでありコミュニティであり、思うことは一緒だ。翌日鍵業者さんにドアを開けてもらうのに立ち会ったが、鍵のプロをしても1時間以上かかるおおごとな鍵トラブルだった。疲れているけどなんだか妙に気が張っている。イトケンさん早く治りますように。このご時世、お見舞いにいけないという非常事態だけれども、みんなでサポートしあって笑い話にできるようにしたい。本当なら木曜日から沖縄だったのにね。

6FE003F3-B483-4941-97C1-9A1900F7245E
  
Posted by monolog at 23:31Comments(0)

2020年04月20日

パンを焼きながら待ち焦がれる日々

非日常的な毎日のなかで、パンを焼くことが日常になった。知り合いからホームベーカリーをもらったので数年前に気まぐれにパン焼きが流行った日々があったのだけど、24時間自宅で過ごすようになって思い出したようにまた僕はパンを焼き始めた。パンを焼くといっても僕は粉と水を放り込んでスタートボタンを押すだけ。それでも機械がダネを捏ね始めたり発酵させたり、ふたたび捏ね始めたりするたびに猫とその様子を見つめる。この時間がいい。焼きあがるまでに4時間かかる、その長ったらしい時間もいいのだ。今日は途中でくるみをたくさん投入して胡桃パンにした。お昼から始めると夕方くらいにパンの焼けるいい匂いがしてきて幸せだ。わざわざおなかをすかせて焼きたてを食べるのが美味しい。ホームベーカリーなんて今1万円くらいで買えるからちょっとした幸せを欲する人にはお薦め。

パンを焼くのが世紀末感あるのは、ミシェル・ガン・エレファントの「世界の終わり」のせいか。午後はコーヒーじゃなくて紅茶にするともっとそれらしくなる。

4D21A59D-7EBA-4E69-88E3-E4A4B397C533D74E3E75-6A97-4970-8482-762BAD9433D2
  
Posted by monolog at 23:34Comments(0)

2020年04月19日

様変わりした週末の話

手帳を見ながら外出自粛宣言が出た最初の週末を思い出す。3月の終わりの日曜日に雪が降ったのが遠い昔のように思う。4月1日から“自主的ロックダウン”を始めて病院の定期検診を先延ばしにした。その週末には試験的に2夜ライブ配信で新しい試み。翌週に緊急事態宣言が発令されて、それから2度の週末を過ごしたわけだ。何もしないでいるとどんどん不安になる自分は明らかにワーカホリックだと思う。3月以降、僕らのような職業の人間は何もしないでいようと思ったら本当に何もしないで日々が過ぎていくから、それにあらがうように忙しくして暮らしている。3月31日に「おうち時間」に読もうと思った分厚い本は全然進んでいない。いつまでこの日々が続くのだろうかと気が遠くなる。

今週は本当なら木曜日から沖縄に飛んで、週末は猫町フェスOKINAWA2020で最高の時間を過ごしているはずだった。5月の休み明けに緊急事態宣言が解除されるとは到底思えないから、これからまたゆるやかなに(ある部分では急速に)暮らし方をシフトしていくことになるだろう。庭にたんぽぽの綿毛を見つけた。春爛漫の空気と、たちこめる暗雲みたいなものが同時にある。悪いこともいいこともある。2年ぶりにパンを焼いて食べたらやっぱり美味しかった。次のパンに混ぜてみようと思って決死の思いでくるみを買ってきたから、明日はくるみパンを焼く。

IMG_2471
  
Posted by monolog at 23:23Comments(0)

2020年04月16日

猫と僕とのディスタンス

いつもライブやらツアーやらで留守にしがちが僕が3月からずーっと家にいるわけなので、うちの猫ポチ実も「なんだよ、あんた今日もいるの?」「え?また今日も?」「まじちょっとうざいんですけど」みたいな感じになってきた。もともとポチ実は野良の仔猫だったのを僕がご飯で誘ってガバッと捕まえて保護してうちの猫になったので、彼女にとって僕は「自由奔放天真爛漫だったアタシを捕まえた男」なのである。だから僕に正面切って甘えてくることってほとんど、ない。ルームシェアしてる人、くらいの感じだろうか。それがいわゆる「コロナ禍」によって、微妙なディスタンスが生じているわけだ。

通い猫のチミママは逆に、いつ来ても僕がいるものだから百発百中でご飯がもらえるからか、日に三度やってくるようになった。庭に作った小屋(暖房いれたシェルター)で寝泊まりしていくことも増えた。窓を開けていると首を突っ込んでうちのなかを見回したりすらしているから、こっちはこっちで距離がかなり縮まった。でもやっぱりポチ実もチミママも毎日かわいくて、家にずっといる日々でも笑ったりほだされたり、とにかく猫のおかげで穏やかでいられるから幸せだ。いつも感謝している。

木曜日の今晩は、23時からインスタライブをやりますのでお集まりください。

IMG_1844 2
  
Posted by monolog at 21:06Comments(1)

2020年04月14日

緊急事態宣言から1週間経って思うこと

「コロナ禍」という言葉を頻繁に見かけるようになった。「ころなか」って読むらしいけど発語しても多分なかなか伝わらないだろう。4月7日に緊急事態宣言が発令されて今日で一週間になったけど根本的な何かが変わったようには感じられない。4月になってずっと家にいる。たまに買い出しに行ったり、1日1時間は散歩するようにしているけれど、とにかく家にいる。猫と一緒に過ごすから自分も猫みたいに時間を過ごすようになる。猫は普段留守にしがちな僕がいつも家にいるから僕のほうに寄ってきて人みたいに過ごしている、と言えるかもしれない。

ありがたいことにやらないといけない仕事や作業はたくさんあって、だいたいはパソコンに向かっているのだけれど、ふと窓の外を見て、それからPCのディスプレイに視線を戻す途中で父親の遺影と目が合う。父は2年前の12月に旅立ったが、もし父が今生きていたらどうだっただろうか、と想像する。父は強がりだったから絶対「そんなもん、簡単に感染らんわ」とか言ってマスクをしなかったり、常連が集まる居酒屋へ出かけていったりしたんじゃないかなあと思い描く。だから「お父さん、今この時に生きてなくてよかったね」と話しかけるのは不謹慎だろうか。

昨日は日がな確定申告の作業をして、今日はラジオ収録だった。さあ明日は家でなにをしようか。今晩23時からはインスタライブをやります。

IMG_2114
  
Posted by monolog at 20:57Comments(4)

2020年04月12日

それぞれの場所で|弾き語りライブ配信終了しました

昨晩、初めての有料配信ライブが終了しました。なんだかんだと一日中準備にかかって、セットリストを考えて、とやっていたらあっという間に真夜中になっていたという感じ。新しい試みなので当然なんだけど、普通のライブより全然疲れるし大変。家にいるのにずっと緊張している感じは新感覚。Wi-Fiの環境が人それぞれ違ったり、スマホの小さなスピーカーだったり、ヘッドホンやイヤホンだったり大きなスピーカーで爆音だったり、僕のiPhoneから発信されたライブがいろんなシチュエーションで受け止められた夜でした。なかなか難しいことも多いけれど、またいろいろ改善していけたらと思います。

結局大幅に時間をオーバーして90分くらいの尺になった。普段のライブなら体感時間というのがあって、だいたい45分とか2時間とか時計を見なくてもちょうどいいサイズのライブができるんだけど、そのへんの勘もお客さんが目の前にいてこそなのですね。はやく普通にライブがやりたいです。個人的には適正な値段のこととか、コメント欄のこととか、やっぱり回線のこととか、思うことがいろいろありました。2020年代は抜本的な通信のインフラ再構築などが必須なのではないか、とか。

プレミア配信のチケットをご購入された方はアーカイブ録画を14日間いつでもご覧いただけます。チケットを購入したアカウントでログイン後、商品詳細ページ、あるいは【キャスマーケット】>【購入履歴】>【購入方法】からご視聴ください。こちらからアクセスすると「公開中のプレミア配信の録画 (2件)」と出るのでわかりやすいでしょうか。開場時間30分を含む本編と、ライブ前のリハーサル動画がご覧いただけます。僕もいろいろ勉強中につきご不便おかけしますがみんなはみんなで研究してね。感想などをいただけると嬉しいです。ありがとうございました。

IMG_0120

2020年4月11日(土)@ 仕事部屋
夜の科学 at home vol.3


1.どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと(『新しい青の時代』)
2.一角獣と新しいホライズン(『新しい青の時代』)
3.平凡な毎日の暮らし(『新しい青の時代』)
4.別れの歌(GTH『mono』)
5.世界の終わり(THEE MICHELLE GUN ELEPHANT カバー)
6.夢の終わりまで(GTH『memori』)
7.そばにあるすべて(GTH『omni』)
8.carolina(GTH『omni』)
9.手と手、影と影(GTH『ripple』)
10.SING A SONG(『pilgrim』)

EN
11.セラヴィとレリビー(新曲)
12.ハミングバード(『新しい青の時代』)  
Posted by monolog at 10:24Comments(10)

2020年04月08日

なんといういことでもないアナログとかデジタルの話

大阪に行くといつも立ち寄るFastcut Recordsが閉店してしまうということで、通販セールで買い物をした。レコードショップが軒並み休業するなか、HP通販でかなり深い在庫まで眺めて、カセットテープとかLPとかいろいろカートにいれた。1ヶ月くらいは実店舗にレコ掘りに行けなさそうなので、荷物が届くのが楽しみ。お店がなくなってしまうのはとても悲しいけど。

先週から外に出かけることはほとんどなくなって、それでも毎日なんだかんだと通販で買った商品が届く。だいたいデジタルデバイス、配信を快適にするための機材だ。今日はお昼にラジオ「PRIMECATS RASDIO」放送素材をメールで納品して、夕方からはずっとライブ配信の実験をした。このケーブルをこっちに挿して、そうするとこれが機能しなくなって、んー、ということは間にこれをかますと?とかなんだかんだ数時間。で、動いた!ってなったときの喜びは大きい。

高1までしか数学を勉強しなかった僕は超文系だ。コンピューターのこととか電気の流れとか、そんなの昔は全然わからなかったけれど、やってみたいことがあったり、必要にかられたり、目的が明確だと得手/不得手ってあんまり関係ないなと思いながら、この数週間を過ごしている。ポチ実はずっとカイヌシが家にいるのを不思議に思っているだろうか。なんだか最近、どんどん言葉が通じるようになってきた気がする。

IMG_1995 2
  
Posted by monolog at 22:34Comments(1)

2020年04月07日

慌ただしい日々と緊急事態宣言の夜

いよいよ緊急事態宣言の発令。ライブがすべてキャンセルになったのに、不思議なことに毎日とても忙しくてバタバタしている(家の中で)。家に篭って読もうと思っていた本も確定申告も全然手が付かない。「饒舌スタッカート/雨の夜と月の光」7インチシングルの発売日は5月15日に決定した。午後はずっと週末放送のラジオの録音、これがとても大変だけど、超楽しい。夜になって総理大臣と都知事の会見、その温度差の違いに首を傾げたり、友達と意見のやり取りをしたり。これから1ヶ月どうなっていくのだろうか。お隣から「いろいろ大変でしょ?」と春菊と卵をもらった(紙袋が玄関に置かれていた)。距離を置くけれど、心が近づくということもある。

夜になってインスタライブ。毎晩やるより曜日を決めたほうがメリハリがつくと思ったので、火曜日と木曜日にインスタライブ、土曜日にツイキャスライブ配信というスケジュールを決めた。日曜日はK-mixでラジオがオンエアになるからいい塩梅だ。月がきれいな夜、『新しい青の時代』から「平凡な毎日の暮らし」と「月あかりのナイトスイミング」を歌った後、配信を見ていたキンモクセイ伊藤俊吾を画面上に呼び出した。一日のなかで初めて自然に笑ったなあと感じた。顔を見て話すっていいね。

また木曜日の夜にインスタライブでお会いしましょう。みんな、無事で。

294ACF12-785F-4B59-8B26-B9EF4669AE4E
  
Posted by monolog at 23:59Comments(0)

2020年04月06日

何度目のこういう月曜日か、という話

こんなふうに不安でざわざわした気持ちで何度目の月曜日を迎えているだろうか。外出自粛要請が出て2度目の週末は個人的には「饒舌スタッカート/雨の夜と月の光」シングル商品化実現、20年ぶりのラジオ番組の初回放送、ツイキャスを使った初めての本格的なライブ配信、とポジティブな出来事が多かったけれど、それでもずっと不穏で不快な基調低音のようなものが小さな音で鳴り響いているような感覚。ずっと志村けんさんの追悼番組を見て笑ったり泣いたりしていた。

日曜日の夕方にK-mix「PRIMECATS RADIO」第一回放送をドキドキしながらリアルタイムで聴いた。何を話したか全部わかってるのに面白かった。Twitterのハッシュタグ「#primecatsradio」を眺めながら聴くのが楽しい。また来週もその先も続いていくと思うと嬉しいし励みになる。radikoプレミアムなら全国でタイムフリーでいつでも1週間聴けます。ぜひお楽しみいただきたい。僕にとっては新しい遊び場をいただいた感覚。こちらからお聴きいただけます。メッセージ、リクエストもぜひに。

夜になって2夜連続、2度目の配信ライブ。とても充実した時間。歌うのが楽しいという根源的な喜びに気づけたことが新型コロナウィルスがもたらした不幸中の幸い。あと、ずっと猫と一緒にいれるのはいいね。

837C71D9-3B87-4469-85DC-F937D43BFC24

2020年4月5日(日)@ 仕事部屋
夜の科学 at home vol.2


1.blue moon skyline(『pilgrim』)
2.星に輪ゴムを(GTH『ripple』)
3.思うことはいつも(GTH『cobblestone』)
4.day after day(GTH『omni』)
5.Weather Report(フィッシュマンズ カバー)
6.houston(GTH『memori』)
7.glenville(『home sweet home』)
8.hanalee(『home sweet home』)
9.あさってくらい未来(『新しい青の時代』)

EN
10.baby driver(GTH『baby driver』)
  
Posted by monolog at 15:02Comments(2)

2020年04月02日

4月になりました

4月になりました。こんな不安な春は人生において初めてですね。毎年エイプリルフールにはバカなことをブログに書いたり、ウソを本当のことにしたり、いろいろ面白がって企画するのですが、今年はなんとなくインスタグラムにだけ投稿しました。4月2日になったのでブログに転載します。去年のエイプリルフールネタはこちら。どうでもいいことをニヤニヤ笑いながら呑気に楽しめる日々が戻ってきますように。

IMG_1822IMG_1823


改名のお知らせ

愛猫ポチ実に関しまして皆様にご報告があります。2014年9月に我が家の猫になって以来、「山田ポチ実」として皆様に愛されてきたポチ実ですが、このたび「山田ポチャ実」と改名することになりました。もともとは先代猫ポチの名前を継承し(3代目)、その背中の模様が木の実を食べるリスに見えたことから「ポチ実」と名付けられたポチ実は、齢を重ねるごとに体重が増加し現在体重5.4キロ。そのふくよかな姿を皆様もご覧になっていらっしゃることと思います。「名は体を表す」という故事成語、さらには近年のコンプライアンス遵守の風潮もあり、今年に入って改名についての協議・検討を重ねてきましたが、新年度を迎えるこのタイミングでの改名と相成りました。改名後の名は「山田 ポチャ実」、アルファベット表記では「POCHAMI」となります。僕も彼女もまだ新しい名前には慣れることができず、呼び間違えたり、不思議な顔で見つめあったりしてしまうのですが、どうか皆様、今後ともうちのポチャ実をよろしくお願いします。


令和二年四月一日

山田稔明
山田ポチャ実


*その後4月2日に再びポチ実という名前に戻りました  
Posted by monolog at 21:37Comments(1)

2020年03月26日

なんということでもない、晴れた春の一日のこと

IMG_1528

3月は6本のライブ・イベントとそれに伴うリハーサルなどがすべてなくなった。4月もちょっと無理なのでないかという感じになっている。昨日の都知事の会見、そのあとにスーパーに行ったらめちゃくちゃ混んでいて、今日はもっとすごかったみたいだ。オリンピック延期になっていよいよ実情がつまびらかになる。週末の外出自粛要請、ライブイベントの公演自粛も伝達されるようで、ライブハウスや映画館、レコードショップまで土日に休業に。悪いニュースばっかりななかで、母親から急に電話がかかってきて「坂本美雨ちゃんのラジオであんたの歌が流れよるよ!」と興奮気味。美雨さんの「ディア・フレンズ」のゲストが猫本専門店姉川さんだったようで、僕の「太陽と満月」をかけてくれていた(姉川さんは僕とちよだ猫まつりを繋いでくれた人だ)。嬉しくて心がぱっと晴れた。こちらからタイムフリーでお聴きいただけます。

午後になって、スニーカーを洗濯して、掃除をして、散歩をして桜を眺めて、仕事部屋でデモ録音をしてメンバーに送った。夜のニュースを見たら、東京と神奈川と埼玉の外出自粛、そして千葉・山梨・栃木・静岡・群馬から都への往来自粛という事態になっている。きっともうスーパーにはなにも残ってないのだろう。今日は暖かくて、近所の桜は花盛りとなっていて、青空と桃色のコントラストがとてもきれいだったから気が紛れた。明日から雨が降ったり荒れたりするらしい。花散らしになるかも。心のよりどころが、何か、あればいいなと思う。音楽、音楽は裏切らない友だちだ。自宅で過ごすときに聴くために作ったプレイリストがふたつあるのでそれを貼っておきます。


   
Posted by monolog at 21:43Comments(1)

2020年03月24日

春のテレワーク

テレワーク、とか言っても基本僕みたいなミュージシャンはスタジオやライブ以外は自宅や仕事部屋でいろんなことをするわけで、なにかが変わったわけでもないのだけど、この3月はとにかく予定されていたすべてがナシになったので家でする仕事が増えた。事務仕事とか単純作業(袋詰めとかね)なんかは音楽を聞きながらやれるから楽しい。今日は一日仕事部屋で四月から始まるラジオの録音をしていた。K-mixで4月5日からスタートする新番組「PRIMECATS RADIO」は僕にとって20年ぶりのレギュラーラジオ番組……、と今書きながら、は!そういえば2003年頃に地元のコミュニティ局むさしのFMで「むさしのスタンダード」という番組を担当していたじゃん!と思い出した。記憶の遠い彼方にあったのは、多分、この番組が誰に聞かれているのかが当時全然わからなかったからだ。当時はサイマル放送というものがなく、吉祥寺の限られたエリアでしか聞けないものだったし、僕自身あまり手応えを感じられなかった。ああ、いろいろ思い出してきた。

とにかく、あらためて、K-mix「PRIMECATS RADIO」は、僕自身がテレビからラジオ中心の生活にシフトしてから初めて担当するプログラムだから特別なのだな、と感じる。ラジオ局のスタジオで録音するのではなく、自分の仕事部屋で一人で構成して選曲して、読むメッセージを選んで、すべてがワンマンオペレーション、ラジオのテレワークである。何度でもやり直しができるからなかなか完成しない。生放送なら時間が過ぎれば終了するけど、収録番組はどうにでもできるから難しいし面白い。結局昼から夜までかかってプロトタイプのようなものができた。メッセージもたくさん届いて読みきれないほど。回を重ねるほどに面白くなるような気がします。こんな時代に自分の声で発信するメディアを持てることが幸せ。第一回目の放送は4月5日、毎週日曜日の18時半からです。

primecats radio_fix_photo-1
  
Posted by monolog at 23:41Comments(0)

2020年03月23日

薄曇りの春はいつも長すぎて

3月はほぼすべての仕事がなくなったわけだけど、今日は急遽スタジオ作業で乃木坂へ。音楽が鳴り止んでしまったみたいな日々のなかで、打ち合わせとか確認とか、これから先の予定についての準備に取りかかれることは救い。スピーカーから聴こえてくる音に思わず「わあ」と声がもれた。ご褒美みたい感じ。夕方、渋谷から吉祥寺まで戻るのに各駅停車に乗って井の頭公園駅で降りて歩いてみた。桜がきれいに咲いていていつものように人がたくさん。ボートに乗ってる人もいっぱい。でも、井の頭公園の桜ってもっとすごいはずで、まだこれからピークが来るんじゃないかな。

去年心臓の病気のことでくよくよしながら見上げた桜を、今年はまた全然違う気持ちで眺めている。

IMG_1411
  
Posted by monolog at 22:12Comments(0)

2020年03月22日

週末の太陽

三連休、ずっと晴れた。桜も本格的に花開いて猫も気持ち良さそうで、こういう日々と過ごすと悪いことばかりではないな、と思う。音楽を聴いたり、仕事をしたり、掃除をしたり、昨年末、もっと以前の秋くらいからずっと休みなしで動き続けていたから、時間がたっぷりあるのは久しぶり。なんでも考え方次第だ。街に出るととても賑わっている。ご飯を食べに出かけるとどこも満席。いつもの春のように見えるけど、やっぱり全然違う。

夜になってインスタライブ、土曜と日曜で約1時間ずつ。歌うのはやっぱり楽しい。また来週末もやろうと思う。


2020年3月21日(土)インスタライブ @ 自宅のリビング
1.気分(『pale/みずいろの時代』)
2.毎日のポートフォリオ(『memori』)
3.週末の太陽(『weekend』)
4.houston(『memori』)
5.きれいな言葉で(未発表)
6.calendar song(『pale/みずいろの時代』)


2020年3月22日(日)インスタライブ @ 自宅の仕事部屋
1.点と線(『緑の時代』)
2.glenville(『home sweet home』)
3.長距離ランナー(未発表)
4.スプリングフェア (『SONG LIMBO』)


IMG_1374
  
Posted by monolog at 23:55Comments(1)

2020年03月21日

ほんとならいまごろ

本当なら今頃、名古屋K.D.ハポンでのライブが終わった頃で「さあ打ち上げをどうしようか」「いや、明日の大阪まで我慢するか」とかなんとか、テンション高く時を過ごしていたはずなんだけど、今月はすべてのライブがキャンセルになったから家にいる。数日前、リハーサル予定日に練習せずにメンバー集まってお酒を飲んだら、楽しかったけど、やり場のない感情みたいなものも確かにそこにはあって、なかなか悪酔いしてしまった。1ヶ月ライブがないっていうのはすごいことだ。多分、2004年に肺気胸になったとき以来とかじゃないかな。

今月詩集を片手に11日間続けて夜にインスタライブをやったときは毎晩気が張っていた。表立ったことをほとんどしなかった今週を振り返ってみると、その緊張感でいろんなバランスが取れていたのかもしれないなと思う。昨日も祝日でこの週末は3連休だ。昨日はいろんなチケットが発売になった。声高に「来てください」と言えないことが歯がゆい。どうか少し先の未来が良い方向に向かいますように。春の陽気は心地よく、桜は咲いて、星がきれいな夜空だ。悪いことばかりじゃないはずです。

今日と明日、名古屋と大阪でライブするはずだった夜、23時からインスタライブをやろうと思います。僕のインスタグラムからご覧ください。

山田稔明のINSTAGRAM

5C7B6E12-13A0-4B69-AF0E-B5D34D99FC7C
  
Posted by monolog at 22:09Comments(2)