2024年05月21日

人に会う日

天気のいい週末。心臓の定期検診のため新宿の病院へ。冠動脈カテーテル手術をしたのは2019年の春、それから5年経ったけれど治療した僕の心臓は問題なくBPMを刻み続けてくれている。主治医の先生と短くも心強い会話。諸々すべて問題なくひと安心、健康に感謝しかない。朝ウォーキングしてる成果か、血圧の数値がとても良くなっていた。朝一番の診察だったので今日も一日が長い。まだお昼だ。

たまたまタイミングよく連絡が取れた高橋徹也さんと待ち合わせてお茶。近況報告など、どうでもいい話からそうでもない話までいろいろ。短い時間だったけれど良い時間。レコード屋をさくさくハンティングしたあと、西荻窪へ。カーネーション直枝さんが音楽棚tentのイベントでいらっしゃると知り、おしゃべりしたくて会いにいった。直枝さんにお会いするのはポーグスのシェイン・マガウアンの映画試写のとき以来か。「ジョン・レノン 失われた週末」の話ができてよかった。

西荻窪は小さな面白い店がたくさんあって街歩きが楽しい。もしかしたら吉祥寺よりも肌に合っているかも。いろんな人に会う充実した一日でした。

IMG_4492
  
Posted by monolog at 23:58Comments(0)日常

2024年05月20日

音楽ドキュメンタリーの愉しみ

思うところあって朝から映画「ジョン・レノン 失われた週末」をもう一度観た。また違った面白さもあってロスト・ウィークエンドの季節のきらめきのようなものを感じるあっという間の90分だった。朝9時からの上映で終わってもまだ10時半。天気もよく、吉祥寺の街もどことなくすっきりしていて新しい朝の楽しみ方かもしれない。朝早く起きるようになって昼の時間がとても長く、夜の終わりがものすごく早い。

午後、もう一本映画を観ようと渋谷まで出かけた。「シド・バレット 独りぼっちの狂気」、これも公開が待ち遠しかった音楽ドキュメンタリー。僕はピンク・フロイドが大好きなのだけど、それはもうシドのいないフロイドの音楽だった。『原子心母』『狂気』『炎〜あなたがここにいてほしい』、一番好きなのは『鬱』。邦題だけ見たらちょっとどうかしてるバンドですよね、知らない人にとっては。歴史としてのシド・バレットを教科書を紐解くように聴いて、それはそれでサイケデリックな辺境音楽として楽しんだものだ。心が壊れていく過程を当事者たちが語るこの映画は悲しい物語ではあったけれど、それぞれの心に棲むシドの姿が浮き彫りにされるようで意義のある作品だと感じた。

音楽ってそれだけで素晴らしい芸術だけど、その周辺の背景を知るともっとぐっと響いてくる。音楽ドキュメンタリーの愉しみ、次はPAVEMENTの元ドラマーの反省を描いた『LOUDER THAN YOU THINK ギャリー・ヤングとペイヴメントの物語』を待つ。

6E0B098F-95C9-4FC4-B45A-AEAAC32D65A0
  
Posted by monolog at 23:34Comments(0)日常

2024年05月19日

今週末下北沢ラプソディーでの牧野元+山田稔明、ライブ配信決定

追加立ち見チケットに加えてライブ配信が決定しました。遠方の方もオンラインでお楽しみください!

5:25

2024年5月25日(土)@ 下北沢ラプソディー
マキノゲン × 山田稔明、恒例ジョイントライブ!
〜いつも旅の途中 2024新緑編〜RHAPSODY8周年記念ライブ

出演:マキノゲン(ザ・カスタネッツ)/山田稔明(GOMES THE HITMAN)
18:30会場 19:00開演 前売り4,000円/当日未定+別途500円分drink券

追加チケット(立ち見)をPassMarketにて発売中
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/023qg8kuc0s31.html

ライブ配信が決定しました。視聴チケット販売ページはこちらです。
https://twitcasting.tv/rhapsody422/shopcart/310901

会場:RHAPSODY(ラプソディー) 〜acoustic live bar - shimokitazawa〜
住所:〒155-0031東京都世田谷区北沢2-1-7 ハウジング北沢ビルII 5F
URL http://rhapsody.tokyo
info@rhapsody.tokyo  
Posted by monolog at 23:18Comments(0)情報

2024年05月18日

「夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽53」公演をツイキャス配信

昔は自分のライブの映像や録音を見返したりするのがとても苦手だったのですが、この数年で大丈夫になってきた気がします。反省はするけど後悔はしない、というか、うまくいかなかったライブもその記録をかえりみて「これはこれで意味があったよね」と次のステージの糧にすることができるようになってきた感覚があります。下北沢レテでの演奏は最近だいたい録画・録音していて、時間旅行のように再訪するのが楽しみになりました。

5月5日の下北沢レテ公演、夜の部をツイキャス配信します。昼の部も明るくてよかったんだけどやっぱり少しほの暗いレテのほうが雰囲気があるかな。来週末、下北沢ラプソディーでのカスタネッツ元さんとのライブの翌日の夜に配信。ライブとツイキャスの週末になります。楽しみましょう。視聴チケット発売中。

453D4895-93C2-4C19-A344-808CF90FA801

2024年5月26日(日)21時配信
ツイキャスプレミア配信「夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽53」


2024年5月5日(日)に下北沢 leteにて開催された山田稔明定期演奏会
「夜の科学 in 下北沢ー小箱のなかの音楽53」を収録配信。昼夜2部制
で行われた公演の「夜の部」約2時間のライブを再構成して約90分の
プログラムにしました。おしゃべりも演奏もたっぷりお届けします。

視聴チケット2500円(別途手数料)発売中
https://twitcasting.tv/toshiakiyamada/shopcart/310791


<演奏予定曲>
新しい季節
最後の晩餐
一角獣と新しいホライズン
down the river to the sea
glenville
Satellite of Love(Lou Reedカバー)
milk moon canyon
サテライト
Weather Report(フィッシュマンズカバー)
月あかりのナイトスイミング
Brand New Day/Brand New Song(村田和人カバー)
さよならなんて云えないよ(小沢健二カバー)
small good things
僕らの暮らし
セラヴィとレリビー 他  
Posted by monolog at 23:24Comments(0)情報

2024年05月17日

カスタネッツ牧野元+GOMES THE HITMAN山田稔明は来週末|立ち見チケット追加発売

来週末に迫った下北沢ラプソディーでのカスタネッツ牧野元さんとのジョイントライブの打ち合わせと練習をうちで。年に2回の恒例となってきた元さんとの共演、まずは前回会ったときから今までの近況報告から始まる。お互い半年の間にいろいろ積もる話。カバー曲を考え、二人で歌ってみて「なんか違うな」「なかなかいいんじゃないですか?」「こんなふうにやってみよう」ととても真面目に取り組む時間。お昼ご飯に元さんが買ってきてくれたケンタッキーフライドチキンを食べてから始めて、気づいたら夕方になっていました。

チケット完売していましたが、若干枚数の立ち見チケットを販売するそうです。日曜日正午から受付。ぜひお見逃しなく。

photo

2024年5月25日(土)@ 下北沢ラプソディー
マキノゲン × 山田稔明、恒例ジョイントライブ!
〜いつも旅の途中 2024新緑編〜RHAPSODY8周年記念ライブ

出演:マキノゲン(ザ・カスタネッツ)/山田稔明(GOMES THE HITMAN)
18:30会場 19:00開演 前売り4,000円/当日未定+別途500円分drink券

追加チケット(立ち見)を若干枚数だけ販売します
※5月19日(日)正午12:00よりPassMarketにて
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/023qg8kuc0s31.html

予定枚数になり次第終了しますのでご了承ください。
入場はすでに購入済みの前売りの人の後の入場で立ち見になります。ご了承の上ご購入ください。
この追加チケットの購入は1人1枚とさせていただきます。

会場:RHAPSODY(ラプソディー) 〜acoustic live bar - shimokitazawa〜
住所:〒155-0031東京都世田谷区北沢2-1-7 ハウジング北沢ビルII 5F
URL http://rhapsody.tokyo
info@rhapsody.tokyo  
Posted by monolog at 23:20Comments(0)情報

2024年05月16日

札幌FM NORTHWAVE「Move on up!」に電話出演します

札幌への久しぶりの旅が来週末に迫ってきました。前回は去年の春まだき頃で最後の吹雪みたいな天気の日で、それはそれで北国風情があってよかったのです。今回は初夏の札幌ということで梅雨の東京からの逃避行という感じ、とても楽しみです。

今週末5月17日(金)正午過ぎのFM NORTHWAVE「Move on up!」に電話出演して札幌でのライブについてお話をさせていただきます。北海道の皆さん、全国の皆さんもradikoプレミアムでお楽しみいただけたら嬉しいです。


2024年5月17日(金)12時15分頃〜
FM NORTHWAVE「Move on up!」

山田稔明が電話出演します

https://www.fmnorth.co.jp/moveonup/

kkymd

433897792_426497426409473_181042545758657897_n

2024年5月31日(金)@ 札幌 レストランのや 2nd
山田稔明・近藤研二
“ふたりのコンサート in 札幌 vol.2”

18:00開場 18:30開演
予約4000円 当日4500円(ドリンク別途600円)

稀代のネコ好き音楽家ふたりが初夏の札幌へ
ギターを抱えて新しい季節を見つけにいきます。

入場申込はのや2nd店頭、あるいはTiGET予約フォームをご利用ください
https://tiget.net/events/315306
*先着順入場、当日精算となります
*お客様用の駐車場はございません。公共の交通機関、
最寄りのコインパーキング等をご利用ください。

のや2nd
〒065-0012
札幌市東区北12条東5丁目1-17
TEL 011-797-8728




2024年6月2日(日)@ 札幌市民交流プラザ SCARTSコート
保護猫応援きっとうまくいくチャリティコンサート

13:00開場 13:30開演/料金4000円(中学生以下無料)
出演:近藤研二、山田稔明、キッコリーズ

*チケット予約受付中
保護猫支援団体 チャペチャシチャシ→https://linktr.ee/cape_cas_cas

札幌市民交流プラザ SCARTSコート(https://www.sapporo-community-plaza.jp/scarts.php
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西1丁目  
Posted by monolog at 23:47Comments(0)情報

2024年05月15日

山田稔明ブログ「monoblog - 猫と定点観測日記」開設からちょうど20年

2004年5月15日。GOMES THE HITMANが『omni』をリリースした翌年、シングル「夜明けまで」発表後の4月に僕が肺気胸になって活動休止を余儀なくされた時期にこのブログを始めました。当時は「ウェブログ(weblog)」って呼ばれたりもしてたかな。日記はHPに不定期に書いていたけれど、あらためて日々の徒然に特化したブログが面白くて当時は一日に何回も投稿したり、携帯で撮った小さな写真をアップしたりしていた(画像はブログを始めた日の記事)。Youtubeの開設が2005年だからそれより前だと思うと隔世の感がある。僕は新しいモノ好きの、いわゆるアーリーアダプターという奴で、Twitterもインスタグラムも超初期から面白がって触っていたから、そういうSNSの栄枯盛衰みたいなものもこの20年のブログには刻まれているかもしれない。

それこそ20年分の“よしなしごと”がまるまるここに残っている。猫との暮らしを中心にして、ポチのこと、チミちゃんママンのこと、アメリカ大統領選挙に固唾を飲んだり、大きな災害に心を痛めたり、良いことも悪いことも、良いときも悪いときも書き続けて、今もずっと終わりなき毎日を記録している。インスタグラムの写真を貼ったのがリンクが外れて見にくくなっているのがどうにかなったらなと思うけど、それはそれで時間の経過の証拠だ。

20年、全然あっという間なんかじのこと、ちゃんと20年分のことが“ある”と感じました。これからもよろしくお願いします。

2024-05-16 7.57.56
  
Posted by monolog at 23:12Comments(0)日常

2024年05月14日

忘れていくおしゃべり

久しぶりにゆっくり高橋久美子さんと会った。美味しいランチとおしゃべり。久美子ちゃんとは一昨年一緒に小沢健二さんのコンサートを観た盟友(?)なので、余韻さめやらぬステージの感想を熱く語ったり。久美子ちゃんの2拠点生活での農業の話も興味深い。何時間も話しても、結局「あれ?なんのことをおしゃべりしたっけな?」ってなる。そういう贅沢な時間。

彼女の実家の四国中央市はうちの父親の故郷だ。もう何十年も訪れていないからそろそろ覚悟を決めて行ってみたいなと思っている。

IMG_0994
  
Posted by monolog at 23:35Comments(0)日常

2024年05月13日

いろんな鳥

僕は高尾山にも登ったことがないし、自然の美しさみたいなものを愛でる感覚が少し欠如してるんだろうかと思っていた。それがここ最近、朝の散歩のときにカワセミに出会ったのがきっかけだと思うんだけど、俄然「鳥」に注目するようになった。カルガモみたいにずっと見慣れていた鳥もよく見るととても複雑な羽の模様をしていて美しい。

僕の散歩コースの公園でカワセミが活動するのがいつくらいまでかわからないけれど先日は2羽がたわむれていてちょっと興奮した。望遠レンズをつけたカメラを持ったおじさんがいたので「2羽いますね」と初めて言葉を交わした。「オスとメスだね」とおじさん。メスは下の嘴(くちばし)が黄色いらしい(へええ!)。オスがメスに餌を与える「求愛給餌求」という求愛行動があるそうだ。

カワセミはやっぱり色がきれいだからみんな色めき立つけれど、アオサギもゴイサギもなんかすごく風格がある(最近はiPhoneで写真を撮るとその鳥の名前をAIが検証して提案してくれるのだ)。こんな大きな鳥が東京にいるなんてしらなかった。今朝も視界の中に鳥を発見してウォーキングの足が止まり、息を止めてスマホで写真を撮る。まだ朝7時にもなっていない朝に。

こんなにカワセミに注目する随分前に『kingfisher tunes』訳すなら「カワセミ楽曲集」というダウンロード限定の音源をリリースしていました。『緑の時代』と『pale/みずいろの時代』をリミックスした音源で緑と水色をあわせて“翡翠(=カワセミ)”と名付けたんだった。もしよかったら5月のBGMに聴いてみてください。

オフィシャル通販STOREで『kingfisher tunes』を購入


6C596C27-B408-425E-A46E-2619D6C3FD4E

51B0F45E-6EA3-4E1E-832E-9BCC463782C4

IMG_4224

IMG_4369
  
Posted by monolog at 23:22Comments(0)日常

2024年05月12日

海を越えたシャツ

今年の2月にママンTシャツというのを販売してとても好評だったのだけど、インスタグラム経由で海外からの問い合わせも多かった。時間も費用もかかってしまうので基本的にオフィシャルSTOREは国内発送のみにしているからほとんどをお断りしてしまった。一人だけ、アメリカに住んでいる若いギタリストとのやりとりは本筋から蛇行して、「君はミュージシャンなの?」「そうだよ、アメリカに来て音楽を勉強しているところ」「出身はどこ?」「スウェーデンだよ」と会話を重ねるうちに友だちみたいになった(というか、友だちになった)。僕が投稿するレコードを見て「自分以外にこのアーティストを知っている人にあったことがない!」と興奮してメッセージをくれたりするから自ずと音楽の話になったり。彼は23歳の学生、アメリカに住むスウェーデン人で、SpotifyでGOMES THE HITMANや僕のソロも熱心に聴いてくれて嬉しい感想をくれたりする。友だちになってすぐに僕は彼にママンTシャツを送ることにした(きちんと彼もPaypalで経費を払ってくれた)。

アパートの部屋番号記載忘れのために荷物が戻ってきたりした。往路はめちゃくちゃ時間がかかるのに復路はあっという間に返ってくるのは日本の郵便システムがいかに有能かという再確認になった。2度目の発送でようやくつい先日Tシャツがアメリカに届いた。ママンTシャツを着て嬉しそうに写真を送ってきた彼の姿を見てとても不思議な気持ちになる。サブスク配信されていない『pilgrim/home sweet home』のCDを同封したら早速聴いてくれて「雨に負け風に負け」が今自分が聴いているすべてのアーティストのなかで一番好きな歌だと言ってくれた。お世辞でも嬉しい。彼の作っている音楽はインストゥルメンタルで繊細なギターの響きがとても良い。スクールで学んでこれからどんな音楽家になるのか気になる。

もしアメリカのヴァージニア州を旅する人がいたら、ママンTシャツを着た若者とすれ違うかもしれない。そのときは「良いTシャツだね!」と声をかけてあげてほしい。

CA965615-0866-40E8-91D4-E2CDDF715348
  
Posted by monolog at 23:35Comments(1)日常

2024年05月11日

失われてなかった週末

ずっと待ち遠しかった映画「ジョン・レノン 失われた週末 THE LOST WEEKEND」を公開初日に観た。ロスト・ウィークエンド、失われた週末は、そもそも“失われ”てなんかいなかったのだ。定説ではジョンが正気を失っていたと時期とされる1973年から75年、しかし何故その時期に『マインド・ゲーム』『心の壁、愛の橋』『ロックン・ロール』という傑作が次々と生まれたのかという謎解き。メイ・パンの視点から見た“真実”。ジュリアンとジョン、ポールとジョン、楽しそうなジョンを見るのはいつだって嬉しい。

もしジョンが生き続けていたならどんな別の未来があっただろうかと想像して、ずっと考え込んでいる。

FD1407F6-95DB-45D4-96F3-EBF5EE3072B4
  
Posted by monolog at 23:34Comments(0)日常

2024年05月10日

30年目の公園通り

B116969B-F380-4E23-9937-6B8DCD1FC59F

1994年5月10日に渋谷公会堂で小沢健二「DISCO TO GO」を観た。その3ヶ月後アルバム『LIFE』に収録されることになる圧倒的な新曲群がなんの前触れもなく披露されたコンサートで、そのとき僕は大学3年生だった。「天気読み」のイントロにスティーヴ・ミラー・バンドの「Fly Like An Eagle」が引用されていた気がするけど夢だったかな。「DOWNTOWN」のカバーも。あれから今日でちょうど30年ということになる。

そして先日、その渋谷公会堂があった場所からすぐのNHKホール、 冷たい雨の降る夜に小沢健二の最新ライブ「Monochromatique」を観た。古い曲から初めて聴く新しい曲、スチャダラパーも登場した。耳に残るのは鳴り響く笛と「サマージャム'95」での生のヴィブラフォンの音。ずっと何か、もっとすごい魔法みたいなものを探し続けている感覚。その感覚を余韻のように感じている。  
Posted by monolog at 23:28Comments(0)日常

2024年05月09日

ギャラリー自由が丘「猫さんぽ展」でのライブは入場申し込み受付中

6月にギャラリー自由が丘で開催される「猫さんぽ展」でのオープニングライブが決定しています。たくさんの作家さんの作品で賑やかななかで猫の歌を多めに歌う予定です。2017年からことあるごとにお誘いいただいているギャラリー自由が丘、ライブハウスの黒い空間とは真逆の真っ白な壁が印象的な日になると思います。小さな空間での親密な演奏会、平日の夜ですがぜひお仕事帰りに猫たちに癒やされにきてください。予約受付中、残席少なくなっています。

nekosanpo

2024年6月13日(木)@ ギャラリー自由が丘
自由ヶ丘猫さんぽ展 vol.6 山田稔明ライブ

18:00開場 18:30 開演/3,500円 (ドリンク付き)

久しぶりにギャラリー自由が丘での展示、オープニングの日に
歌を歌います。猫の歌多めで柔らかくしなやかにお届けします。

★入場受付方法:メール
gallery-jiyugaoka@aroma.ocn.ne.jp
メール件名を「2024山田稔明ライブ」として
お名前・人数・お電話番号を明記の上お申し込みください。


2024年6月13日 - 18日
自由が丘猫さんぽ展 vol.6

ギャラリー自由が丘(https://www.gallery-jiyugaoka.com/
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5丁目41-2
アトラス自由が丘ビル1F
  
Posted by monolog at 11:02Comments(0)情報

2024年05月08日

デビュー25周年のGOMES THE HITMAN、東名阪ツアー“25年目の週末”

昨年結成30年を迎えたGOMES THE HITMAN、今年はメジャーデビューから25周年のアニバーサリーイヤーです。7月に東名阪ツアーが控えています。四半世紀の歴史と現在進行形のバンドの姿にご期待ください。チケットは現在発売中。近くから遠くからこぞってお越しください。

GTH_25th_visual

GOMES THE HITMAN
25th anniversary tour 2024
“25年目の週末”

出演:GOMES THE HITMAN
[山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明]

7月14日(日)東京 吉祥寺スターパインズカフェ
17:00開場 18:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはイープラスにて4月20日(土)10時より発売
https://eplus.jp/sf/detail/4080860001-P0030001

吉祥寺 スターパインズカフェ(https://mandala.gr.jp/SPC/
〒180-0004武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
Tel 0422-23-2251



7月27日(土)名古屋 KDハポン
18:30開場 19:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはLivepocketにて4月20日(土)10時より発売
https://t.livepocket.jp/e/gth25nagoya

K.D.ハポン(https://kdjapon.jimdofree.com/
〒460-0012名古屋市中区千代田5丁目12-7




7月28日(日)大阪 雲州堂
17:30開場 18:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはLivepocketにて4月20日(土)10時より発売
https://t.livepocket.jp/e/gth25osaka

event space 雲州堂(http://www.iori-unshudo.com/
〒530-0046 大阪市北区菅原町7-2

gth20210303 2
  
Posted by monolog at 11:41Comments(0)情報

2024年05月07日

夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽53(2024年5月5日 @ 下北沢 lete)【ライブ後記】

1ヶ月以上ぶりのライブ。わくわくドキドキしながら下北沢へ。ゴールデンウィークの陽気に浮かれる街、ずっと家で歌の練習をしていたからそういうふわふわした雰囲気も楽しい。レテでのライブにはモニターとミキサーと照明と楽器、収録用のカメラを持ち込むから準備をするだけでひと仕事。一日二公演のときは昼の部はフレッシュではらはらするけれど瞬発力があって、夜の部は少しくたびれてはいるけれど落ち着いててゆとりがある。

まず昼の部。新しい季節に「新しい季節」からスタート。こんな5月の晴れた休日には、というフレーズをふくむ未発表曲「最後の晩餐」、「何もない人」もこの陽気にピッタリだなと思った。もっと夏になったら歌おうと思っていた「down the river to the sea」だけどこの日気温が30度まで上がったから今回に繰り上げ。そしてリクエストに応えて「sweet home comfort」でただいまおかえり。

9E081AFF-7CCA-46E9-BCE8-7CD7B09E40C6

BB1CD269-BDC2-4DF8-8CEF-710F549534EC

今回のライブはカバー多め。今年の元日に映画「PERFECT DAYS」を観た話から“サテライト”コーナーとしてルー・リード「Satellite of Love」、「milk moon canyon」「サテライト」。久しぶりに歌った「milk moon canyon」が自分の心に響いた。フィッシュマンズカバー「Weather Report」、“春なのに25度を超えて”どころかもっと暑くなった。続けて泳げない魚が登場する「月あかりのナイトスイミング」こうやって言葉が繋がってく。今回のチャレンジは「夜の科学」。みんな眠くならなかったか心配。僕は気持ちよかったです。

リクエストに応えて村田和人さんの「Brand New Day/Brand New Song」。歌詞を担当したのでまるで自分の持ち歌のように歌えた。歌い継いでいきたい。カバーをもうひとつ、小沢健二「さよならなんて云えないよ」、30年の時間が降り積もる。「ニャンとなるSONG」もリクエストに応えての選曲でしたが、歌い終わったあと泣いているお客さんの多さよ。もらい泣きしてしまいました。3月のGOMES THE HITMAN公演で披露した新曲を弾き語りで。タイトルに悩む。まだ決められない。

アンコールで「Yesterday」を。冒頭のメロディがとても歌うのがむずかしいのはきっとポールが夢の中で無意識の意識で書いたからだと思う。今年1月の終わりに僕が夢のなかで作った曲があって、この日のライブに2コーラス分の歌詞を間に合わせた。それを新曲として披露。手応えがあった。また進化した形で披露したい。「距離を越えてゆく言葉」、そして最後は「セラヴィとレリビー」。ここでもLET IT BE、ジョン派なのにポールの話ばっかりした。外はまだ明るく、全体的に爽やかな昼の部だった、と感じました。

lete24050501

夜の部、開演前に映画「PERFECT DAYS」の撮影場所となったフラッシュディスク・ランチでレコードを見て時間を過ごしました。「何もない人」から変わって「一角獣と新しいホライズン」に、そして「sweet home comfort」が「glennville」に。日が暮れてしっとりした雰囲気。“サテライト”コーナーも好感触だった。昼も夜も映画「PERFECT DAYS」を観ている人が多くて感心する。

「ニャンとなるSONG」の代わりに「small good things」、ポチを亡くしてポチ実を迎えた翌年にリリースした『the loved one』から。あれからもうすぐ10年になる。本編最後のタイトルの決まらない新曲。アンケートに皆さんいろいろ考案してくれて、でもまだ決めきれず。アンコールでの「Yesterday」からの最新曲。みんなじっくりと聴き入っていた感触。「僕らの暮らし」、そして最後は「セラヴィとレリビー」で締めくくり。歌を歌うことの喜びを再確認するような素晴らしい一日になりました。

ロックとかポップスとか、音楽を聴き始めた頃はオレたち子どものための音楽だって思っていたけれど、大人になっても音楽はいつもそばにあるなと感じます。空席ひとつない満員御礼、今回チケット取れなかった方も多かったそうで、また次回にぜひ。次の「夜の科学 in 下北沢」は7月4日にレテの25周年月間に。みんなが撮ってくれた写真をいくつかSNSから拾って使わせてもらいました。感謝。

BA040F2B-B338-4174-977A-15BDEEE5D91E

  
Posted by monolog at 23:29Comments(0)ライブ後記

2024年05月06日

札幌で2公演、チケット予約受付中です

北海道では5月なのに気温が一桁で雪さえ降っているというニュースを見てびっくりしていますが、今月末札幌へ行って歌を歌います。近藤研二さんと一緒にレストランのや(のや2nd)、そしてキッコリーズと近藤さんと恒例になってきた保護猫支援チャリティーライブを。きっと気持ちの良い気候だと思います。飛行機も宿もおじけづくほど高いですが、旅路の瞬間瞬間を心から楽しみたいと思います。チケット予約受付中です。北海道の皆さん、遠くからもぜひお越しください。

kkymd

433897792_426497426409473_181042545758657897_n

2024年5月31日(金)@ 札幌 レストランのや 2nd
山田稔明・近藤研二
“ふたりのコンサート in 札幌 vol.2”

18:00開場 18:30開演
予約4000円 当日4500円(ドリンク別途600円)

稀代のネコ好き音楽家ふたりが初夏の札幌へ
ギターを抱えて新しい季節を見つけにいきます。

入場申込はのや2nd店頭、あるいはTiGET予約フォームをご利用ください
https://tiget.net/events/315306
*先着順入場、当日精算となります
*お客様用の駐車場はございません。公共の交通機関、
最寄りのコインパーキング等をご利用ください。

のや2nd
〒065-0012
札幌市東区北12条東5丁目1-17
TEL 011-797-8728




2024年6月2日(日)@ 札幌市民交流プラザ SCARTSコート
保護猫応援きっとうまくいくチャリティコンサート

13:00開場 13:30開演/料金4000円(中学生以下無料)
出演:近藤研二、山田稔明、キッコリーズ

*チケット予約受付中
保護猫支援団体 チャペチャシチャシ→https://linktr.ee/cape_cas_cas

札幌市民交流プラザ SCARTSコート(https://www.sapporo-community-plaza.jp/scarts.php
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西1丁目  
Posted by monolog at 23:08Comments(0)情報

2024年05月05日

夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽53(2024年5月5日 @ 下北沢 lete)【SETLIST】

BA040F2B-B338-4174-977A-15BDEEE5D91E

2024年5月5日(日)@ 下北沢 lete
夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽53 昼の部


1.新しい季節
2.最後の晩餐
3.何もない人
4.down the river to the sea
5.sweet home comfort

6.Satellite of Love(Lou Reedカバー)
7.milk moon canyon
8.サテライト
9.Weather Report(フィッシュマンズカバー)
10.月あかりのナイトスイミング
11.夜の科学

12.Brand New Day/Brand New Song(村田和人カバー)
13.さよならなんて云えないよ(小沢健二カバー)
14.ニャンとなるSONG/small good things
15.NEW SONG2024(新曲)

EN
16.Yesterday(The Beatlesカバー)
17.新曲
18.距離を超えてゆく言葉
19.セラヴィとレリビー




2024年5月5日(日)@ 下北沢 lete
夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽53 夜の部


1.新しい季節
2.最後の晩餐
3.一角獣と新しいホライズン
4.down the river to the sea
5.glenville

6.Satellite of Love(Lou Reedカバー)
7.milk moon canyon
8.サテライト
9.Weather Report(フィッシュマンズカバー)
10.月あかりのナイトスイミング
11.夜の科学

12.Brand New Day/Brand New Song(村田和人カバー)
13.さよならなんて云えないよ(小沢健二カバー)
14.small good things
15.NEW SONG 2024(新曲)

EN
16.Yesterday(The Beatlesカバー)
17.新曲
18.僕らの暮らし
19.セラヴィとレリビー  
Posted by monolog at 23:28Comments(0)set list

2024年05月04日

日曜日18時半はレギュラーラジオPRIMECATS RADIO|浜松での番組連動ライブが決定

ゴールデンウィークも終盤、日曜日18時半はレギュラーラジオ番組K-mix「PRIMECATS RADIO」です。テーマは「わたしの一番古い記憶」、今週も楽しいメッセージをたくさんいただいています。3歳くらいの記憶が多いですね。K-mixのお膝元静岡県浜松市でのライブが決定しています。番組スタートから5年目突入を記念してお祝いしたいと思います。公開録音など普段のライブとは一味違う、リラックスした夜にしたいと思っています。静岡の皆さん、遠方からもぜひご来場いただけたら嬉しいです。

あわせて「静岡くるならここがお薦め」「これを食べてみて!」というレコメンドメッセージを募集します。ぜひいろいろ教えて下さい。ラジオが始まるまで静岡は通り過ぎる街だったのですが、今回また久しぶりに浜松でライブができることを今から楽しみにしています。

primecats radio_fix_photo-1

2024年6月14日(金)@ 浜松 窓枠2F Cafe AOZORA
夜の科学 in 静岡ーPRIMECATS LIVE!

18:30開場 19:00開演/予約4000円(ドリンク代別途600円)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

PRIMECATS RADIO(K-mix)放送5年目突入記念感謝祭として
番組の公開録音と弾き語りライブを。初めての会場、楽しみです。

TiGETにて予約受付中
https://tiget.net/events/315914

窓枠2階Cafe AOZORA(https://madowaku.com/
〒430-0928
静岡県浜松市中央区板屋町100-10 窓枠ビル2F  
Posted by monolog at 10:28Comments(0)情報

2024年05月03日

朝のカワセミ観察

5月になって日の出が早くなって、今朝は4時46分に日が昇った。冬の間は6時だって夜だったのに。で、僕はやっぱり明るくなると目が覚めてしまうので最近では5時頃には身支度をして朝のウォーキングに出かける。天気の悪い日が続いたが、ようやく気持ちのいい朝が巡ってきて、天気がいいだけで嬉しい。散歩コースの公園の池にカワセミがいることを先月知って以来その池のほとりを歩くのが楽しみになった。遭遇する確率は30%くらいで、ここしばらくは空振りだったのが、一昨日と今日、ふくふくと太ったカワセミを見つけることができた。大きなレンズをつけたカメラを構えたおじさんたちがいるからわかりやすくて、僕もスマホのカメラを15倍ズームにして固唾を飲む。

翡翠色の羽が本当にきれいで、もうちょっとスリムなほうがいいんじゃないの?とは思うけれど、多分この公園の池は魚がたくさんいる彼らにとっての台所、都会のレストランなのだろう。初めて今朝はカワセミが上手に魚を獲って、それを文字通り鵜呑みにする姿を目撃することができて(インスタに動画をあげました)かなり興奮した。朝6時とかなのに、どんどんカワセミ・ギャラリーは増えてきて、みんな腰をかがめて物音を立てないようにして一点をずっと見つめている。ちょっとおかしな風景ではあるけれども、お馴染みの季節の風物詩なのかもしれない。僕がまだ1年生なだけで。

網膜剥離のあと1.0になった左目が、もっと遠くまで、1.5まで見えるようになるメガネを作ったので、いつも朝でかけるときにカワセミ対策で持っていこうと思うんだけど毎朝忘れる。明日は必ず。

86456C71-9977-44E7-8B9C-5EF201EA01ED

9818F5E1-2936-4731-9D6B-AB7FAEC9C5B3

B04FC866-E872-425C-ACF0-69B1EF7D944E
  
Posted by monolog at 12:04Comments(0)日常

2024年05月02日

5月のライブ情報まとめ

5月。ライブのない4月の1ヶ月がとても長かったので、やっぱり自分は忙しくしているほうが性に合っているんだろうなと思うけど、「なんにも考えないでどっか旅でもしたらいいじゃん、自由業なんだから」と先輩に言われて、そういうふうに思い切ったことができたらな、と自分の性格がもどかしく感じたりもする。ゴールデンウィークも僕の体感的にとても長い。5月はまず下北沢レテでの弾き語りワンマンから始まります。昼夜入れ替え2部制、3月以来の「小箱のなかの音楽」。チケットは完売御礼、当日券等に関しては直接お店にお問い合わせください。金曜日の夜までリクエストを受け付けますのでコメント欄や公式LINEにお送りください。

もうひとつ下北沢ラプソディーは8周年のアニバーサリー期間、恒例カスタネッツ牧野元さんとのジョイントライブもソールドアウト。近く追加席の募集があるかもしれません。こちらはこれからリハーサル
。どんなふうになるか楽しみです。レテ公演もできたら収録配信を、ラプソディーもライブ配信が入るかもしれません。月末は札幌へ。31日(金)レストランのや2ndでの近藤研二さんとのライブ、そして6月2日(日)の保護猫支援チャリティーライブ、ともにチケット予約受付中です。

0F7CEC4A-B283-4CE0-B602-0A3C1616C53E

2024年5月5日(日)@ 下北沢 lete
夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽53

昼の部:14:00開場 14:30開演/4000円(ドリンク代別途)
夜の部:18:00開場 18:30開演/4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

下北沢レテでのソロ弾き語り、定期演奏会。
現在位置再確認の山田稔明最前線を体感ください。

昼夜公演とも完売御礼
https://l-ete.jp/live/2405.html#d05

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL:03-3795-0275




2024年5月25日(土)@ 下北沢ラプソディー
マキノゲン × 山田稔明、恒例ジョイントライブ!
〜いつも旅の途中 2024新緑編〜RHAPSODY8周年記念ライブ

出演:マキノゲン(ザ・カスタネッツ)/山田稔明(GOMES THE HITMAN)
18:30会場 19:00開演 前売り4,000円/当日未定+別途500円分drink券
THANK YOU SOLD OUT

会場:RHAPSODY(ラプソディー) 〜acoustic live bar - shimokitazawa〜
住所:〒155-0031東京都世田谷区北沢2-1-7 ハウジング北沢ビルII 5F
URL http://rhapsody.tokyo
info@rhapsody.tokyo



 
2024年5月31日(金)@ 札幌 レストランのや 2nd
山田稔明・近藤研二
“ふたりのコンサート in 札幌 vol.2”

18:00開場 18:30開演
予約4000円 当日4500円(ドリンク別途600円)

稀代のネコ好き音楽家ふたりが初夏の札幌へ
ギターを抱えて新しい季節を見つけにいきます。

入場申込はのや2nd店頭、あるいはTiGET予約フォームをご利用ください
https://tiget.net/events/315306
*先着順入場、当日精算となります
*お客様用の駐車場はございません。公共の交通機関、
最寄りのコインパーキング等をご利用ください。

のや2nd
〒065-0012
札幌市東区北12条東5丁目1-17
TEL 011-797-8728




2024年6月2日(日)@ 札幌市民交流プラザ SCARTSコート
保護猫応援きっとうまくいくチャリティコンサート

13:00開場 13:30開演/料金4000円(中学生以下無料)
出演:近藤研二、山田稔明、キッコリーズ

*チケット予約受付中
保護猫支援団体 チャペチャシチャシ→https://linktr.ee/cape_cas_cas

札幌市民交流プラザ SCARTSコート(https://www.sapporo-community-plaza.jp/scarts.php
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西1丁目  
Posted by monolog at 23:42Comments(2)

2024年05月01日

水曜日のインスタライブENCORE

先週末に「水曜日のインスタライブ」のアンコール企画としてインスタライブで配信した演奏は、インスタのストーリーズで「詩集のなかからもう一回聴きたい曲」を投票を募って、その上位ベスト8を改めて解説しながら歌いました。リアルタイムで観れなかった人のためにアーカイブを、と思って編集してみると70分くらいの長いプログラムになってしまったのでツイキャスプレミア配信で公開させてください。無料じゃなくてごめんなさい!(通常よりも安価に設定しました)5月になりましたが、先月の配信強化月間の締めくくりとさせていただきます。アーカイブ期間も最長の2週間に設定しましたのでぜひ何度でも。

誰かがコメントか投稿で「手と手」と「月あかりのナイトスイミング」を加えたら山田稔明ベスト10なのでは?と綴っていたけど、本当にそんな感じだなと僕も思いました。リクエストくれた人みんなに感謝。全国から(外国からも)観てくれてホントありがとうございました。今晩、水曜日の夜にもう一回。

IMG_3747

2024年5月1日(水)@ ツイキャスプレミア配信
水曜日のインスタライブ ENCORE

22:00 配信/視聴チケット1000円(手数料別)
https://twitcasting.tv/toshiakiyamada/shopcart/307131

全8曲 約70分
  
Posted by monolog at 13:50Comments(0)情報

2024年04月30日

GOMES THE HITMANデビュー25周年記念ボーダーシャツ発売

芸術家ピカソが晩年に偏愛したもののひとつにボーダー柄のシャツがありました。いわゆる「バスクシャツ」、船底のように鎖骨に沿って横に開いたボートネックの襟元厚いコットン地でTシャツとスエットシャツの中間と言えるでしょうか。ボーダー柄が定番ですがピカソは無地の7部袖も好んで愛用、もとはスペインとフランスにまたがるバスク地方のワークウエアを起源としているのでアトリエでの作業にも最適だったのかもしれません。

僕はこのボーダー柄のバスクシャツに「生涯青春」というイメージを抱きます。いつからか自分も家でもステージでもボーダーシャツを制服のように着るようになりました。水平線を身にまとうような“張り”が心地よくて気分がシュッとします。バンドのデビュー25周年にかこつけてボーダーシャツ(バスクシャツ)を作ることにしました。3月のGOMES THE HITMAN公演でサンプルを物販コーナーでお披露目した、特製バンドロゴ刺繍タグがついた気持ちの良いシャツです。定番のボーダーに加えて無地もあります。みんなが朝起きて気分よく「生涯青春」のユニフォームに袖を通してくれたら嬉しいし、ライブ会場に着てきてくれた風景が波が寄せるみたいに見えたら壮観ですね。

現在在庫確保分をオフィシャル通販STOREにて販売(5月中旬に発送予定)、その後順次ライブ会場物販と通販STOREに再入荷する予定です。通年着れる1着に。詳細は通販STOREのページをご覧ください。昨年好評だったGOMES THE HITMAN結成30周年記念トートバッグも新色「ヒッコリーストライプ」を加えて再販しますので、こちらもあわせてどうぞ。

border_card

border_color

border_style03


オフィシャル通販STOREで「GOMES THE HITMAN25周年ボーダーシャツ」を注文

オフィシャル通販STOREで「GOMES THE HITMAN結成30周年記念トートバック」を注文  
Posted by monolog at 20:38Comments(2)情報

2024年04月29日

チミとママンのポストカード&ステッカーセット新作

毎年恒例のエイプリルフール企画で今年4月に公開されたチミちゃんとママンの“シャー姫とシャー女王”イメージでポストカードとステッカーのセットを作りました。物販コーナーにこういう紙モノのグッズがあるのは楽しいなと思います。最近特にママンはインスタですごく人気で、いろんなところで「ママンのパパですね」くらいのことを言われることが多いです(「いや、まずはチミちゃんのお兄さんです」と答えますが)。オフィシャル通販STOREでの受付がスタートしました。発送は連休明けになると思いますが、5月5日の下北沢レテ公演以降の物販コーナーで購入できますので、レテご来場の方は直接会場でのご購入をお薦めします。

以下に4月1日にインスタグラムに掲載したテキストを再掲します。魔除けにもいかもしれません。


このたび我が家の愛猫ポチ実(チミ)とその母チミママ(ママン)は「シャー」に“威嚇”以外の新しい意味を付け加えた功績としてWHA(World Hiss Association=世界シャー協会)から、それぞれ「シャー姫(Hiss Princess)」「シャー女王(Hiss Queen」の称号を与えられたことを報告させていただきます。

猫の祖先は砂漠に住んだリビアヤマネコだといわれており、彼らは毒蛇から身を守らなければなりませんでした。ライオンのように吠えることができない猫は敵である蛇の真似をすることで毒蛇を遠ざけ身を守ったと言われます(蛇の威嚇行動についても英語では猫のシャーと同じhissingと表現されるのはそのせいです)。

しかし“威嚇”や“拒絶”では説明のつかない「シャー」に伴う知られざる感情表現があること、その「シャー」で癒やされる者が存在すること等が近年話題に。特にママンのシャーは国内外から注目され、その娘であるチミも確実にその資質を受け継いでいます。まだその正確な意思や意味は未解明ですが、今後の研究が期待されます。

全国、そして全世界の皆さま、引き続きチミちゃんママンをよろしくお願いします。

令和6年4月1日 山田稔明



通販画像

オフィシャル通販STOREで「チミ&ママン新作ポストカード&ステッカーセット」を注文  
Posted by monolog at 23:50Comments(0)情報

2024年04月28日

千葉ドライブ

東京で暮らし始めて30年以上が経っても、関東近郊で行ったことのない街というのは無数にある。20代からバンドを初めてデビューして活動するなかでも都内のライブハウスでの演奏がメインになって関東近郊へと出かけていくことはとても少ないのです。千葉県へ行ったことがあるだろうか、と思い返してみると鋸山とか九十九里浜の海とか、どこかの巨大なショッピングモールとか以外の記憶がない。思い立って千葉までドライブしてみようと思ったのは観たかったライブがあったから。

還暦記念本「Seize the Day」を携え2年かけて61ヶ所を回るツアーをスタートさせたヒートウェイヴ山口洋さん、その内容がトークも演奏も破天荒かつ刺激的で、機会があれば何度でも観たいと思って思い立ったのでした。昼から出かけて千葉の友だちと待ち合わせてしばし街歩き(彼も一緒にライブを観ることに)。30度近い陽気、完全に夏だった。レコードフリマをやってたり、また別のレコード屋で探しものをしたり。ふと外国人観光客がほとんどいないということに気づいて、それも新鮮な感覚でした。

昼間に知らない街の路地に迷い太陽と風を浴び、夕方から27年も淡々と地元の音楽シーンを支える街に根付いたライブハウスで歌を聴くことの贅沢さと味わい。佐野元春のカバーから始まったセットリストは旅を重ねて更新されていて、前回と違う新しい面白さ、また背筋の伸びる想いがしました。洋さんは今日も荒々しく優しかった。「君にこれをさずけよう」と立派なオリヅルランをいただいた。ライブが終わって夜の高速をゆく。なんとなく音楽をかけずに無音のまま走って、今作っている歌の歌詞のことを考えた。日付が変わる頃に帰宅。とても良い日だった。

B94BB9AD-B371-4B79-88C7-10D5A7E99A12
  
Posted by monolog at 23:25Comments(0)日常

2024年04月27日

水曜日のインスタライブ、アンコール配信終了

先日3年3ヶ月かけて完走/完奏した全詩集全制覇企画の「水曜日のインスタライブ」。最後はパッと楽しく終わりたいなと思ってインスタのストーリーズで “全詩集からもう一曲おかわりするなら?”とう投票を募ったアンコール企画。本当にたくさんの投票をいただきましたが、そのなかからベスト8を選出していい流れの曲順に並べて、あたかも一本のライブのように演奏しました。べらべら喋りすぎたので1時間を越える長さになってしまいましたが、楽しかった。感謝の気持ちでいっぱいです。

8曲のなかで第一位だったのは「光の葡萄」。3年続いたコロナ禍の心細さと不安をなだめたのはこんな歌だったかもしれません。たくさんの方が観てくれて嬉しかったです。海外、ウクライナから観てる!っていうメッセージもあったりして。インスタライブ終わったら通販でたくさんCD注文が来てて、多分初めてちゃんと僕の歌をインスタ経由で知った人とも繋がれたような気がしますね。この一両日の注文分にはサインを描いて送るのでぜひアルバムを聴いてみてください。セットリストにどの作品に入っているかを書いておきます。また不定期に、気軽にスマホ1台でインスタライブやりたいと思います。ライブのアーカイブもそのうち余裕ができたら。

今度は全国でライブ会場でお会いしましょう。握手もしましょうね。

スクリーンショット 2024-04-28 7.22.22

2024年4月27日(土)@ INSTALIVE
水曜日のインスタライブ “アンコールリクエスト企画”


1.my favorite things(from 山田稔明『the loved one』)
2.明日は今日と同じ未来(from GOMES THE HITMAN『ripple』)
3.愛すべき日々(from GOMES THE HITMAN『omni』)
4.歓びの歌(from 山田稔明『home sweet home』)
5.小さな巣をつくるように暮らすこと(未発表)
6.日向の猫(from 山田稔明『新しい青の時代』)
7.光の葡萄(from 山田稔明『新しい青の時代』)
8.ハミングバード(from 山田稔明『新しい青の時代』)  
Posted by monolog at 23:41Comments(0)set list

2024年04月26日

6月ライブ情報まとめ

6月のライブ情報をまとめて。5月31日(金)の札幌も6月シリーズに含めて紹介します。久しぶりの札幌は新しい場所に移転したレストランのや(のや2nd)での近藤研二さんとの「ふたりのコンサート」、そして今年も開催6月2日(日)の保護猫支援団体チャペチャシチャシ企画、近藤研二さんと僕、地元のキッコリーズによるチャリティコンサートです。継続は力、今年も猫たちのために歌を歌いたいと思います。もうひとつ猫の歌にフォーカスしたライブがギャラリー自由が丘での「猫さんぽ展」オープニングライブ。こちらも長いお付き合いになってきました。お誘いいただいてとても嬉しい。

7月のGOMES THE HITMAN東名阪ツアーに先駆けてひとりで旅がしたくなりました。6月13日(金)は静岡県浜松市の窓枠CAFE AOZORAで静岡K-mix「PRIMECATS RADIO」放送5周年突入記念ライブを。コロナ禍と同時にスタートしたラジオ、あれ以来ぐっと静岡を身近に感じるようになりました。公開録音もやって、特別なイベントにしたいと思っています。そして関西へ向かってお馴染み兵庫・加古川チャッツワースでのデイタイムのライブを。店主岸本さんはきっと田植えを終えてヘトヘトの頃だと思うので歌でねぎらいたいですね。

ゴールデンウィークはきっとどこへも旅らしいことができないので、6月は雨のトンネルのなかを気ままにドライブしたいと思っています。チケットすべて受付中。ぜひ全国からお集まりください。

2021_ymd_fix_S

2024年5月31日(金)@ 札幌 レストランのや 2nd
山田稔明・近藤研二
“ふたりのコンサート in 札幌 vol.2”

18:00開場 18:30開演
予約4000円 当日4500円(ドリンク別途600円)

稀代のネコ好き音楽家ふたりが初夏の札幌へ
ギターを抱えて新しい季節を見つけにいきます。

入場申込はのや2nd店頭、あるいはTiGET予約フォームをご利用ください
https://tiget.net/events/315306 *4月21日(日)正午より受付開始
*先着順入場、当日精算となります
*お客様用の駐車場はございません。公共の交通機関、
最寄りのコインパーキング等をご利用ください。

のや2nd
〒065-0012
札幌市東区北12条東5丁目1-17
TEL 011-797-8728




2024年6月2日(日)@ 札幌市民交流プラザ SCARTSコート
保護猫応援きっとうまくいくチャリティコンサート

13:00開場 13:30開演/料金4000円(中学生以下無料)
出演:近藤研二、山田稔明、キッコリーズ

*チケットは4月21日(日)正午より受付開始
保護猫支援団体 チャペチャシチャシ→https://linktr.ee/cape_cas_cas

札幌市民交流プラザ SCARTSコート(https://www.sapporo-community-plaza.jp/scarts.php
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西1丁目




2024年6月13日(木)@ ギャラリー自由が丘
自由ヶ丘猫さんぽ展 vol.6 山田稔明ライブ

18:00開場 18:30 開演/3,500円 (ドリンク付き)

久しぶりにギャラリー自由が丘での展示、オープニングの日に
歌を歌います。猫の歌多めで柔らかくしなやかにお届けします。

★受付方法:メール
gallery-jiyugaoka@aroma.ocn.ne.jp
メール件名を「2024山田稔明ライブ」として
お名前・人数・お電話番号を明記の上お申し込みください。

ギャラリー自由が丘(https://www.gallery-jiyugaoka.com/
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5丁目41-2
アトラス自由が丘ビル1F



2024年6月14日(金)@ 浜松 窓枠2F Cafe AOZORA
夜の科学 in 静岡ーPRIMECATS LIVE!

18:30開場 19:00開演/予約4000円(ドリンク代別途600円)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

PRIMECATS RADIO(K-mix)放送5年目突入記念感謝祭として
番組の公開録音と弾き語りライブを。初めての会場、楽しみです。

TiGETにて予約受付中
https://tiget.net/events/315914

窓枠2階Cafe AOZORA(https://madowaku.com/
〒430-0928
静岡県浜松市中央区板屋町100-10 窓枠ビル2F




2024年6月16日(日)@ 加古川 チャッツワース
夜の科学 in 加古川ーTea Time Meeting

13:00開場14:00開演/予約4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

西の“故郷”である加古川チャッツワースにて昨年クリスマス
以来の公演が決定。紅茶の薫るティータイムライブです。

TiGETにて予約受付中
https://tiget.net/events/316474

加古川 チャッツワース(https://x.com/chatsworth_01
〒675-0065加古川市加古川町篠原町4-7
TEL 079-420-1707  
Posted by monolog at 23:02Comments(0)情報

2024年04月25日

水曜日のインスタライブ、3年3ヶ月かけて完結しました

コロナ禍中の2021年1月からスタートした、山田稔明全詩集196曲を最初から最後まで全部歌うという気が遠くなるような企画。3年3ヶ月かけて昨晩ついに完結。フィナーレは「セラヴィとレリビー」でした。ライブ活動がままならないなか、自分にとっての感情の静かなはけ口だったと思う、インスタライブは。長いことお付き合いいただきありがとうございました。終わっちゃうとセンチメンタルな気持ちになるかなと思って、週末にアンコールライブをやることにしましたのでそこまでご参加いただけたら。詩集のなかからアンコールするなら何?というのをインスタのストーリーズで募集していますのでぜひ投票ください。

ずっと楽しかった。皆さんのサポートに心から感謝。チミちゃんにも。アーカイブをYouTubeチャンネルに公開しました。おつかれさま!

  
Posted by monolog at 12:41Comments(0)映像

兵庫・加古川チャッツワースでの弾き語りワンマン決定

7月GOMES THE HITMANでの東名阪ツアーの前に小さな音楽の旅がしたくなりました。2008年以来ずっとライブをさせていただいている加古川チャッツワース、昨年クリスマス以来となる公演が決定。紅茶の香るティータイムの時間帯での開催です。いつもチャッツワースの空間には魔法がかかる気がします。心を整える感覚もあって、自分がソロ活動を始めたときに一番最初に支持してくれて応援してくれたお店のひとつがここチャッツワースだと思っています。

季節は梅雨ですが、きっとパッと日差しが差し込むような一日になると思います。6月の加古川でお会いしましょう。チケット予約受付中。

chats202312

2024年6月16日(日)@ 加古川 チャッツワース
夜の科学 in 加古川ーTea Time Meeting

13:00開場14:00開演/予約4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

西の“故郷”である加古川チャッツワースにて昨年クリスマス
以来の公演が決定。紅茶の薫るティータイムライブです。

TiGETにて予約受付中
https://tiget.net/events/316474

加古川 チャッツワース(https://x.com/chatsworth_01 
〒675-0065加古川市加古川町篠原町4-7
TEL 079-420-1707  
Posted by monolog at 09:53Comments(0)情報

静岡浜松での弾き語りワンマン決定|PRIMECATS RADIO放送5年目突入記念

7月バンドでの東名阪ツアーの前に小さな音楽の旅を。2020年4月、それこそ新型コロナウィルスに暮らしが翻弄された春から始まった静岡K-mixでのレギュラーラジオ番組「PRIMECATS RADIO」がこの4月で放送5年目に突入しました。日曜日の18時半というプライムタイム的な時間帯でこれだけ続けさせてもらっていることが奇跡。毎週毎週仕事部屋で、K-mixから転送してもらったメッセージを吟味し、ひとりで構成、選曲、おしゃべりして録音して淡々と続けていますが、せっかくなので5年目突入を静岡でお祝いしたくなりました。

K-mixのお膝元静岡県浜松市にて、初めてお世話になる窓枠2階CAFE AOZORAにて。番組の公開録音と弾き語りのライブでいつもとは少し違う特別な時間にしたいと思います。ラジオをやらなければいつも通り過ぎる街だった静岡で立ち止まったりすることはなかったかも。ぜひ静岡近郊の方全員集合でよろしくお願いします。チケット予約受付中です。

primecats radio_fix_photo-1

2024年6月14日(金)@ 浜松 窓枠2F Cafe AOZORA
夜の科学 in 静岡ーPRIMECATS LIVE!

18:30開場 19:00開演/予約4000円(ドリンク代別途600円)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

PRIMECATS RADIO(K-mix)放送5年目突入記念感謝祭として
番組の公開録音と弾き語りライブを。初めての会場、楽しみです。


TiGETにて予約受付中
https://tiget.net/events/315914

窓枠2階Cafe AOZORA(https://madowaku.com/
〒430-0928
静岡県浜松市中央区板屋町100-10 窓枠ビル2F
  
Posted by monolog at 09:40Comments(0)情報

2024年04月24日

今晩22時22分、水曜日のインスタライブが完結

2021年1月から3年以上をかけて続けてきた「水曜日のインスタライブ」、山田稔明全詩集に掲載された全196曲を頭から全部歌っていくというコロナ禍の混沌から生まれた企画はついに最後の1曲となり、今晩ゴールを迎えます。思うようにライブができない状況で自分にとって感情のはけ口のような役割を果たしたインスタライブやライブ配信、そのひとつの節目になります。楽しかった。22時22分からスクリーン越しにお会いしましょう。

ぜひリアルタイムでお付き合いください。

instaback
  
Posted by monolog at 21:02Comments(0)情報

2024年04月23日

なんていうことのない、目の話

先月、大学病院での網膜剥離治療が完了。昨年9月19日に病院に行ったのが始まりだったから、そこから7ヶ月経ったことになる。今月から地元の眼科での定期的な経過観察の検診を3〜4ヶ月に1回ペースで受けることになった。視力、眼圧、角膜、眼底、治った網膜まで、すべて問題なくひと安心。老化による目の衰えを“アイフレイル”というらしい。新しく憶えた言葉。アイケアを怠らないようにと自戒。

と言っていたら一晩明けて顔を洗って鏡を見たら、左目の白目が真っ赤に充血。網膜剥離したほうの目なので念のために朝一番に出かけて、2日連続で眼科へ。「結膜下出血」という診断。痛みも痒みも見え方の変化もなく、思い当たる誘引、要因がなくても出血することのある症状らしく、1週間かそこらで自然治癒するので心配ない、とのこと。だけど白目が赤いのは痛々しいし、参ったなあっていう感じ。目薬をもらって「全然大丈夫!」と先生は笑ってくれたけれど。

最後の「水曜日のインスタライブ」はサングラスをかけてやろうかな…。

7CE464F2-212B-4F0E-8D47-04DCDB77AC23
  
Posted by monolog at 23:23Comments(0)日常

2024年04月22日

5月のライブ情報

5月と6月はソロでのライブがいろいろ控えています。5月5日の下北沢レテ公演は昼夜入れ替え制2公演。昼の部は定員に達しました。夜の部があと1席と連絡がありました。この機会をお見逃しなく。久しぶりのステージになるので良い緊張感とワクワク感が共存するような一日になったらいいな。5月25日下北沢ラプソディーでのカスタネッツ牧野元さんとのジョイントライブはチケットが完売していますが、当日券や配信などまた追ってお知らせができるかと思いますのでお待ち下さい。

lete_A

2024年5月5日(日)@ 下北沢 lete
夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽53

昼の部:14:00開場 14:30開演/4000円(ドリンク代別途)
夜の部:18:00開場 18:30開演/4000円(ドリンク代別途)
出演:山田稔明(GOMES THE HITMAN)

下北沢レテでのソロ弾き語り、定期演奏会。
現在位置再確認の山田稔明最前線を体感ください。

チケット、キャンセル待ちや問い合わせは直接レテまで
https://l-ete.jp/live/2405.html#d05

下北沢 lete(http://www.l-ete.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-3
TEL:03-3795-0275


5:25

2024年5月25日(土)@ 下北沢ラプソディー
マキノゲン × 山田稔明、恒例ジョイントライブ!
〜いつも旅の途中 2024新緑編〜RHAPSODY8周年記念ライブ

出演:マキノゲン(ザ・カスタネッツ)/山田稔明(GOMES THE HITMAN)
18:30会場 19:00開演 前売り4,000円/当日未定+別途500円分drink券
※チケット: PassMarketにて4月7日(日)の正午12:00より発売
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02w48ikwaqn31.html
THANK YOU SOLD OUT

会場:RHAPSODY(ラプソディー) 〜acoustic live bar - shimokitazawa〜
住所:〒155-0031東京都世田谷区北沢2-1-7 ハウジング北沢ビルII 5F
URL http://rhapsody.tokyo
info@rhapsody.tokyo
  
Posted by monolog at 15:30Comments(0)情報

2024年04月21日

今日で「雨の夜と月の光」リリースから25年|『cobblestone』リリースから24年

なんとなく忘れられない日付というのがあって、4月21日というのはそういう一日だ。今から25年前、1999年4月21日にGOMES THE HITMANの1stシングル「雨の夜と月の光ーrain song e.p.」がリリースされた。続くデビューアルバム『weekend』に先行する勝負曲であり、自分自身にとっても初めて明確に“スタートラインに立った”という実感を得た歌。実際僕らバンドは四半世紀この歌を何度も何度も演奏することになる。この10年はライブの締めくくりはこの曲、ということになっている。25年かあ、と思う。

もう一枚、2000年4月21日にリリースされたのがGOMES THE HITMAN 2ndアルバム『cobblestone』だ。「new atlas ep」というマキシシングルと「maybe someday ep」に挟まれた作品。杉真理さんと斎藤誠さんにプロデュースを依頼、バンドでも数曲セルフプロデュース、全15曲の大作だ。とても贅沢なアートワークが時代を感じさせる。初回盤には文芸レアグルーヴ清水浩司さんによる書き下ろしの文庫本「コブルストーン」が付帯、よく見ると外箱に覗き穴が開いていたり、洋楽のCDみたいにライナーノーツ(天辰保文さんに書いていただいた)がブックレットのなかに折り込まれたり。当時のライブやインストアライブのスケジュールを見ると、目が回るほど忙しかったことだけをぼんやり思い出す。

どうか今日は「雨の夜と月の光」と『cobblestone』をCDでもサブスクでもいいので一回再生して聴いてもらえたら嬉しいなと思います。GOMES THE HITMANデビュー25周年の7月東名阪アニバーサリーツアーはチケット発売中。各会場でお会いしましょう。

42CE9AAB-E3FB-44CE-8AEC-8AE3DE93625A

E89CA407-976E-44C3-92C8-44570D68691F

GOMES THE HITMAN
25th anniversary tour 2024
“25年目の週末”

出演:GOMES THE HITMAN
[山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明]

7月14日(日)東京 吉祥寺スターパインズカフェ
17:00開場 18:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはイープラスにて4月20日(土)10時より発売
https://eplus.jp/sf/detail/4080860001-P0030001

吉祥寺 スターパインズカフェ(https://mandala.gr.jp/SPC/
〒180-0004武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
Tel 0422-23-2251



7月27日(土)名古屋 KDハポン
18:30開場 19:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはLivepocketにて4月20日(土)10時より発売
https://t.livepocket.jp/e/gth25nagoya

K.D.ハポン(https://kdjapon.jimdofree.com/
〒460-0012名古屋市中区千代田5丁目12-7




7月28日(日)大阪 雲州堂
17:30開場 18:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはLivepocketにて4月20日(土)10時より発売
https://t.livepocket.jp/e/gth25osaka

event space 雲州堂(http://www.iori-unshudo.com/
〒530-0046 大阪市北区菅原町7-2  
Posted by monolog at 12:48Comments(0)GTH

2024年04月20日

GOMES THE HITMAN25周年ツアー前売チケット発売中です

4月20日(土)正午より各プレイガイドにてチケット発売中です。
デビュー25周年のGOMES THE HITMAN、25年目の週末ツアー、
全国からお集まりください。東京、名古屋、大阪で会いましょう。

gth20210303 2

GOMES THE HITMAN
25th anniversary tour 2024
“25年目の週末”

出演:GOMES THE HITMAN
[山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明]

7月14日(日)東京 吉祥寺スターパインズカフェ
17:00開場 18:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはイープラスにて4月20日(土)10時より発売
https://eplus.jp/sf/detail/4080860001-P0030001

吉祥寺 スターパインズカフェ(https://mandala.gr.jp/SPC/
〒180-0004武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
Tel 0422-23-2251



7月27日(土)名古屋 KDハポン
18:30開場 19:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはLivepocketにて4月20日(土)10時より発売
https://t.livepocket.jp/e/gth25nagoya

K.D.ハポン(https://kdjapon.jimdofree.com/
〒460-0012名古屋市中区千代田5丁目12-7




7月28日(日)大阪 雲州堂
17:30開場 18:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはLivepocketにて4月20日(土)10時より発売
https://t.livepocket.jp/e/gth25osaka

event space 雲州堂(http://www.iori-unshudo.com/
〒530-0046 大阪市北区菅原町7-2


GTH_25th_visual

  
Posted by monolog at 12:19Comments(0)情報

2024年04月19日

GOMES THE HITMANデビュー25周年アニバーサリー7月の東名阪ツアーのチケットは明日10時より発売

7月のアニバーサリーツアーのチケット発売日リマインダー。
ぜひ遠くから近くからたくさんのご来場を。一緒に四半世紀の
振り返りと少し先の未来を覗き見るような3公演を過ごしましょう。

GTH_25th_visual


GOMES THE HITMAN
25th anniversary tour 2024
“25年目の週末”

出演:GOMES THE HITMAN
[山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明]

7月14日(日)東京 吉祥寺スターパインズカフェ
17:00開場 18:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはイープラスにて4月20日(土)10時より発売
https://eplus.jp/sf/detail/4080860001-P0030001

吉祥寺 スターパインズカフェ(https://mandala.gr.jp/SPC/
〒180-0004武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
Tel 0422-23-2251



7月27日(土)名古屋 KDハポン
18:30開場 19:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはLivepocketにて4月20日(土)10時より発売
https://t.livepocket.jp/e/gth25nagoya

K.D.ハポン(https://kdjapon.jimdofree.com/
〒460-0012名古屋市中区千代田5丁目12-7




7月28日(日)大阪 雲州堂
17:30開場 18:00開演/前売4500円 当日5000円(D別)
*チケットはLivepocketにて4月20日(土)10時より発売
https://t.livepocket.jp/e/gth25osaka

event space 雲州堂(http://www.iori-unshudo.com/
〒530-0046 大阪市北区菅原町7-2  
Posted by monolog at 12:10Comments(1)情報