2017年04月28日

いよいよ本日|バンド編成「夜の科学 in 下北沢 風知空知」

いよいよ本日は『猫町ラプソディ』刊行記念ライブ第二弾、下北沢風知空知公演です。前回の恵比寿公演からドラムのイトケンさんを除くメンバーが入れ替わって、山田稔明楽曲のアナザーサイドをお聞かせします。恵比寿でのライブ音源を反芻しながら、そして先日リハーサルをやりながら、本当にたくさんの素晴らしい音楽家に支えられているなあと感慨深く思う日々です。セットリストもがらっと変わって4月はさながらソロ活動総まとめ月間という感じになりました。風知空知の狭いステージに楽器とメンバー満載で濃厚な音楽空間を。若干数の当日券をご用意する予定です。本日の公演もまるまるライブ録音しますのでぜひ皆さんの声や手拍子を鳴らしにきてください。

本日より物販コーナーにて「ポチのポチ袋」の販売を開始します。折々の機会に役立つ小さな便利グッズです。




2017年4月28日(金)@ 下北沢 風知空知
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 in 下北沢ーrhapsody in tricolor”

19:00開場 19:30開演/前売 4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、上野洋)

初のエッセイ集発売記念ライブの第2弾は
弦楽器中心のアンサンブルでソロ活動黎明期の
サウンドの再現にトライします。乞うご期待!

*若干枚数の当日券発売を予定しています。直接会場までお問い合わせください!

下北沢 風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp/
東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F
TEL. 03-5433-2191  

Posted by monolog at 11:42Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月26日

キチレコソニック2017展は明日から開催

今日は夕方からキチレコソニック2017の搬入。僕は書籍と缶バッジ、そしてカセットテープ作品『INOKASHIRA』で参加します。カセットは今日印刷物が届き、なんとかギリギリ間に合いました。全部で4曲、誰も聴いたことのない音源が入っていて、おそらくそれはこのカセットテープ以外では聴くことのできないテイクになります。缶バッジは「猫町ラプソディ」「井の頭スワン猫」、そして「ポチ実」の3種類をセットで。会場内にキチレコ名物ガチャポンが設置されますがその中にも3種類が紛れています。明日はスタートからしばらくは在廊しようと思っています。まあ何と言っても会場が家の近くなので、期間中は時間があれば立ち寄ると思いますので、SNSなどで逐一お知らせします。連日ライブも予定されています。大型連休はぜひ吉祥寺へ。

IMG_5127




2017年4月27日(木)ー5月3日(水)@ 吉祥寺 リベストギャラリー創
吉祥寺レコード “キチレコソニック2017”

12時-18時(5月3日のみ17時)/観覧無料

ミュージシャン、漫画家、イラストレーター、デザイナーが入り乱れての
音楽の祭典「キチレコ」、今年のテーマは“フェス”。定番のTシャツから
奇想天外なアイテムまで充実のフェスグッズが展開されます。ギャラリー内の
特設ステージで連日ライブ開催も予定。山田稔明も初参加させていただきます。

参加メンバー
青木俊直/いしかわじゅん/伊藤健太/井上正治/エ☆ミリー吉元/大山純/
おかもとえみ/上條淳士/きはらようすけ/菅原龍平/鈴木秋則/たかしまてつを/
谷澤智文/西浦謙助/西野直樹/町田昌弘/山田稔明

吉祥寺 リベストギャラリー創
武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
TEL/FAX 0422-22-6615  
Posted by monolog at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月25日

明後日からキチレコソニック2017です




4月27日から吉祥寺リベストギャラリー創で開催される「キチレコソニック2017」、キチレコ展に今年から参加させていただくことになり、バタバタと準備をしています。バッジを3種類作りました。4月1日にお知らせしたカセットテープ作品『INOKASHIRA』も明日いろいろ印刷物が届くので何とか27日のスタートから間に合うと思います。いろんなお問い合わせをいただいていますが、なにしろカセットテープなので、そんなにすぐ売り切れるなんてことはない、と思うんです。全部せこせこと自分でダビングしているので数が無尽蔵にあるわけではないのですが、なくなれば補充にいきますし、ちょっとお客さんの状況を見ながら対処させてください。展示期間中は入れ代わり立ち代わりミニライブが繰り広げられます。僕も4月30日と5月2日に歌います。『INOKASHIRA』の曲を演奏するつもりです。僕がライブをする日じゃなくても会場でバッジやカセットテープは販売していただきますのでご心配なきように。

17966785_1677425048952938_4234241009424895542_o


初のカセットテープ作品リリース決定
“これがおれの心のなかのネブラスカだ ー山田稔明”

山田稔明/INOKASHIRA
GTHC-0009(2017年4月27日発売/1000円)

収録曲:MY NEBRASKA/MY FAVORITE BADGE/DYLAN OF THE SAME AGE/99CENT RECORDS

何年かに一度決まって「次は自分にとっての『NEBRASKA』を作りたいな」という話になる。『The River』でもなく『Born in the USA』でもなく、1982年にブルース・スプリングスティーンがベッドルームでTEACの4トラックMTRに吹き込んだ『NEBRASKA』だ。それは新しい季節の訪れ? 成長するっていうこと?山田稔明2017年春の新作『INOKASHIRA』は “Four Track Mind(4トラック精神)”でDIY制作された “おれのネブラスカ”。今年はじめにポチバッジ展で披露された「MY FAVORITE BAGDE」、「どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと」「ハミングバード」に続き個人的ディラン・サーガの完結編となる「DYLAN OF THE SAME AGE(同い年のディラン)」など、この作品でしか聴くことのできない心の声が、回るカセットテープに刻まれました。



<キチレコソニック2017会場にて販売します>

2017年4月27日(木)ー5月3日(水)@ 吉祥寺 リベストギャラリー創
吉祥寺レコード “キチレコソニック2017”

12時-18時(5月3日のみ17時)/観覧無料

ミュージシャン、漫画家、イラストレーター、デザイナーが入り乱れての
音楽の祭典「キチレコ」、今年のテーマは“フェス”。定番のTシャツから
奇想天外なアイテムまで充実のフェスグッズが展開されます。ギャラリー内の
特設ステージで連日ライブ開催も予定。山田稔明も初参加させていただきます。

参加メンバー
青木俊直/いしかわじゅん/伊藤健太/井上正治/エ☆ミリー吉元/大山純/
おかもとえみ/上條淳士/きはらようすけ/菅原龍平/鈴木秋則/たかしまてつを/
谷澤智文/西浦謙助/西野直樹/町田昌弘/山田稔明

吉祥寺 リベストギャラリー創
武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
TEL/FAX 0422-22-6615  
Posted by monolog at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

今晩24時から「夜の科学 カバー&提供曲ナイト」の受付を行います

本日は下北沢B&Bにて『猫町ラプソディ』出版記念イベントですが、それが終わって日付をまたぐ24時から下北沢leteで開催のカバーと提供曲のみで構成する弾き語りワンマン「夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽19」の申込受付を行います。5月23日公演の即時完売を受けた追加公演です。ぜひ、チケットの取れなかった人はこの機会をお見逃しなく。

ToshiakiYamada_lete002

2017年5月25日(木)@ 下北沢 lete
“夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽 19” <追加公演>

19:00開場 20:00開演 料金3500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明

カバーと提供楽曲のみで構成する弾き語りワンマン、
5月23日の即時完売を受けて追加公演を行います。

*4月23日24時(4月24日0時)オフィシャル通販STOREチケットセクションにて申込受付開始
*THANK YOU!SOLD OUT!

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275
  
Posted by monolog at 16:59Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月22日

“夜の科学 vol.51ーrhapsody in tricolor”(2017年4月16日 @ 恵比寿 天窓 switch)【ライブ後記】

先週末から時間が経ってしまいましたが、まだステージ上の興奮が胸に残っている。先日のライブを振り返ります。

いよいよやってきた『猫町ラプソディ』出版記念ライブ、本の発売とあわせてセットリストをどんなふうに組んで、本の内容とどう絡めることができるのか、という懸念はリハーサルで歌っているうちに解消した。猫と音楽とのバランスが自分のなかで完全にできあがっていることに気づく。暮らしをスケッチするなかに必ず直接的/間接的に忍び込む影があった。昨年末以来のバンド編成、リハーサルも入念に行いました。「弾き語りもいいけどバンドもいい」とアンケートに何人もの方が書いてくれていたけど、僕もそう思いました。弾き語りも楽しいけど、バンドも楽しい。

開演前のBGMは『猫町ラプソディ』のタイトルにちなんでガーシュインの「Rhapsody in Blue」を流しました。この日のライブタイトルは “rhapsody in tricolor(トリコロールのラプソディ)”、すなわち三毛のラプソディ。ラプソディは日本語で言うと狂詩曲(きょうしきょく)、簡単に言うと自由奔放に、気ままにメロディを連ねていくこと。日々のよしなしごとを並べて歌を歌うことがラプソディなのだとすれば言い得て妙ということになる。登場時の音楽はアイスランドのmumの「Awake on Train」という曲。「平凡な毎日の暮らし」に出てくる貨物列車のなかで目が覚めるときのイメージ。

P1060673

オープニングは「太陽と満月」、エンジンをかけて各所点検するような歌。「猫町オーケストラ」は『猫町ラプソディ』のテーマ曲のような趣き。「ナイトライフ」「気分」「ココロ/コトバ」はメンバーからの要望でセットリストに採用された曲(自分ではあんまり選ばないから新鮮)。「平凡な毎日の暮らし」はエビちゃんとイトケンさんのリズム隊の力が発揮されて僕の歌も熱くなる。ライブ収録のために会場入りしていた上野くんに急遽フルートを吹いてもらった(録音機材と一緒にフルートも持ってきて、と頼んであったのだ)。

真里さんのピアノに誘われる「星降る街」「月あかりのナイトスイミング」そして「些細なことのように」をきちんと丁寧に演奏するのがこの日のライブのひとつの狙いだった。特に久しぶりに歌った「些細なことのように」は他人事のように「感動的な歌だ」と思って、実際感動した。新曲群も手触りを楽しみながら気持ちよく演奏することができました。歌の各所に猫が登場することに歌いながら気づく、という不思議な感覚。猫が登場しない曲も物陰に彼ら彼女らが息を潜めているのを感じる夜でした。

P1060692

P1060701

P1060714

お客さんが涙を流している曲もあれば(そういうときはもらい泣きしないように目をそらします)「my favorite things」「SING A SONG」では手拍子が起こってニコニコ顔が花咲く。感情の振れ幅。バラードからアップテンポな曲までバランスよく並んだ「山田稔明」を端的に表す良いセットリストだったと思います。風知空知での出版記念ライブ第二弾のためにあえて演奏しなかった曲もあり、ギター、マンドリン、ペダルスティールなどの弦楽器メインで構成される4月28日公演とのコントラストも明確になると思います。太陽サイドと満月サイド、みたいな。

アンコールではひとりで「きみは三毛の子」、君は柔らかなダイヤモンドと歌われるラブソング。もう一度バンド揃って「あさってくらいの未来」、そして「calendar song」で新しい季節の始まりをみんなでお祝い。降っても晴れても僕らの日々は続いてく。

P1060770

P1060723


最後の曲が終わって流れたのは「Rhapsody in Blue intro」の目眩くアカペラコーラスから始まる、ブライアン・ウィルソンがガーシュインをカバーした『Reimagines Gershwin』でした。終演後は長いサインの列。みんな『猫町ラプソディ』を楽しみに待っていてくれて本当にありがとう。帰りの時間の問題でサインの列に並べなかった人も、次のライブの機会に本を持ってきてくれたらサインしますので(本屋さんやネット通販で買った人も同様です)。バンドメンバーやスタッフ、ミルブックス、恵比寿switchのみんな、そして満員御礼のご来場のお客さん、そして猫たちに、心から感謝を。まだまだたくさんのライブが続きます。いろんな場所でまたお会いしましょう。


  
Posted by monolog at 11:36Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月21日

“夜の科学 in 下北沢” カバー&提供曲ナイト|追加公演が決定しました

下北沢leteにて2013年から定期的に行っているソロ弾き語りワンマン、今年は毎回初めての試みをやってみようと2月には男性限定ライブ、そして5月にカバーと提供楽曲のみで構成するステージをやることにしました。物珍しさのせいか、昨夜の申込受付でチケット即時完売してしまい(ご存知のようにleteはとても小さな会場なのです)、せっかく一回しかやらないのに観れない人が多いのも残念だなあと思って、すぐにleteの町野さんに相談して、2日後の5月25日が空いていたので同じ内容で追加公演を行うことにしました。チケットが取れなかった方、こちらにぜひ。僕もこういうライブを2回やれることとても楽しみです。

予約受付開始の時間を少し変えてみます。4月23日 24時(4月24日0時、つまり日曜日の真夜中、みんなお家にいる時間ではないでしょうか)からオフィシャル通販STOREチケットセクションにて申込受付を行います。5月23日のチケットが取れている方はなんとなく忖度して(!)、取れなかった方を優先するような穏やかな雰囲気があれば嬉しいなと思います(猫ラボさんのライブのときも皆さん素晴らしかったです)。前回のlete公演が男性限定だったことの揺り戻しか男性ファンの方のお申込が極めて少なかったのも今回の追加公演を決めた理由です。平日で忙しい夜だと思うけど、おれたち男子も頑張って音楽を楽しもうぜ(あんなに楽しかったじゃないか)。

ToshiakiYamada_lete002


2017年5月25日(木)@ 下北沢 lete
“夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽 19” <追加公演>

19:00開場 20:00開演 料金3500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明

カバーと提供楽曲のみで構成する弾き語りワンマン、
5月23日の即時完売を受けて追加公演を行います。

*4月23日24時(4月24日0時)オフィシャル通販STOREチケットセクションにて申込受付開始

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275
  
Posted by monolog at 10:18Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月20日

下北沢leteでの定期公演“夜の科学 in 下北沢”カバー&提供曲ナイト|本日4月20日19時より受付開始

ToshiakiYamada_lete009


男性限定ライブとなった前回公演に続く今年2度目の“小箱のなかの音楽”はカバー曲と提供曲で構成されたレアなセットリストでのステージを。ボブ・ディランがノーベル賞を獲ってから初めて出したレコードが往年の名曲集だったことに触発されました。リクエストがあれば参考にしますが、基本的には自分が歌いたい歌をセレクトしようと思っています。提供曲も作詞だけのものも含めて数が増えてきました。今一番大きな声で歌ってみたいのは中島愛さんに書いた「最高の瞬間」かな。前回のlete公演同様、僕自身が一番楽しいライブになったら観にきてくれた皆さんもきっと満足していただけると思い、今からいろいろと計画を練っているところです。本日4月20日19時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションにて受付を行います。たくさんのお申込みをお待ちしております。

2017_5_23

2017年5月23日(火)@ 下北沢 lete
“夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽 18”

19:00開場 20:00開演 料金3500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明

2013年以来下北沢の小さなスペースで開催される
恒例弾き語りイベント、男性限定ライブに続く今年2度目の
leteはカバー曲や提供曲を中心にしたレアな内容でお届けします。

*本日4月20日(木)19時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションにて入場申込受付を行います
*THANK YOU!SOLD OUT!

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275  
Posted by monolog at 10:06Comments(2)TrackBack(0)

2017年04月19日

『猫町ラプソディ』通販分の発送につきまして

4月17日よりオフィシャル通販STOREご予約分のエッセイ集『猫町ラプソディ』の発送を開始しました。ヤマト運輸のDM便にてお送りしていますが、こちらでの梱包時、あるいは配送作業時の不手際等で(原因調査中です)本のカバーが折れて届いたというご報告をいくつかいただいています。今後梱包に関して慎重に行い、このようなことのないように務めます。それと同時に「カバーが折れた状態で届いた」という方がいらっしゃいましたら、「info@gomesthehitman.com」までご連絡ください。個別にお詫びをさせていただきます。

楽しみにお待ちいただいた商品にも関わらず、ご迷惑をおかけしたり不快な思いをさせてしまったりして申し訳ありません。サインを描き込んで封筒に入れるのは工程上、僕の作業なので、責任は今のところ100%筆者にあります。今後これまで以上に丁寧に心を込めてやらせていただきます。ご報告いただいたお客様、ありがとうございました。善処させていただきます。


GOMES THE HITMAN.COM STORE
代表 山田稔明
  
Posted by monolog at 13:53Comments(0)TrackBack(0)

吉祥寺リベストギャラリー創での「キチレコソニック2017」に参加します|ミニライブスケジュール発表

17966785_1677425048952938_4234241009424895542_o

4月27日から吉祥寺リベストギャラリー創で開催される「キチレコソニック2017」、キチレコ展に今年から参加させていただきます。音楽をテーマにしたバラエティに富んだ出し物がたくさんあるなかで、僕はカセットテープ作品『INOKASHIRA』を販売します。今ひたすらテープをダビングしていますが、音が悪くてノスタルジックですごく良い。気に入った4曲ができました。あわせて缶バッジを3種、間に合いますように。Tシャツのデッドストックなんかも持っていけたら。

展示期間中は入れ代わり立ち代わりミニライブが繰り広げられます。僕も4月30日と5月2日に歌います。『INOKASHIRA』の曲も披露しようかな。あれこれこまごまと物作りをしてると、バンドを組んだばかりの頃にコピー機を使ってチラシを作ったり、デモテープを作ったりしていた青春時代を思い出します。大型連休はじっと東京にいようと決めた人、逆に東京に遊びにいこうと思っている人、ぜひ吉祥寺へお越しください。

 


初のカセットテープ作品リリース決定
“これがおれの心のなかのネブラスカだ ー山田稔明”

山田稔明/INOKASHIRA
GTHC-0009(2017年4月27日発売/1000円 税別)

収録曲:MY NEBRASKA/MY FAVORITE BADGE/DYLAN OF THE SAME AGE/99CENT RECORDS

何年かに一度決まって「次は自分にとっての『NEBRASKA』を作りたいな」という話になる。『The River』でもなく『Born in the USA』でもなく、1982年にブルース・スプリングスティーンがベッドルームでTEACの4トラックMTRに吹き込んだ『NEBRASKA』だ。それは新しい季節の訪れ? 成長するっていうこと?山田稔明2017年春の新作『INOKASHIRA』は “Four Track Mind(4トラック精神)”でDIY制作された “おれのネブラスカ”。今年はじめにポチバッジ展で披露された「MY FAVORITE BAGDE」、「どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと」「ハミングバード」に続き個人的ディラン・サーガの完結編となる「DYLAN OF THE SAME AGE(同い年のディラン)」など、この作品でしか聴くことのできない心の声が、回るカセットテープに刻まれました。



<キチレコソニック2017会場にて販売します>

2017年4月27日(火)ー5月3日(水)@ 吉祥寺 リベストギャラリー創
吉祥寺レコード “キチレコソニック2017”

12時-18時(5月3日のみ17時)/観覧無料

ミュージシャン、漫画家、イラストレーター、デザイナーが入り乱れての
音楽の祭典「キチレコ」、今年のテーマは“フェス”。定番のTシャツから
奇想天外なアイテムまで充実のフェスグッズが展開されます。ギャラリー内の
特設ステージで連日ライブ開催も予定。山田稔明も初参加させていただきます。

参加メンバー
青木俊直/いしかわじゅん/伊藤健太/井上正治/エ☆ミリー吉元/大山純/
おかもとえみ/上條淳士/きはらようすけ/菅原龍平/鈴木秋則/たかしまてつを/
谷澤智文/西浦謙助/西野直樹/町田昌弘/山田稔明

吉祥寺 リベストギャラリー創
武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
TEL/FAX 0422-22-6615  
Posted by monolog at 10:23Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月17日

4月23日発売『猫町ラプソディ』入荷店舗リスト

猫町ラプソディ_cover_04_2-1


いよいよ今週末くらいには全国の書店に初めてのエッセイ集『猫町ラプソディ』が入荷されます。パッとしたイラストの表紙が本屋に並ぶ様を眺めるのが今から楽しみですが、世知辛い世の中では無名の物書きの本は小さな扱いになるはずなので、宝探しのように各地で皆さん自身の目で見つけてもらえたら嬉しいです。オフィシャル通販サイトでは4月23日の申込まで送料無料、サインと特典ポストカードもつきます。ライブ会場でも販売しますし、お求めいただいた本をライブ会場までご持参いただいた方には、終演後名入れやサインもします。

昨日のライブでの本のお披露目、そして本日から通販で先行予約していただいた方への発送を始めました。サインとポストカードがおまけについています。このブログを読んでいただいているような、僕のことを知っている方にはぜひオフィシャル通販かライブ会場でご購入いただけたらな、と思います。大切なものを手渡ししているような感覚があるので。ぜひ「#猫町ラプソディ」とタグをつけてSNS等へ投稿して草の根プロモーターになっていただけたら嬉しいです。我が子のような可愛い本です。『猫町ラプソディ』をよろしくお願いします。

*オフィシャル通販STOREで『猫町ラプソディ』を注文

全国での入荷店舗情報を下記に記載します。


  続きを読む
Posted by monolog at 19:33Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

『猫町ラプソディ』刊行記念イベント「猫好きにわるいひとはいない vol.2」を開催します|山田稔明+峯村リエ

初エッセイ集『猫町ラプソディ』刊行記念として、昨年緒川たまきさんと開催したトーク&ライブイベント「猫好きにわるいひとはいない」の第二回目を行います。今回ゲストに迎えるのは女優の峯村リエさんです。数々の舞台、映像作品で揺るぎない個性を発揮してきた峯村さんと、どんなステージになるでしょうか。愛猫日差(ヒザ)のお話も楽しみです。

yamadaminemura


2017年6月25日(日)@ 下北沢 風知空知
『猫町ラプソディ』刊行記念トーク&ライブ
「猫好きにわるいひとはいない vol.2」
 山田稔明 × 峯村リエ


17:00開場 17:30開演/前売 3000円(1ドリンク代別途)
出演:山田稔明、峯村リエ

初めてのエッセイ集『猫町ラプソディ』の発売を記念して愛猫家としても知られる女優 峯村リエさんをお招きしてトークイベントを開催します。猫好きという共通点で初対面からすっかり意気投合してしまった峯村さんは僕のことを「猫先輩」と呼びます。猫との暮らしや猫の魅力の話はもちろん演奏もたっぷりと(2人の共演も見られるかも?)。猫好きはもちろん、猫に興味はあるけどよく知らない人にも(そういう人にこそ)参加いただきたいです。ご来場お待ちしております。

峯村リエ(みねむらりえ)profile
東京出身。ナイロン100℃結成時からのメンバーで、数々の舞台や映画、ドラマで活躍。昨年はNHK大河ドラマ『真田丸』で茶々の乳母 大蔵卿局を演じ話題に。愛猫日差(ひざ)と暮らす。

*オフィシャル通販STOREチケットセクションにてチケットの販売を予定
受付開始日時はまた追ってお知らせします!

下北沢 風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp
〒155-0031 世田谷区北沢2-14-2 ジョー3 4F
TEL 03-5433-2191

  
Posted by monolog at 22:02Comments(0)TrackBack(0)

下北沢leteでの定期公演“夜の科学 in 下北沢”開催|初めての試み、カバー&提供曲ナイト

男性限定ライブとなった前回公演に続く今年2度目の“小箱のなかの音楽”は
カバー曲と提供曲で構成されたレアなセットリストでの開催となります!

ToshiakiYamada_lete004


2017年5月23日(火)@ 下北沢 lete
“夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽 18”

19:00開場 20:00開演 料金3500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明

2013年以来下北沢の小さなスペースで開催される
恒例弾き語りイベント、男性限定ライブに続く今年2度目の
leteはカバー曲や提供曲を中心にしたレアな内容でお届けします。

*4月20日(木)19時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションにて入場申込受付を行います


下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL: 03-3795-0275  
Posted by monolog at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

いよいよ本日!『猫町ラプソディ』刊行記念ライブです



いよいよ本日は初エッセイ集『猫町ラプソディ』お披露目となるバンド編成ワンマン “夜の科学 vol.51ーrhapsody in tricolor”です。できあがったばかりの本をいち早く両隣のお宅、通り一本向こうのAさん、通り2本向こうの近藤さんに差し上げました(皆さんエッセイ集のどこかしらに登場するので)。今朝になってAさんがいろんなプレゼントを持って玄関を訪ねてくれたのだけど、その手紙にポチ実の未知のエピソードが書いてあった。

ポチ実は野良仔猫時代にAさん宅にも顔を出していたことがわかっています(トラミと呼ばれていました)。トラミとの距離を決め兼ねていたAさんが「もし彼女が自分から近づいてきたら家で保護しよう!」と決心した日があったそうです。その刹那、Aさん宅の庭の一角でポチ実(トラミ)と鉢合わせ、彼女はAさんを見るなり脱兎のごとく逃げ去ったのでした。「ああ、この子とは縁がないんだな」と悟った瞬間であり、Aさんが“トラミ”の姿を見た最後だったのです。その後、ポチ実は『猫と五つ目の季節』で語られるような経緯を経て、山田ポチ実になるわけですね。2年半経ってこの話を伺ってまた感慨深く感じています。嗚呼、ここは素晴らしい猫町。

一昨日まで桜を愛でていたのに、今日は6月並の夏日だそうです。物語の始まりにはちょうどいい季節。本日は満員御礼となっていますが、立ち見等当日券については直接会場までお問い合わせください。今朝から通販オーダー用に100冊くらいサインを描き、かなり絵のほうも仕上がってきました。ぜひ会場で『猫町ラプソディ』を手にしてください。ちょっと時間がかかるかもしれませんがサイン会もやるつもりです。通販お申込みの方は明日から発送を始めます。


2017年4月16日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 vol.51〜rhapsody in tricolor”

18:30開場 19:00開演/前売 4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、 海老沼崇史、佐々木真里、立花綾香)

初のエッセイ集『猫町ラプソディ』発売を記念しての公演が決定しました。
書籍の先行販売はもちろん、今年初のバンド編成での演奏にご期待ください。
*当日券に関しては直接会場までお問い合わせください

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887  
Posted by monolog at 11:36Comments(2)TrackBack(0)

2017年04月14日

夜の科学リハーサルDAY2|陽気に誘われて

RH

今日は昼からスタジオへ。今週末に迫った「夜の科学 vol.51〜rhapsody in tricolor」のリハーサル2日目でした。風邪で休んでいた綾香も合流、ドラムイトケンさん、ピアノの真里さん、ベースえびちゃんとのクインテット編成、本番用に立ちっぱなしの長時間リハはタフですが、合奏するのはやっぱり楽しい。セットリストも決定。明日いっぱいかけて修正と微調整をして当日に挑みます。

僕らが使っているリハーサルスタジオにはいつもたくさんのミュージシャンが出入りしますが、今日は知り合いばっかりだった。まず湯川トーベンさん、センチメンタル・シティ・ロマンスの中野督夫さん、永井ルイさんとレジェンダリーな先輩たち(なのに気さく)、そして栗コーダーカルテットのお三方(栗原さんとは2日連続でのばったりでした)、その栗コーダーのサポートには今回の夜の科学には出演しない安宅浩司くんがいて「やあやあ」と挨拶して変な感じ。そうこうしていると一番奥の部屋には御大 杉真理さんとバンドがやってきて賑やかに。

前回のリハは冷たい雨の降る日でスタジオも人気なく寂しかったんだけど、今日はGW並みという陽気にぞろぞろと誘われてきたような感じで、「ああ、みんなこうやって何時間も練習してるんだなあ」と変なところに感心しながら、いっぺんにこれだけのミュージシャンに会うというのもなかなかないので、なんだかずっと楽しい一日だった。今月はバンド編成ライブが2回あって充実、嬉しい。

明日はお昼の13時半頃から吉祥寺むさしのFM「川久保秀一のSaturday Music Flow」に生出演します。PC、スマホでサイマル放送が全国で可聴。エッセイ集『猫町ラプソディ』についてのお話を。明後日16日(日)はいよいよ刊行記念ライブ。春を通り越して夏日になるらしいです。新しい季節の歌を歌います。


2017年4月15日(土)
むさしのFM「Saturday Music Flow」
山田稔明は13時半頃出演予定



2017年4月16日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 vol.51ーrhapsody in tricolor”

18:30開場 19:00開演/前売 4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
(itoken、 海老沼崇史、佐々木真里、立花綾香)

*2階関係者席開放に伴い若干数の追加席を販売します。
立ち見となる可能性もございますのでご了承ください!

恵比寿 天窓 switch
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887  
Posted by monolog at 21:02Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月13日

久留米 - 唐津 - 鳥栖基山 トライアングル|「グッデイ」のキャンペーンソングに参加しました



昨日はお昼からスタジオへ。近藤研二さんの取り仕切りで、九州のホームセンター「グッデイ」(九州人ならたいてい知ってる)のキャンペーンソングの録音でした。ドラムと鍵盤をsugarbeansくん(『the loved one』でも活躍してくれました)、ベースはKIRINJI、PLECTRUMで活躍する千ヶ崎くん。僕はアコギとコーラスを担当。そしてメインボーカルは唐津出身ガールズバンドたんこぶちんのMADOKA、とても可愛らしい歌にプチプチ弾けるような歌声が吹き込まれて、聞く者すべてをほだしてしまうような鮮やかな一曲ができあがりました。近藤さんが久留米、僕が鳥栖生まれ基山育ち、MADOKAが唐津、スタジオ内も福岡の方が多くて「どがんくさ、あがんくさ」「どげんかせんといかん」と九州弁が飛び交う楽しい現場でした。グッデイ店内で流れたり、CMになったり、ダウンロードできたりCDが作られる予定もあるそうです。ぜひ九州の皆さん、ご注目ください。鳥栖に加えて実家のある基山にも秋に新しいグッデイができるんだって。

グッデイ主催のイベントが来週末4月22日、23日と福岡市役所西側ふれあいひろばで行われるそうです。「野祭」と書いて「やさい」と読む、自然に触れる楽しい催し、ワークショップなども面白そうなものばかり。この歌のお披露目も兼ねて近藤研二さんとMADOKAが組んで観覧無料のライブも行われるそうです(僕も行きたかったけど東京でイベントがあるのですよね)。なかなか観ることができない新鮮な組み合わせなので福岡の皆さんはぜひ近藤さんとMADOKAに会いにいってみてください。詳細はこちらのHPの紹介されています。良い日になりますように。昨日一日ずっと聴いていた懐っこいメロディがずっと頭のなかで鳴っている、よく晴れた春の朝です。桜はまだまだ美しい。


  
Posted by monolog at 09:05Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月12日

僕のネブラスカ|キチレコソニック2017でカセットテープ作品『NEBRASKA』を販売します



4月1日に告知したのでエイプリルフールのウソかと思った方も多いと思うのですが、山田稔明初めてのカセットテープ作品『INOKASHIRA』が完成しました。4月27日から5月3日まで吉祥寺リベストギャラリー創で開催される「キチレコソニック2017」に参加、そこで販売する予定です。最終的に4曲入りになりました。バンドを始めた頃、30年前みたいに、一本一本自分でダビングすることにしました。音圧も低くてローファイで、10分ダビングするのに10分かかるので、大量生産は無理かなあと思います。

カセットテープMTRでチャンネルをピンポンしたり、限られたトラックをどう工面しようかと思い悩みながらデモを作っていた“あの頃”のやりかたで録音しました(それを僕は“4 track mindー4トラック精神”と名付けました)。収録曲4曲はA面に「MY NEBRASKA/僕のネブラスカ」はブルース・スプリングスティーンの名作『NEBRASKA』のジャケットを眺めながら書いた曲、「my favorite badge」は今年1月のポチバッジ展のテーマソングとして披露した曲が入っています。B面には「DYLAN OF THE SAME AGE/同い年のディラン」は中学生の頃から聴いてきたボブ・ディランについての思いを歌った歌です。「99 CENT RECORDS/100円レコード」は各地のレコード屋でエサ箱(段ボールに無造作に突っ込まれて安価で売られているレコード)でのレコードとの出会いを歌にしました。これらの曲はこのカセットテープでしか聴くことのできない曲になると思います。

ライブ会場、オフィシャル通販等での販売についてお問い合わせをいくつもいただいていますが、とりあえず今のところ、初回生産分はキチレコソニック2017会場でのみ販売とさせていただきます。再生装置がない、という方もたくさんいらっしゃると思うのですが、MP3等にする予定もありません。苦労しないと聴けない、というのも面白いと思うのです(僕の思春期において音楽との出会いは探検であり宝探しでした)。

inokashira_jacket


初のカセットテープ作品リリース決定
“これがおれの心のなかのネブラスカだ ー山田稔明”

山田稔明/INOKASHIRA
GTHC-0009(2017年4月27日発売/1000円 税別)

収録曲:MY NEBRASKA/MY FAVORITE BADGE/DYLAN OF THE SAME AGE/99CENT RECORDS

何年かに一度決まって「次は自分にとっての『NEBRASKA』を作りたいな」という話になる。『The River』でもなく『Born in the USA』でもなく、1982年にブルース・スプリングスティーンがベッドルームでTEACの4トラックMTRに吹き込んだ『NEBRASKA』だ。それは新しい季節の訪れ? 成長するっていうこと?山田稔明2017年春の新作『INOKASHIRA』は “Four Track Mind(4トラック精神)”でDIY制作された “おれのネブラスカ”。今年はじめにポチバッジ展で披露された「MY FAVORITE BAGDE」、「どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと」「ハミングバード」に続き個人的ディラン・サーガの完結編となる「DYLAN OF THE SAME AGE(同い年のディラン)」など、この作品でしか聴くことのできない心の声が、回るカセットテープに刻まれました。

<キチレコソニック2017会場にて販売します>

2017年4月27日(火)ー5月3日(水)@ 吉祥寺 リベストギャラリー創
吉祥寺レコード “キチレコソニック2017”

12時-18時(5月3日のみ17時)/観覧無料

ミュージシャン、漫画家、イラストレーター、デザイナーが入り乱れての
音楽の祭典「キチレコ」、今年のテーマは“フェス”。定番のTシャツから
奇想天外なアイテムまで充実のフェスグッズが展開されます。ギャラリー内の
特設ステージで連日ライブ開催も予定。山田稔明も初参加させていただきます。

参加メンバー
青木俊直/いしかわじゅん/伊藤健太/井上正治/エ☆ミリー吉元/大山純/
おかもとえみ/上條淳士/きはらようすけ/菅原龍平/鈴木秋則/たかしまてつを/
谷澤智文/西浦謙助/西野直樹/町田昌弘/山田稔明

吉祥寺 リベストギャラリー創
武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
TEL/FAX 0422-22-6615  
Posted by monolog at 10:11Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月10日

今週末は『猫町ラプソディ』発売記念ライブ|追加席を販売します

ここ最近週末ごと素晴らしいシーン満載のライブが続きますが、今週末はいよいよエッセイ集『猫町ラプソディ』刊行記念ライブ第一弾「“夜の科学 vol.51〜rhapsody in tricolor”」です。バンド編成での今年最初のライブ、チケットが完売していましたが2階関係者席を開放して追加席を若干数販売します。この日のステージライブ録音されることになりましたので皆さんの手拍子や歓声、歌声が記録されることになります。ぜひこぞってご参加ください。もちろんエッセイ集『猫町ラプソディ』の初お披露目、会場物販でご購入できます。イトケン(dr.)、海老沼崇史(bass)、佐々木真里(piano)、立花綾香(cho)のクインテット編成で。

2017_4_16

2017年4月16日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 vol.51〜rhapsody in tricolor”

18:30開場 19:00開演/前売 4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、 海老沼崇史、佐々木真里、立花綾香)

初のエッセイ集『猫町ラプソディ』発売を記念しての公演が決定しました。
書籍の先行販売はもちろん、今年初のバンド編成での演奏にご期待ください。

若干数の追加席を販売します。立ち見の可能性があることご了承ください。

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887


猫町ラプソディ_cover_02

  
Posted by monolog at 11:20Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月08日

いよいよ本日!巣巣での永井宏個展ライブ|山田稔明+中森泰弘+直枝政広+片桐はいり

楽しみにしていたライブの日になりました。春が来て、行ってしまう前のハイライトです。




2017年4月8日(土)@ 等々力 巣巣
永井宏作品展 la musique sur l'elephant
LIVE「音楽で表現すること」

18:00開場 18:30開演/3200円(toricotのお菓子とSwan Coffeeのコーヒー付き)
出演:山田稔明、中森泰弘(HICKSVILLE)、直枝政広(CARNATION)、
イシカワアユミ、草とten shoes(opening act)
スペシャルゲスト:片桐はいり

永井さんの好きだった音楽、よく歌っていた曲、自作の曲など、
縁の人たちによるライブイベント。永井さんについてのトークなども。
永井さんにとって大切なライフワークであった、音楽で表現することを
体感する時間。幸せな気分になれる、おいしいお菓子とコーヒーがつきます。
*チケットは完売。当日券やキャンセル待ちについては直接お店へお問い合わせください


等々力 巣巣(http://www.susu.co.jp/
世田谷区等々力8-11-3
03-5760-7020
  
Posted by monolog at 13:07Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月04日

今週末は巣巣での永井宏個展ライブです|山田稔明+中森泰弘+直枝政広+片桐はいり

IMG_1681

今週末はまた等々力の巣巣でのライブ。2014年から始まった永井宏さんの個展ライブも4回目となり、僕とヒックスヴィル中森さん、そして今年はカーネーションの直枝政広さん、さらには女優の片桐はいりさん、そして永井宏スピリットを受け継ぐ正統派「草とten shoes」がオープニングアクトで参加と、ものすごい夜になりそうな予感です。チケットは完売していますが、ご来場の皆さんは乞うご期待ください。ひとつ、お知らせ、連絡があります。これまでこのブログやメルマガで「18時開場 19時開演」と記載していましたが、時間に誤りがありました。正しくは「18:00開場 18:30開演」となります。予定がおかしくなってしまう方がいらっしゃったら本当に申し訳ありません。お詫びして訂正させてください。よろしくお願いします。


2017年4月8日(土)@ 等々力 巣巣
永井宏作品展 la musique sur l'elephant
LIVE「音楽で表現すること」

18:00開場 18:30開演/3200円(toricotのお菓子とSwan Coffeeのコーヒー付き)
出演:山田稔明、中森泰弘(HICKSVILLE)、直枝政広(CARNATION)、
イシカワアユミ、草とten shoes(opening act)
スペシャルゲスト:片桐はいり

永井さんの好きだった音楽、よく歌っていた曲、自作の曲など、
縁の人たちによるライブイベント。永井さんについてのトークなども。
永井さんにとって大切なライフワークであった、音楽で表現することを
体感する時間。幸せな気分になれる、おいしいお菓子とコーヒーがつきます。
*チケットは完売。当日券やキャンセル待ちについては直接お店へお問い合わせください
*開場開演時間にこれまで誤記がありました。正しくは18時開場 18時半開演となります。
 訂正してお詫びします。

等々力 巣巣(http://www.susu.co.jp/
世田谷区等々力8-11-3
03-5760-7020
  
Posted by monolog at 18:15Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月02日

ぬいぐるみ作家金森美也子さん ワイヤー作家森永よし子さんの展示でライブを|巣巣のゴールデンウィーク

昨日も満員の巣巣、来週末もまたヒックスヴィル中森さん、カーネーション直枝さん、そして片桐はいりさんとのイベントで、熱気冷めやらぬ感じですが、ゴールデンウィークにイベントがひとつ決定しました。人気ぬいぐるみ作家 金森美也子さんの新著『軍手ネコのつくり方 BOOK 』(光文社)出版を記念して行われる展示やワークショップに、僕は音楽で賑やかしを。金森さんの仲良しワイヤー作家 森永よし子さんのWSもあわせて行われます。連休中は混雑する旅より家ね、という方、あるいは連休中こそいざ東京へ!という方はぜひこの日巣巣までお越しください。




2017年5月6日(土)@ 等々力 巣巣
“山田稔明 ソロ弾き語りライブ”

18:30開場 19:00開演/料金4000円(お菓子付き)
出演:山田稔明

ご予約方法:巣巣にてメールで受付
受付メールアドレス: susu@susu.co.jp
タイトル:「5/6 山田稔明ライブ」
本文:お名前、人数、携帯番号を明記の上お申し込みください

*翌営業日中には返信をさせていただきます。
*携帯アドレス(ezwebやdocomoなど)の方は巣巣からの返信が届く設定となっているかご確認をください。
*数日しても返信が届かない場合は、恐れ入りますがお電話にてご確認をお願いいたします。
ご予約をお待ちしております。


等々力 巣巣(http://www.susu.co.jp/
世田谷区等々力8-11-3
03-5760-7020  
Posted by monolog at 14:06Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月01日

GOMES THE HITMAN、2017年最初のライブ開催決定|1997年『GTH in arpeggio』から20年

昨年末のライブ以来となるGOMES THE HITMAN2017年最初のライブが7月16日に開催決定しました。2014年の再始動からゆっくりと、しかし確実にステージの回数を重ねていますが、またメンバー4人揃って演奏できる機会を楽しみにしています。長くやっているとアニバーサリーの数が増えるもので、今年は『mono』という21世紀のGOMES THE HITMANの雛形になるような作品を出してから15年の年、さらにはインディーズ・レーベルから初めてのCD『GOMES THE HITMAN in arpeggio』をリリースしてから20年になるのですね。そして僕は気付いてしまったのです。来年2018年はバンド結成から25年の節目になることを…。とにかく、今年も現在進行形のGOMES THE HITMANを皆さんにお見せできるよう4人で集まって作戦を立てたいと思います。申込受付方法等詳細は追ってお知らせします。どうぞお楽しみに!

GOMES_P9120872


2017年7月16日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
GOMES THE HITMAN LIVE 2017
“GOMES THE HITMAN in arpeggio”

18:00開場 18:30開演/4000円(ドリンク代別途)
出演:GOMES THE HITMAN
(山田稔明、堀越和子、盒況觧辧⊃榮俊明)

初めてのCDリリースから20年を迎えるバンドがゆっくり動き出します。
アルペジオのGOMES THE HITMAN、2017年の最新型に乞うご期待。

チケット申し込み方法、受付開始日時は追ってお知らせします。

恵比寿 天窓 switch
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887

2017_7_16
  
Posted by monolog at 10:40Comments(1)TrackBack(0)

山田稔明 初のカセットテープ作品『INOKASHIRA』の発売が決定|4月27日から吉祥寺リベストギャラリー創にて「キチレコソニック2017」開催

inokashira_jacket


初のカセットテープ作品リリース決定
“これがおれの心のなかのネブラスカだ ー山田稔明”

山田稔明/INOKASHIRA
GTHC-0009(2017年4月27日発売/1000円 税別)


収録予定曲:MY NEBRASKA/MY FAVORITE BADGE/DYLAN OF THE SAME AGE/99CENT RECORDS

何年かに一度決まって「次は自分にとっての『NEBRASKA』を作りたいな」という話になる。『The River』でもなく『Born in the USA』でもなく、1982年にブルース・スプリングスティーンがベッドルームでTEACの4トラックMTRに吹き込んだ『NEBRASKA』だ。それは新しい季節の訪れ? 成長するっていうこと?山田稔明2017年春の新作『INOKASHIRA』は “Four Track Mind(4トラック精神)”でDIY制作された “おれのネブラスカ”。今年はじめにポチバッジ展で披露された「MY FAVORITE BAGDE」、「どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと」「ハミングバード」に続き個人的ディラン・サーガの完結編となる「DYLAN OF THE SAME AGE(同い年のディラン)」など、この作品でしか聴くことのできない心の声が回るカセットテープに刻まれました。本作品は4月27日から5月3日まで吉祥寺リベストギャラリー創で開催される「吉祥寺レコード キチレコソニック2017」にてカセットテープで販売します。

山田稔明 カセットテープ作品『INOKASHIRA』より「MY NEBRASKA」「MY FAVORITE BADGE」をプレビュー!




<キチレコソニック2017会場にて販売します>

2017年4月27日(火)ー5月3日(水)@ 吉祥寺 リベストギャラリー創
吉祥寺レコード “キチレコソニック2017”

12時-18時(5月3日のみ17時)/観覧無料

ミュージシャン、漫画家、イラストレーター、デザイナーが入り乱れての
音楽の祭典「キチレコ」、今年のテーマは“フェス”。定番のTシャツから
奇想天外なアイテムまで充実のフェスグッズが展開されます。ギャラリー内の
特設ステージで連日ライブ開催も予定。山田稔明も初参加させていただきます。

参加メンバー
青木俊直/いしかわじゅん/伊藤健太/井上正治/エ☆ミリー吉元/大山純/
おかもとえみ/上條淳士/きはらようすけ/菅原龍平/鈴木秋則/たかしまてつを/
谷澤智文/西浦謙助/西野直樹/町田昌弘/山田稔明

吉祥寺 リベストギャラリー創
武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
TEL/FAX 0422-22-6615  
Posted by monolog at 10:39Comments(1)TrackBack(0)

山田稔明 初のライブ盤『DOCUMENT』の発売が決定|CD発売記念ライブを7月15日に開催します

YMD_document_S2


山田稔明/official bootleg DOCUMENT
GTHC-0010(2017年7月7日発売/価格未定)


2013年以来続く七夕リリース、今年は自身のキャリア初となるライブ実況盤。2017年に各地でライブレコーディングされた楽曲を真空パックします(4月に開催されるライブの模様も収録予定)。山田稔明の活動を文字通り“DOCUMENT(資料)”として刻みこんだオフィシャルブートレッグです。もともと観客を前にしたステージ上での演奏に対して苦手意識のあった山田稔明は、しかし、2000年代後半からその活動をライブメインにシフト、全国を駆け回り、現在に至ります。本作ではCDとは異なる生々しく赤裸々な歌の数々を収録し、最新型で等身大の山田稔明の姿をお楽しみいただけます。ライブ会場と通販のみでの販売、収録曲については未定。内容詳細やご購入方法については続報をお待ち下さい。

本作制作のためにライブレコーディングされた下北沢lete公演から「glenville」を公開します。




<山田稔明『DOCUMENT』発売記念ライブ決定!>

2017年7月15日(土)@ 恵比寿 天窓switch
山田稔明 official bootleg『DOCUMENT』発売記念ライブ
“夜の科学 vol.52 - document”

18:00開場 18:30開演/4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ

チケット申し込み方法、受付開始日時は追ってお知らせします。

恵比寿 天窓 switch
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887

2017_7_15
  
Posted by monolog at 10:38Comments(1)TrackBack(0)

2017年03月25日

本日は南青山ビリケンギャラリーにて猫ラボ個展「紫陽花の庭」ライブです



フェルト猫作家の猫ラボさんが作品集を作るということになって(それも出版社に頼らず自費出版で)、「山田さんにテキストをお願いしたいんです」という依頼があったのは去年のこと。インスタグラムに書いているような一言を、フェルト猫の写真に添えてほしいということだった。イマジネーションを刺激する猫たちの姿に対して好き勝手に言葉を綴るのはとても楽しい作業でした。猫ラボさんはポチ、ポチ実、そしてチミママを活き活きと描き、我が家の庭の風景を作り出してくれた。僕はそれを見て感動して、ただシンプルに「紫陽花の花言葉」というタイトルをつけた。更なる思いは散文にしたためたので皆さんの目に触れて、その意味が明らかになるでしょう。

今日はいよいよビリケンギャラリーでのライブの日。来週の追加公演ともに完売御礼となりました。展示会場には作品集には掲載されなかったご近所猫のモイとウニ、ミルちゃん、そしてお隣のノアちゃんもいるそうだ。スープの冷めない距離に暮らす猫たちがみんな集まる場所。せっかくなので一昨年猫ラボさんが『猫と五つ目の季節』刊行のお祝いに、と作ってくれたポチも南青山まで連れていこうと思います。とても楽しみ。


2017年3月25日(土)@ 南青山 ビリケンギャラリー
猫ラボ個展「紫陽花の庭」LIVE

19時開場 19時半開演/前売3000円
出演:山田稔明

フェルト作家「猫ラボ」さんの個展期間中の3月25日に
ライブイベントの開催が決定しました。どこまでもこちらを
見つめてくる手作りグラスアイの瞳とその柔らかな曲線に
相応しい歌を奏でようと思います。猫ラボさんとのトークも。
*チケットは完売御礼

南青山 ビリケンギャラリー
〒107-0062 東京都港区南青山5-17-6-101
お問い合わせ ビリケン商会:03-3400-2214

  
Posted by monolog at 12:46Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月24日

下北沢の本屋B&Bにて『猫町ラプソディ』刊行記念イベント開催が決定しました

初エッセイ集『猫町ラプソディ』の発売日にあたる4月23日(日)に下北沢の本屋B&Bにてトークイベントが決定しました。昨年1月の『猫と五つ目の季節』刊行時以来またお誘いいただき嬉しいです。「B&B」は「本とビール」という意味で、ビールを飲みながら本にまつわるあれこれを楽しむ夜になります。『猫町ラプソディ』はさっそく読んでもらった友人知人からとても好評。『猫と五つ目の季節』はしんどい時間を追体験しながら綴った、自分にとって“書かなければならなかった本”でしたが、それに対して『猫町ラプソディ』は楽しみながら作った本です。ふっと気持ちが軽くなるような感覚があります。猫を愛でたくなったり、猫と暮らしたくなったりしてもらえたら嬉しいです。

4月のバンド編成刊行記念ライブは完売御礼、ぜひB&Bのトークイベントへもお越しください。歌も歌うでしょうし、特別ゲストがあるかもしれません。




2017年4月23日(日)@ 下北沢 B&B
山田稔明「猫と暮らす人生は、かくも素晴らしい」
『猫町ラプソディ』(ミルブックス)刊行記念

18:30開場 19:00開演/1500円(1オーダー別途)
出演:山田稔明


名作小説『猫と五つ目の季節』の著者、シンガーソングライター山田稔明が
愛猫との、親子のような、恋人同士のようなかけがえのない時間を綴った
初エッセイ集『猫町ラプソディ』を4/23に発売します。これまでの人生を共に
歩んできた愛猫たちとの大爆笑話から、涙なしでは読めない感動の物語まで、
20編すべて書き下ろし。挿絵、表紙も山田本人が手掛けてました。
書き切れなかった猫とのエピソードや、猫と暮らす上で大切なお話、猫にまつ
わる曲もたっぷりと演奏予定。猫と暮らしている人はもちろん、猫と暮らして
みたいと思っている方に参加いただきたいです(特別ゲストも登場するかも?)。

お申込みはB&Bホームページにて受付中

下北沢 B&B(http://bookandbeer.com/
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
  
Posted by monolog at 18:22Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月22日

山田稔明 初エッセイ集『猫町ラプソディ』通販プレオーダー受付を開始します

4月23日に発売になる初エッセイ集『猫町ラプソディ』、オフィシャル通販STOREでのプレオーダー受付を開始しました。サイン入り、特典ポストカード付き、送料無料で4月16日以降の発送で一般発売より少し早めにお届けします。お披露目の順番としては4月16日恵比寿天窓switchでの発売記念ライブ、通販プレオーダー(代金先払いでお願いします)、全国の書店、ウェブショップという感じになります。Amazonでの予約受付も始まっているようです(こちら)。どこで手にしてもらっても嬉しいですが、ここを読んでくれている皆さんにはライブ会場かオフィシャル通販で買ってもらいたなあと思います。手から手へと渡すような感覚があるので。パッと鮮やかな春らしい本になると思います。新しい季節にぜひ。4月16日下北沢風知空知公演も残り数席となりました。こちらもあわせてよろしくお願いします。

オフィシャル通販STOREで『猫町ラプソディ』をプレオーダー

猫町ラプソディ_cover_04_2


猫町ラプソディ/山田稔明

2017年4月23日発売予定
mille books  定価(本体1,300円+税)
ISBN978-4-902744-86-6 C0095
四六版・上製本・176頁

著者がこれまでの人生を共に歩んできた愛猫たちとの大爆笑話から、涙なしでは読めない感動の物語まで、20編すべて書き下ろしの新作エッセイ。あわせて『猫と五つ目の季節』のその後のエピソードや、小説の中の重要場面のいくつかを事実に沿ってより詳細に、そして心の機微もより丁寧に描いています。著者自身による挿絵(表紙絵も著者)も豊富に掲載した、見た目にも楽しい猫エッセイ本です。

猫がいると一日に何回も笑って、他愛ない会話を交わし、日々楽しくて、毎日が面白い。だから僕は猫のいる暮らしを選択する。ときにクールに見えるけれど、猫は純粋で無邪気で、正直に生きる美しい生き物だ。その真っすぐな瞳を覗き込むときに、僕らは全身全霊を捧げたありったけの愛で、その可愛らしさに最後まで対抗しなければならないという宿命を負うのだ。(「はじめに」より)

  
Posted by monolog at 11:11Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月20日

下北沢風知空知で『猫町ラプソディ』刊行記念ライブ第二弾を|明日21日19時から申込受付開始

エッセイ集『猫町ラプソディ』刊行記念ライブ第二弾「夜の科学 in 下北沢ーrhapsody in triclolor」を弦楽器中心のアンサンブルで下北沢風知空知で開催します。イトケン、安宅浩司、五十嵐祐輔、上野洋とソロ活動の初めの頃の雰囲気を再現しつつ、また新しい季節の音を紡ぐことができたら、と思っています。4月16日の刊行記念ライブ第一弾はすでに完売御礼、風知空知公演の申込受付は明日21日(火)19時からとなります。ここ数日は『猫町ラプソディ』のゲラを食い入るように見つめ誤字脱字を探す苦行。明日いよいよ最終入稿です。本もライブもとても楽しみ。





2017年4月28日(金)@ 下北沢 風知空知
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 in 下北沢ーrhapsody in tricolor”

19:00開場 19:30開演/前売 4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、上野洋)

初のエッセイ集発売記念ライブの第2弾は
弦楽器中心のアンサンブルでソロ活動黎明期の
サウンドの再現にトライします。乞うご期待!

オフィシャルサイト通販STOREチケットセクションにて3月21日(火)19時から受付開始

下北沢 風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp/
東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F
TEL. 03-5433-2191
  
Posted by monolog at 11:18Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月16日

HICKSVILLE中森泰弘さん、CARNATION直枝政広さんとのイベントに特別ゲスト片桐はいりさんの出演が決定しました



4月8日に等々力 巣巣で行われる永井宏作品展LIVE「音楽で表現すること」に特別ゲストとして女優の片桐はいりさんの出演が決定しました。故 永井さんが日本語詩をつけたボブ・ディラン「くよくよするなよ」を僕らは歌い継いでいるのですが、その歌の締めくくりが「くよくよしないで イッツオーライトやで」と関西弁なのはなぜだろうと不思議でした。昨年永井さんの絶版本『マーキュリー・シティ』のなかにそのオリジンが片桐はいりさんの舞台での歌だったことが判明、いよいよ今年は手紙に思いをしたためて出演依頼、そしてそれが快諾されたのです。

巣巣で片桐さんとお会いしてお話をさせていただきましたが、片桐さんも当時のことをいろいろ思い出されて僕らの知らないことをたくさん教えてくれて、点と点が繋がって線になり、欠けていたパズルピースが埋まったり、とても有意義な時間でした。ライブ当日どのようなお話が伺えるか、もしかして歌も聴けるのか、それはその日になってみないとわかりませんが、2014年春から始まったこの演奏会史上、最高の夜になるのは間違いないなとワクワクしています。チケットは完売しています。ご来場される皆さん、どうぞお楽しみに。



2017年4月8日(土)@ 等々力 巣巣
永井宏作品展 la musique sur l'elephant
LIVE「音楽で表現すること」

18:00開場 18:30開演/3200円(toricotのお菓子とSwan Coffeeのコーヒー付き)
*開場開演時間にこれまで誤記がありました。正しくは18時開場 18時半開演となります。
 訂正してお詫びします。

出演:山田稔明、中森泰弘(HICKSVILLE)、直枝政広(CARNATION)、
イシカワアユミ、草とten shoes(opening act)
スペシャルゲスト:片桐はいり

永井さんの好きだった音楽、よく歌っていた曲、自作の曲など、
縁の人たちによるライブイベント。永井さんについてのトークなども。
永井さんにとって大切なライフワークであった、音楽で表現することを
体感する時間。幸せな気分になれる、おいしいお菓子とコーヒーがつきます。
*チケットは完売。当日券やキャンセル待ちについては直接お店へお問い合わせください

等々力 巣巣(http://www.susu.co.jp/
世田谷区等々力8-11-3
03-5760-7020
  
Posted by monolog at 11:47Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月15日

本日は渋谷カルチャーカルチャーにて「にゃなか presents “今夜は猫に感謝祭”」に参加します

本日は渋谷で猫を愛する人が集まるイベントに参加します。

kawakami-maiko


2017年3月15日(水)@ 渋谷 東京カルチャーカルチャー
にゃなか presents “今夜は♡猫♡に感謝祭”

18:30開場 19:30開演 21:00終演予定
前売2500円 当日3000円(*要1オーダー、猫関連のお土産付き)
出演:川上麻衣子(女優・にゃなか市長)、東野ひろあき(放送作家・にゃなか企画部)
ラサール石井(タレント・俳優)、峯村リエ(女優)、山田稔明(ミュージシャン)他、にゃなか連載メンバー
特別ゲスト:加藤由子(動物ライター・エッセイスト)

<お土産品>
UHA味覚糖「にゃんコレ」フルーツアソートキャンディ お一人様一袋
最新の猫用ペットフード缶詰をお一人様三缶
「にゃなか」特製・肉球足跡付き巾着袋 お一人様一袋

*前売券詳細はカルカルHPをご確認ください


東京カルチャーカルチャー(http://tcc.nifty.com/
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-23-16
cocoti SHIBUYA(渋谷 ココチ)4階
  
Posted by monolog at 13:06Comments(1)TrackBack(0)

バンド編成「夜の科学51」は完売御礼



昨日のこと。近藤さんが朝早く荷物を届けにきてくれて、ホワイトデイだと知る。3月14日は杉真理さんの誕生日、今年も吉祥寺でパーティーが開かれました。僕が駆けつけたときにはもう宴は終わっていたのだけど(ものすごかったらしい)いつまでも若く優しい杉さんとお会いして、心がふっと軽くなりました。さて、たくさんのお申込みをいただき4月16日(日)恵比寿天窓switchでのエッセイ集『猫町ラプソディ』刊行記念ライブ「夜の科学 vol.51 - rhapsody in tricolor」は完売御礼となりました(キャンセル待ちを受け付けています)。刊行記念ライブ第二弾として、4月28日(金)に下北沢風知空知で異なる編成でのライブを予定しています。申込受付は来週連休明けの21日(火)から。こちらもあわせてよろしくお願いします。



2017年4月28日(金)@ 下北沢 風知空知
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 in 下北沢ーrhapsody in tricolor”

19:00開場 19:30開演/前売 4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、上野洋)

初のエッセイ集発売記念ライブの第2弾は
弦楽器中心のアンサンブルでソロ活動黎明期の
サウンドの再現にトライします。乞うご期待!

オフィシャルサイト通販STOREチケットセクションにて3月21日(火)19時から受付開始

下北沢 風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp/
東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F
TEL. 03-5433-2191
  
Posted by monolog at 11:34Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月13日

今晩19時から4月16日バンド編成「夜の科学51」の申込受付を開始します|『猫町ラプソディ』刊行記念

今晩19時から今年初のバンド編成ライブ「夜の科学51」チケット申込受付を開始します。

2017_4_16


2017年4月16日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 vol.51〜rhapsody in tricolor”

18:30開場 19:00開演/前売 4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、 海老沼崇史、佐々木真里、立花綾香)

初のエッセイ集『猫町ラプソディ』発売を記念しての公演が決定しました。
書籍の先行販売はもちろん、今年初のバンド編成での演奏にご期待ください。

オフィシャルサイト通販STOREチケットセクションにて3月13日19時より申込受付開始

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887


猫町ラプソディ_cover_02



猫町ラプソディ/山田稔明

2017年4月23日発売予定
mille books  定価(本体1,300円+税)
ISBN978-4-902744-86-6 C0095
四六版・上製本・176頁

著者がこれまでの人生を共に歩んできた愛猫たちとの大爆笑話から、涙なしでは読めない感動の物語まで、20編すべて書き下ろしの新作エッセイ。あわせて『猫と五つ目の季節』のその後のエピソードや、小説の中の重要場面のいくつかを事実に沿ってより詳細に、そして心の機微もより丁寧に描いています。著者自身による挿絵(表紙絵も著者)も豊富に掲載した、見た目にも楽しい猫エッセイ本です。

猫がいると一日に何回も笑って、他愛ない会話を交わし、日々楽しくて、毎日が面白い。だから僕は猫のいる暮らしを選択する。ときにクールに見えるけれど、猫は純粋で無邪気で、正直に生きる美しい生き物だ。その真っすぐな瞳を覗き込むときに、僕らは全身全霊を捧げたありったけの愛で、その可愛らしさに最後まで対抗しなければならないという宿命を負うのだ。(「はじめに」より)

  
Posted by monolog at 11:16Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月12日

本日は蔵前NAOTにてライブです<完売御礼>

本日はいよいよ蔵前NAOTで4回目の開催となるアニバーサリーライブ。
天気もよくスカイツリーもきれいでしょう。会場でお会いしましょう。


IMG_9741


2017年3月12日(日)@ 蔵前 NAOT TOKYO
“NAOT TOKYO三周年記念LIVE〈高野寛×山田稔明×高橋久美子〉”

17:00開場 17:30開演/料金4000円

4年目となるNAOT TOKYO、三周年記念LIVEの開催が決定しました。
NAOT TOKYOは2014年3月にオープンしてから、今年で三周年を迎えます。
昨年に引き続き、高野寛さんと高橋久美子さんとともお祝いを。
セッションにもご期待下さい。特別な夜になりそうです。
*THANK YOU!SOLD OUT!

NAOT TOKYO(http://naot.jp/
東京都台東区駒形2丁目1-8 楠ビル301
TEL 03-5246-4863
金・土曜日のみ営業 12:00 - 19:00  
Posted by monolog at 13:16Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月11日

『猫町ラプソディ』刊行記念バンド編成ライブ第2弾の開催が決定しました

初エッセイ集『猫町ラプソディ』(4月23日発売)の刊行記念ライブについて、先日4月16日(日)の恵比寿天窓switchでの公演をお知らせしましたが、一般発売後の4月28日(金)にも下北沢 風知空知にて異なる編成で第2弾を行うことにしました。恵比寿がピアノフレンドリーな楽曲群だとすると下北沢は弦楽器アンサンブルという感じになるでしょうか。とにかく本とか猫とか、何かに託つけて何度も合奏をしたい季節なのですね、春は。いっぱい音楽を鳴らしたいと思いますので、ぜひ皆さまお付き合いください。

4月のバンド編成ライブ、4月16日は恵比寿天窓switch、4月28日が下北沢 風知空知です。

ymd_pochi_3


2017年4月28日(金)@ 下北沢 風知空知
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 in 下北沢ーrhapsody in tricolor”

19:00開場 19:30開演/前売 4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、安宅浩司、五十嵐祐輔、上野洋)

初のエッセイ集発売記念ライブの第2弾は
弦楽器中心のアンサンブルでソロ活動黎明期の
サウンドの再現にトライします。乞うご期待!

オフィシャルサイト通販STOREチケットセクションにて3月21日(火)19時から受付開始

下北沢 風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp/
東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F
TEL. 03-5433-2191
  
Posted by monolog at 13:54Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月10日

初エッセイ集『猫町ラプソディ』出版記念ライブは今年初のバンド編成で【3月13日19時申込受付開始】

初エッセイ集『猫町ラプソディ』出版記念ライブは今年初のバンド編成ステージとなります。ドラムにイトケンさん、ベースに海老沼崇史くん、キーボードに佐々木真里さん、コーラスに立花綾香を迎えての演奏。4月23日の一般発売に先駆けてこの日は本の初お披露目となります。チケットの販売は週明け3月13日19時からとなりますが、お申込みページが立ち上がったので詳細を再掲します。春にもうひとつ、また異なるバンド編成でのライブを計画中です。こちらも詳細は近日中に。いつも夏に目覚めがちな山田稔明が今年は春から活発に動き回りますので。

猫町ラプソディ_cover_04_2



猫町ラプソディ/山田稔明

2017年4月23日発売予定
mille books  定価(本体1,300円+税)
ISBN978-4-902744-86-6 C0095
四六版・上製本・176頁

著者がこれまでの人生を共に歩んできた愛猫たちとの大爆笑話から、涙なしでは読めない感動の物語まで、20編すべて書き下ろしの新作エッセイ。あわせて『猫と五つ目の季節』のその後のエピソードや、小説の中の重要場面のいくつかを事実に沿ってより詳細に、そして心の機微もより丁寧に描いています。著者自身による挿絵(表紙絵も著者)も豊富に掲載した、見た目にも楽しい猫エッセイ本です。

猫がいると一日に何回も笑って、他愛ない会話を交わし、日々楽しくて、毎日が面白い。だから僕は猫のいる暮らしを選択する。ときにクールに見えるけれど、猫は純粋で無邪気で、正直に生きる美しい生き物だ。その真っすぐな瞳を覗き込むときに、僕らは全身全霊を捧げたありったけの愛で、その可愛らしさに最後まで対抗しなければならないという宿命を負うのだ。(「はじめに」より)



<発売記念ライブ開催決定!>

2017年4月16日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 vol.51〜rhapsody in tricolor”

18:30開場 19:00開演/前売 4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、 海老沼崇史、佐々木真里、立花綾香)

初のエッセイ集『猫町ラプソディ』発売を記念しての公演が決定しました。
書籍の先行販売はもちろん、今年初のバンド編成での演奏にご期待ください。

オフィシャルサイト通販STOREチケットセクションにて3月13日19時より申込受付開始

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887  
Posted by monolog at 16:21Comments(0)TrackBack(0)

にゃなか presents 『今夜は猫に感謝祭』に参加します

2年前のこと、ライブ終了後に物販コーナーに座ってサインをしていたら、「山田さんも相当猫にやられちゃってるのね」と言われ顔をあげるとそこにいたのは女優の川上麻衣子さんだった。「私もなの」と、金八先生マニアの僕の前に現れた3Bレジェンドは麗しく微笑んだのです。それ以来なにかと仲良くしていただいて、『猫と五つ目の季節』にも嬉しい感想をくださった川上さんを中心に「にゃなか」という、猫好きの人たちの交流の場としてのウェブサイトが昨年秋に立ち上げられたのですが、その「にゃなか」主催の初イベントがあるということで、僕も参加させていただくことになりました(歌を歌います)。川上さんのCAT CRAZYな経緯は『彼の彼女と私の538日』という著書に詳しく描かれています。

川上さんが観てくださったのは、僕が「人間には猫と暮らす人生と猫と暮らさない人生のふたつしかない」とMCで断言して(静かに)騒然となったライブだったのですが、その後川上さんはそのときの言葉を読売新聞のコラムに書いてくださったりして、その後小説を書くときのキーワードとして光を当ててもらったのでした。このイベント、どんなふうになるのか全然わかりませんが、面白くなりそうなのでぜひ猫好きの方はこぞってご来場ください。来週3月15日(水)19時半開演です。

kawakami-maiko


2017年3月15日(水)@ 渋谷 東京カルチャーカルチャー
にゃなか presents “今夜は♡猫♡に感謝祭”

18:30開場 19:30開演 21:00終演予定
前売2500円 当日3000円(*要1オーダー、猫関連のお土産付き)
出演:川上麻衣子(女優・にゃなか市長)、東野ひろあき(放送作家・にゃなか企画部)
山田稔明(ミュージシャン)他、にゃなか連載メンバー
特別ゲスト:加藤由子(動物ライター・エッセイスト)

<お土産品>
UHA味覚糖「にゃんコレ」フルーツアソートキャンディ お一人様一袋
最新の猫用ペットフード缶詰をお一人様三缶
「にゃなか」特製・肉球足跡付き巾着袋 お一人様一袋

*前売券詳細はカルカルHPをご確認ください


東京カルチャーカルチャー(http://tcc.nifty.com/
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-23-16
cocoti SHIBUYA(渋谷 ココチ)4階
  
Posted by monolog at 10:15Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月06日

山田稔明、初のエッセイ集『猫町ラプソディ』発売決定| バンド編成 “夜の科学 vol.51ーrhapsody in tricolor” 公演開催決定

子どもの頃から文章を書くのが好きでした。大人になっても、いい歳になっても、毎日なんらかの文章を書いて暮らしています。初小説『猫と五つ目の季節』を書き終えて、たくさんの感想の声をいただいて思ったのは、音楽を作ることと同様に文字を連ねて思いを残すことは面白い、ということでした。春に発売になる『猫町ラプソディ』は猫について綴ったエッセイ集ですが、それはすなわち僕にとっての日々の暮らしを書き記した“アルバム”です。本の一般発売日に先駆けてエッセイ集発売記念ライブを行います(本を初披露します)。今年最初のバンド編成でのライブ、遠くから近くから、昔からの人も新しい人もたくさん駆けつけていただけますように。オフィシャルサイトでの通販受付、および一般書店でのご予約等は3月後半頃からを予定しています。

猫町ラプソディ_cover_02



猫町ラプソディ/山田稔明

2017年4月23日発売予定
mille books  定価(本体1,300円+税)
ISBN978-4-902744-86-6 C0095
四六版・上製本・176頁

著者がこれまでの人生を共に歩んできた愛猫たちとの大爆笑話から、涙なしでは読めない感動の物語まで、20編すべて書き下ろしの新作エッセイ。あわせて『猫と五つ目の季節』のその後のエピソードや、小説の中の重要場面のいくつかを事実に沿ってより詳細に、そして心の機微もより丁寧に描いています。著者自身による挿絵(表紙絵も著者)も豊富に掲載した、見た目にも楽しい猫エッセイ本です。

猫がいると一日に何回も笑って、他愛ない会話を交わし、日々楽しくて、毎日が面白い。だから僕は猫のいる暮らしを選択する。ときにクールに見えるけれど、猫は純粋で無邪気で、正直に生きる美しい生き物だ。その真っすぐな瞳を覗き込むときに、僕らは全身全霊を捧げたありったけの愛で、その可愛らしさに最後まで対抗しなければならないという宿命を負うのだ。(「はじめに」より)



<発売記念ライブ開催決定!>

2017年4月16日(日)@ 恵比寿 天窓 switch
山田稔明 エッセイ『猫町ラプソディ』発売記念公演
“夜の科学 vol.51〜rhapsody in tricolor”

18:30開場 19:00開演/前売 4000円 当日4500円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ(itoken、 海老沼崇史、佐々木真里、立花綾香)

初のエッセイ集『猫町ラプソディ』発売を記念しての公演が決定しました。
書籍の先行販売はもちろん、今年初のバンド編成での演奏にご期待ください。

オフィシャルサイト通販STOREチケットセクションにて3月13日19時より申込受付開始

恵比寿 天窓 switch(http://www.otonami.com/ebisu/news/index.htm
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887  
Posted by monolog at 09:32Comments(0)TrackBack(0)

今週末は高野寛さん、高橋久美子さんとのNAOT3周年アニバーサリーです

楽しみなイベントが続きます。今週末は蔵前にあるイスラエル靴のお店NAOTでのアニバーサリーライブ。オープニング記念から数えて今年で4回目の高野さんとの共演です。高橋久美子ちゃんも去年から続いて参加。去年の夏にNAOTから観た隅田川花火大会は花火エクスペリエンスを塗り替えるものでした。春まだきの季節なのにすでに夏が恋しい。チケットは完売しています。当日券、キャンセル待ち等については直接お店までお問い合わせください。

IMG_9741


2017年3月12日(日)@ 蔵前 NAOT TOKYO
“NAOT TOKYO三周年記念LIVE〈高野寛×山田稔明×高橋久美子〉”

17:00開場 17:30開演/料金4000円

4年目となるNAOT TOKYO、三周年記念LIVEの開催が決定しました。
NAOT TOKYOは2014年3月にオープンしてから、今年で三周年を迎えます。
昨年に引き続き、高野寛さんと高橋久美子さんとともお祝いを。
セッションにもご期待下さい。特別な夜になりそうです。

*THANK YOU!SOLD OUT!
キャンセル待ち、当日券等のお問い合わせ: order@naot.jp

NAOT TOKYO(http://naot.jp/
東京都台東区駒形2丁目1-8 楠ビル301
TEL 03-5246-4863
金・土曜日のみ営業 12:00 - 19:00  
Posted by monolog at 07:50Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月05日

HARCO20周年記念ライブにゲスト参加【チケット本日発売】

HARCO20周年アニバーサリーの東京編に参加させていただきます。名古屋にはカジヒデキさん、大阪にはベベチオと杉瀬陽子さん。東京では僕とキンモクセイの伊藤俊吾くん、さらに空気公団の山崎ゆかりさんもゲストに加わったので昨年披露したコラボ曲を演奏できそうで楽しみです。詳細はHARCOのオフィシャルサイト、チケット購入に関してホットスタッフのサイトもご参考ください。

20thHKG_banner_2

2017年7月8日(土)@ 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
HARCO LIVE TOUR 2017
20th Anniversary Special -HIKINGS-

16:45開場 17:30開演/前売4500円 当日5000円(ドリンク代別途)
出演:HARCO/Special Guest:山田稔明(GOMES THE HITMAN)、
伊藤俊吾(キンモクセイ)、山崎ゆかり(空気公団)and more

■一般発売 3/5(日)よりプレガイドにて発売開始
■チケットぴあ [Pコード予約] 0570-02-9999
■ローソンチケット [Lコード予約] 0570-08-4003
■イープラス

お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−14−8 O-EASTビル 1F  
Posted by monolog at 11:06Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月01日

LIVE INFORMATION【SPRING 2017】

1月と2月で10本のステージを終え、早くも3月になりました。小さな会場でのライブが続き完売のライブが多くなっていますが、4月8日等々力 巣巣でのヒックスヴィル中森さん、カーネーション直枝さんとのライブはあと数席残っているそうです。お早目のご予約をお薦めします。4月中旬以降のライブスケジュールも近日中にお知らせできたらと諸々準備中です。下の写真は『新しい青の時代』リリース時のアー写、4年や5年はあっという間に過ぎるから、ひとつひとつを印象深いものにしたいなあと再確認する年度末です。

ymd_yoko


<山田稔明 SPRING 2017>

3月12日(日)@ 蔵前 NAOT(SOLD OUT)
3月25日(土)南青山 ビリケンギャラリー(SOLD OUT)
3月26日(日)谷中 コーツトカフェ(SOLD OUT)
4月1日(土)等々力 巣巣(SOLD OUT)
4月2日(日)南青山 ビリケンギャラリー(SOLD OUT)
4月8日(土)等々力 巣巣


ライブ情報詳細はこちら
  
Posted by monolog at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

本日19時より猫ラボ個展LIVE追加公演の入場申込受付を行います




本日このあと19時より猫ラボ個展「猫のいるところ」LIVE “紫陽花の庭”追加公演の入場申込受付が始まります。3月25日に行われる公演はチケットが即完してしまいましたが、同内容のライブをするつもりなので、すでに3月公演にご来場予定の方はちょっと様子を見て空気を読んでもらえたら嬉しいなと思います。猫ラボさんの作品集もとても好評のようです。本物の作品に触れる(実際触っちゃだめだけど)良い機会なので、たくさんの方に観ていただけますように。このあと、19時から通販STOREチケットセクションにて。



2017年4月2日(日)@ 南青山 ビリケンギャラリー
猫ラボ個展「紫陽花の庭」LIVE

19時開場 19時半開演/前売3000円(税込)
出演:山田稔明

フェルト作家「猫ラボ」さんの個展期間中のライブ、
3月25日完売を受けて追加公演決定。どこまでもこちらを
見つめてくる手作りグラスアイの瞳とその柔らかな曲線に
相応しい歌を奏でようと思います。

オフィシャル通販STOREにて本日3月1日(水)19時より申込受付開始
*限定人数につき売切の際はご了承ください

南青山 ビリケンギャラリー
〒107-0062 東京都港区南青山5-17-6-101
お問い合わせ ビリケン商会:03-3400-2214  
Posted by monolog at 17:31Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月28日

長い留守番



ケイブンシャCOTTAGEでのライブの翌日は高橋徹也さんと京都駅で別れ、打ち合わせと所用で大阪へ。時間の隙間を縫って心斎橋のスタンダードブックストアにも寄れた。あら!と僕を見つけてくれた店長、中川社長にも久しぶりに会えて嬉しかった。そのまま大阪に宿泊。土曜日の朝から4日間は猫番さんにお世話になるとは言えポチ実には長い時間だろう。人間の4倍のはやさで生きるという猫にとって4日間は16日間だ。帰宅するなりものすごい甘え。可愛い。

いろいろ溜まっている宿題、課題。モード切替してこれから全力で。明日は19時から猫ラボ個展LIVEの追加公演、申込受付が始まります。この機会をお見逃しなく。




2017年4月2日(日)@ 南青山 ビリケンギャラリー
猫ラボ個展「紫陽花の庭」LIVE

19時開場 19時半開演/前売3000円(税込)
出演:山田稔明

フェルト作家「猫ラボ」さんの個展期間中のライブ、
3月25日完売を受けて追加公演決定。どこまでもこちらを
見つめてくる手作りグラスアイの瞳とその柔らかな曲線に
相応しい歌を奏でようと思います。

オフィシャル通販STOREにて3月1日(水)19時より申込受付開始
*限定人数につき売切の際はご了承ください

南青山 ビリケンギャラリー
〒107-0062 東京都港区南青山5-17-6-101
お問い合わせ ビリケン商会:03-3400-2214  
Posted by monolog at 23:32Comments(1)TrackBack(0)

2017年02月26日

今日は京都行こう|高橋徹也+山田稔明+アアルトコーヒー+夜長茶廊『コーヒーと音楽とカレーな京都』

名古屋で朝を迎えています。今日はこれから京都へ移動して、恵文社一乗寺店COTTAGEでの高橋徹也さんとのライブ、徳島からアアルトコーヒー、鳥取から夜長茶廊さんが五感のうちのいくつかを担当します。昨年モナレコードでやった『コーヒーと音楽』は僕らにとっても画期的でした。通常の対バンとは違い、ずっとふたりがステージ上にいてお互いの歌をそこでふむふむと聴き、参加できる歌にはコーラスしたり、とても自由で音楽的なコラボレーションでした。お昼からずっと楽しいお祭りになりそうです。前売りチケットは完売していますが、当日券などの情報をSNSでお待ち下さい。

IMG_8195


2017年2月26日(日)@ 京都 ケイブンシャ COTTAGE
「コーヒーと音楽」とカレーな京都

11:00 -16:00 夜長茶廊のカレー(売り切れ終了)とアアルトコーヒーのコーヒーが楽しめます
LIVE:17:00開場 18:00開演/前売3500円 当日4000円(1ドリンク代別途)
出演:高橋徹也、山田稔明 *夜長茶廊のカレーは限定数での販売となります

※THANK YOU!SOLD OUT!
当日券に関して16時から整理券を配布します

恵文社 COTTAGE(コテージ)
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10  恵文社一乗寺店 南側  
Posted by monolog at 08:28Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月25日

本日名古屋公演です|山田稔明+高橋徹也『音楽と音楽』



いよいよ本日は名古屋喫茶モノコトでの高橋徹也さんとのライブです。京都が『コーヒーと音楽』というイベントタイトルであるのに対して、名古屋は『音楽と音楽』と名付けました。山田も高橋も90年代後半から20余年、迷走しながらずっと音楽を作り続けてきた孤独な長距離ランナーです。気付けばいい歳になりましたが今が一番楽しいし調子がいいと、ふたりして思っているのではないでしょうか。この週末はお互いの走りっぷりを眺めながら並走するような、いつもとは違う夜になりそうです。名古屋は当日券があります。「お、行ける」と思ったら踵を返して喫茶モノコトまで。

いつもお世話になっている、これまで何度もライブを行ってきた大須モノコトではなく(昨年やった移転後の大須モノコトでもなく)店主森田さんが千種区に新しくオープンさせたスペースです。ちくさ正文館書店の2階、軽食も食べられるようです。初めての空間を楽しみたいと思います。


2017年2月25日(土)@ 喫茶モノコト〜空き地〜
“音楽と音楽・山田稔明と高橋徹也”

18:00開場 19:00開演/前売3500円 当日4000円(1オーダー別途)
出演:山田稔明、高橋徹也

孤独なシンガーソングライターふたりが東京を離れて
音楽の二人旅を。選び抜かれた言葉と旋律と声を届けます。

*山田稔明オフィシャルサイトにて予約受付中

喫茶モノコト〜空き地〜
名古屋市千種区内山3-28-1ちくさ正文館書店2F
070-6411-7531
*大須モノコトではなく千種区ちくさ正文館書店2階に
新しくオープンした新しいスペースです。お気をつけください!
  
Posted by monolog at 07:49Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月24日

猫ラボ個展LIVE「紫陽花の庭」追加公演が決定しました




たくさんのお申込みによりチケットが完売した南青山ビリケンギャラリーでの猫ラボ個展「猫のいるところ」LIVE “紫陽花の庭”ですが、ビリケンギャラリーさんのご理解もあり、ご要望にお応えして追加公演の開催が決定しました。3月25日の公演に関してはご入金確認のできたお客様にすでに整理番号を記載したメールを発送しました。現在キャンセル待ちの方1名様にご案内中で、今後キャンセルの発生の可能性は少ないかもしれません。4月2日の追加公演をご検討いただければ幸いです。お申込み受付は3月1日(水)19時より。よろしくお願いします!


2017年4月2日(日)@ 南青山 ビリケンギャラリー
猫ラボ個展「紫陽花の庭」LIVE

19時開場 19時半開演/前売3000円(税込)
出演:山田稔明

フェルト作家「猫ラボ」さんの個展期間中のライブ、
3月25日完売を受けて追加公演決定。どこまでもこちらを
見つめてくる手作りグラスアイの瞳とその柔らかな曲線に
相応しい歌を奏でようと思います。

オフィシャル通販STOREにて3月1日(水)19時より申込受付開始
*限定人数につき売切の際はご了承ください

南青山 ビリケンギャラリー
〒107-0062 東京都港区南青山5-17-6-101
お問い合わせ ビリケン商会:03-3400-2214  
Posted by monolog at 13:22Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月23日

山田稔明+高橋徹也|名古屋&京都、二人旅ツアー【今週末】



昨日は2月22日ということで全国的に猫の日でした。ちよだ猫まつりで演奏したり、PECOというキュレーションサイトでエッセイを書かせていただいたり、渋谷ヒカリエで昨日まで開催されていたネコフェスなるものにも近藤研二さん宅のモイとウニに混ざってうちのポチ実もいろいろフィーチャーしていただいたり、Cat's ISSUEとアフタヌーンティーのコラボ「Cat's Nap Time」では何百匹の猫の中から愛猫のペロリ顔を探したり、なんだか賑やかで楽しい2月があっという間に過ぎようとしています。今週末は音楽の旅です。

いよいよ迫ってきました。高橋徹也さんとの名古屋千種区の喫茶モノコト、そして京都恵文社一乗寺店COTTAGEでのライブ。京都は完売御礼、名古屋はもう少しお席をご用意できます。なかなかこういう機会は稀有なことなので、ぜひたくさんの皆さんに目撃してほしいなと思っております。まだ耳にしていない、高橋徹也氏の新しい名曲?迷曲?あるいは奇曲?「猫とホテル」を体験すると思うと武者震いがする。今日はこれから作戦会議。週末、名古屋と京都でお会いしましょう。


2017年2月25日(土)@ 喫茶モノコト〜空き地〜
“音楽と音楽・山田稔明と高橋徹也”

18:00開場 19:00開演/前売3500円 当日4000円(1オーダー別途)
出演:山田稔明、高橋徹也

孤独なシンガーソングライターふたりが東京を離れて
音楽の二人旅を。選び抜かれた言葉と旋律と声を届けます。

*山田稔明オフィシャルサイトにて予約受付中

喫茶モノコト〜空き地〜
名古屋市千種区内山3-28-1ちくさ正文館書店2F
070-6411-7531
*大須モノコトではなく千種区ちくさ正文館書店2階に
新しくオープンした新しいスペースです。お気をつけください!




2017年2月26日(日)@ 京都 ケイブンシャ COTTAGE
「コーヒーと音楽」とカレーな京都

11:00 -16:00 夜長茶廊のカレー(売り切れ終了)とアアルトコーヒーのコーヒーが楽しめます
LIVE:17:00開場 18:00開演/前売3500円 当日4000円(1ドリンク代別途)
出演:高橋徹也、山田稔明 *夜長茶廊のカレーは限定数での販売となります

※THANK YOU!SOLD OUT!
当日券等については直接会場までお問い合わせください

恵文社 COTTAGE(コテージ)
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10  恵文社一乗寺店 南側


IMG_2497

  
Posted by monolog at 11:51Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月22日

今年も永井宏作品展でのライブを開催|山田稔明+中森泰弘+直枝政広

IMG_1681

巣巣での永井宏さん個展に際してのライブは2014年春に始まり、今年で4回目と数を重ねてきました。今年も編集者時代の永井さんにカメラマンとしても可愛がられたヒックスヴィル中森さん、永井さんの音楽活動における弟子とも言える鍵盤奏者イシカワアユミさん、そして永井さんに会うことの叶わなかった僕を中心にライブを行います。今年はなんとカーネーションの直枝政広さんが参加。直枝さんも永井さんと親交があったとのことで、出演のオファーを快諾していただきました。巣巣店主岩崎さんが参加する新人バンド草とten shoesをオープニングアクトに迎え楽しい夜になることでしょう。

先日、僕が夢心地でR.E.M.のピーター・バックとマイク・ミルズに会ったタンバリンギャラリー。じつはタンバリンギャラリーは永井さんが2010年に同志の仲間たちとともに運営を始めた空間だったので、なんだか感慨深かった。R.E.M.が一介のインディーバンドだった頃から熱心に雑誌や書籍で日本のファンに紹介したのは他の誰でもない、永井宏さんだったのです。僕は永井さんのR.E.M.コレクションを、奥様である南里さんを通じていくつも引き継いでいます。今回の公演では南里さんにも久しぶりにお会いできることが楽しみで、何枚ものピーターとマイクとの写真を自慢したいと思っています。

NH2017


2017年4月8日(土)@ 等々力 巣巣
永井宏作品展 la musique sur l'elephant
LIVE「音楽で表現すること」

18:00開場 19:00開演/3200円(toricotのお菓子とSwan Coffeeのコーヒー付き)
出演:山田稔明、中森泰弘(HICKSVILLE)、直枝政広(CARNATION)、
イシカワアユミ、草とten shoes(opening act)

永井さんの好きだった音楽、よく歌っていた曲、自作の曲など、
縁の人たちによるライブイベント。永井さんについてのトークなども。
永井さんにとって大切なライフワークであった、音楽で表現することを
体感する時間。幸せな気分になれる、おいしいお菓子とコーヒーがつきます。

*巣巣にて入場予約受け付け中
受付メールアドレス;susu@susu.co.jp
タイトル:4/8 ライブ
本文:お名前、人数、携帯番号

*翌営業日中には返信をさせていただきます。
*携帯電話アドレス(docomoやezweb)からの送信の場合は、
巣巣からの返信が届く設定でお願いいたします。
*数日しても返信が届かない場合は、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせをお願いいたします。
ご予約をお待ちしております!

等々力 巣巣(http://www.susu.co.jp/
世田谷区等々力8-11-3
03-5760-7020
  
Posted by monolog at 20:51Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月20日

今週末は高橋徹也さんとの名古屋・京都ツアーです

いよいよ今週末に迫ってきました。高橋徹也さんとの名古屋千種区の喫茶モノコト、そして京都恵文社一乗寺店COTTAGEでのライブ。京都はありがたいことに完売、名古屋もたくさんのお申込みをいただき残席少なくなっております。なかなかこういう機会は稀有なことなので、ぜひたくさんの皆さんに目撃してほしいなと思っております。ここ数年一番シンパシーを感じる音楽家であり友人である高橋徹也さんとの旅、とても楽しみです。週末、名古屋と京都でお会いしましょう。

IMG_8195


2017年2月25日(土)@ 喫茶モノコト〜空き地〜
“音楽と音楽・山田稔明と高橋徹也”

18:00開場 19:00開演/前売3500円 当日4000円(1オーダー別途)
出演:山田稔明、高橋徹也

孤独なシンガーソングライターふたりが東京を離れて
音楽の二人旅を。選び抜かれた言葉と旋律と声を届けます。

*山田稔明オフィシャルサイトにて予約受付開始

喫茶モノコト〜空き地〜
名古屋市千種区内山3-28-1ちくさ正文館書店2F
070-6411-7531
*大須モノコトではなく千種区ちくさ正文館書店2階に
新しくオープンした新しいスペースです。お気をつけください!




2017年2月26日(日)@ 京都 ケイブンシャ COTTAGE
「コーヒーと音楽」とカレーな京都

11:00 -16:00 夜長茶廊のカレー(売り切れ終了)とアアルトコーヒーのコーヒーが楽しめます
LIVE:17:00開場 18:00開演/前売3500円 当日4000円(1ドリンク代別途)
出演:高橋徹也、山田稔明 *夜長茶廊のカレーは限定数での販売となります

※THANK YOU!SOLD OUT!
当日券等については直接会場までお問い合わせください

恵文社 COTTAGE(コテージ)
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10  恵文社一乗寺店 南側


IMG_2497

  
Posted by monolog at 13:52Comments(0)TrackBack(0)

本日19時から猫ラボ個展「猫のいるところ」コラボライブ“紫陽花の庭”の申込受付開始<チケット完売しました>

フェルト作家猫ラボさんの初めての作品集が完成しました。僕は今回キャプションのテキストと英語訳などでお手伝いさせていただいた。猫ラボさんからは「山田さんがインスタを投稿するときに書く一言コメントのような直感的な言葉を添えてください」という旨の依頼があったので、生き生きとしたフェルト猫たちの姿を眺めながら楽しんで作業させてもらいました。並み居る人気猫たちに混ざって、うちの庭をテーマにポチとポチ実、さらにはチミママまで新作猫を作ってもらって感動した。この作品集の発売とあわせて3月18日からビリケンギャラリーにて個展が開かれますが、開催期間中の3月25日にライブが決定、その受付を本日19時からオフィシャルサイト通販STOREチケットセクションにて行います。ご来場特典として「紫陽花の庭」という僕の書き下ろしエッセイが記載されたカードがつきます。

猫ラボさんの作る猫は見るものに溜息をつかせる魅力を持っています。ぜひ実物を確かめにきてください。作品集『FELT CATS』はAmazon等でもご注文できますが、出版社を介さない猫ラボさん渾身のインディペンデントリリースなので、ぜひご本人から購入することをお薦めします。2月22日発売。




2017年3月25日(土)@ 南青山 ビリケンギャラリー
猫ラボ個展「紫陽花の庭」LIVE

19時開場 19時半開演/前売3000円(税込)
出演:山田稔明
フェルト作家「猫ラボ」さんの個展期間中の3月25日に
ライブイベントの開催が決定しました。どこまでもこちらを
見つめてくる手作りグラスアイの瞳とその柔らかな曲線に
相応しい歌を奏でようと思います。猫ラボさんとのトークも。

オフィシャル通販STOREにて2月20日19時より申込受付開始
*チケットは完売、キャンセル待ちの受付も締め切りました
*ご来場特典として紫陽花の庭エッセイカードをお渡しします
*限定人数につき売切の際はご了承ください

南青山 ビリケンギャラリー
〒107-0062 東京都港区南青山5-17-6-101
お問い合わせ ビリケン商会:03-3400-2214

ajisai
  
Posted by monolog at 11:07Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月17日

明日は近藤研二さんと「ちよだ猫まつり」にて観覧無料のチャリティーライブです

IMG_7136

明日は昨年に続いて千代田区と一般社団法人ちよだニャンとなる会の共催による「ちよだ猫まつり2017」に近藤研二さんと参加します。僕らは音楽で猫の保護活動等の支援を。千代田区は2011年に全国で初めて猫の殺処分ゼロを実現し、現在も継続中。その取り組みには猫との共生のヒントがあるかもしれません。様々なイベントや出店があり楽しいお祭です。ステージ進行上、時間の前後があるかもしれませんが、僕と近藤さん(quilico)は15時半頃から演奏する予定です。終演後には物販も。観覧無料となっておりますのでぜひたくさんのご来場を。明後日19日の下北沢lete公演は男性限定のいわば「男まつり」、ぜひ女性陣は「猫まつり」へお越しください。



2016年2月18日(土)@ 千代田区役所1階 ちよだ猫まつり2017特設会場
“ちよだ猫まつり 山田稔明+近藤研二 チャリティーミニライブ”

15時半頃から/観覧無料
*終演後グッズの販売等を予定しています

千代田区役所1階・4階(千代田区九段南1-2-1)
地下鉄九段下駅6番出口
ちよだ猫まつり2017


昨年の模様。

DSC00438


  
Posted by monolog at 14:49Comments(1)TrackBack(0)

2017年02月16日

ギャラリー芝生HPでのポチバッジ通販オーダーを開始しました

04


経堂ギャラリー芝生でのポチバッジ展も好評を持って終了しました。ずっとネット通販を切望されていたポチバッジですが、すべてハンドメイドであることとその受付管理などの問題でこれまで実現しませんでしたが、今回芝生さんの力強いサポートを得て通販オーダーを期間限定で受け付けることになりました。いろいろルールもありますのでよく説明をお読みください。商品発送までにお時間をいただくことになると思いますが、ぜひこの機会をお見逃しなく。すべてハンドメイド、一点モノの商品の販売なのでいろいろ不手際や販売方法の微調整などあると思いますが大きな心で、カリカリせず、優しい気持ちで気長にお待ちいただけたら嬉しいです。

経堂ギャラリー芝生HPにて、本日より2月21日までが受付期間となっています。眺めるだけでも楽しいバッジ通販HPを作ってくれました。ぜひお立ち寄りください。



経堂cafe+gallery芝生 ポチバッジ通販ページへ  
Posted by monolog at 13:44Comments(0)TrackBack(0)